日記塊~77と97に関する幾つかの考察~

2019年以降の記事はこちら➡︎https://9uni-49.blogspot.com

2016年ドラフト会議指名選手

2016-10-21 15:31:45 | ライオンズ・野球関連
ドラフト会議が終了。
一応きちんと整理しておきます。
備忘録としてブログが使えることにようやく気付いたから。
検索しやすいようにタイトルもシンプルに。
ひねくれたタイトルの本文にイベント詳細発表日とか書いてると、
過去の自分をぶん殴りたくなります。

1 今井 達也 作新学院高 投手
2 中塚 駿太 白鴎大 投手
3 源田 壮亮 トヨタ自動車 内野手
4 鈴木 将平 静岡高 外野手
5 平井 克典 ホンダ鈴鹿 投手
6 田村 伊知郎 立大 投手

以下アマ素人の見解。
じゃあプロ玄人なのかお前はおおう?

即戦力大卒投手豊作の年に甲子園優勝投手一本釣り。
うーんこれはどう見るべきか。
終盤のローテを担った岸ウルフの契約が流動的な中、
来春から即ローテを張れるレベルの投手は喉から手が出るほど欲しいはず。
高卒といえど開幕ローテを張れるレベルと見たか、
岸ウルフとの契約が想像以上に明るい兆しなのか。
両方だと万々歳なのですが。
涌井も少し時間かかったし雄星もようやくって感じだし光成は迷走中だし、
やっぱりルーキーイヤーで即というのは厳しい高卒。
2、3年は修行と見切っている素人を裏切ってほしい。
大輔はつくづく別格だったんだなあ。

中塚はひたすらでかくて速い投手らしい。
森慎二コーチとウマが合いそう。
使ってみないとわかんない剛速球派外国人獲るより面白いかも。
なかなかいなかったタイプなので楽しみ。

3位に社会人内野手。
映像見た第一印象は「鬼崎っぽい」。
これが好印象か悪印象かは各自の判断で。
ポジション的に一番早く出てくる可能性あり。
それはそれで問題なんですけど。

4位の鈴木が拾い物という評価が多い。
素材型でしょうが、次世代の外野手の中心になるか。
二軍観戦時の目当てのひとつになりそう。

5位に社会人投手。
社会人なら順位関係なく1年目から出てきてほしいところ。


で、6位。
今回この選手に一番ときめきました。
なんたって名前が良い。
田村で、伊知郎。しかも立教。
まさに孤高のピッチングブルースであります(後半©︎IMT氏)。
更に最高の高校1年を送りながらその後伸び悩み、
大学最終年に再びのし上がってきたという経歴も良い。
まさに栄光と挫折、真剣とおちゃらけ、気迫の九十九里。
安田と猪木のあいのうた。
ともあれこのときめきも何かの縁と勘違いして全力応援する所存。
楽しみが増えたぞー。

ちなみにクリーム色のパンツの頑固者に出番無し。
予定通りに越したことないけどあのガッツポーズもそろそろ見たい。
コメント

液体ミルクに関する幾つかの考察

2016-10-16 21:37:30 | ライオンズ・野球関連
乳児用液体ミルク解禁への動きが出ているそうです

あ、ライオンズファンの野球に関するブログです。

詳細はリンク記事のとおりなのですが、要は凄く簡単な授乳グッズが国内販売の方向に向かうと。
欧米では普通に売られているものですよと。

粉ミルク、何度か作ったことがありますが結構手間。
手間を軽減化するグッズは色々あると思いますが、
ベーシックな方法でいくと熱湯用意して適温にして飲ませたら消毒して...等々。
その程度で大変ぶってるんじゃねえと言われると返す言葉もありません。
でも手間が軽減される術が選択肢に加わるのは良いことです。

で、野球の話に持って行きますよ。

粉ミルクの使用頻度は少なかったので経験はないのですが、野球場に行こうとしたときに上記の行程に必要な道具を携帯するのが大変なのは想像に難くありません。
そもそも調乳設備が用意されているって球場授乳室はそんなに多くありません。
無い場合は売店とかで借用できたりしますが面倒ではあります。

それが今回の件が実現されればかなりハードルは下がりそう。
それこそ液体ミルクとオムツとユニホームを鞄に詰め込んで、
「母ちゃん今日はゆっくり休んでてくれ!俺野球行ってくる!」
なんて素敵パパプレイを、野球欲も満たしつつ実行することも可能に。
実際ミルクとオムツありゃ母抜きでも余裕なんて簡単なものではないですが、可能性が生まれることは大事。
家族みんなで行くときの準備も楽になるし。
我が子をライオンズファンに育てるべく単身球場に向かうパパ。素敵。

とはいえ実現までの時間とか値段とか、色々ハードルはありそうです。
ペットボトル製が一般的らしいけど移し替えを要求する馬鹿球場とか出てきそう。
消費期限がどれくらいのものか知りませんが、ある程度取り置けるなら球場で売って欲しいなあ。
ライオンズ乳児用液体ミルク。
初めて球場に連れて行った日のボトルは取って置いて、
「お前が初めて球場に行ったときにパパが飲ませたやつだぞぉ」とやって
「知らねえよジジイうっぜえな」とゴミ箱にぶち込まれて寝室でシクシク。
...あれなんで哀しい話になってるの。

球場のみならず育児中の夫婦がより行動的になれるきっかけになりそうなので、
是非早期実現してほしいと思う次第。
そしてみんなライオンズファン一家になればいい。
コメント

オフイベントあれこれ

2016-10-14 14:33:08 | ライオンズ・野球関連
長いオフです。
つっても早々に終わるのは3年連続なので慣れてきました。
嫌な慣れですね。

そんなオフを穴埋めするのが各種イベント。
まずはレオ党ノスタルジア
韓国野球の伝え手・室井昌也氏企画。
室井さんとの関係は先日64が既に書いていてそれとイコールなので割愛。
西武球場の外野スタンドで自作の幕を出す、という応援行為の源流を作った・繋いだ方のひとり。
あの時代のライオンズを懐かしみたい方、
ファンになった時代が違うけどその空気を感じてみたい方、
すべてのライオンズファンにオススメします。

直近ではきよせ市民まつり2016にライナが来たりするそうな。
CS出てりゃそんな余裕無いのにね
同会場でやってた別のお祭りに行ったことがありますが、
川越や秩父のやつとは違っていわゆる普通の地域のお祭りです。
地域密着感があっていいですねえ。
仕事で行けませんが、きっと64が盛りに盛り上げてくれるかと。

新年恒例立川八王子のメンツはどうなるかな?
コメント

神出鬼没の育成コーチ

2016-10-12 00:47:00 | ライオンズ・野球関連
コーチングスタッフ発表。
だいたい各紙既報のとおり。
監督辻とか守備走塁コーチに馬場とか、一軍は守備にポイント全振りな感じ。
うまくいくかは知らん。

それよりも。

赤田が二軍育成コーチから二軍打撃兼守備・走塁コーチ(外野)に。
もうそれお前野手総合コーチじゃねえかという肩書きですが、
二年の育成コーチ(育成するんだか当人がコーチとして育成されてんだかよくわからん)を経て、
ついに正規のコーチポストにつきましたよ。
待ちわびていましたこのときを。

そもそも赤田を呼ぶために生まれたような育成コーチというポスト。
ライオンズ復帰に喜んだ直後に浮かんだ疑問
「...で、何するの?」
これが結構厄介でした。
必ずしもチームに帯同しているわけではなく、

浦和に行ってみたら居残り組の面倒でいない。
第二に行ってみたらベンチに入ってない。
今度は二軍の常連さんから
「第二で試合がある日の別会場でのフューチャーズ戦に参加組選手の引率してた」
という情報をいただいて合致日に横須賀行ってみたらその日は行っていない。
等々。

育成コーチのフリーランスっぷりに振り回された回数数知れず。
その空振りっぷりたるやめぞん一刻の後半で管理人さん追って温泉街に向かった五代の如し。
わかる人だけでいいです。
ポケモンGOハマりすぎの奴並には探し回った自負あり。
横須賀バーガーは驚くほどでもなかったな。

それが守備走塁コーチとなりゃあ基本どこでも帯同するわけです。
守備走塁コーチが二人となりゃあランナーコーチに立つわけです。
二軍の試合に行けばグラウンドに立つ赤田将吾を観られるわけです。
これが喜ばずにいらりょーか。

ということで主に二軍観戦のモチベーションが爆上がり。
ファームの地方遠征とかも行ってみたいなあ。
日程もちゃんとチェックせねば。


最後に星孝典ファンの皆様に送る二軍育成コーチ情報。

・棲息地は主に第二。怪我とかで帯同しない選手の練習相手が基本らしい。
・じゃあ第二に必ずいるかっていうとそうでもない
・ビジターの試合にはついていかない
・西武ドームファーム開催時はドームにいた いつもかは不明
・フューチャーズ参加の引率をすることもある


アテにはしないよーに。
コメント

発彦来たりて笛を吹く

2016-10-07 09:11:39 | ライオンズ・野球関連
吹いてる楽曲ロックンロール。

新監督が決まりました。
辻発彦。説明不要。
球際に強いチームを、とのこと。

辻は好きです。
守備面強化も大賛成。
でも、2年で何ができるかねえ。
今のレギュラーメンバーが守備で目を見張るプレイをするイメージが浮かばん。
目を疑うプレイをするイメージはくっきりと。

ずいぶんご無沙汰になったCSに出るのが来年の現実的な目標かなあ。
貯金もできてないチームがいきなり優勝って言っても。
そら弱点を補って余りある補強ができてからですよフロントさん。

監督決まったし、ワクワクできることもうないなあ。
友人が騒いでる新ユニ疑惑に少し期待。
試合日程?引き篭もり志向の今のご時世ねえ...。
コメント

2016年シーズン終了

2016-10-03 15:00:51 | ライオンズ・野球関連
9月に終わっちゃいましたねえ。
結果は残念なものに。
ある程度の自由がきく最後の年だったので、
優勝したいなあと思ってましたが甘かった。
組閣やFAなどざわざわしておりますが、
もう3、4年は苦難の年が続く気がしております。

チームは残念でしたが、上本選手のファンとしては充実の年に。
打席数は少ないものの打率3割超え。
一発勝負の代打出場が主な状況を考えれば立派。
正直間違いなくラストイヤーだと思ってました。
オープン戦の好調で試しに使って貰った開幕戦の一打が効いたなあ。
その後も結果を出して一軍をキープ。
シーズン最終盤の連続代打で出場成功も来季に効いてきそう。
今シーズンはターニングポイントでことごとく結果を出しました。
土俵際の男の意地をみた。格好良かったです。
来季以降は年齢的にもボーナスステージ。
楽しんでプレイしてほしいです。

今シーズンも皆様大変お世話になりました。
来シーズンはちょっと趣向を変えてライオンズを楽しめれば。
オフは...体力低下が顕著なんで身体動かさないと。
いよいよおっさんです。
コメント