スミダマンのほのぼの奮戦記

~仕事・家族・自然・経済・趣味~あらゆる出来事をフラッシュバック。

浦和エリア旨い店シリーズ ~番外編124~

2016-10-29 06:02:39 | 食~番外編(県内)

ナチュラルファームシティ農園ホテル

秩父市大宮5911-1

TEL 0494-22-2000 無休

市内一望の高台に位置し、荒川の流れと共に緩やかに過ぎ行く時間

歴史と観光の街。季節の表情を魅せる山々からは季節の風が吹き・・・

そんな秩父の市街地を望むホテルからの景色を楽しみながら

人気のバイキングの料理をゆっくり楽しめるのがこの農園ホテルです。

このホテルは地域の活動を通じて地球を蘇生化させる新しい文化と

健康と環境を守る為の情報発信基地という崇高な理論をコンセプトにしている。

施設としては温泉大浴場、24室の宿泊室(本館)と

48室(別館)があり、各種研修などに利用されている。

エントランスを入るとロビーと自然派レストラン「大瑠璃」がある。

因みにオオルリは秩父市の鳥だ。お客様のココロとカラダに

良い時間を。それが農園ホテルの贈り物。これが当ホテルのメッセージ。

地元の各種名産品等お土産も売っている。ここでは

近隣体験施設として田植え、稲刈り、竹細工、そば打ち体験、楽焼き、

コンニャク作りなどもできる。

自然食バイキングレストラン「秩父路」は全面ガラス張りで

秩父の街が一望できる明るい空間だ。

温製料理。ここの特色はお客様の自然治癒力を高めるため、

直営農園や契約農園において、有効微生物農法で生産した

安全安心な野菜や無添加食品などを使用している。

サラダバー。

 

中医学理論に基づき、滋養、薬効の優れた素材を用いた病気の予防

そして健康を保つための食事メニューが並んでいる。

天ぷらも揚げたてを出してくれる。茗荷、椎茸など秩父産の野菜に

こだわっている。お塩も焼き塩とレモン塩2種類が用意されていた。

鶏十目ご飯。各食事の横には7大アレルギー項目の表示が出ている。

7大アレルギーとは、小麦、乳、卵、そば、エビ、カニ、落花生

〆にはそば、秩父うどんも当然用意されていた。

郷土料理蒟蒻おでん。意外なことにアレルギ―項目は卵に成っていた。

ランチバイキングは健康にやさしい料理がなんと和洋30種類も

用意されていた。写真を撮りながら一通り、目を通していくと、

段々心がウキウキしてきて、幸せな気持ちに成るから不思議だ。

これがとりあえず、取って来たマイ料理。ボリュームたっぷりだ。

はたして何カロリーあるのかな?

バイキングレストラン秩父路から見た、秩父の街並。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016さいたま市交通安全出発式 | トップ | 製材所&プレカット工場見学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食~番外編(県内)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。