Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

休肝日&休養日だったが‥

2016年10月19日 22時27分39秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日は休肝日&休養日。休養日とはいっても退職者会のホームページに3本の記事をアップした。このブログの記事を2つアップ。パソコンの前に座りっぱなしとなった。図書館から借りてきた「わが心の歌-望郷のバラード」の返却日は11月1日。まだ余裕があるが、早いところ読んでしまいたいと思っている。本日は読む時間がなかった。これから30分ほどの読書タイムを確保した。
 他にも読みかけの本が多数ある。早く読んでしまいたいと、結構焦ってはいるが、焦ってもどうにもならない。全部読まなくともつまみ食いでよいのだが、性格的にそれができない。

 明日は晴れ、最高気温の予報は26℃だが、これよりも高くなる可能性もあるようだ。明日は午後から出かける。「月」展と久しぶりに三菱一号館美術館に行く予定。内覧会に応募したら当たった。「拝啓 ルノワール先生― 梅原龍三郎に息づく師の教え」展である。
 「月」展は券をもらった。三菱一号館美術館は内覧会ということで、ともに入場料はかからない。ルノワール、梅原龍三郎はともに私は敬遠している。食わず嫌いは良くないと、意を決して参加申し込みをした。私の頭からはいつもすっぽりと抜け落ちてしまう。見直すいい機会になればうれしい。せめてどうして敬遠してしまうのか、その理由がわかればいいのだが‥。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鈴木其一展」後期展示(その... | トップ | 暑い陽射し »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
引っかかる言葉 (通りがかり人)
2016-10-19 23:06:37
ご存知のように、絵への興味はないのですが、「せめてどうして敬遠してしまうのか、その理由がわかればいいのだが‥。」という文にひかれた。一見、屁理屈のような気もしたが、ほーと、し、ふーむとなった。わかる気がしたからだ。絵にでは無い。日常とか、人になのですが‥感覚にとらわれて生きていると、忘れてしまう。大切な脳内のシステムだ。
通りがかり人様 (Fs)
2016-10-20 11:05:49
なるほど、屁理屈に聞こえてしまいましたか。
これは反省。

嫌なことは、そのまま放置をしてもいいのですが、どうしても気になることもあります。
のぞき見趣味で行ってきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。