歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

未生…

2009-10-31 01:04:46 | Ich-Roman
一列(ひとつら)の仏よ 祈りを傾(かたぶ)ける処女(をとめ)の頬に涙あらすな
コメント

神無…

2009-10-31 00:30:43 | Ich-Roman
愛といふをんなの匂ひ 十月をエロティシズムに浸す湖
コメント

鶺鴒…

2009-10-25 14:30:50 | Ich-Roman
淋しらに手触(たふ)れば青き火(ほ)のなかを 肉叢(しし)は一羽の鳥になりゆく
コメント

無辺…

2009-10-24 20:54:14 | Ich-Roman
この日よりきみが手のもつかなしみの 無辺の玻璃につたひくるかな
コメント

渇愛…

2009-10-20 08:39:23 | Ich-Roman
夫婦はも をんなのいのちひもじくて こころはだかにきみに抱かるる
コメント

鬼棲…

2009-10-19 14:55:31 | Ich-Roman
人妻の乳房与(あづ)けしその日より  あふごと肉叢(しし)に鬼棲むらしも
コメント

肌重…

2009-10-19 14:50:49 | Ich-Roman
慄(ふる)へつつきみ受けいれる婚外の をんなの肌を放したまふな
コメント

花心…

2009-10-18 11:50:24 | Ich-Roman
胸元のにほひあたらし人妻の こころふるふる解(と)ける朝かな
コメント

青傷…

2009-10-18 07:52:20 | Ich-Roman
子を産みしをんなの胸に青傷の なにげに熱く廻りくる朝
コメント

瑶心…

2009-10-11 11:02:51 | Ich-Roman
あく離(か)れて抱きもならじ 汝(な)が肌を火の点(つ)くやうに恋ふる朝かな
コメント

青踏…

2009-10-09 09:08:03 | Ich-Roman
たまきはる現(うつつ)の限り 放埒のをんなを生(あ)らむ青き火(ほ)を踏み
コメント

青慄… 

2009-10-09 08:59:55 | Ich-Roman
さし入れる腰の高さに 放埒のをんなが青き炎に慄(ふる)ふ
コメント

炎環…

2009-10-08 18:11:31 | Ich-Roman
放埒のをんなのいのち悉(ことごと)に 青き火(ほ)となれきみが腕(かひな)で
コメント

落暉…

2009-10-04 01:21:43 | Ich-Roman
びろうどの光りたぐれば 青蝶のかたはれの空秋暮れ落つる
コメント