日記塊~77と97に関する幾つかの考察~

2019年以降の記事はこちら➡︎https://9uni-49.blogspot.com

甲子園・福山・広島高速バスの旅 3日目

2008-05-28 23:12:17 | 2012年までの記事
結局、疲れで朝まで熟睡。
チェックアウトギリギリで退室して、高松駅の立ち食いうどん屋で朝飯。
ざるうどんを頼んだら、普通にうまい。
昨日最初に食った店はなんだったんだろう。

移動は相変わらず鈍行。
高松⇒岡山は海を渡るのでめちゃくちゃ心地よい。
老後をのんびり過ごす権利が得られたら、海の近くに住みたいなあ。
とりあえず、田舎に住みたい。

数時間かけて福山に到着。
前売り券を買ってないので、駅前で先に買えるか探してみる。
JRとかで売ってないかな?と思い、駅員に聴いてみるも、NOの答え。
それどころか、今日試合があること自体知らなかったようす。
うーん、WBCを思い出すなあ。

とりあえずコンビニで売ってないかと思い、散策をかねて駅前を歩き回る。
いや、なんつーか、すごい街だなおい。
駅前のビルが廃墟同然なんですけど。ガラス割れてるし。
なんともはつらつじゃない街だなあ。

たいした成果もなく駅に戻ると、甲子園で一緒に応援に混ぜてもらった常連さんと遭遇。
向こうも昼飯がまだ、ということで、ラーメン屋探しに参加させてもらう。
しっかし、歩けども歩けどもよさそうな店がない。というかそもそも店の絶対数が少ない。

開門が迫ってきたので、地元の方に聴取。
教わった店が美味。店構えが全然飲食店らしくなかったので、
聞かないと絶対見つからなかったろうなあ。

腹ごなしを済ませて、臨時バスで球場へ。
バスに乗った瞬間、雨がしっかり降ってくる。
ああ、こら厳しいかなあ・・・と思いながら外を眺めているうちに到着。
普通の住宅街の中に球場がぽつんとある感じ。
真後ろには団地がずらり。仙台よりもここをペット禁止にすべきだと思うが。

チケット売り場を探すも、それらしいものが見当たらない。
その代わり、何故か軽自動車(写真)の前に列が出来ている。
あれ、この車「チケット売り場」って貼り紙がしてあるんですけど。
おいおいマジかよ。
疑心暗鬼で列に並ぶと、チケット発売時間に。
それと同時に降りる後部座席のウィンドウ。ひょっこり顔を出す係員。

マジでした。

それなりに地方球場に行ったことはあるけど、これはすごいなあ。
入場列もレフトとライトに分かれてるけど、チケットチェック後はどっちにもいけるし。
開場後にも関わらず、ポール際の扉が開いていてグラウンド乱入大歓迎状態だし。
男子トイレの前にバッティングマシンが普通に置いてあるし。
地方臭が濃すぎて死にそうです。

試合は中村の地方ホームランで引き離して、石井も踏ん張って9回へ。
最後はグラマンがアップアップになりながらも何とかしとめて辛勝。
降ったりやんだりの雨が、よりによって最終回に大雨になってぐしょぐしょ。
勝利の余韻に全く浸れず、逃げるように球場を後にしました。

この日は福山一泊。
駅から少し離れたビジネスホテルでした。
うまいもんでも食いたかったけど、周りにそれらしいものがなかったので、コンビニ飯で我慢。
テレビをつけたら、半分以上のチャンネルが画像乱れてやがる・・・。
番組表をみたら、水曜どうでしょうが1時間ぶち抜きで放送されてる。

これは個人的にアリ。
コメント (3)

甲子園・福山・広島高速バスの旅 2日目~山田家リベンジ~

2008-05-28 01:30:51 | 2012年までの記事
朝6時起床。
ことのほか体調がよくてびっくり。
夜中体が熱かったのは、やっぱり飲んだビールのせいのようで。
きのうあれほど酷かった咳もほとんど出ず。薬が当たりだったなあ。

さて、今日はチームは移動日。
遠征としては1日フリータイムなわけです・・・が。
当方超方向音痴&野球以外ではかなりの出不精。
見知らぬ町で自由になっても、むしろ不自由なのです。
この1日があったので(金銭的な面も含め)、甲子園を組み込むか直前まで悩んでおりました。

しかし、電車移動の場合、大阪→福山には岡山を経由する必要があります。
しかもなんと(俺だけ)ビックリ、岡山からは高松に向けて電車が走っているではありませんか。
こら、行きたい。行かねばなるまい。
忘れもしない1年と2ヶ月前、オープン戦観戦のために友人といった四国。
どうでしょうフリークの自分と友人は、残り2人を半ば強引に説得して山田家へ。
当然目当てはざるぶっかけ・・・のはずが、何故か自分の口からでた言葉は「かまぶっかけ」。
いや、うまかったですよ。うまかったですけども。
友人がすするざるぶっかけを横目で見たときの妙な敗北感。
そう、今回の旅のメインは、1年越しの山田家リベンジなのですよ。

今自業自得だと思ったやつ全員ムチビンタ。

ということで、朝の7時から鈍行を乗り継ぎ乗り継ぎひたすら移動。
昨日のバスで勘を取り戻したか、5時間の移動も苦にならず。
本当は途中駅で、鈍行遠征時代よく食べてた駅そばを朝飯代わりにする予定だったのですが、
何故か岡山駅にあるとばっかり思い込んでて、見事に姫路をスルー。

とにもかくにも、お昼に高松に到着。まずは拠点となるホテルを探す。
本当は今日もネットカフェ・・・と思ったのですが、
体調不良と、自分が高松で0時近くまで時間をつぶす自信がないのとを考慮しました。
1件目でシングル5000円の宿をゲット。やっぱり相場は安めだなあ。

荷物を預け、駅周辺をぶらり散歩。
海が目の前なので、風が非常に心地よいです。
人も少ないし、のんびり過ごす余生が得られたら、こういう町に住みたいなあ。

そういや朝から何も食べていないので、早速うどん屋を探す。
といってもうどん屋めぐりに必須の車を持っていないので、名物店は除外。
せっかくなので己の勘を頼りになんでもない店にふらりと入ってみる。

これが失敗。まずくはないんだけど、特にうまくもなし。
かけ300円って、普通じゃねえか。
それともやっぱり最近の物価高のあおりを受け始めてるんでしょうか。小麦なんてもろだしねえ・・・。
とりあえず腹ごなしは終了。

今回のお目当て山田家は、ことでんという路面電車でいけるようで、早速乗ってみる。
切符を買って自動改札に向かったら、有人改札を通るよう支持される。
そうか、自動改札はIC専用なのですね。
となりでおばちゃんがピッとやってる隣で、切符を切られる自分。

ガタガタと電車に揺られること約30分。八栗駅に到着。
問題は、こっから徒歩で無事たどり着けるかどうか。
HPには異常にあっさりとした地図しかなかったし、徒歩15分は自分が迷うのに十分な距離。
さて、どうすんべ。
と思ってたのですが、歩いて3分で杞憂だったことに気づく。
というのも、ある電柱ある電柱すべてに山田家の案内看板がくっついているのです。
これはまさに現代に舞い降りたヘンゼルとグレーテルか。
などと頭の中に古館伊知郎を出現させつつ、指示通りに進む。

さて、これだけ看板があればさすがに迷う心配もないわけですが、
一応先ほどかけを食したばかりで、すぐお店に向かうほどの空腹感でもなし。
ということで、近くにある85番札所・八栗寺へいってみることに。

八栗寺は山中にあるので、ケーブルカーがあります。
早速900円の往復券を購入しておばちゃんに改札してもらう。
客は自分を含めて7人程度。うち5人はまさにお遍路スタイル。
ユニを着込んでレオライナーに乗り込むようなもんですな。実際あんまりいないけど。
運転手がいねえなあとおもったら、さっき改札にいたおばちゃんが乗り込む。
へえ、1人二役か。大変・・・でもないか。空気がとにかくのんびりしている。
ちなみに、このケーブルカーは窓全開。風が気持ちよいことこの上なし。
東京だったらやれ安全対策だとかいって締め切っちゃうんだろうなあ。

5分ほどで到着。
ちゃちゃっと本堂でお参りして帰ろうかと思ったら、
先ほどの5人が1-9(つうか読経)をはじめたので、終わるまで境内を散策。
せっかく上に登ったので、見晴らしのよい場所を探してみる。
これが絶景。ちょっと木で市内一面を見渡す、ってわけにもいかなかったけれど、十分です。
近くにあった工事用の足場に上ればばっちり見えそうだったけれど、さすがにやめておく。
1-9(その後そそくさと帰っていったので2次会だったかも)が終わっていたので、お参り。
そのあともうひと散策して再度ケーブルカーへ。

さてさて本日のメインイベント。
ヘンゼル達は八栗寺方面からも来ていたみたいで、しっかり看板があったので迷わず到着。
平日昼間だというのに車もある程度停まっている。さすがだなあ。
お座敷へ通され、1年ぶりにざるぶっかけを注文。
お前に会うのにどれだけ待たされたことか。じっくりと料理してくれよう。ひひひひ。
まあ、料理するのは店の人なんだけど。

出てきた出てきた。
つやのあるうどんに、大根おろしとねぎを入れ、つゆを名前のとおりぶっ掛ける。
そして、念願の一口。

はっはっは。
笑っちゃいますよ。そりゃ笑うってもんですよ。
めちゃくちゃうまい。さっき外れくじを引いた分、なおさらうまい。
できねえかなあ。山田家西武ドーム前店。万里も一緒にさ。
あっさりたいらげる。くそう、大盛りにすりゃあよかった。
確認したぜ。知っていたけど再確認。
旅行で重要なのは食だ。特に今回みたいな負け戦はなおさら。
うまい食事は、いやなことを忘れさせてくれるもんだなあ。

自分史上ベスト5にはいる満腹感と、それからくる心地よい睡魔に襲われ、
ことでんに揺られつつ転寝をして帰りましたとさ。


関係ないことシリーズ。
タバコを買おうとして自販機に金を入れたら、タスポのタッチを求められる。
へぇ、四国ではもう導入されてるんだぁ。


コメント (1)

甲子園・福山・広島高速バスの旅 1日目

2008-05-26 23:46:59 | 2012年までの記事
学生時代の時は、よく無謀な旅をしたものです。
宿も決めず単身福岡行ったり、鈍行で動き回ったり。
そのなかでも一番重宝したのが高速バスとネットカフェでした。
社会人になったとき、しんみり思ったものです。
「ああ、もう時間を金に変えるような行為はしなくていいのだな。
 新幹線を使って快適に移動して、ホテルでぐっすり眠れるのだな。」

まさか2年で元に戻るとはね。

いや、あえて断言しよう。
これは、今度こそ高速バスと決別するための旅なのだと。
フラットシートに感動する遠征生活に別れを告げる旅なのだと。
今回の旅こそが、高速バス・ネットカフェ引退試合なのだと。


まあ、そんなこんなで貧乏旅です。
AM7:00、東京駅八重洲南口へ。今回の友は「東海道昼特急」です。
3列シートはありがたいのですが、到着は16:00。約9時間ですよ。
試合前に一戦交える状況です。

しかも、のっけからハプニング。喉痛い。咳酷い。
テンションがた落ちイベントワースト5に入る「旅先で風邪」。
とりあえず持参してきたベポラップを塗りたくって耐える。

寝たり起きたりを繰り返しているうちに、バスは無事大阪駅へ。
阪神電車で甲子園へ移動。観光する暇も意志もなし。
さすがに甲子園はタイガースユニ一色。西武ファンなんぞどこにもいねえ。
咳が止まらないので咳止め薬をダイエーで購入し、服用して球場へ。

場内に入るとレフトビジターはガラガラ。
とりあえずそこらへんの西武ファンの方と軽くトーク。
ここまで疎外感があると、むしろフランクになれる不思議。
あまりにも心地よい風なので1杯飲む。薬飲んだ直後に。
まあいいや、酒は百薬の長じゃい。

試合は許がこれ以上ない出来で最小失点に抑え、
大沼、星野、正津、グラマンと必死につなぐつなぐ。
しかしDHなしの継投合戦ならさすがに相手が一枚上手。
最後はグラマンが力尽きてジエンド。まあ、今日は投手責められません。
特にグラマンの意地はすごかった。勝たせたかったなあ。
あ、ボカのあたりは完全にファールです。


試合に関係ない球場での出来事シリーズ。

その1
通路でタバコをすっていたら、西鉄時代からのファンというおいちゃんと遭遇。
「東京から来た」といったら、生を一杯ご馳走になっちゃいました。

その2
友人から預かっている中島のアレを持っていってたんですが、
「写真を撮りたい」という方が数名。しかも阪神ファン。
レフト下段からカメラに狙われたりもしてました。
こーいう交流は気持ちいいっすね。ありがとう製作者。


で、いまポパイです。
10時間3500円は高いだろうよ。
明日の体調が超心配。最悪明日はホテルに泊まろう・・・。
コメント (2)

ニートの運動不足解消計画

2008-05-25 23:33:12 | 2012年までの記事
野球がなければ引きこもり、でおなじみの筆者です。こんばんわ。

チームが甲子園にいき、今日の遠征予定はないってことで、
一日元気に引きこもり・・・がここ2ヶ月の自分。
ただ、今日は違うのですよ。
友人に誘われ、市民駅伝に参加するのですよ。
最近の運動といえば燃えろコールのジャンプと清原チャンスの左右移動のみのこの自分が。
なんとなんと5キロも走ってしまうのですよ。

死ぬんじゃねえか・・・・?

そんな不安を抱きつつ、5時半起きで会場へ。
天気が不安だったものの、朝方にはやんでいました。
今回は所属している草野球チームでの参加。
といっても草野球の参加率も低いし、今回は代打出場なのですが。
代打出場な分、ほかの参加メンバーに迷惑をかけるわけにもいきません。不安割り増し。

市民マラソンにつきものなのがゲストランナー。
今回いたのは猫ひろしとパッション屋良とアントニオ小猪木。
ほかの方はよく存じていない人なので割愛。

参加する組は9時半スタート。第1走者なので10分前に地点へ。
交流戦ユニを羽織るという俄か極まりない格好でおったのですが、
スタートが近づくにつれマジな服装の方々に取り込まれる。
ああ、なんとなく外野席来ちゃった人ってこういう気分なんだろうなあ。

で、特にネタもオチもないので走っている描写は割愛しますが、完走しました。
タイムは27分。おっせえ。でもまあたすき渡せただけでもよしか。
ユニホーム姿も結構おりました。ライオンズ関係な人も数名。
走った後はそれなりに気持ちいいので、また機会があれば。


さて、予告どおり明日からちょろっと遠征に行ってまいります。
平日にビジターに行くのは学生やニートの任務みたいなもんだ。たぶん。
旅先にて久々の遠征記も書く予定ですので、暇つぶしにでもしていただければ。
コメント (1)

交流戦 vs東京ヤクルト 2回戦

2008-05-23 02:24:26 | 2012年までの記事
ちょっと暗黒になりかけたときに勝てるのが今年の強み。
それは鬼門の交流戦でも通用するのか?というのがちょっと見えてくる今日の試合。

結論から言うと、交流戦でもしっかり勝てました。
初回、涌井がゲッツーを慌ててチェンジにし損ねた後失点という嫌な流れ。
栗山の犠牲フライとGGの疑惑の死球で追いつくも、その後続かず。
おいおい今日もか?という流れの中、1~3番の3連打で突き放し、
GGが一発で止めを刺すという、後半は超理想の流れ。
ヤクルトの後ろがしっかりしてるだけに、その前の投手で勝負を決められたのは大きかったなあ。
明日から打撃好調(ロッテ投手陣が酷かったともいえるけど)な読売を迎えるので、
打つべき人がしっかり打てたのもいい傾向でした。

ヒーローインタビュー、予想通り涌井が拒否してたみたいですね。
まあ、あのピッチングじゃあちょっとなあ・・・。
インタビュー時の広告看板もお披露目。がらがらのスタンドが映らないのが一番のメリットか。


西鉄グッズのおかげで、勤労意欲というものが沸いてきました。
残り少ない貯金を社会人になったらできない方法で使いたい、ということで、
平日遠征を目論んでおります。
色々策を練っているのですが、近年まれに見る酷な遠征になりそう・・・。
23時間かけて鈍行で福岡とか、よくやったなあ過去の俺。
齢はとりたくないもんだ。そしてこんなカタチで実感したくないもんだ。
コメント (1)

交流戦開幕

2008-05-21 22:21:52 | 2012年までの記事
バラ祭りの影響で一日遅れの開幕。
二週間ぶりの地元なわけですが、球団はただぼーっと待ってたわけでもないようで。
広場ステージにビックカメラの広告がついていたり、広場に干してある交流戦ユニにサッポロ黒ラベルの広告くっつけてみたり。
いい感じに金に汚くなってきてますね。いい傾向です。
開幕からなんの機能も果たしてなかったリボンビジョンも、交流戦メニュー情報を流したりと活用し始めてます。
猿をもののみごとに使いこなせていない辺りに、うちの限界を感じたりもしましたが。

試合は、やはり交流戦は鬼門かと不安になるのに充分な試合。
打線つながらねえ、守備は相変わらず。
隆彦さんに疲れが見えるのがちと心配。
ブラゼルはまぐれだけど、交流戦はまぐれ率が上がりそうなので期待。
ヤクルトの打線はねちっこかったなあ。


とりあえず早く勝って、ひと安心したいぜよ。
コメント

ライオンズクラシック

2008-05-20 22:38:21 | 2012年までの記事
あいもかわらず仕事なし状態の生活が続いております。
こんな状況では当然金銭的に厳しくなってくるわけですが、
そんなときに限ってこんな企画が。
つーか、ハンドタオル以外の全グッズ欲しいんですが・・・。
ヘルメット欲しい。このヘルメットで原付乗りたい。

さて、そんな中、毎年恒例の交流戦ライバル宣言が発表されています。
セリーグ⇒ライオンズで多いのは
投手だと涌井、野手だと中島がやっぱり多いです。
予想外に多かったのは西口、中村、GG。
特に西口のスライダーは、やっぱりプロから見てもまだまだイメージ強いんですねえ。
せっかくなんで、個性的な回答を探してみる。


【メッセージ編】
・深町(G)⇒中村  
僕が2年生の時に、中京大中京のグランドで練習試合をさしてもらったのですが、中村さんに3本ホームランを打たれました。
結果は26-0という大敗。あの時の悔しさがあるから今の自分があるのかもしれません。

長ぇ。


・田中(G)⇒涌井
ツーラン打ちます

何故ツーラン?


・福地(G)⇒小野寺
小野寺投手へ 160kmのストレートを投げ込んでくれ。
それを笑いながら打ちます

ちょっと観たい。それにしてもいい西武時代を過ごしてくれてたんだなあ。


・桧山(T)⇒西口
お互い権戦車を釘付けできる対戦を

???


・三浦(YB)⇒GG
Hit it!If you can. (打てるものなら打ってみろ!)

プロレス臭い回答。さすが。


【理由編】
・由規(Ys)⇒西口
攻守共に優れていて、素晴らしい選手なので

守・・・?


・花田(Ys)⇒中村
過去二度死球を当てていて申し訳ない。次は死球以外の結果で…

ひでえ。



あと、希望対戦相手にカブレラを指名する選手が若干名。
がんばれブラゼル。



コメント (1)

生存報告

2008-05-11 23:59:19 | 2012年までの記事
とりあえず生きてます。
精神的にヤバイ時期にひく風邪はきっついのう。
コメント (1)