歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

aventure…

2013-03-22 12:19:04 | Ich-Roman
若者の感官熱しあへしらふ年増のをんなしきり滴(したた)る
コメント

sentir…

2013-03-19 13:19:54 | Ich-Roman
土臭き男のいきれかたはらの花がゆっくりほころんでゐる
コメント

carillon…

2013-03-16 02:47:36 | Ich-Roman
喉灼(や)ける背信の肉(しし)悲の器われの鹿野(ろくや)にカリヨン寒し
コメント

exister…

2013-03-12 13:03:14 | Ich-Roman
花婚のさびしきをんな草を藉(し)き鳥葬のごと澄みゆくこころ
コメント

erreurs…

2013-03-10 21:52:36 | Ich-Roman
過ちのにほひをんなの艶めきて妙に浮き浮き春の十五夜
コメント

nectar…

2013-03-09 20:31:39 | Ich-Roman
下垂れる官能羞(やさ)し罪すれば女の水脈(みを)のきらきらとして
コメント

pupille…

2013-03-08 12:50:18 | Ich-Roman
色欲の生(あ)るるを宥(ゆる)せふと浸る朝なあやふき青年の眸(まみ)
コメント

amaranth…

2013-03-07 19:13:01 | Ich-Roman
白日の交(さか)る素裸額(ぬか)の汗をとこに一期の罪を清(すが)しむ
コメント

eau clair…

2013-03-06 16:11:59 | Ich-Roman
花灯り真水(さみず)にをちる夕つ方さは罪なさむ愛いづる唇(くち)
コメント

ciel…

2013-03-04 12:59:08 | Ich-Roman
かへらなむ思ひ沈めし如月の空まだきみに恋するらしも
コメント

filles…

2013-03-02 03:46:42 | Ich-Roman
さやさやとうわさを流す春の風触(さや)れをんなといふフォルティッシモ
コメント