歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

愛恋…

2012-06-30 19:25:22 | Ich-Roman
荒れ野より挽歌退(すさ)れて抱擁す唇にまだ愛を欲(ほ)りせば
コメント

夏空…

2012-06-28 16:51:06 | Ich-Roman
かすれ声背(せな)より零(こぼ)れひめやかにきみと行く夏空遠かりき
コメント

玻光…

2012-06-28 14:30:44 | Ich-Roman
依り処(ど)なき五体ひらけば恋知鳥(こいしどり)汝(いまし)抱けよ胸いたきまで
コメント

夏光…

2012-06-23 03:24:13 | Ich-Roman
象(かたち)よき乳房にまろぶ夏の日の情事は二つの傷を羞(やさ)しむ
コメント

鬼灯…

2012-06-16 21:46:32 | Ich-Roman
鬼灯(ほほづき)の花咲く軒の通り雨二十歳はさっくり恋するらしも
コメント

夏衣…

2012-06-04 02:21:15 | Ich-Roman
おだやかな乳房にあらねはりはりと浴衣の中の老女教師よ
コメント

赤色…

2012-06-02 23:44:47 | Ich-Roman
ああ君の思ひ出交じる夏の庭カンナは赤く揺るぎゐるかな
コメント