Mooの雑記帳

日々の感想などを書いていきます。

10月24日 松本こどもじゅく 市民タイムスが取材

2019-10-24 16:00:20 | 無料こどもじゅく
松本で行っている「無料こどもじゅく」は、4,5月に卒業生が多く抜けた後の「ヒマ~」という状態から打って変わって、今では下の記事で書いてあるとおり「パンク寸前」。今年度の後半になって中高の受験生が増えてきたというのが特徴。

もちろんそれぞれの家庭には事情があり、口コミや行政などの情報を便りにやってきた子たちですから、受け入れた以上は手を抜くわけにはいかないし、それ以上に居心地のいい、安心できる場であるように配慮することが大事です。

経験のあるスタッフ(とくに英語、国語)が少ないのが現在の悩みで、信大生たちの力をかりて何とか乗り切っている状態です。

昨年度はある団体の助成があって、比較的楽に運営できたものが、一年限りであったことや、現在の行政の助成が学習支援を視野においていないために、全くのボランティア。教材やコピー機がほしいと思ってもままならない状態なので、子どもの期待に応えられない局面も多い。

こどもじゅくの存在を知り通える子はラッキーだと思いますが、まだこのじゅくの存在はそれほど知られているわけでもないので、どうやって認知度をあげ、さらに協力スタッフを増やすかも今後の大きな課題になっています。
協力してもらえる方はぜひご連絡をお願いします。