安土街道 築城日誌 (安土らくらく倶楽部)

安土山下の日々と塚又商店主の日常と安土楽市楽座館だより

『麒麟がくる』…やっぱり、佐々木六角氏の家紋は「四ツ目」だった!

2020年10月20日 | テレビ・ラジオ
☆10月20日、火曜日。気持ちの良い一日でした。


☆10月11日(日)に放送されたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』第27回「宗久の約束」の終盤の場面。
☆足利義昭を奉じて上洛する織田信長軍と佐々木六角軍の戦い「観音寺城の戦い」の場面が、ホンの一瞬画かれ、観音寺城の支城「箕作城」の名称が画面に映りました。
☆その画面に翻る佐々木六角氏の旗印(家紋)が「鶴丸」だったことに、とても違和感を覚え、いろいろ調べ納得できる答えがどこにもなかったので、13日にNHK大津へその旨をメールし返答が無かったので、16日には東京のNHKふれあいセンター(放送)へメールしたことは、前回報告しました。

☆その返答のメールが本日、20日9:50に届いていました

☆内容を要約しますと・・・、
「お問い合わせいただきました「麒麟がくる」の件でございますが、調査の結果、六角氏紋はご指摘の通り「隅立て四ツ目」です。
これは考証を通さずに、担当スタッフが間違った資料をもとに作成してしまったため別の六角家(近江の六角家は宇田源氏佐々木氏の流れ。藤原北家の六角家と間違えました)の「鶴丸」紋を使用してしまいました。
  
誠にご迷惑をおかけしました。
NHKオンデマンドなどは修正いたします。
また今後、このようにことがないように資料のチェックを徹底するようスタッフ一同には周知しました。

引き続き大河ドラマ「麒麟がくる」をよろしくお願いいたします。」

☆やるじゃないの、NHK あっさり、間違いを認めはるとは
☆今後も、真剣に観賞しようと思います。(架空の人物パートはいらんのやげと・・・。)
☆私も、思い切ってメールした甲斐がありました
☆これで、全国の佐々木さんにも喜んでもらえるのではないでしょうか
☆出来ることなら、もう一度、地上波で、「四ツ目」の映像を観てみたいですね


☆というわけで、佐々木六角氏の家紋(旗印)は、「隅立て四ツ目」です
☆ではまた。
コメント

『麒麟がくる』…どうして、佐々木六角氏の旗印が「四ツ目」じゃないの!?

2020年10月16日 | テレビ・ラジオ
☆大河ドラマ『麒麟がくる』を、毎週「安土」住民として真剣に観ています
☆云うまでもなく、近江八幡市安土町は、「織田信長」公が築城した安土城の所在地ですが、私はむしろ、ドラマの初期から、登場人物の会話の中で、頻繁に出てくる、佐々木「六角」氏に注目して観ています
☆それは、私の住む安土町大字常楽寺が、佐々木六角氏が築いた観音寺城の外港だった「常楽寺港(常の濵)」があり、また、佐々木六角氏ゆかりの沙沙貴神社の氏子でもあるからです。
☆ですが、何となく・・・、この物語の中では、「六角氏」は「三好三人衆」と共に「悪者扱い」されているように思います。残念。


☆さて、前回、10月11日の放送『第27回・宗久の約束』では、朝倉義景氏の城下町・越前一条谷から信長公のいる岐阜へ移動した足利義昭が上洛を果たすまで(永禄11[1568]年7月~9月)が、一気に描かれました(上の写真は、NHKテレビ画面より)
陣内孝則さん演ずる今井宗久も気になりましたが、ドラマ終盤で、それどころではなくなりました
☆足利義昭を奉じて岐阜を出発した織田信長公と浅井長政+徳川家康関係の軍勢(18000?)が、上洛の行く手に立ちはだかる!佐々木「六角」義賢(承禎)軍(10000?)を蹴散らした(私にしてみれば…蹴散らされた)・・・戦いです。
☆一般には、「観音寺城の戦い」ですが、主戦場が観音寺城の支城だったので、その名を取って「箕作城の戦い」とも言われています。ドラマはこちらの設定ですネ。


☆上の写真は、戦の舞台となった場所を、安土(京都)側から東方を見渡した全景です。
☆蒲生郡(現:近江八幡市)と神崎郡(現:東近江市)の境界線あたりです。
☆写真中央、少し右、山と山の凹部分を、当時の主要街道だった東山道(中山道)が通るところで、今は国道8号線東海道新幹線が走っています。
☆信長公の軍勢が京まで移動するには、どうしても、その凹部を通らなければなりません。


☆左側の山が、佐々木六角氏の観音寺城があった繖山(観音寺山)です。☆山頂直下には、西国第三十三番札所の観音正寺があり、そこから西側に観音寺城址が続いています。
☆この城から中山道に睨みを利かせていたのです。


☆次に右側の山ですが、「清水山」と云い、この山の南西に尾根続きで「箕作山」があります。
☆大河ドラマで取り上げられた「箕作城」は、箕作山ではなく、清水山にありました。


☆現地には登った事は無いのですが、写真の清水山の山頂に鉄塔が建っていますが、その山頂の鉄塔とその左側の鉄塔の間辺りに今でも、石垣の跡らしい石が残っているようです。


☆その箕作城での戦い(1568年9月7日)がドラマの終盤で、一瞬(5秒?)描かれます。
☆その映像を見た私は脳裏に大きな疑問が発生しました
☆何と、蹴散らされる「佐々木六角」氏の旗印(家紋)が、どういう理由なのか『鶴・丸』なのです
☆私が子供の頃から、慣れ浸しんでいる「六角」氏の家紋は『隅立て四つ目』なのに。これは何でや (上の写真は、NHKテレビ画面より)


☆録画を何回も見直しましたが、疑問は解決しません(上の写真は、NHKテレビ画面より)


☆その後、2つ日間調べましたが、疑問は解けず、火曜日の夕方、とりあえず、毎月曜日に、夕方のニュース番組『おうみ発630』で、「麒麟がくる」のコーナーを設けている、NHK大津放送局に「問い合わせメール」をしました。
☆今日現在、お返事はありません。
☆それで、本日夕方、NHKの本社?へも、問い合わせメールをしてみました
☆その理由が何なのか、返答が楽しみです

☆ドラマとは別に、この「観音寺(箕作)城の戦い」の事で他にも疑問があります。
☆上洛する、足利義昭は信長軍と一緒に来たのか?それとも、戦いが終わってから、少し遅れて「安土」に来たのか?
☆その時、足利義昭は古刹「桑實寺」に遷座したというが、その後の上洛のルートはどこだったのか?琵琶湖を渡ったのか?陸を歩いたのか?
☆そのルートは一説には・・・、私の住む「常楽寺(常の濵)」から舟で琵琶湖の対岸(坂本?)まで渡ったとも伝わるが本当なのか?などです。
☆それでは、本日これまでゴメン

☆見逃した人は、17日午後の再放送でチェックしてください。




コメント

安土 / 織田信長公自販機

2020年10月15日 | まちの話題
☆昨日、安土駅南口の安土城郭資料館前で、缶ジュースを購入すると織田信長公の声?が聴けるジュース飲料の自動販売機のお披露目セレモニーがありました

☆この自販機は、2026年の「安土城築城450年」に向けて、(今年は大河ドラマ『麒麟がくる』が放映中というう事もあり、)近江八幡市とダイドードリンコ(大阪市)さんが共同で企画されたものです。
☆昨日までに、セレモニーが開催された安土城郭資料館を含め、安土城址周辺の4か所に設置されました。


☆その様子は、昨日の関西地方のローカルニュースで放送され、本日の朝刊(京都新聞・朝日新聞等)にも掲載されました(※上の写真は、京都新聞です。)

☆早速、私も、購入体験しました
☆甲冑姿の信長公のイラストラッピングの自販機にお金を入れると・・・、信長公が「お主はどれを所望であるか?選ぶがよい」とほら貝の音と共に述べられ、商品選択ボタンを押すと・・・、「いざ出陣!」。缶が取り出し口に落ちると・・・、「こたびの活躍、誠に見事であった。大儀である」とキメのセリフが聴こえます(一回聞くだけでは、何を言っているのかよう解らん…。)
☆この声の主、機械では無く、近江八幡観光物産協会副会長で、おもてなし武将隊の織田信長公の役も兼ねておられる加納学さんだそうです。
☆また、ラッピングの織田信長公は、滋賀県観光キャンペーン『戦国ワンダーランド・滋賀・びわ湖』のメインビジュアルを担当された日田慶治さんのものだと思います。


☆さて、参考までにその他の設置場所の状況をしました。
☆2カ所目は、安土駅北口のロータリー東側の市有地空き地です。後は安土駅1線番ホームです。


☆3カ所目は、安土文芸の郷内、あづちマリエート(体育館)西側駐車場前です。


☆4カ所目は、西の湖畔、下豊浦の西の湖すてーしょん玄関前です。
☆安土へ観光へお越しの際は、是非、お買い求め下さい(なお、価格は普通価格の130円以上です。)


☆ところで、ここで、ややこしいのが、2日前に安土楽市楽座館前に設置された自販機です
☆2日前のブログで申し上げましたが、こちらは、今回の自販機とは違います。キリンビバレッジの製品です。
☆ややこしい事に、ラッピングの武将は、同じイラストの織田信長公です。それに、こちらの自販機、背景色は「雅色」です。
☆ですが・・・、音声は出ません。
☆ですが・・・、最安商品は、100円です


☆既に、昨日、購入された方から・・・、「声が出ない」との声をいただいています。
☆それで私は「策」を思いつき・・・、本日、シールを貼りました。
☆『この自販機の信長は、しゃべりません』・・・皆様、ご理解、ご了承の上、沢山、お買い求め下さいネ
コメント

ジュース自販機と観光案内版/安土楽市楽座館

2020年10月13日 | まちの話題
☆私もスタッフとしてお手伝いしている、安土町常楽寺の安土楽市楽座館の玄関前右側に・・・、


☆本日10月13日、ジュースの自動販売機が設置されました

キリンビバレッジさんが、滋賀県の観光キャンペーン『戦国ワンダーランド・滋賀・びわ湖』とタイアップされた滋賀県内限定デザインのオリジナルラッピング自販機です
☆正面のメインキャラクターは、大河ドラマ『麒麟がくる』の登場人物「明智光秀、織田信長、豊臣秀吉、明智ひろ子、そして、(現時点では?な)石田三成」から選べましたので・・・、
☆やはり、「安土」「常楽寺」ゆかりの織田信長公に落ち着きました
☆雅なデザインの自販機が、築100年の安土楽市楽座館とマッチしています
☆皆さん、お近くにお立ち寄りの際は、是非、一本、ご購入くださいネ


☆それから、玄関の左側には、安土楽市楽座館の観光案内看板が、先週、10月6日に設置されました。
☆こちらは、『大河ドラマ「麒麟がくる」近江八幡市推進協議会』が、安土の歴史と文化を残し伝え、まちあるきを楽しむことを目的として、設置されました。

☆なお、案内板の文章は、依頼を受け、少ない資料を調査の上、私が書かさせていただきました。ひょっとしたら、間違いがあるかもしれません。ご理解、ご了承の程、よろしくお願いします。



コメント

ヨシ灯り展とサプライズ花火

2020年09月27日 | まちの話題

☆9月27日、日曜日。時々
☆夕方の6時過ぎ。近江八幡市安土町下豊浦の西の湖畔。
☆「よしきりの池」で、昨日から開催されている『西の湖・ヨシ灯り展』を、鑑賞して来ました。今年で、14回目です。
☆地元、ボランティア団体で構成された「西の湖ヨシ灯り展・実行委員会」主催です。


☆昨日の初日は、午後6時の点灯式(オープニングセレモニー)に合わせるように?意地悪く、雨が降ってきました。それも30分程、随分強く・・・。
☆その為か、その後、午後7時からの予定だった、打ち上げ花火が、6時半頃に繰り上げて開始されたようですが・・・、土砂降りだったので、一体、どれだけの人が見物できたのか・・・。
☆久しぶりの花火だったので、とても残念でした。

☆それに比べて、今日は、風もなく、夕日もキレイで、結構、多くの人が来場されていました。


☆葭(よし)を切ってボンドで組み立てた「ヨシ細工」の今年の出展数は、昨年より少ないようですが、それでも、306作品


☆市内の小学校の生徒さんが作った「小品」の他、行燈がいくつも吊り下げられたような奇抜な作品や・・・、


☆成安造形大学・住環境デザインコースの学生さんが造られた「大作」などを、心地よい涼風に包まれながら、観て周りました。

☆その後、帰宅し・・・、午後8時。
☆さあ、大河ドラマ『麒麟がくる』を観ようと、チャンネルをNHK総合に合わせた途端


☆いきなり、ド~ンと大きな花火の音


☆あわてて、家の2階へ駆け上がり、タンス部屋の小さな窓から西の湖の方を見ました

☆約15分間、久しぶりに「ちゃんとした花火」を観ることが出来ました
☆細かく言うと、単発の花火が10分とスターマインが5分。最後にとても大きな「ヤナギ」が打ち上げられました



☆どうやら、この花火の主催は、安土町商工会青年部のようでした。
☆春頃から企画していたのですが、当初、披露を予定していた8月の『安土サマーフェスティバル』が中止となり、その後、何とか開催しようと、協賛企業(者)を募り資金を集め密かに準備した「サプライズ花火」事業でした(おそらく)
☆弊社も(確か)資金面で微力ではありますが協力させていただきましたが、打ち上げの日程は、「極秘」ということで誰も教えてくれませんでした。
☆先日、青年部部長のZさんが、「かなり、迫ってまいりました」というだけで、まさか、今日とは思いませんでした
☆とにかく、絶好のタイミングで決行ありがとうお疲れ様と云わせてください

コメント

密にならない運動会

2020年09月19日 | まちの話題

☆9月19日、土曜日。。人によっては、4連休初日

☆早朝の午前6時。花火の音で目が覚めました

☆我が家は、もう「卒業」ですが、今日は、安土小学校の「体育大会」の日でした

☆午前7時。開店して、間もなく、近所の安土小学生さんが、もう、登校です。

☆随分、早いですね。

☆見送りのお母さんに伺う(取材する)と・・・、コロナ下で、感染拡大防止の為・・・、

・今年の運動会は、午前で終了です。(お弁当は無しか・・・。)

・全体を二つに分けて、前半がAM10時30分まで、後半がPM12時30分まで。(偶数学年と奇数学年だったかな?)

・見学は、一家族につき2名まで。(ワッペンか許可証かだっけ) 勿論、マスク着用の事。

・・・ということでした。

☆「絵」が欲しいので、マスクを持って、徒歩3分の安土小学校へ。。。

☆「昼休み(昼食時間)」がないので、地区別の観覧席はなく、トラックの周囲をロープが張られているだけでしたが、入退場門と生徒さん用テントは設置されていて、運動会感は充分でした。

☆折しも、フィールドでは、「大玉転がし」がスタートし、(遠くからですが)私も良い写真が撮れました。

☆時間の経過と共に、観覧者も随分増えてきているように思え、ロープの外は、大分「密」でした。

☆組体操などの生徒が密になる種目は無かったようですが、それでも、開催出来て良かったですね

コメント

秋の気配

2020年09月09日 | テレビ・ラジオ
☆9月9日、水曜日。朝は、
☆朝、7時開店の為、宅の玄関を出ると、上空には「ひつじ雲」
☆空気も、つい最近までとは違い、少しひんやり。
 
☆ひつじ雲は、正式には、「高積雲」というらしく、移動性低気圧が近づいている前触れの空模様だそうです。
☆とにかく、私には、「秋の象徴的な雲」です。
 
☆実際、昼前には、曇り空となり、午後には、(私の予想よりも早く)一時となり、より涼しくなりました。
 
☆8月の猛暑と、残暑が、強烈だったので、9月はいつまでも同様の暑さが続くと思っていましたが、ウレシイ想定外ですネ。
 
※本日の、東近江市の最高気温は、29.8℃。(ちなみに、8月20日の最高気温は、39.2℃。10℃も下がりました。)
コメント

山本川の河口から

2020年09月05日 | まち歩き
☆9月5日、土曜日。
☆台風が、とても暖かい空気を送り込んでいるのでしょうが、て、とても暑いです。
☆大型で極めて強い台風10号(さっき、920hPa)が、(さっき)時速15キロで日本列島に近づいています。
☆今のところ、滋賀には、直接の影響は無いように思われますが、九州地方の皆さんは週末から月曜日がとても心配なことでしょう。
☆2年前の2018年9月4日の午後、台風21号が、(955hPa・風速45メートルで)京都付近を北上し、安土の街も、屋根が飛んだり、大木が倒れたりと、風による被害が多発しましたが、その時よりも、勢力が強いと報道されており、なおさら心配です。

☆安土の街を、乾燥機の燃料の配達後、石油ローリーで走りながら、町内の田んぼを見ていると、台風の接近で荒天が予想された為、稲の収穫を急がれたこともあるのでしょうが、早生品種の刈り取りは、ほぼ終わって、圃場は、ひっそりとしていました。

写真は、西の湖に流入する、山本川の河口付近から東側を眺めたものです。(田んぼには誰もおられませんでした。)
☆話は横道にそれますが・・・、山本川の上流は、安土町東老蘇で、そのエリアの水路の水が集まったものです。下流の安土町常楽寺では、そこ此処のキレイな湧水も水源となっています。
☆その一つの北川湧水は、弊社(塚又商店)の横を流れており、すぐ下流で「常浜(じょうのはま)」へ注いでいます。(戦国時代、常浜から琵琶湖へは、山本川・西の湖と、直接漕ぎ出せたので、信長さんも利用されたのですよ!)

☆ついでに、写真の山ですが・・・、
☆左の山は、織田信長公が安土城を築いた「安土山」。
☆右の山は、その信長に「蹴散らされる」まで、この地を治めていた佐々木六角氏が築いた観音寺城があった「繖山」です。
☆折しも、先週から、大河ドラマ『麒麟がくる』の放映が再開され、「安土」の名が物語に登場するのがカウントダウンとなりましたネ

☆次の写真は、山本川越しに西側(旧近江八幡市街)を眺めた景色です。

☆山並みが続いていますが、左端が「八幡山」で、安土城が廃城後に、豊臣秀吉氏の甥の秀次氏が築城した八幡山城があった山です。

☆そんな感じで・・・、歴史を感じながら、眺めると、ここ、山本川河口は、ちょっと、良い場所だと思いますネ。


コメント

夏やね~!

2020年08月11日 | まちの話題

☆8月11日、火曜日。 直近の観測点、東近江市(蒲生町らしい)で36.7℃。
☆当然、安土の街も、暑すぎます。
☆出来ましたら、毎日、夕立ちが欲しいところです。

☆ところで、一昨日の9日、日曜日。
☆久しぶりに、スタッフの一人としてお手伝いしている「安土楽市楽座館」の当番日でした。

☆当館は、(昨年度から)安土町商工会が運営しているチャレンジショップに、フロアの半分を貸しています。
☆この日は、『YASASIC TUTUMU』さんと、『からだきれいMISAKI』さんが、ひんやりスイーツやドリンク、安心素材のジャムなどを販売されました。

☆私も、昼食は、YASASIC TUTUMUさんの「近江牛バーガーセット」をいただきました。

☆午前10時半ころ。

☆『大河ドラマ麒麟がくる近江八幡市推進協議会』公認サポーターの『近江の国おもてなし武将隊/信長隊安土衆』の皆さん(この日は、約10武士)が、安土駅舎での活動を終え、安土楽市楽座館前まで、移動してこられました。
☆BBC(びわ湖放送)の取材もあったようです。

☆そのうちの数名が、「着用している手作り甲冑+外の暑さ+黒いマスク」に耐えかねて、館内に「避暑」こられました
☆〃推進協議会会長の高木さんは、アイスコーヒーをご馳走されました
コメント

猫は「油」が好きなのか?

2020年08月01日 | ブログ
☆8月1日、土曜日。
☆昨日、梅雨が明けて

☆昨夜、閉店準備をしていると・・・、

☆弊社近辺を「縄張り」にしている、野良猫の1匹「シロ」が、セールスルームの外を巡回してるので、観察していると・・・、
☆ピットのシャッター前で立ち止まり、何か、その中に興味を示している。

☆私は、おそらく「あれ」だと直感


☆「あれ」とは、ピットの中のてんぷら油等の「廃食油」です

☆この前も、営業中にピットの中に入っていったので、そーっと、観察していると・・・、
廃食油回収ボックスの中に顔を突っ込んで、油を「なめよう」?としていました・・・。


☆この「廃食油回収ボックス」は、平成16(2004)年頃、当時の滋賀県東近江地域振興局主導の事業だったと思われる『Hello!菜の花プロジェクト』で、管内のガソリンスタンドに「廃食油回収」の協力依頼があり、支給されたものです。
☆そういえば、最近は、この話題聞きませんが・・・、弊社は今も市の事業として、「廃食油」回収に協力していて、「環境生協」さんが2カ月に1度、回収に来られます。

☆江戸時代の「行燈(あんどん)」の油のように・・・、猫は「アブラ」が好きなのでしょうか

☆夜中に・・・ヒュードロドロと出てこなけれは、いいのですがネ
コメント