日記塊~77と97に関する幾つかの考察~

2019年以降の記事はこちら➡︎https://9uni-49.blogspot.com

決戦の地は福岡へ

2011-10-31 01:11:35 | 2012年までの記事
冷静になって考えるとあちらの自滅。
大事な場面でミスが絡む、ハムらしくない試合。
大チャンスを逸した直後に暴投で痛恨の失点。
集中力がキレたところに原がトドメを刺し、
中村がオーバーキルのホームラン。
最終的にはまさかの圧勝で福岡への切符を獲得。

正直今のホークスと戦えるような試合かというと?でしたが、
ホセ浅村は好調維持、栗山中村も二日目に快音。
中継ぎが揃って好調モード。
何かを起こせる形はできはじめているような。

試合後は喜ぶことや仲間との挨拶もほどほどに、
福住駅ヨーカドー地下のフードコート
(人がたくさん。富山は0だったのに)
で福岡参戦の作戦を練りました。
行けて2試合だけども…。

とにかく、ボーナスステージ継続。
「最下位からの挑戦」用紙掲揚も勿論継続しますですよ。
札幌、見ず知らずの方々も揚げてくだすっておられてミーコーフン。
ファイナルもガツンガツン行きませう。


明日の観戦も予定してたので、帰京は11/1なのだ。
コメント

ファイナル進出!

2011-10-30 20:30:56 | 2012年までの記事
緊急会議。
行けるけど行かない、という選択肢はここまで来たら無い。
コメント

札幌に着きました

2011-10-30 07:11:34 | 2012年までの記事
昨日昼に仕事を終え、7回までテレビ観戦。
19時前発の便に間に合わせるべく移動開始してからはラジオ。
これがまあ大事な場面でことごとく電波が乱れまくり。

<だいじなばめん>
・9回表ホセが繋いでから全部
・11回表中村敬遠~浅村の打席の間
・11回裏全部

斉藤一美氏の絶叫も、清原氏の笑い声も、ノイズの彼方。
岡本への「素晴らしいどや顔ストレートですねえ」は聞けたけど。

まあいいんです勝てば。
やっぱり四球て怖い。

昨日はハムの次を見据えた継投が裏目に出て、
ライオンズのその日だけを考えた起用が巧を奏す。
この起用が正解だったか、昨日だけで判断するのは早計かな。
この起用が、ライオンズには今日明日負担となるかも知れないし。


結局PVも現地も見れずじまい。
「最下位からの挑戦」も様子がわからず…。
友人の報告によれば、現地は100枚程度、PVはちらほらとのこと。

PVは仕方ないすね。人多過ぎ。
その分、出して頂いた皆さんの姿を見て、
「なにあれ欲しい」と思った方がいたら効果ありか。
簡単に印刷できますよーう。

現地は様子見てないけど、数だけ聞くともう少し欲しいか。
選手の視界に直接入れられるチャンスですからねー。
印刷間に合わなかった方、今日現地でお声掛け頂ければ、いいことあるかも。

そうそう、現地の皆さん応援ほんとに凄かったです。


札幌到着後は嫁の友人であるハムファンの方々も交えての飲み会に合流。
正直こんな試合後に敵ファンと飲むのは嫌だろなあと思いましたが、

「試合は試合。同じ野球ファンなんだから」

と、尊大なお言葉を頂きました。

「あ、でも残り2つは勝たせてね」

それは断る!



そんなこんなで、多分堪能しきれてないCS初戦。
後れを取り戻すべく、がっつり応援して福岡行き決めてきます。


【余談(そもそも全文そうだけど)】
遠征組は皆さんご存知でしょうが、
フラッグ(及びケース)は機内持ち込みサイズを越えるため預けることになります。
謎の黒い長袋を渡された係員に、
「中身はなんでしょうか」と訝しげに尋ねられて、
「はははは旗なんだな」
とどもり気味に返す、というのが通例。

しかし今回はいきなり
「中身、旗ですか?」
と向こうから。
なんでわかるの?ライオンズファン?
とかなり困惑してしまい、結局
「そそそそそうなんだな」
とどもってしまったわけですが、後で理解。



この日の始発で同じケースに入れた旗を預けた奴らが大量に。
コメント (2)

いざ、最下位からの挑戦。

2011-10-29 01:38:36 | 2012年までの記事
いよいよ明日。
日付変わって今日から、決戦開始です。
あの日が遠い昔のように感じます。


「最下位からの挑戦」壁紙印刷・掲揚の件。
ツイッターで、またmixiで、ご賛同のコメントありがとうございます。
また、提案を広めて頂いた64始め知人の方、
ご面識が無いのにお手伝い頂いた方、誠にありがとうございます。
今回は現地での提案などが難しい内容だったので、
非常にありがたかったです。

本番は今日からです。
札幌現地は、選手を視覚で鼓舞するために。
PV組の皆さんは、札幌に思いをまとめて送るために。
皆の思いを伝えるための手段のひとつとして、活用して頂ければ幸いです。

一応、1回表裏開始時、7回や9回などに揚げるのがいいかなと考えております。
もちろん、周りに配慮しつつ、思い思いの場所で出して頂ければ。


残念ながら、自分は初戦現地にはおりません。
明日夜に札幌に向かう予定です。
PVも、行けてちょっと見れるくらい。
印刷した用紙を鞄にしまいこんで、ひたすら祈りを捧げますよ。

CSどんどん勝ち抜いて、
現地やテレビで掲げる人を見て、
俺もやってみようってなって、
日本シリーズで皆出してたら凄いなあ、
なんて思ったりしてます。

最後の最後まで、野球を、ライオンズを観たいですね。
明日が、その第一歩となりますように。



ほら、やっぱり回顧録終わんなかった!
コメント (2)

2011.10.18ドキュメント~当日編2~

2011-10-26 12:19:01 | 2012年までの記事


「最下位からの挑戦」壁紙掲揚の件
コメントやツイッターでのリツイートありがとうございます。
スタンドでの配布は球場ルールなどでNGですので、
引き続きmixiだったりリツイートだったり、
授業中にメモで後ろの席に回すだったりして、
情報を拡散して頂ければ幸いでございます。
A3にプリントアウトか拡大コピーして球場に持っていくだけ。
札幌はもちろんPV会場でも是非!

PV会場のイベント発表?
突っ込みどころ多すぎてもういいわ。
行く方はがっつり盛り上がってください!


-----------------------------------------------------

アルコールによる高揚感と、球場の雰囲気による高揚感が混ざり合って、
なんとも不思議な気分のまま、スタメン発表から1-9へ。
人生何百度目かわからない「がんばれ西口」コール。
俺達は本当に、何度あの細腕に願いを託してきたんだろう。
「エース」を体現する男は、表情を変えずにストレッチをしておりました。

いつのまにか内野も埋まり始めた18時00分、試合開始。

1回表、西口は3人で斬って取る上々の立ち上がり。

その裏、平日ナイターでは考えられない声援の中、栗山登場。
張り詰める空気を切り裂くようなライト前ヒットで先頭出塁。
これでかかったなあ。こういう試合でなかなかランナー出ないとしんどいし、
吉川を球場の雰囲気で押し潰しやすくした、大きな一打でした。
その栗山を、前日もう死んじゃうんじゃないかという状態だった原がきっちり送る。
余談ですけど、原って送りバントするとかならず体三塁に流れますよね。
あれキャッチャーに一瞬完全に被るんですけど、妨害にならないんですかね。
中島はゴロに倒れ、バッターは四番中村。

もうこれ後出しじゃんけんみたいになっちゃって格好悪いですけど、
この打席。凄いホームラン打つ予感がしてました。
予感がしてたというより、もうそれしか浮かばないんですよ。
「うわー、打つよこれ。絶対こっちくる。
 スタンドえらいことになるな。盛り上がっちゃうな。」
とか考えてる。別に配球からそういう考えを導き出したわけでもないのに。

で、来た。「おかわりさんこっちです」とか出してる64の、

本当にすぐ真後ろに着弾。

喜びよりも当たる恐怖が先に来たホームランは久しぶり。
もちろんスタンド狂喜乱舞。「いける!」という雰囲気が初回に。
さすがすぎる四番様。
もう貴方は、貴方だけはホームランしか狙わなくていい。
その権利が貴方にはあります。今年どれだけ救われたか!

この後ヒットエラーで得たチャンスは活かしきれず、2点で終了。
もっと欲しかったが、言ったらキリがないからねー。


ここ最近の先発投手の悪い癖が、取ってもらった次の回にリードを吐き出すこと。
西口先生なら他の若造とは違う…と思ったら、先頭フォア。おい。
三振を挟んでヒットを繋がれ、犠牲フライで1点差。おいおい。
さらに盗塁→暴投で2死三塁。おいおいおい。

そう、今日の先発は西口。ということは、マスクは上本。
このコンビが確定したシーズン中盤以降は西口先発日と観戦日が合わず、
すなわち上本スタメンも殆ど見ることが出来なかった。
やっと見ることが出来たスタメンゲーム…
怖い。何もこんな大一番で。しかも早速後逸しとる。
怖い怖いまんじゅう怖いって唸ってたら、
「ファンだからだねえ。西口には上本しかいないと思うから
 俺は安心してるけど」とは64談。ふーむ。

祈るように見ていたら、鶴岡を外角直球で見逃し三振。
なんとか追いつかれることは阻止。西口様!

早く差を広げたい、と願うも裏は三者凡退。

3回表は西口が落ち着いてしとめる。
西口が楽に投げれるようになんとか吉川を崩したい。
しかしその裏の攻撃も、あっさりツーアウト。
ここで中村を迎え、吉川はあからさまに逃げてくれてフォア。
これは助かるなー。そうそう簡単に連発なんて出来ないのに。
さらに暴投で2死二塁。おやおや勝手に暴れてますよ。
このもらったチャンス、とにかく活かしたい。
頼むぜホセ、汚くていいからタイムリーを…
って、美しすぎるホームランが一直線!

スタンドは「決まったろ」な雰囲気。
序盤でこの雰囲気って本当はよろしくないけれど、今日はいいだろ!
これだけの勢いが出せるなら、ノリにノって押しきってしまえ!
京セラは、京セラはどうなってる!


携帯繋がらねえー。


(続く)
コメント

CS応援に関する考察とご提案

2011-10-25 03:37:33 | 2012年までの記事
10.18ドキュメント?後だ後!
そもそもどうせ誰も待ってねえよ!キシャー!

深夜テンションです。


なんだかんだで今週末にはCSの幕開けです。
早いですね。
ドキュメントなんて勢いで書き始めて、幕開けまでに収集つくんですかね。

キシャー!


さて、間違いなく四面楚歌になるであろうライオンズファンin札幌。

とにかくわかりやすい形で選手の後押しをしたい。
せっかくCS出場拾ったんだから、CS仕様の応援がしたい。

わかりやすいのは視覚要素だろうと。
なんか皆で出せたらいいなと。
ビリーブタオルはもうシーズンでやったと。
買わなきゃいけないからやはり数は少なかったと。


で、最近公開されたCS特設ページ。
そこのダウンロードコーナーにある壁紙。非常にいい。
里崎さんが使いはじめたとされ、
なんかスポーツ紙で使われすぎな下剋上の文字も無く、
2011年のライオンズならではの非常にいいフレーズだと思うのです。


これを各自で印刷して掲げては如何かなと。

簡単で、数も出しやすい。
数が出てれば視覚を使った応援に十分なりうる。
手軽でさくっとやりやすいと思うのです。

出すタイミングを

・1回攻撃開始
・1回守備に着くとき
・9回攻撃開始時

などで合わせてやれたらより映えるかと。


試しに印刷してみました。
まずは自宅のプリンターでA4サイズ。
普通に出ました。当たり前。
普段掲揚グッズを出す人にはちょっと小さく感じるかも。
内野席の方にはちょうどよいかな?

物足りないのでセブンイレブンでA3に拡大。
カラーコピーで80円也。
持ってみると中々いい感じ。
さらに拡大は出来ますが、切り貼りするのが面倒ならこれで充分。

肩幅程度で程よく持ちやすい印象です。
例えていうとそうですねー、
コピー用紙あるじゃないですか。
あれのちょうどA3くらいの大きさです。



如何でしょうか。
もちろん丹精こめて用意している幕やボードがあればそちら優先で。
一枚噛んでやるか、という方は是非是非。
転がり込んだボーナスステージ。
せっかくですから色々やって盛り上がりませう。


【ご注意】
あくまで個人的見解ですが
・画像をさらにいじくる
・多数印刷→球場で配布

などは権利や球場ルール的にNGになりそうですので
控えて頂いたほうがよろしいかと。
この件で「これをこーしたい」等はわざわざ当方に確認する必要なしですが、
あくまで各自の判断及び責任の下でお願いしますです。
コメント (4)

CSへ着々と

2011-10-23 01:30:38 | 2012年までの記事
回顧録は一休み。

CSまでちょうど一週間。
合宿スタート、公式サイトでは特設ページオープン。
着々と決戦への準備が進んでいます。

予想通り、初戦は涌井とダル。
これで2008年を思い出す人は多いだろうな。
涌井ダルの対決は無かったけど、あのときの涌井もレギュラーシーズンはフニャフニャでしたね。
あの時同様覚醒してくれるか。
フェニックスでは好投した模様。


特設ページでは、「最下位からの挑戦」関連のダウンロードが可能。

これ、印刷して皆で掲げらんないかな?
印刷なら各自球場行く前に家でできるし。
権利的にはどうなんでしょうか。


中村2冠おめ!
コメント

2011.10.18ドキュメント~当日編1~

2011-10-22 00:15:45 | 2012年までの記事
かくして最終戦で全てが決まることになった2011シーズン。
やはりこの大一番前夜は眠ることもままならず・・・
と思ったら、そうでもない。
勝つしかないけれど、勝ったところで相手の結果に委ねられる今回。
なるようになるしかない、と思えたので構えずにすんだのかも。
そもそも夜勤中だしね俺。寝ちゃ駄目だしね。
ちなみに休憩中にツイッターをチェックしたところ、
フォロワー連中は揃いも揃って眠れてない模様。
寝ろよお前ら。明日は平日だぞ。
結局寝れない奴らの呟きは明け方まで続いておりました。

そして運命の10月18日。

普段の夜勤勤務は朝に一度仕事を終えて仮眠に入り、
昼過ぎに起きてきて、特別仕事が無ければそのまま退勤します。
この日も昼過ぎに起床し、日勤の女性社員に退勤する旨伝えると、
「えっ、帰っちゃうんですか?」
もちろんこの後食事にでも誘おうと思ったのにぃ、という色目では無く、
え、お前帰るんかいマジで、という失望の眼差し。
彼女の背後には客でごった返す職場。
いや、わかってたけどね。見えてたけどね混んでるの。
さらっと言えば帰れるかと思ったんだもん。

仕方なく残業。
開門には間に合いそうもなかったので、64にメイル。
珍しく開門前からいるという64に遅れる旨を伝えておく。
結局退勤は14時半。球場着は16時半くらいか。

帰宅の電車内でツイッターをチェック。
ライオンズタグをチェックすると、皆さんテンション高め。
思わず自分も少しずつ気分が高揚していきます。

一度帰宅して身支度。
最終戦なので、忘れ物が無いように入念にチェック。
ゲーフラに嫁のボードに飲み物に・・・。
さて、ここでひとつ迷う。
仕事終わりのナイターでは、家から発泡酒を持参して開始前に一杯やるのがマイ通例。
しかし、今日は大事な大事な一戦。
あまり酒が強くない自分が飲んで、フワフワな感じで応援してよいものか。
しかし、構え過ぎるというのもなんかなあ・・・。
散々迷った挙句、持っていくことに。
いつも通り行こう。今年ラストになるかもなんだし。

秋津駅へ向かうと、結構な賑わい。
しかもほとんどライオンズファン。
平日開門間もなくの時間なのに。
結局球場前まで立ちっぱなしでした。

球場に着き、64の姿を探す。
外野席は既にほぼ満員。内野はまだまだ余裕がありました。
ゲーフラなどを準備し荷物をまとめ、席詰めに対応できる体制を整える。
一通り準備が終わった所で喫煙所へ。
既に一服していた10年来の知人の方と談笑。
「もう、なるようになるしかないねぇ」
「こんな機会なかなかないですから、面白くなればいいですね」
「5時間くらい後には、天国か地獄なんだよね」

そうか。5時間もすれば、決着しているのか。
先に進んでいるか、シーズンが終わっているかのどちらかだ。


大一番だなあ。
今さらだけど。


(つづく)
コメント

2011.10.18ドキュメント(プロローグ)

2011-10-21 21:14:14 | 2012年までの記事
CS進出決定から数日が経ちました。
札幌開催分のビジターチケットの販売が始まり、
チームは南郷で合宿を開始するなど、
休む間もなくそれぞれがCSに向けて動き始めています。

自分はまだフワフワしています。
ツイッターを見たら皆さん同じで安心しました。

そりゃそうだよなあ。
願ってはいたけど、嘘みたいだもの。
ド最下位だったチームが、なんだかんだで日本一を争う輪の中にいるわけです。
使えば使うほど安っぽくなるけど、やっぱり奇跡みたいなもので。

せっかくなので、「ライオンズファンの一番長い日」となったあの日を、
自分なりに、自分視点で振りかえります。
長くなるかも。でもまあ、「一番長い日」だから。



少し日を遡って10月16日。
遡ればいくらでも遡れますが、あえて区切るとするならば、
プロローグはここから始まっていたのでしょう。

9回に必死の追い上げで2点ビハインドを追いつくも、逆転サヨナラには至らず。
この試合開始時点でのチーム状況は、

「残り3試合全勝で無条件CS進出」
「1つでも負けか引き分けで自力CS消滅」

手中にあった自力CSを手放した引き分け。
最後に意地を見せたとはいえ、結果は同じ。
この時点では、限りなく負けに等しい引き分け。

土壇場での同点劇だったため、スタンドは沸いていました。もちろん自分の周りも。
しかし、自分は「勝たなきゃ駄目だ」という気持ちが強すぎて、
あんまり興奮していませんでした。
もちろんDJの「拍手~!」にはぶち切れでしたよ。


…余談ですが、この同点シーン。
自分がいる辺りのスタンドが映ったらしく、
それを見た古い友人から「お前、笑ってなかったなあ」とメールが。
そんなにすぐわかるほど笑ってないかね、と思いチェックしてみましたところ

まー笑ってない。
つうか、表情が無い。まさに無。
なんか悪の組織に表情というものを吸い取られた子みたい。
あんな顔できるんだ。自分の顔に引くというのもなかなか無い。


とにかく、1日でがけっぷち。
試合後は嫁のご友人らとカレーを食べながら、
「中島は回せなかったか」
「いやしかしあのミスは予想しにくい。普通の返球が来たらまずアウト。
 次が浅村だったし、浅村に任せるのは間違ってない」
「つうかそもそも涌井が情けない」
などと嘆いておりました。


10月17日。
チームはこの日、QVCでナイトゲーム。
自分はというと、お仕事。
しかも夕方~翌日昼までの夜勤勤務。
もちろん球場に行くことは出来ず、勝利を信じ仕事に励むのみ。

負けたらシーズン終了の状況で仕事。
去年もそうだったんだよなあ。
CS2戦目が夜勤で、翌日の第3戦に行くつもりだったのが・・・。

相手は同じくマリーンズ。負けたらシーズン完全終了。
嫌な予感しかしませんでした。

せっせと仕事をしつつ、隙を見ては経過を確認する自分。
試合はライオンズが先制するも、ミスも絡んで即追いつかれる展開。
その後お互い決め手を欠いて同点のまま終盤へ。
ここでひとつの疑問。


引き分けたらどうなんの?


勝ったら明日に持ち越し。
負けたらシーズン終了。

そこまでしか知らない。
つーかここで2試合連続引き分けなんか頭になかった。

ツイッターで疑問を投げかけるも、皆さん困惑している模様。
20分後に結論。
「いちおう引き分けでも可能性は繋がるらしい」。
実は、前日追いついていなければ引き分けでもアウトだったらしい。
まさかここで活きてくるとは。

結局、延長11回を戦い抜きドロー。
まさに首の皮一枚で希望をつなぐ。

こういうときのYahoo1球速報は体に悪いね。何回更新したことか。
10回裏はゆっくりやれよと本気で思いましたね。


長かったシーズンも、結末は144試合目に持ち越し。
さて、仕事しよう・・・。
コメント

一夜明け

2011-10-20 01:49:43 | 2012年までの記事
まーだ夢見心地です。
本当にCS行けるんだっけ、ってくらい実感がないです。

それでも時は流れていきます。
日付変わって今朝からチケット発売。
フォロワーのツイートも札幌の宿探しネタばかり。
球団は新パーカーを発表したり。
動きだしてますね。休息の日はもう少し先か。
上等じゃーい。


せっかくなんで改めて10月18日のことはじっくり書きたいなと。
人生ベストゲームかも。
コメント