安土街道 築城日誌 (安土らくらく倶楽部)

安土山下の日々と塚又商店主の日常と安土楽市楽座館だより

沙沙貴の森が明るくなった / 杜の市場3

2018年09月24日 | まちの話題
☆9月24日。

☆安土町常楽寺1番地の沙沙貴神社表参道で『沙沙貴杜遊(もりあそび)』が開催されました

☆昨年の9月24日。今年の4月29日に続いて3回目の開催となりました
☆出店者数も一回目が22店舗。二回目が46店。今回が55店舗と開催ごとに増えていまして、表参道は、一杯となりました。
☆ハンドメイドな品やワークショップ、こだわり食材を使った商品などの販売をするマルシェ(市)で、「緑の神社」と「丸い空気感」が、大規模なイベントよりも居心地が良いとの声がよく聞かれます。

☆特に今年は、9月4日にとても強い台風21号が滋賀県に接近した為、沙沙貴神社も敷地内で、多くの倒木や建物の屋根等に被害が出た為、一時期、開催が危ぶまれましたが、関係者による懸命な復旧作業のおかげで無事本日の開催となりました


☆↑上は前日準備の参道です。土手の彼岸花(ヒガンバナ)がキレイです。


☆こちらは本日。午前10時に参上した時には比較的空いていたのですが・・・、


☆↑上は前日準備(9/23)の楼門前です。


☆こちらは本日。午前10時30分には大盛況となっていました。人気のパン屋さんには長蛇の行列が出来ていたそうです。早い人は9時から並んでいたということでした

☆ところで、台風の為、敷地内の杉などの高木が折れたり倒れたりしたとお伝えしまたが・・・、その撤去の為、材木屋さんのクレーン車まで出動し、今後は隣地の家屋に被害が出ることがないようにという意味もあり、思っきって、沢山、伐採されました


☆↑上は昨年の9月24日です。参道の左側土手のヒガンバナの上の樹木が・・・、


☆こちらは昨日。高い木がすっかり無くなって・・・、随分、日差しが差し込み明るくなったのですよ
☆敷地内全帯で、倒木が処理されたので、相当、風通しが良くなったのではないでしょうか
☆年二回の氏子奉仕作業の時、折れ枝、枯れ葉が少なくなって清掃がラクになってくれると良いのですがね


☆そうそう、今年も、私もスタッフの安土楽市楽座は出店しました

☆今年は、竜王産の二種類の「梨」と「あわび茸」を主力商品にして、いつものように、賑やかに販売しました

☆沙沙貴杜遊実行委員会の皆様、大成功ですねお疲れさまでした
コメント (2)

大木、撤去。

2018年09月11日 | まち歩き
☆9月11日。

☆今日は、快晴。空が高い 気持ちいいです。(は、安土町北原)

☆先週、9月4日に最接近した台風21号により大きな被害のあった安土町常楽寺の沙沙貴神社では、8日(土曜日)に氏子の皆さんにより、神社敷地内の折れ枝撤去などの処理作業があり多くの方が出役されました。

☆台風から一週間経った、本日、神社前を通ると、表参道入口大鳥居前では、人力では不可能だった巨大なムクノキの倒木の撤去作業が、彦根の材木屋さんにより行われていました。

☆さすがに専門家さんです。昼過ぎには、株元と枝先は残っていましたが、参道の巾はすっかり確保されていました。
☆敷地林には、他にも多数の高木が根からもしくは幹の途中で折れて倒れており、その撤去作業が材木屋さんにより引き続き進行中でした。

☆また、神社本殿北側の吹き飛んだ屋根部分には、屋根と同色のトタン板が張られ仮屋根となっていました。
☆こちらの修繕はいつになるのでしょうか

☆なお、17日には、再び、氏子による被害処理作業が行われるようです。

☆これで、9月24日の市民イベント沙沙貴杜遊は開催出来るでしょう
コメント

沙沙貴神社本殿損壊!

2018年09月06日 | まち歩き
☆9月4日午後に滋賀県に最接近した、台風21号は、安土町内でも多くの建物に被害を与えました

☆安土町大字常楽寺の沙沙貴神社も、参道には大量の枝葉が落ち、森林内には、大木や高い木が、沢山、倒れていてそれだけでショックでした。
☆翌日、5日には、宮世話(神社役員)の皆さんが、出役され、神社内の大量の折れた枝などを処分されましたが、午後に、弊社へ混合ガソリンを買いに来られた係の方が「本殿に穴が開いた」と云っておられたのですが、私は理解しかねました。
☆そして、次の日、今日6日。

☆京都新聞9月6日朝刊です。
☆この記事を読み、「本殿の穴」を理解し、この目で見なければと、朝一番に出かけました。

☆楼門から中へ・・・廻廊内の境内は、役員さんのおかげで、とても綺麗に片付いていました。

☆本殿前まで行くと、本殿屋根東側(右前)の「雨樋」が外れているのが分かりました。

☆ところが、裏側に周ってびっくりです
滋賀県指定文化財本殿北側の屋根が3分の2程、すっぽりと吹き飛んでいました
☆工務店さんが、作業用の足場を組み立てておられましたが、修復作業はとても大変でしょう。(資金面も)
☆また、9月24日(月)には、昨年、大好評でした『沙沙貴杜遊』・・・森のマルシェ(市場)が開催予定なのですが、開催できるのでしょうか心配です
コメント

老木倒れる / 台風21号

2018年09月04日 | まち歩き
☆9月4日。火曜日

☆平日ではありましたが、とても強い台風21号の接近が予想される為、正午で閉店とさせていただきました。

☆予報通り、2時頃には、暴風雨圏内に
(先月23日~24日の台風20号とほぼ、同じコースで、しかも、ずっと強力です)

☆ですが、台風の移動速度が早かった為、午後5時頃には、日本海に抜け、強い風雨はおさまりました。
☆とにかく、安土の町も風が強かったですね(この強さは、50歳の私も経験がないかな・・・。)
 ・・・幸いにも、弊社店舗の被害は殆どありませんでした。
☆すぐに、安土町内を見て周りました。

☆この日、一番の衝撃は、沙沙貴神社の表参道の鳥居前のムクノキ?の大木(高さ20メートル以上、株元の直径1.5メートル)が根こそぎ、参道をふさぐように倒れていたことでした

☆株元に周って見てみますと、驚いたのは、その根の浅さでした。鳥居や狛犬に当たらなかったのは、運が良かったというべきでしょうか
☆沙沙貴神社では、他にも多くの神社林が20本位は、倒れたり、折れたりしていたでしょうか

☆町内の他の神社でも同様の事が起きていました

☆上は、安土町小中の若宮神社です。数本の高木が根から倒れていました。


☆上は、下豊浦の新宮大社です。(高い樹木の倒伏はないような・・・)


☆上は、上豊浦の八幡神社です。社務所に樹木が倒れていました。(翌日撮影)
☆他にも、香庄の熊野神社でも樹木が倒れ、石の鳥居が壊れました。

☆これは、安土町内の神社に、沢山の老木があり、管理が大変である事の証明でもありますね。


☆公共施設では、安土コミュニティーセンターの講堂屋根の東端がめくれていました。(過去の)


☆西の湖ステーションの屋根も東側面が殆ど、めくれてしまっていました。(翌日撮影)
 (旧名称「やすらぎホール」建設時の手抜き工事の為だとの噂がありますが・・・。)

☆民間の建物では・・・、昭和初期には、映画館や演劇場の役割を果たしていた、常楽寺上横町の旧「共楽座」建物のトタン?屋根北面が、隣の福井さん宅住居に覆いかぶさっていました
☆その他、プレパブ小屋や一般家屋の屋根瓦、テレビアンテナ、カーポートの破損は多数でしたが、人が負傷したという情報は聞きませんでした。
 本日これまで。
コメント

市の防災訓練に参加しました!

2018年08月26日 | まちの話題
☆猛暑の8月最後の日曜日(26日)は、早朝より『近江八幡市防災総合訓練』に参加しました

☆場所は、近江八幡市総合運動公園グラウンドです。
☆私が所属します滋賀県LPガス協会近江八幡支部の会員は、7時20分集合です。
☆滋賀県LPガス協会近江八幡支部と近江八幡市は、「災害応急復旧に関する協定」を結んでいます。
☆訓練人員、35名。車両4台。
 毎年の事ですが・・・服装は、専用ヘルメット、紺の作業服、黒長靴、軍手と統一しています
☆ほぼ定刻通り、8時15分、訓練開始

☆小西(市長)本部長から指示を受け・・・、「ガス配管応急復旧」と・・・、

☆「臨時炊事場の設置」を行いました。
☆この行事が終了すると、「私の暑い夏が終わったナ・・・。やれやれ。」となります。
 

☆翌日、8月27日の京都新聞朝刊(滋賀版)には、当日の様子が掲載されていました。
 文中には、「ガスの復旧作業・・・」と私共の活動が活字になっていました
コメント

台風20号!

2018年08月24日 | まち歩き
☆8月23日夜から24日未明にかけて、四国に上陸した台風20号は、西日本を縦断し、深夜に、滋賀県に最も接近しました。

☆午前中、㈱三村造園の社長さんが給油にこられ、「沙沙貴神社の樹木が倒れたので行ってくる」との事で、しばらくしてから、私も「視察」に行きました。
神社敷地、北の角地のツバキが根元から道路側に倒れ、電線に乗りかかっていました

☆台風は、午前0時頃に、兵庫県姫路市に再上陸し北上したので、私の住む安土町も深夜の時間帯、ずっと南東からの暴風雨が吹き荒れていました。
☆ですから、弊社敷地の松の葉も全て同じ向きに傾いていました
☆他にも、西の湖畔のヤナギの木が真ん中から折れていたり、農道の看板が根元から倒れているのを目撃しました。
ではまた
コメント

暑いぞ!あづフェス!!カキ氷!!!

2018年08月11日 | まちの話題
☆8月11日。『山の日』今日も暑いです

☆安土町には、7月9日の梅雨明け以来雨らしい雨が降っていません。
(7月29日未明の「台風12号」も慈雨とはなりませんでした。)

☆そんな、とても暑い夏空の下、安土小学校の敷地内で、第1回・あづちサマーフェスティバル『あづフェス』が開催されました
☆時の流れと共に安土町で無くなっていく「盆踊り」や「花火大会」に代わるイベントをしたいと、安土町商工会青年部や一般の若手有志が企画・運営されました

☆午後5時~9時までの4時間のイベントです。
安土小学校の玄関前広場と中庭には、ゲーム参加券?や景品抽選券を配布する「受付」や、地元の各種団体が運営する模擬店のテントが10張り、出店されました。

☆校舎北側運動場の中央には、櫓(やぐら)と簡易ステージが設けられ、その周りには手作りゲームコーナーが配置されました。浴衣や甚平姿の子供たちが楽しそうです

☆また、運動場西側には、近江八幡市消防団安土分団の消防車が展示され、同時に、消防団員の皆さんが会場警備を担当されました。

☆簡易ステージでは、開会セレモニーの後、5時半から約2時間、地元自治会や各種団体・個人による「出し物」発表です

☆7時半から8時半までの1時間は、『江州音頭』の盆踊り大会です参加団体が多かったので、半分ずつ、前後半に分けて踊られました
☆8時半からは、地元商工会加盟店などが提供された素敵な景品が当たる抽選会
☆そして、最後は、校舎の壁面を利用してのプロジェクションマッピングによる『花火大会』がありました

☆私はと云うと、安土楽市楽座の模擬店でカキ氷を400杯以上販売させていただきました
☆「かき氷」はとても冷たかったのですが、隣では同士が「みたらし団子」をガンガン焼いていたので、テント内はとても暑いのでした。終日、行列が途切れず、ヘトヘトでした


☆なお、8月14日の『中日新聞・滋賀版』には、その様子が掲載されました。
コメント

お墓参りの帰り道 / 折れた「石碑」修復されてる

2018年08月05日 | テレビ・ラジオ
☆8月5日、日曜日。

☆今日も暑い日です

☆朝から、安土町慈恩寺の『金勝山 浄厳院』へお墓参りです。
☆まだ、8時過ぎではありますが、既に、10台以上駐車しています。

☆境内の百日紅(サルスベリ)がキレイです

☆墓地入口の受付テント(何年か前から、浄厳院檀家の皆さんがやっておられます)にて、回向(えこう・墓勤め)をお願いしました。(二千円です。浄土宗の短いお経ではありますが、焼けるような日差しの下では、お坊さんも大変ですね。)南無阿弥陀仏。

☆帰り道は、寺院南側の楼門前からぐるっと廻って、JR琵琶湖線と平行に東西に走る「県道下豊浦鷹飼線」の慈恩寺交差点まで戻ってきました。
 ・・・前方の急坂の踏切を渡ると。浄厳院の通用門(北門)に通じています。

☆その交差点の南西角に『安土浄厳院』と刻まれた石碑が建っています。
 後ろの住宅は近年、建築されたものですが、この石碑は「明治時代」からここに有ります。
☆この県道は、昔、「朝鮮人街道」もしくは、「下海道」「浜街道」とも云われた主要道でした。
 この交差点は、街道から浄厳院へ行く為の最短ルートでありますから「案内用」石碑があって当然です。

☆その石碑が、今年の初夏、根元から折れる事故がありました。
 どうやら、出会い頭の交通事故の巻き添えに合ったのだそうです。(私の記憶では、これまでに、無い。)
☆しばらく、折れたままの状態で放置され、ある時、撤去されていましたので、このまま、無くなってしまうのかと心配しましたが、つい先日、修復され、元の場所に戻されていました
☆ドライバーの皆さん、くれぐれも「石碑」には注意して下さい。
コメント

安土駅周辺(南北広場)整備事業の説明会

2018年07月15日 | まちの話題
☆新しく橋上駅舎となった安土駅は、昨年の11月19日に供用開始(竣工)されました。

☆ですが・・・、駅の南北の広場は、そのままの状態で最近まで「放置」されていました。
☆その間、今年の4月には、近江八幡市長選挙があり、新しい安土駅駅舎建設に尽力された、当時、現職の冨士谷英正氏が敗れるというニュースが、ありましたが・・・南北広場の工事が止まっていたのは関係ありませんね。
☆そのような中、7月15日夜、常楽寺老人憩いの家で、常楽寺区民を対象とした『安土駅周辺整備事業(南北広場)の概要説明会』が開催され、私も参加しました。
☆近江八幡市の担当者から、工程表や、図面、完成イメージ図が提示・説明され、質疑応答という段取りでした。
☆工期は、平成30年5月17日~平成31年1月25日となっています。
☆現在、北口広場の東側では「準備工」が始まっています。

☆先ずは、(表)玄関となる「北口駅前広場」です。(上の図)
☆バスも停車できる送迎用のスペースと屋根のある歩道があるロータリーです。タクシーの待機場所もあります。
ロータリーの真ん中には、工事前にもあった『織田信長公像』と『ノブナガザクラ』を再び戻され設置・植樹されます。(工事中、別の場所に保管されていました。)
☆その他には、ちょっとしたイベントができるスペースが中央にありますが、ロータリーの真ん中では、ちっょと、危ないような気がします。それに、日差しを遮る木陰等もないのでから、今年のような夏は暑くて大変でしょうね
☆質問にも出ていましたが、周辺で買い物をしたい観光客や一般客が、一時的に駐車できる空間がありません。
・・・ロータリー東側の「安土駐在所」との間の空き地は、今回の工事対象外ですが、将来、駐車スペースになっても良いように思います。
☆また、以前のように地上に「公衆トイレ」がほしいという意見がありましたが、「安土駅の橋上駅舎のトイレを使って下さい」とのことでした。

☆「南口駅前広場」です。(上の図)
☆こちらもバスや自家用車の送迎用ロータリーがメインとなっています。
☆以前はあったのですが、大量に湧出している地下水を利用した、子供が遊べる「親水空間」などはなく、機能的ではありますが、全体的に何となく味気ないです。(ましてや、「相撲櫓」などの歴史を感じさせる物や、少し前に、安土町商工会が記念植樹した「ナンジャモンジャ」を再び植える緑地もありません。)
☆また、両方の広場とも「緑」が少ないというのが、質問でも出ました。
☆維持管理の費用を考えると、無い方が良いのでしょうが、「残念なところ」です。

☆実は、私も質問したのですが、旧駅舎の頃、安土駐在所が現在地に移転する前、駅舎の東側には、桜(ソメイヨシノ)が何本かあり、春には、駅前風景に彩りを添えていましたが、駐在所建設に伴い、伐採されてしまいました。
☆結果、現在の「新安土駅・駅舎」周辺には、樹木と云えるのは、北口、タクシー乗り場に立っている高さ5メートルぐらいのクスノキ(?)1本だけとなってしまいました。

☆私は、この樹木がちょっとしたランドマークになりつつあると思ったので、質問したのですが、整備に合わせ伐採するとの事でした。残念。泣

☆また、安土町商工会の高木会長の発言によると、来年の2月~3月頃を目途に、完成記念イベントを計画しているとの事でした。
ではまた。
コメント

一年の半分。終わりました。(^^)/

2018年06月30日 | ブログ
☆6月30日。土曜日。
☆関東では、「梅雨明け」だそうですが、近畿地方は、まだです。
☆どちらかと云うと「空梅雨」です。蒸し暑いです。

☆配達の途中に、沙沙貴神社の境内を覗いてみますと、拝殿前に、大きな『茅の輪』が今年も設けられていました。

☆沙沙貴神社氏子の宮世話(神社役員)さんが、西の湖畔から刈り取られたマコモやヨシで作られました。
☆少し前、24日の日曜日には、『水無月 夏越の大祓 茅の輪くぐり神事』が行われました。

☆私も、半年の節目に、罪や穢れを祓っていただこうと、茅の輪を八の字にくぐらさせていただきました。(正式にお供えしていないので・・・気が引けるのですが・・・。)

☆ところで、家の猫の額程の芝生に今年も「ネジバナ」が10本程、咲いています。
☆ラン科の多年草だそうで、何もしなくても、毎年、出会えます。
☆5ミリ程のピンク色小さな花が、らせん階段のように咲くのが何とも不思議です。
☆「芝刈り」でお別れなのですが致し方ありませんね・・・。
コメント