Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

年賀ハガキの当選番号

2017年01月31日 22時34分34秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 時の過ぎるのが早いとはあまり思わなかったが、いつの間にか1月も31日。ようやく時の流れの速さを自覚した次第である。
 本日は横浜駅の傍の安い居酒屋でノンビリとひとり呑み。このお店は焼き鳥が安くておいしい。皮3本とネギ間を3本、それぞれ塩で注文。お酒はホッピー。いい気分になって35分歩いて帰ってきた。

 家に着くなり思い出したのが、年賀状の当選番号。すでに発表になってから2週間以上経過している。どういうわけかまったく思い出さなかった。膝の痛みで耐えていたのが原因だろうか。さっそく当選番号をネットで調べてこれから照合することに。

 昔からこのような籤などで当たったことがない。当たったら何がもらえるのか、ワクワクしながら照合を始めた。たぶんこのような「取らぬタヌキ」の根性がいけないのだろう。あまり期待しすぎるのが当たらない原因だと友人に指摘されたことがある。当たる当たらない以前に充分楽しんでいる。

【追記】
 妻と「1等の10万円が当たったらどうしようか」などと話をしながら約120枚ほどのいただいた年賀状を照合した。
 結果は、3等の切手シートが3枚。
 いづれも毎年の水準とおなじであった。とりあえず20分ほどはワクワクしながら楽しめた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏・秋・冬の霧

2017年01月31日 17時35分02秒 | 俳句・短歌・詩等関連
★冬霧を押すやうに牛鳴き出せり    大串 章
★炭馬の首をふらねば霧ばかり     加藤楸邨


 一句目は冬霧が冬の季語。早朝、前日よりも急激に寒くなると川から霧が発生することがある。川の水温は外気ほどには下がらないために起きる。そんな寒い朝霧に覆われた牧場や牛舎から牛は白い息を吐きながら鳴く。牛の生気、温かな体温が感じられる。押すやうに、という表現がすごい。
 二句目はこちらは単に霧とあるので、秋の季語。里山で炭を運ぶ馬が霧の中にいるらしい。馬の歩みも緩いので霧に隠れているのだろう。馬の首を振る仕草がなければ馬と人がいることすらも見分けられない深い霧を感じる。首をふらねば、という表現が適格だと思う。
 二つの句を並べると、冬と秋の、山と川の、牛と馬の、静と動の、聴覚と視覚の差が想像出来て面白い。

★夏霧の海より湧きて海に去り     鈴木真砂女

 夏の霧となると海の霧である。途端に景色は広大となる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「図書2月号」から

2017年01月31日 09時22分36秒 | 読書
 覚書風に、気になった個所の抜き書き

・宣教師のDNA(篠田謙一)
 昨今では技術と結びついた科学は、お金を儲ける手段としてしか捉えない風潮がある。しかし、科学は社会を豊かにする文化としての側面も持っている。今回の出現(ジョバンニ・シドッチの墓と骨の発見とDNA分析は)それを私たちにおしえているように思う。

・デカダンと理想-田中英光を思う(道籏泰三)
 デカダンスとは、自身と世のなりゆきとに対する懐疑、反抗、憎悪、絶望のうちに生まれ、反社会的な破壊や退廃や陶酔にふける虚無的な態度のことを謂うのが普通だ。が、この定義には、これと裏腹になったもう一つの重要な傾向が捨て去られている。破滅に対する反発、ないし生きる個に必然の生の力である。デカダンスの背後には必ずこれが、理想へのひそかな希求といった形でひそんでいる。たとえそれが意識の深層で半ば忘れられ歪んだ姿をとっているとしてもだ。デカダンスの本質は、表に現われ出た退廃や破壊それ自体にあるというより、奥深くにひそむこの理想にあるといわねばならない。

・新しいモニュメントの到来のために(中)-わたしたち<非当事者>たちのための物語(新井卓)
 政治的文脈や倫理的解釈、教義を留保して、わたしたちは、しばしばモニュメントの表面に留まらなければならない。こうしてわたしたちは、一人ひとりの内に個別に生まれ出ずる、新しい感情と現実感覚を通して、辛くも、他者の記憶を分有するための、わずかな可能性を見いだすだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンターの印刷ムラが目立ち始めた

2017年01月30日 23時13分51秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 プリンターのノズルのクリーニングをしてもすっきりとしない。チェックシートをみると思案に若干の問題があったが、今度はさらにブラックにも印字の欠損が出るようになった。通常の印刷モードではうすいながら線が目立つようになってきた。高精細モードでの印刷ならばなんとか線はでないのだが、インクを大量に消費してしまう。
 とっくに一年の保証期間は過ぎている。購入した家電量販店の保証がまだ適用されるようなので、明日明後日に店員に相談してみなくてはいけないようだ。
 最低でも運搬費3000円は払わなくてはいけないようだ。ヘッドの取り換えが保証内容に含まれているといいのだが。それよりも修理期間がどのくらいか、とても気になる。2月中旬以降にはまた退職者会のニュース作りが始まる。印刷イメージのために何枚かどうしても印刷しなくてはいけない。

 パソコンとその周辺機器の不具合への対応がだんだんと面倒に感じるようになってきた。歳を取ったためか、時間にゆとりがなくなっているためか、どちらであろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日届いた本

2017年01月30日 21時17分44秒 | 読書
   

 本日は2冊の本が手元に届いた。
1.「中世の美術(ケンブリッジ西洋美術の流れ2)」(アニー・シェイヴァー=クランデル著、西野嘉章訳、岩波書店)
2.「図書2月号」(岩波書店)

 1は図書館から借りたもの。本日手元に。講座で紹介された本。返却期限は2月13日。ちょいと本腰を入れて読み進めないといけない。
 2は定期購読のものが届いた。今月号から表紙も変わり、連載も一部交代で、なにやら新しい装い見える。

 今晩は「図書2月号」から読み始めることにした。夕食後に目をとおしたものは、
・「耳の夢」          司 修
・「料理と信用」        池上俊一
・「大きな字で書くと」     加藤典洋
・「ポロックの「でたらめ」」  三浦佳世
 読んだことのない方の短文を読むと、長い文章を読むときにとても役に立つ。文章の癖を知り、論理の足跡を記憶し、思考の癖やこだわりを垣間見ておくと読みやすくなる。名前は知っているが読んだことのない方というのは、世に流布している評判に基づいた偏見というものが私の頭の中に居ついてしまっている。それをあらかじめ払しょくする殊にも役に立つ。

 明日は朝から出かける予定になっている。帰宅は遅くなりそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都庭園美術館

2017年01月30日 17時57分23秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
 昨日は東京都庭園美術館を訪れた。夕方16時過ぎに着いたので庭園も建物の外観も見ないで慌ただしく企画展示を見て、夕方17時30分近くに会場を後にした。
 美術館のリーフレット等を入口で貰ったものの、帰宅後に見たにすぎない。



 ウィキペディアの解説を要約すると、

武蔵野の面影を残す国立自然教育園に隣接した敷地および建物は、香淳皇后の叔父にあたる朝香宮鳩彦王が1947年の皇籍離脱まで暮らした邸宅。土地は白金御料地と呼ばれ、近世には高松藩松平家の下屋敷があった。明治期に陸軍の火薬庫を経て、皇室財産となった。
宮邸は朝香宮一家が退去した後、吉田茂によって外務大臣公邸(ただし外相は総理の吉田が兼務のため実質的に総理大臣仮公邸)として1947年から1950年まで使用された。1950年西武鉄道に払い下げ、1955年に白金プリンス迎賓館として開業し、迎賓館として1974年年まで使用。1981年までプリンスホテルの本社として使用され、東京都に売却。1983年都立美術館の一つとして一般公開される。


となっている。

 また庭園美術館のホームページでは、建物について

朝香宮家は久邇宮朝彦親王の第8王子鳩彦王が1906年[明治39]に創立した宮家です。鳩彦王は、陸軍大学校勤務中の1922年[大正11]から軍事研究のためフランスに留学しましたが交通事故に遭い、看病のため渡欧した允子内親王とともに、1925年[大正14]まで長期滞在することとなりました。
当時フランスは、アール・デコの全盛期で、その様式美に魅せられた朝香宮ご夫妻は、自邸の建設にあたり、フランス人芸術家アンリ・ラパンに主要な部屋の設計を依頼するなど、アール・デコの精華を積極的に取り入れました。また建築を担当した宮内省内匠寮の技師、権藤要吉も西洋の近代建築を熱心に研究し、朝香宮邸の設計に取り組みました。さらに実際の建築にあたっては、日本古来の高度な職人技が随所に発揮されました。朝香宮邸は、朝香宮ご夫妻の熱意と、日仏のデザイナー、技師、職人が総力を挙げて作り上げた芸術作品と言っても過言ではない建築物なのです。
現在は美術館として使われていますが、内部の改造は僅少で、アール・デコ様式を正確に留め、昭和初期の東京における文化受容の様相をうかがうことができる貴重な歴史的建造物として、国の重要文化財に指定されています。


と記されている。

 機会を作ってこのアール・デコ様式の庭園と建物を鑑賞したいものである。



         
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「並河靖之 七宝」(東京都庭園美術館)

2017年01月30日 11時19分43秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
   

 昨日の夕方に東京都庭園美術館を訪れた。招待券を貰ったのは開催中の「並河靖之 七宝」展(1.14~4.9)である。

 並河靖之(1845-1927)は、明治期の京都に工房を抱えた「有線七宝」製作者。東京の「無線七宝」製作者濤川惣助(1847-1910)とともに名を馳せたという。1910年代以降、物価高、外国人観光客減少で輸出が激減。損失を見越し1923(T12)年工房を閉鎖し隠居。

 明治期の七宝について以前にテレビ番組で見た記憶があり、この時両ナミカワの名を覚えた。初めて直に作品を見たのだが、あまりの精緻さに驚いた。作品はごく小さな名刺入れや小皿から巨大な大皿まで並んでいる。全体的には小振りである。その小振りの器にミリ単位以下の金属線で仕切って釉薬で華やかで煌びやかな彩色をしている。

         

 始め見た時には酒井抱一の「菊小禽図」や鈴木其一の「四季花鳥図」などを綿密に模写したかと早合点するほど驚いた。琳派の系統を意識していたのかと感じた。
 装飾過多といわれるような際物もある明治期の工芸品の中で、職人芸だけではない芸術的な作品を終始追求した執念といったものを感じる。

 作品は宮内省買い上げで下賜品(人を見下すいやな言葉で現在では過去の言葉として使われているのかと思ったら、悲しいことに今も公的な場面で使われるらしい)として海外に流失し、工房に残っていた作品以外は日本では少ないという。
 現在では共に京都の「並河靖之七宝記念館」、「清水三年坂美術館」ならびに一部「三の丸収蔵館」「東京国立博物館」「京都国立近代美術館」に収蔵・展示されているらしい。

 チラシの「藤草花紋花瓶」など黒い地がとても美しい。その黒い地によってさまざまな花や蝶・鳥などが浮き上がるように工夫がされている。私はこの黒が単一の黒かと思っていたが、解説のビデオを見ていたら、さまざまな色の釉薬を活用して単一の色ではないらしい。そのビデオを見て再度この作品を見てきたが、確かに何とも言えずに単一の真っ黒な色合いではない。紋様によって少しずつ色合いが違う。このような背景の色にも目が行き届いたこだわりを感じた。

 同時に無線七宝の濤川惣助の作品も是非一緒に鑑賞したいと感じた。濤川惣助の作品も輸出用・贈答用に流出したが、「清水三年坂美術館」で見ることができるという。
 京都に行く機会があれば是非とも訪れたいものである。

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松涛美術館と東京都庭園美術館をハシゴ

2017年01月29日 21時43分14秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
    

 午後から渋谷区立松涛美術館で「セラミックス・ジャパン-陶磁器でたどる日本のモダン」と、東京都庭園美術館で「並河靖之 七宝」のふたつの展示を見てきた。
 ともに2枚ずつ招待券を貰ったので、ありがたく訪れた。招待券でなくとも松涛美術館は60歳以上は半額の250円(渋谷区民は200円)、東京都庭園美術館も35歳以上はやはり半額で550円ということであるので、招待券持参はちょっと申し訳ないような気もしないではない。
 ともにヨーロッパでジャポニスムとしてもてはやされた明治期の日本の輸出品である。ジャポニスムが1980年代以降廃れ始めた中で、アール・ヌーボーとの関係なども含めてどのように次の展開をしようとしたか、ということも併せて理解できるような展示となっていた。
 松涛美術館の「セラミックス・ジャパン」は本日までだが、庭園美術館の「並河靖之 七宝」は4月9日まで。私はとても良かったと感じた。
 松涛美術館は2度目、庭園美術館は初めて中に入ったように思う。となりの迎賓館は外から何回か見たことはある。一度は中に入って見学したいと考えている。
 ともに図録は遠慮したが、庭園美術館ではポストカードを幾枚か購入した。
 いづれも具体的な感想は明日以降にアップ予定。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

A5のコピー紙

2017年01月29日 14時14分01秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 メールやウェブページなど私用でプリンターを使う場合はいつもA4で打ち出している。最近できるだけリュックを軽くしたいし、紙代もかさむし、プリンターのインク代もかさむ。思い切ってA4を標準にするのではなく、半分のA5として見ることにした。
 試しに幾枚か印刷してみたが、とりたてて字が小さく不便ということもない。私用では当面問題はない。小さくて困りそうなときはA4に設定を変え、トレイを外して用紙を入れ直さなくてはいけないという煩わしさはあるが、慣れれば問題はなさそうな気がする。
 早速家電量販店でA5のコピー用紙を購入しようとしたら、値段がとても高いことに気が付いた。A4で500枚が400円台である。ところがA5となると770円。たぶんあまり需要がないので、カットする手間がかかるのであろう。
 やむなく自分の家でA4をカッターで切ってみた。結構難しい。半分に折って折り目をつけてもわずか0.2ミリずれても合わせると0.4ミリのずれになる。ピタッ同じ大きさになることはない。それでもとりあえずA5を300枚ほど作った。この労力は馬鹿にならない。悩みどころである。

 さて本日は招待券を貰った松濤美術館と東京都庭園美術館へ。共に2枚ずつある。本日はあまり歩かずに保養日としたい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「きりぎりす自在をのぼる夜寒哉」(蕪村)

2017年01月29日 11時49分25秒 | 俳句・短歌・詩等関連
★きりぎりす自在をのぼる夜寒哉(蕪村)

 キリギリスはいまでいうコオロギ。自在は自在鉤の略で炉の上で鍋釜を吊るし上下に移動させて火加減を調節するもの。
 解説によるとキリギリス(コオロギ)は夜寒に鳴くものとの和歌の伝統的(規範的)な美意識から視覚でとらえたのがこの句とのことが書かれている。
 百人一首の「きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む(後京極摂政太政大臣(九条良経))」がこの句の下敷きである。キリギリスは鳴くことでその存在を和歌の世界に登場し、寒さの象徴であった。
 現在ではコオロギもキリギリスも、そして夜寒も秋の季語として扱われるので、この蕪村の句は「季重なり」として扱われてしまう。しかし現在の俳句の季としては虫の「声」に着目した季語であり、その視覚的な姿態に着目して詠まれることはあまりない。平安の美意識がまだ現在でも生きている、といえる。この句ではキリギリス(コオロギ)の姿・形に季節感はかなり薄いといえる。和歌的世界を引き出すとっかかりとして夜寒を引き出した、という解釈が穏当なところだろうか。
 同時に暗い場所や人目に触れないようなところで生息するキリギリス(コオロギ)が、暖かい火の上に登場し、人目に触れて、そしてその生々しい姿態を晒していることへの諧謔味を感じる。ヘタをすると炉の火で焼け死んでしまうかもしれない危うい生、そして腹の膨らみや触覚の動きなどの生々しい生命観、いづれも蕪村の凝視に私は脱帽である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「己が身の闇より吼て夜半の秋」(蕪村)

2017年01月28日 22時12分54秒 | 俳句・短歌・詩等関連
★己が身の闇より吼(ほえ)て夜半の秋(蕪村)



 掲げた犬の画は円山応挙、句は蕪村自信の筆になる自賛。暗闇におびえて吼える黒犬の姿を現している。蕪村と応挙の親密な親交をうかがわせる画と賛である。この句については一昨年の8月にも「若冲と蕪村」展の感想でも取り上げたが、再度取りあげてみる。
 夜の闇のような黒犬が、闇におびえて吼える、といいつつその闇は実は自分の身の中に横たわる心の闇、あるいは恋の闇に起因するという解釈で良いのだと思っている。
 人間の心の闇に自ら怯えるのが、実に可愛らしい子犬であることに、どこか救いがあるようにも受け取れる。一方でこのような子犬にすでに心の闇があるように、人間の子どももそのように闇を抱えているのだ、ということも云える。この「闇」を具体的にはどのようなものとして蕪村や応挙は把握していたのであろうか。とても興味がある。
 そういった意味で、私はこの句に近代的な詩の精神を感じる。萩原朔太郎は「郷愁の詩人 与謝蕪村』」を表したが、同じようなことがこの句にも言えるのではないか、と思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラームス「ヴァイオリン協奏曲」

2017年01月28日 20時00分03秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
 NHKのFM放送でブラームスの「バイオリン協奏曲ニ長調作品77」を聴いている。ヴァイオリンがクリストフ・バラーティ、下野竜也指揮のNHK交響楽団の演奏。
 カデンツァを聴いていると、私のブラームスのヴァイオリン協奏曲のイメージとちょっと違うかな、と感じた。カデンツァ以外は違和感はなかった。誰のカデンツァなのであろうか。
 アナウンスはなかったような気がする。第二楽章はとても繊細な弾き方で好感が持てた。フィナーレなどは私には少し線の細い演奏に聞こえたが、それはそれでなめらかで心地よい演奏だとは思う。
 久しぶりにブラームスを聴いた。またブラームスを聴きたくなったが、しばらくはベルナルト・ハイティンクの指揮、王立アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団によるベートーベンの交響曲全集を聴いてみたい。その後にブラームスを聴きたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「蕭条として石に日の入る枯野かな」(蕪村)

2017年01月28日 14時40分57秒 | 俳句・短歌・詩等関連
★蕭条として石に日の入る枯野かな(蕪村)

 角川ソフィア文庫の「蕪村句集」から。最近はこの蕪村句集の最後の句から前に、遡るようにして句を眺めている。925句目から最後の1000句目までは作句年次が不明の句がならんでいる。この句は993句目。
 蕭条はもの寂しいさま。石に日の入る、というのは石に日が射し入る意とのこと。蕪村ならではの漢詩仕立ての句に感じる。それは「蕭条として」の語による。解説によると「蕪村句評」なる書に作者不詳として「石ひとつ見つけだしたる枯野哉」があるとのこと。この句を蕪村がどのように評したか分からないが、掲句は蕪村らしい作り替えだと感じた。私はこの漢詩仕立てというのが気に入っている。
 私はどうも「石に日の入る」の「石」は「いわ」と読んだ方がいいように思えてならない。芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」が頭に浮かんでしまうからだ。私の石と岩のイメージからしても、石では小さすぎる。一抱えくらいの石よりも大きいものを想像している。どこかの寺社の石垣や「力石」、板碑、あるいは道の脇にある腰かけられるような岩を思いうかべる。
 しかし蕪村は「「小家」「小磯」「小貝」「小提灯」など「小」という字を好んで効果的に浸かっている」、とむかし国語の教師に教わったことが記憶に残っている。そうすると小さな石に目が向いている、というのも悪くないかもしれない。
 解説では芭蕉の「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」を「枯野」のイメージとしている。「枯野」が芭蕉の枯野のイメージとして、芭蕉の生涯と一体のものとして現在まで定着している。これはすごいことである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このブログの構成について

2017年01月28日 10時22分54秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 このブログはおおよそ毎日3本の次のような記事からなっている。

A.美術館・博物館、絵画や展示の感想
B.クラシック音楽・読書・俳句・各種受講講座などの覚書と感想
C.地震や台風などの自然災害の情報
D.旅行先の感想、日々の出来事の日記的な感想や時事ネタに対する感想

 以上の4つの分野から3つほどを、おおよそ昼食前、夕食前、深夜就寝前に分けてアップしている。

 昨日は昼過ぎに事前に登録しておいた記事をスマホからアップしようとしていてすっかり忘れてしまっていた。慌てて深夜1時ころにアップするという失態をしてしまった。できるだけ一日3回のペースは守りたいと思っている。
 この一日3回のペースが何となく身に付いた習慣になったことと、自分の拙い思考のまとめとしてもちょうどいい場面設定だと感じている。要するにひとつのことを一日考え続けるのが不得意なのである。集中力がないといえばそのとおりなのだが、同時にこれ以上に頭が駆けずり回るのを防止する行割もある。自分の頭の暴走を止めるための算段である。暴走して何かが生れるというのではなく、収拾できなくなってもともと容量の小さい頭脳がパンクしてしまう。

 本日は退職者会のあるブロックの新年会に取材を兼ねてお邪魔する。写真を撮って、お世話になっている方に挨拶をして‥。正午からはじまるので、終了する15時ころに赤い顔をして横浜駅の東西自由通路を歩くのは恥ずかしい。少し遠回りをしながら帰宅したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関戸勇写真展「よみがえる大坊珈琲店」

2017年01月27日 21時53分16秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
   

 築地まで「「関戸勇写真展『よみがえる大坊珈琲店』」を見に行った。
 私は入ったことがない喫茶店であるが、雰囲気もマスターの人柄もこだわりもよく分かるような写真であった。懐かしい感じがよく伝わり、自分がその喫茶店の常連だったような気分にもなった。
 黒光りする材木を使った内装、少し傾いたカウンターも魅力的だったが、豆の焙煎からドリップまでの一連のこだわりのある淹れ方が目の前で繰り広げられているようだった。珈琲の香りが漂ってくるような気になった。
 このような喫茶店はもう全国どこにもなくなってしまったのではないだろうか。人がくつろげる場所、私たちの世代の人間が「あぁ、そういえばこんなところがあったなぁ」と肩の力が抜けていくような懐かしい場所というのが、どこかにあったはずだ。とてもいい写真を見せてもらった気がする。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加