お酒のブログ~スタッフ日記

酒屋のスタッフたちが、山梨県のワイナリー訪問記、ワインに関するお話、そのほかお酒に関するアレコレを書いています。

ルミエール ガブ マグナムボトル

2022-05-20 16:10:23 | ワイン四方山話

ルミエール(笛吹市一宮町)より、ガブの1500㎖(マグナムボトル)の入荷です。

ガブは、マスカットベーリーAとカベルネフランのブレンドで、ライトボディ。

名前の通り、ガブガブ飲める赤ワイン。

裏ラベルにある通り、焼き鳥など、甘いたれの料理に良く合います

マスカットベーリーAは在来品種、カベルネフランはフランス原産なので、和洋折衷のワインですね。

ガブは、一升瓶ではなく、1.5ℓのマグナムボトル。

無理すれば、冷蔵庫に入るサイズ。

一升瓶ワインバカの当店からすると、一升瓶で発売して欲しいのですが、マグナムボトルも守備範囲です。

よろしくお願いいたします。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今回の三養醸造の一升瓶ワインは、酸化防止剤無添加。

2022-05-19 11:51:24 | ワイン四方山話

三養醸造(山梨市牧丘町)から、一升瓶ワインのオールドロゼが入荷です。

ラベルに「生ブドー酒」とありますが、これは葡萄からつくったワインという意味。

葡萄からワインを作るのは当たり前ですが、輸入ワインを使っていない事と、ぶどう果汁から作ったワインではない、という2つの意味を示しています。

三養醸造は、現社長の山田啓二氏が4代目の老舗ワイナリー。

このワインのラベルは、以前からの伝統のラベルで、葡萄からワインを作ったことをセールスポイントにする時代があったのですね。

さて、三養醸造の一升瓶ワインは1つしかありませんが、通常は巨峰からつくられたロゼワインです。

しかし、巨峰ロゼが欠品し、今回は窪平ロゼというワインが入っています。

720㎖1650円で販売中のワイン。

裏ラベルの通り、酸化防止剤の亜硫酸塩が無添加です。

ワインは、マスカットベーリーを主体に、アルモノワール、カベルネソービニヨン、サンジョベーゼ、プティマンサン、甲斐ノワール、甲斐ブランと三養醸造の余った猫ワインが入っています。

たくさんの葡萄が楽しめるワインです。

一升瓶ワインで、酸化防止剤が無添加のワインは、ただいまこれだけです。

ワイナリーに残り24本ということで、是非よろしくお願いいたします。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グリド甲州 入荷です。

2022-05-18 17:45:25 | 新商品インプレッション

中央葡萄酒(甲州市勝沼町)から、グリド甲州2021が入荷です。

グリドは、中央葡萄酒では最も安価の1980円(税込)。

裏ラベルによると、

1999年に発売。

私は、この発売時を知っています。

当初は、やや甘口だったこと、今はありませんが地場問屋の鮎川の専売ワインだったと思います。

現在は辛口。

グリドのグリは葡萄の皮のこと。

甲州種の果皮が、ワインに反映して、淡紫色をしています。

中央葡萄酒のオレンジワインと言っても良いでしょう。

2021年ビンテージが数が少ないので、お早めにお求めください。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夜叉ジンジャー、人気です。

2022-05-17 14:39:17 | お酒の話(ワイン以外)

5/13に入荷した、ペルソナブルワリー(甲府市朝日)の夜叉ジンジャーが人気です。

ラベルにある通り、南アルプス市芦安地区の生姜を使ったクラフトビール。

芦安には、夜叉神峠があり、

minami-alpskankou.jp/WP/images/pdf/yashajin%20setumei.pdf

夜叉神峠から、命名されたビールです。

ペルソナブルワリーからは、幾度か夜叉ジンジャーが発売されていますが、今回の注目度は群を抜いています。

芦安で生姜を生産された方が、ビールのラベルのデザインもして、交友関係が広いらしい。

夜叉神峠という名前の日本酒は、南アルプス市の酒蔵、太冠酒造から発売されています。

純米大吟醸。

720mlサイズ1980円(税込)。

また、夜叉神は御勅使(みだい)川の氾濫を起こす神ということです(間違っていたらごめんなさい)が、御勅使というウイスキーもあります。

こちらは、韮崎市のサンフーズのウイスキーです。

ディープなお酒ばかりですが、よろしくお願いいたします。

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

値上げですが、隠れた良いワイン。

2022-05-16 14:07:42 | ワイン四方山話

シャトー勝沼の蔵出しワインが、値上げです。

白は甲州種、赤はマスカットベーリーA 。

山梨のワインの王道ですね。

日本のワイン品種として、2つだけ国際登録されている、日本を代表する品種。

シャトー勝沼の一升瓶ワインは、写真の蔵出しワインと、里山銘醸ワインの2種類がありますが、今回値上げされるのは、蔵出しワイン。

2700円台から、2989円(税込)へ。

3000円を越えない価格設定が嬉しいです

価格が他のワイナリーの一升瓶ワインより高いので、そんなに売れませんが、評判の良いワインです。

丁寧に作られているスタンダードクラスのワイン。

気軽に飲むには良いワインと思います。

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする