歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

空木…

2012-04-27 15:50:01 | Ich-Roman
男盛(をざか)りを招(を)きて日暮らし熱き眼の婦(おんな)の腰のひきしまりたる
コメント

裸象…

2012-04-22 19:13:23 | Ich-Roman
母といふけものはなけれただ美(は)しく抱かる婦(をんな)の象(かたち)照りゐつ
コメント

青年…

2012-04-22 16:51:41 | Ich-Roman
肉勁(かた)き青年の胸に抱(いだ)かるる婦(をんな)の肉の歓喜鋭し
コメント

情事…

2012-04-21 16:47:23 | Ich-Roman
秘めやかにのこれるあかし乳房に婦(をんな)よ罪の匂ひは甘く
コメント

結花…

2012-04-17 10:54:55 | Ich-Roman
女臭濃きをんなになりゆく亡夫(つま)恋ひのかたちよき胸春昼を染め
コメント

春日…

2012-04-17 08:03:23 | Ich-Roman
熟れゐたる婦(をんな)の素足青年の肉(しし)にからめば春日美(くは)し
コメント

花戯…

2012-04-14 09:29:00 | Ich-Roman
ゆきあへる女男らの翔(かく)るはつか世の罪も散らばや桜樹の下
コメント

花首…

2012-04-11 01:54:56 | Ich-Roman
耳朶赤き蕩児の手より異教徒のママンの乳房ふたたび掠(かす)む
コメント

トルソー…

2012-04-08 21:14:37 | Ich-Roman
赤過ぎるママンの唇かなしくて見つめゐたりき火傷のトルソー
コメント

十指…

2012-04-06 23:00:25 | Ich-Roman
うす暗き思春の眞中(まなか)ママンらのまろき乳房(ちちふさ)十指に熱く
コメント

氷晶…

2012-04-04 14:37:15 | Ich-Roman
人恋はばかくも破教の胸にをや氷晶のごと愛は降り積む
コメント

回帰…

2012-04-03 10:56:17 | Ich-Roman
黒髪をあの日のやうに戦がせる 婦(をんな)よ婚姻を海へ帰さぬか
コメント

青葦…

2012-04-03 10:53:03 | Ich-Roman
黒髪を処刑のやうに梳き直し女体の不義は澄みてゆくかな
コメント