Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

ようやく帰宅

2017年03月23日 23時24分10秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 先ほど帰宅。21時を過ぎても雑踏の渋谷駅周辺の人混みを縫うようにして東横線のホームにたどり着いた。横浜駅に着くとやはりホッとする。
 明日は午前中はマッサージと鍼・灸をしてもらう。午後の予定は白紙。可能ならば神奈川県立近代美術館葉山に行きたいのだが、体力が許すかどうか。
 本日はそれほど歩いてはいないが、腰は痛みは無いが、だるい。明日の朝に判断するしかないようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「これぞ暁斎」展内覧会終了

2017年03月23日 21時08分32秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等


実に充実した、見ごたえのある展示であった。気に入った作品、惹かれた作品、久しぶりに対面した作品、新たに見直した作品・・・楽しめた。
詳細は明日以降に早めにアップする予定。
風神が登場する作品にはビックリ!


本日は渋谷で牛スジ煮込みとホッピーで終了。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「バロックの光と闇」(高階秀爾)を借りる

2017年03月23日 15時41分22秒 | 読書
 昨日図書館で借りた本は「バロックの光と闇」(高階秀爾、小学館)。結構厚い本である。読み終わるまでに時間はかかりそうである。
 「安野光雅きりえ百首-俵万智と読む恋の歌より-」(NHK出版)は眼をとおしたので返却。私が行く図書館の棚にある本なのでいつでも手に取ることは出来る。図書館までは歩いて30分はかかるが‥。

 先ほど会議が終了。喫茶店で一息ついてから、渋谷へ。今週は二度も渋谷駅を利用することになった。

 昨夜夕食を食べながら「坐骨神経痛になってからバス代、電車賃がかさむ」と愚痴をこぼしていたら、横浜-関内間はJRの定期(3880円)を購入してもよかったかもしれない、と指摘された。坐骨神経痛で歩くのしんどくなってからは横浜駅-桜木町駅間が意外と遠い。
 今更ではあるが、定期券の利用はまったく思い至らなかった。これから1か月を購入する手もあるが、月に15往復もしないと元は取れない。ということで断念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枝垂桜・糸桜

2017年03月23日 11時15分49秒 | 俳句関連
 桜の開花宣言はあったものの、当分は花見は無理そうな気象のようだ。本日は午後から退職者会の打合せ、夜はBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「これぞ暁斎」展の内覧会。
 19時過ぎに受付が始まり、20時過ぎに終了する予定なので、渋谷で夕食をとることにしている。渋谷駅までの通りにはわたしが気楽に入るような店がなかなか見つからない。いつも悩んでいるうちに井の頭線渋谷駅周辺の居酒屋に入ることになる。夕食ではなく一人呑みである。その方が嬉しいといえばうれしいのだが‥。

 桜という季題はたくさんの人が読みつくしたかのようでもあり、新しい感覚で読むのは難しい。といっても奇をてらったものは好みではない。特に基準などおこがましいので、いつものとおり気が付いたものをあげてみる。
 枝垂桜を糸桜というが、この言葉はどうも関東地方ではあまり聞かないのではないか。私にはなじみがないが、柔らかい語感がある。糸桜という語館には小さ目の花が似合う。

★人の世のうちそと照らす桜かな    内田秀子
★咲きみちて静けさのあり糸桜     鈴木幾子
★戦世の日記を読む日初桜       菅原 涼
★遠つ世の甍もひかり初桜       岡部名保子


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筋肉の奥に重石を持ち歩く気分

2017年03月22日 23時08分02秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日も杖を使わずに外を歩いた。自宅から図書館まで、図書館から最寄りのJRの駅まで、関内駅から山下公園まで、山下公園から関内に戻り、地下鉄経由で帰宅。合計は1万2千歩あまり。昨年のように軽快にスタスタ歩くということはまだできない。
 ここ一週間ばかり、ちょうど杖を使わずに歩くようになってから、腰の最下部から右の臀部にかけて、筋肉の奥の方に痛みの塊のようなものがあるような感じがしている。鈍痛があるというのではなく、何かのおもりをしまい込んでいるような感じである。
 坐骨神経痛の痛みが再びいつ襲ってくるかもしれないという恐怖もついて回る。

 腰痛ベルトやコルセットがいいといわれるが下着の上から装着しても半日で赤くかぶれてしまう。そして人によっては長時間つけていると筋肉が衰えてかえって直りが遅くなる、と指摘する。杖も頼り過ぎると、杖を手放すと、歩くときの衝撃が直に腰に来てよくないとも言われる。当面の痛みや症状がおさまれば杖もコルセットも短期間でやめた方が良いというアドバイスをもらったことがあり、それを実践している。
 あまり長時間歩くと腰への負担は大きいと思われる。はやく横になって休養したい。

 もう少し早く胸を張ってスタスタと歩きたい。そうすれば春の景色がもっと眼に入ってくるように思う。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

モーツアルトのホルン協奏曲ほか

2017年03月22日 21時20分51秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
 NHKのFM放送をかけたら、ベストオブクラシックの時間ということで、「バボラーク・アンサンブル演奏会」を放送していた。

モーツアルトの
「ホルン五重奏曲変ホ長調K.407」
「ロンドニ長調K.514」
「ホルン協奏曲第4番変ホ長調K.495」
「ホルン協奏曲第2番変ホ長調K.417」
「アレグロニ長調K.412」
「ホルン協奏曲第3番変ホ長調K.447」
「アヴェ・ヴェルム・コルプスK.618」
ベートーベンの
「ロンディーノ 変ホ長調」
がプログラムである。
 ホルンはラデク・バボラーク、弦楽合奏はバボラーク・アンサンブル。東京・第一生命ホールで2016年11月26日の収録である。

 モーツアルトのホルン協奏曲が好きな私にはこたえられないプログラム。ホルン協奏曲第1番は別の曲としてロンドニ長調、アレグロニ長調として、間に第4番と第2番を配置している。ペーター・ダムの独奏、ネヴィルマリナーの指揮によるCDしかもっていない私にはとても新鮮に聴こえる。室内楽形式にこだわった演奏は当時の雰囲気を充分に伝えてくれるのであろう。当時の楽器に近いホルンなのだろうか、少し音が割れるのもまた特徴なのかもしれない。
 思いがけず、私には至福の100分となった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「時を超えて」(横浜開港資料館)

2017年03月22日 20時02分00秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等


 本日は山下公園傍のホールで集会があった。集会の後、近くにある横浜開港資料館により「時を超えて-ハマの史跡の物語-」を見てきた。
 濱ともカードを提示すると無料で中に入ることが出来る。無料になるといってももともと一般の大人料金が200円なので、払えるうちは支払ってもいいとは思っている。
 当初この展示名「時を超えて」の意味が理解できなかった。残念ながら展示名を見て展示内容、展示概略を理解できるコピーにはなっていない。
 本日も展示を見てようやく「横浜市内の史跡・名所を選定し、その標示・標識に功労のあった人々や取組み」の意に近いのかと感じた。
 史跡といっても同時代にすでにその価値を発見し保存に務めない限り、埋もれてしまう。特に日本のように都市の景観が目まぐるしく更新されていく場合には、思想的背景はさまざまであろうが歴史に自覚的な先人の努力は大切である。そこに焦点を当てるということには感心した。
 展示では、開港以降かなり早い段階から外国領事館跡などの史跡・名勝の一覧づくりが行われていたこと、史蹟標建立などが行われていたことがわかる。これは江戸時代の名所尽くしなどの指向が反映されたものであるかもしれない。
 またこの展示の趣旨とはズレるかもしれないが、1932(S7)年、33(S8)年の横浜の開港地から西部・南部方面の鳥瞰図が興味をひいた。まだ横浜市域に入っていない今の港南区や戸塚区の方面は周辺部として描かれているが、地図の標示に齟齬がある。たとえば弘明寺の先の大岡川の流路が東に寄り過ぎてしまい、現在の港南区大久保にあった遊廓地や永谷・芹が谷・平戸方面は実際の位置とはかけ離れている。それでも当時の横浜市域に住む人々の塵認識として興味深いものがあった。あの地図が欲しかったが、図録の販売は無かったのが残念である。

      

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくらの開花

2017年03月22日 11時04分02秒 | 俳句関連
 昨晩から風が強い。横浜では乾燥・強風注意報が出ている。陽射しは暖かいのだが、風が強く寒く感じる。
 図書館で予約していた書籍が貸出OKとなった。午前中に図書館に出向いて、午後からは山下公園傍のビルで集会。
 本日も杖を突かずに歩けるであろうか。まだまだユックリ歩きしかできない。用心のためにザックに杖を折りたたんで持参。

 昨日は東京で開花宣言。

★夜桜やうらわかき月本郷に   石田波郷
★身の奥の鈴鳴りいづるさくらかな   黒田杏子


 1句目、「うらわかき月」ということであるから、上弦の月、これから満月に向かう。たぶん細い三日月なのであろう。夕方から夜にかけて西の空に沈んでいく。夜桜見物に重なる華やいだ句であろうか。多分上野あたりの情景なのであろう。上野からは本郷は西。月が太陽を追いかけて沈んでいく方向である。
 2句目、わたしにはかなり艶やかな句に思える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日付と曜日の混乱‥危険な兆候か?

2017年03月21日 22時32分13秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日の読書はニュートン3月号の「アルツハイマー病研究最前線」と「地球の歴史(中)-生命の登場」。
 本日は一日ということで、午前中の眼科通い(往復2000歩あまり)だけの外出。家に籠っていると結局読書もはかどかい。他のことで有効に時間を過ごすということもなく、ボーっとしている時間の方が長い。
 それも休養のひとつと考えることにするしかない。

 最近月曜日が休みであると、曜日の感覚が混乱する。現役の仕事を離れると基本的に曜日の感覚が衰えるようだ。私の場合も土・日については横浜駅に出てみて、人出が多いと土・日・祝日だったかという程度になっている。
 本日が21日(火)という認識がどこかで混乱していて、22日(水)、23日(木)の認識が混乱している。スケジュール帳を見ても頭の中の認識とカレンダーの日の並びがうまく呑み込めていない。幾度も妻と会話での訂正をしながらようやく脳内の整理が出来たようだ。実は1月の7日からの3連休のときも少し混乱した。

 ひょっとしたらいくつか送信したメールに間違いがあるかもしれないと、今思いついた。これから送信済みメールをいくつか点検して、誤りがあれば訂正のメールを再送しなくてはいけない。

 そんなことがあり、ニュートン3月号をひっぱり出してきた。何かもやもやしている。危うし、危うし。

【追記】先ほど送信済みメールを点検したら、日程の件で一番大切なメールに今週の曜日と日付の間違いがあった。慌てて訂正とお詫びのメールを送信させてもらった。
 あまりに情けないものがある。本日はダメージが大きい。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

安野光雅「きりえ百首」から -4-

2017年03月21日 20時12分15秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
★たとえば君 ガサッと落葉をすくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか    河野裕子

★もろともに冬幾たびを籠りつつきみこそもつと知りたきひとり    今野寿美


   


 河野裕子は1946年生まれの歌人。最初に取り上げた道浦母都子と同世代といえる。
 今野寿美は1952年生まれの歌人。私のと同世代である。

 「さらつて行つてはくれぬか」というとき、自己を投げ出してすべてを投げ出す、というのではないと私は感じる。そこに至るまでには実に多くの選択や、自問自答や、主体へのこだわりが転がっている。
 男にとっても女にとっても、「この選択がすべて」と思い至ったとき、あとはお任せで行きていく覚悟が下敷きになっている。その判断のタイミングと思い入れの強さの波長が合わなければまた、仕切り直しなのかもしれない。
 そして相手への思いが強ければ強いほど、幾年を経ても相手を知り尽くしたい欲求がつのる。この知り尽くしたい気分もまた、相手との相互作用のなかで、複雑な展開も見せる。
 この関係はどこまでいっても解けることのないものであるらしい。
 安野光雅のきりえ、今野寿美の歌に合わせた白い山々の風景が、歌った人の心にひょっとしたら吹いているかもしれない満たされない隙間風を連想させる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白内障・緑内障

2017年03月21日 15時13分36秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日は休養日&休肝日。午前中にいつもの眼科へ。いつもの先生ではなく代診の先生であった。例によって視力検査と眼圧測定。眼圧は両眼ともに12と下がって落ち着いている。土曜日に点眼薬がなりなり、上がってしまったかと心配したが、大丈夫であった。白内障がそれなりに進行しているので、こんど薬を処方してもらいときにいつもの先生に判断を仰いだ方がいいかもしれない、と言われた。次回は視野検査もした方がいいとも。
 視野検査となるとまた出費が多くなる。半年前から点眼薬が一種類になりだいぶ安くなったが、それでも本日は診察と薬代で合わせて4000円。ほぼ2カ月に一度であるが、一度に支払うのは厳しいものがある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「シューマニアーナⅤ」(伊藤恵)

2017年03月21日 13時43分20秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
   

 本日の耳のお供は伊藤恵のピアノによる「シューマニアーナⅤ」。ⅠからⅣとは違い収録されている3曲はいづれも表題付の有名なもの。録音は1993年となっている。
 とはいってもわたしはあまりなじみがない。初めの曲「子供の情景作品15」の第8曲「トロイメライ」はさすがによく知っているが、この曲だけが耳になじんでいる曲である。
 「子供の情景作品15」は1838年、シューマン28歳のときの作品。
 「幻想曲作品17」は1836~38年のときの作品。当初ソナタとして構想され各楽章にタイトルがつけることを考えたようだ。
 「森の情景作品82」は1848~49年、シューマン38~39歳のときの作品。

 私はシューマンの作品にはとても疎い。本日は休憩時間にこのCDに付属している解説やネットで調べて勉強しようと思う。
 いま聴いている限りでは、私の好みは「幻想曲」。

      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく帰宅

2017年03月20日 21時32分59秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 19時半に帰宅。予定よりは早く家についた。坐骨神経痛の痛みも出ないで済んだ。代々木公園からのデモも最後まで歩くことが出来た。解散地点より銀座線で新橋に出て、10数名で居酒屋へ。生ビールとホッピー2杯でお開き。家についてみるとなんと1万7千歩も歩いていた。
 居間でお茶を飲みながら寝てしまっていた。21時過ぎにようやく目が覚めた。

 腰が少し重く感じる。無理は禁物なのに歩き過ぎ。明日は用心してあまり動き回らないようにしたい。
 明日は眼科に緑内障の薬を処方してもらう予定。昨日で目薬がなくなってしまった。久しぶりの眼科である。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

代々木公園の桜

2017年03月20日 14時15分19秒 | 山行・旅行・散策




早咲きの桜が1本。
暖かくて頭からも芽が出そうな・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「咲くまへのさくらの音をさぐりをり」(加藤楸邨)

2017年03月20日 13時00分34秒 | 俳句関連
★咲くまへのさくらの音をさぐりをり    加藤楸邨

 サクラは咲く前に音を出すのだろうか。そんなことはあり得ない。
 多くの人にとっては、サクラがいつ開花するのか、気になるところである。わたしも昨日、公園のベンチに座って、まだ固い蕾をひとつひとつ見ながら、いつになったら咲くのか、咲きそうな蕾はないか、と気になった。1本のサクラの木を下からてっぺんまで、てっぺんから下まで幾度も眼で追ってみた。
 もしも桜が音を出してから咲くとすると、どんな音を奏でるのであろうか。迦陵頻伽(かりょうびんが)の啼き声が聞こえるとしたら、そんな声に近いかもしれない。ただし誰も聞いたことがないはずだ。
 そんなことを時間をかけてできるのは、暖かくなってきた証でもある。
 各地のソメイヨシノの開花予想がニュースになる時期になった。早いところでは今週後半にも咲き始めるところもある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加