歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

miel…

2014-04-30 13:23:13 | Ich-Roman
をんな見る冬の花火の二つ三つ濡れ髪に唇(くち)触れしときより
コメント

cheveu…

2014-04-29 13:32:31 | Ich-Roman
幼な子を眠らせ奔(はし)る春昼の踵(きびす)が白く照る女坂
コメント

raisin…

2014-04-26 01:10:24 | Ich-Roman
葡萄樹の下擦りあへる腿(もも)熱し他人の子ども孕む人妻
コメント

cuisse…

2014-04-24 14:11:47 | Ich-Roman
周期来ぬと日を数えつつ触れしめる米屋の女房の白き太腿
コメント

fertilisation…

2014-04-19 17:32:53 | Ich-Roman
あなたの子を生んであげる、と告げたあの四月の夜に行ってみるか娘(こ)よ
コメント

lever…

2014-04-19 11:29:08 | Ich-Roman
窓に寄りビット珈琲ひとり飲むきみの五月も乾きたりしか
コメント

adieu…

2014-04-19 01:44:17 | Ich-Roman
夏向かふすがしきみどりさりながら女になれず別れし季節
コメント

gars…

2014-04-17 23:01:14 | Ich-Roman
嫁ぎゆく乙女の思ひ風の響(な)る菜の花畑(はなはた)も少年もなく
コメント

chaleur…

2014-04-17 16:01:23 | Ich-Roman
寝がへりをうつ寸の間の背(そびら)より恋ひても消(け)ぬるきみの温もり
コメント

impulsion…

2014-04-15 13:18:11 | Ich-Roman
秘めやかな営みのあと身に溜まるひとの弱さよ青き衝動
コメント

pente…

2014-04-14 06:51:30 | Ich-Roman
かたちよき婦(をんな)が爆(は)ぜて白日の坂下(お)りてゆく後姿明るし
コメント

prudent…

2014-04-13 18:10:14 | Ich-Roman
つつましく生きる婦(をんな)の忍ぶ声半夜のまぼろし見逃したまへ
コメント

colza…

2014-04-12 16:46:16 | Ich-Roman
母の目をぬすみ少女が手をのべて少年らと入る菜の花畑
コメント

retour…

2014-04-11 14:25:27 | Ich-Roman
あと少し、声ふるはせる婚外の婦(をんな)の唇(くち)にかかる染め髪
コメント

plaisir…

2014-04-09 20:00:05 | Ich-Roman
一日の自由恋愛、とこしへにうそは婦(をんな)を匂い立たしむ
コメント