歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

cerisier…

2019-04-03 18:43:48 | Ich-Roman
桜敷け桜花敷けさらさらと花の形見の流るる岸辺
コメント

sueur…

2019-04-03 18:40:14 | Ich-Roman
うつむける喉元(のみど)を汗の滴(しずく)する卵子はすでに鎮め難きを
コメント

visage…

2019-04-03 18:38:24 | Ich-Roman
美(よ)き脛(はぎ)を絡(から)め妖しき声反すあの日の顔を愛さんかまた
コメント

ovule…

2019-01-02 17:41:39 | Ich-Roman
肉感を透いて卵子の残照は浄衣の夜を匂い立たしむ
コメント

croiser…

2019-01-02 17:10:10 | Ich-Roman
さながらに定められたる色のあるかなしきひかり交差する場所
コメント

mer…

2018-10-17 18:47:21 | Ich-Roman
くちびるを触れんばかりに追いつめてわれらを過ぎし海遠く見ゆ
コメント

hiver…

2018-10-17 18:04:13 | Ich-Roman
秋はかく眠れるごとく惜しむごとジグザグの恋雨宿りする
コメント

rendez-vous…

2018-10-17 03:25:30 | Ich-Roman
「さよなら…」を言はざりしまま夏をはるさながら星の海を去るきみ
コメント

clarte…

2018-10-02 18:43:21 | Ich-Roman
色ぐはし人の気配とと惑ひぬひかりと落葉しづくする音
コメント (1)

chagrin…

2018-05-11 17:00:25 | Ich-Roman
かなしみは音たてず降る明る栲(あかるたへ)香のまた一つ失せたりしとき
コメント