Mooの雑記帳

日々の感想などを書いていきます。

12月3日(土) 軍事大国への質的転換 自公合意「敵基地攻撃能力保有」

2022-12-03 19:53:12 | 日記

主要メディアがサッカー・ワールドカップでの熱狂を煽っている(と私には思える)間に、自公政権による「敵基地攻撃能力保有」という安保政策の大転換が図られた。そして、この問題でのメディアの反応は驚くほど鈍い。
サッカーでの日本の活躍を知らないわけではなく、おそらく人一倍関心を持ってゲームの成り行きを見ていたつもりだが、それにしてもNHKを先頭として、他の問題にはほとんど関心を向けない扱いには辟易とさせられた。

確かに中国での若者を中心とするゼロコロナへの批判活動のニュースはそれなりに流されてはいたが、いま日本で進んでいる支配層の「支配」のあり方が中国型管理社会の一方になりつつあるという認識は全くなく、日本は自由だが中国は「若者の批判が習近平共産党政権への直接批判になっている」という「変化」をしきりに強調する。日本の若者たちに、自公政権の腐敗ぶり、憲法無視の軍拡路線の危険性をつぶさに知らせてきたのか、自問すべきでしょう。

この「敵基地攻撃能力保有」が「安保法制」とリンクしたときに何が起こるのかについて、本来なら若者世代の「戦争動員」や軍事費の大増強との関わりで、もっと深く分析すべきであるにも関わらず、あくまで中国、北朝鮮、ロシアの脅威への「抑止」という、もっともらしい大衆受けする「大義名分」を前面に押し出して巧妙に過去の政権の立場からの大転換を合理化しようとしている。

そこには、アメリカの関わる戦争行為による集団的自衛権としての参戦という最も可能性の高い危険性は視野の外に置かれているのですから、その「大義名分」も国民の目を欺く以外の何ものでもない。
敵基地攻撃という相手の国に届く武器を持つのであれば、相手も日本本土に攻撃を加えるのは自明のこと。相手の攻撃の抑止になるというのはあくまで希望的観測に過ぎない。
さらに、集団的自衛権の名のもとで米軍との戦闘行為に入るときには、戦闘の指揮命令は米軍が行う。これは天下周知の「指揮権密約」。このことはもっと知られてよい。

ところで、報道によれば、立憲民主党が「相手のミサイル発射拠点などをたたく「反撃能力」の容認を検討する。責任政党として現実的な政策を示す狙いがある」のだそうだ。これでは「戦争法」反対闘争の中で結成された「立憲」の名前が泣くだろうに。
政党の側から沈み行く日本の沈没の速度を加速させようとするのが、いまの立憲執行部なんでしょうかね。

柳沢協二さんは、「ウクライナがなぜロシア本土に反撃しないかというと、攻撃すれば核も含めたより強力な反撃をされる口実を与えかねないからだ。軍事大国を相手にした戦争では、相手と同じことをしてはいけない」という。
現在の自公の立場は、相手からの無制限の攻撃を呼び込む際限のない軍拡への封を切ったことと同じだ。発想が貧しすぎる。

さて、未来の子ども達が、この歴史の転換を学んで、そのときの人々がどんな態度を取ったのかと問われて何と答えるのでしょうかね。その頃私はこの世にはいないだろうけど、この文章だけは残るかも・・・。


11月28日(月) 妻の「介護」の合間に落ち葉集め

2022-11-28 19:33:07 | 日記

妻が退院してから3日目。家の中は杖なしでも何とかゆっくり歩いていますが、外はまだ不安なので、杖をついて歩いている状態。退院の日は、床に横になってから起き上がるまでが大変で、足が思うように曲がらないので5分ほどもかかっていました。たったこのくらいのことで苦労するなんてと言いながら必死に自分と格闘。お尻を持ち上げてというけれど、どう持ち上げたらいいか分からず手の出しようがない。しばらくはこんなもんでしょうね。

***

娘が一昨日から来てくれて、妻と私の髪を切ってくれました。娘もあまり顔には出さないけれど、嫁ぎ先でいろいろ苦労があるようで、ちょうど息抜きのような感じでやってきているのかもしれません。先ほど、野菜やできたての味噌などを山のように積んで、帰っていきました。

午前中は娘がいてくれたので、かねてから予定されていた枯れ葉集めのイベントに参加。バラ園で使用する腐葉土をつくるために、軽トラの出動を求められていたのです。
場所は国営あづみ野公園。高大な園内の芝生広場に積もった落ち葉を、何人ものスタッフがブロアーで何カ所かに集め、それを積み込むというもの。10人ほどの参加で約1時間ほどせっせと作業に集中。

積み込みが終わると今度はバラ園に運んで、しつらえてあった専用の囲いに詰め込みです。どんどん踏み固めて一坪ほどの中に軽トラ2台分を押し込んで作業終了。
暑いくらいの日になったので、久しぶりに汗をかいてくたびれた。


11月27日(日) 池田町の財政状況は依然として厳しい

2022-11-26 23:40:49 | 日記

下は、昨日の市民タイムス紙の記事。24日に行われた行革委員会と議会との意見交換会の様子を伝えたものです。

次は、議員の皆さんに現在の池田町の財政状況を端的に説明するために委員会が作成した資料。

24日の議会との意見交換会終了後は、引き続いて第33回行革委員会を行い、いよいよ最終答申に向けての話し合いが始まりました。来年2月一杯までは話し合いが続きます。

***

昨年の5月から、約1年半にわたって30数回の委員会を開催し、しかも1回が3時間から4時間もの長時間の議論を重ねてきているのですから、町にとっては前代未聞のこと。その間の議事録は1回を除いてすべて詳細に記録を残しているのですから、これまた町にとってはかつてないことです。

池田町の現状は、詳しく書くことはできませんが、かなり危うい状態とでも言うべき状態にあるように見えます。
その最大の問題は、町長の財政認識の欠如とリーダーシップの不足。財政が困難な状態にあるにもかかわらず、大型事業をどうするのかの決断が出来ず、仮にこのまま新規起債を続けていけば、またまた財調に手を出さざるを得ないことも起こりうる。

池田町の人口減少は極めて急速で、11月1日現在で9,392人(松川村9,628人)。令和3年4月1日9,623人ですから、このペースで行けば令和5年度中には9,000人を割り込み、8,000人台になる可能性も否定 できない状態です。お隣の松川村はここ数年9,600人台を維持していますから、その差は開く一方。

それにもかかわらず、財政構造を変える努力を真剣に行っていないのですから、おそらく近いうちに歳出のほとんどを経常経費が占めることになり、町民生活に必要な事業(公共施設の改修、インフラの整備など)が必要になってもお金がないという深刻な事態が起こる。

現状の危うさの一つには、役場全体にも町民の側にもそうした危機感が共有されていないこと。何となく良い方向に向かっているのではないかという安易な気持ちすら見える。そんなことは全くないことを、具体的なデータを通して深く分析すべきです。その意味で、我が町は実にきわどい局面にあるというのが私の見立て。間違いであってほしいことを切に願います。


11月26日(土) 妻の退院

2022-11-26 09:23:35 | 日記

1ヶ月余になってしまった妻の入院が今日で終了。無事退院出来ることになりました。今から迎えに行くところ。

今朝は、かなり強い雨が降っていたのに、8時過ぎになるとにわかに晴れてきて、東からは強い日差しが。「虹だ」という直感で、外に出てみると期待に違わず大きな虹が架かっている。久しぶりに見るダブルの綺麗な架け橋。妻の退院をお祝いしてくれたのでしょうか。


11月21日(月) 大豆落ち穂拾い

2022-11-21 21:36:32 | 日記

昨夜は相当な雨になり、今日の午前7時頃まで小雨がぱらついていましたが、その後急速に天気が回復。大豆取りの予定をしていたために気が気ではありませんでしたが、時間が経つにつれて青空が広がって素晴らしい小春日和の1日になりました。

今日もまた、大豆の落ち穂拾い。松本からわざわざやってきてくれた子ども塾の責任者とその知人たちと私の総勢5人で、せっせと大豆の枝を刈り取りました。お昼休みには、みんなで野原にお弁当を広げてという感じのピクニック気分。北アルプスの雪化粧が青空に美しく映えていました。

大型機械で刈り取る大豆収穫は、草との闘いでもあり、草が伸び放題になると機械に絡まってしまう。さりとて人力で刈り取る余裕がないので結局来年に向けてそのまま耕し土に戻してしまうのです。どう考えてももったいないので、頼み込んで稲の「落ち穂拾い」のような収穫を体験的にやらせてもらっているというわけです。目的は、反貧困ネットを中心としたボランティア団体の食糧支援活動への提供が中心です。

さて、入院中の妻は、26日に退院することになりました。リハビリの効果もかなりあるようで、痛みも減ってきたとのこと。家に戻っても、しばらくは歩行練習をしなければならないので、行動も制限されるでしょうが、それも時間が解決してくれる。早く普段通りに生活できるようになってくれるといいですけどね。

11時頃迎えに行き、帰りにはランチをしてこようと話し合っているところ。「美味しいものが食べた~い」と言っておりましたから、退院祝いを兼ねて豪勢に何か食べてくることにしましょうか。2000円程度のヒレカツが我々の「豪勢」ですから、ん十万円の食卓を囲んでいる方々から見ればメシのうちにも入らないでしょうけどね。