歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

amour…

2013-11-30 01:26:06 | Ich-Roman
あたらしき相思をゆるせ女の香熟れくることのかなしかりせば
コメント

vaporiser…

2013-11-26 14:04:52 | Ich-Roman
語り得ぬ思ひがよぎる一杯の珈琲のなか一人(いちにん)の午後
コメント

sentiment…

2013-11-25 09:00:10 | Ich-Roman
もの言はぬ余白の揺れてアメリカの白秋桜をやさしと思ふ
コメント

eau…

2013-11-21 08:39:46 | Ich-Roman
腰をうつ未婚の快楽ひとときの気化するごときアメリカの夜
コメント

temps…

2013-11-19 02:27:55 | Ich-Roman
よきひとに血覚まされて女(め)のにほふ不生(うまず)の胸のその花のとき
コメント

ravi…

2013-11-10 12:44:16 | Ich-Roman
ただ白き朝の光に乳輪の淡紅色(いろ)のうましそのころ
コメント

r^eve…

2013-11-07 10:50:43 | Ich-Roman
湖(みづ)明かり象(かたち)閑かに照らされてをんな見る夢みな美しき
コメント

feu…

2013-11-06 13:53:01 | Ich-Roman
ときのまの光を浴(あ)みて浄からむ五感の頂(いただき)花火美し
コメント

cramoisi…

2013-11-04 17:54:11 | Ich-Roman
比高する極みの花の赤焼けてをんな火色(ひいろ)の刻(とき)が壊るる
コメント