歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

brise…

2013-07-28 23:39:02 | Ich-Roman
夏蝶の越えゆくところ一本の乳白の茨(うばら)あかる日の底
コメント

papillon…

2013-07-23 14:45:14 | Ich-Roman
壊るものつめたき背(そびら)わたくしのあるいは蝶翅の美(は)しき双形
コメント

framboise…

2013-07-22 15:35:31 | Ich-Roman
指ふるる乳二つ立ち夏流る不安の行方きらきらとして
コメント

aube…

2013-07-19 09:44:49 | Ich-Roman
負け女わたしのなかの切創を水銀柱のひかり流るる
コメント

brume…

2013-07-12 15:30:30 | Ich-Roman
ただ白き真夏の午後の内側にきみは裸形の影を残せり
コメント

parole…

2013-07-12 14:22:53 | Ich-Roman
夏の日の言の葉一つ肉(しし)に溶けをんなの生理ざわめける朝
コメント

bouquet…

2013-07-06 02:58:47 | Ich-Roman
花嫁のブーケのなかにかくしある何の青きかわれの内側
コメント

bateau…

2013-07-02 13:33:17 | Ich-Roman
太脚(ふとあし)をためらひ開く年増女(としまめ)のはなるる膝のつやつやしけれ
コメント