Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

何となく慌ただしい一日

2015年06月30日 22時46分29秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 気象庁の本日の発表については、昨日の発表との違い(人によっては祖語という人もいる)についていろいろ指摘がある。私も改憲の印象としては何か言い訳がましい言い方の印象も受けた。「噴火」という事態にすることにかなり躊躇いを持っているように思ったのは私の思い過ごしだろうか。
 災害対応というのは、躊躇は禁物である。それは私などがいわなくとも重々知っていると思う。
 私としては引き続き推移を見守るしか無いようだ。

 本日は、朝から箱根の地震などのニュースに加え、新幹線での焼身自殺のニュースも流れた。昼からは退職者会の業務を先ほどまで。7月末のイベントの準備とホームページ用の記事の作成に随分と時間がかかった。
 さらに「言いたい放題」で幼稚園児のような自民党の大西議員の話題が持ち上がっている。もはや人間失格の烙印を押すしかないような議員に支えられるている安倍首相‥末期症状なのだが、これを引き摺り下ろせないもどかしさばかりが募る。嫌な時代になったものである。

 ということで、日光の報告記事は明日以降に持ち越しすることにした。写真の整理がまだできていない。

 明日は昼間はずっと雨との予報。わたしは朝から昼まで講座。午後から退職者会の打合せがある。雨の中を重い荷物を持っての移動はつらいものがある。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく出された避難指示 箱根は噴火警戒レベル3へ

2015年06月30日 12時50分05秒 | 天気と自然災害
 気象庁は噴火警戒レベルを2から3に引き上げた。

NHKのニュースによると、
★箱根町 大涌谷周辺に避難指示 6月30日 12時40分
神奈川県の箱根山の噴火警戒レベルが「レベル3」に引き上げられたことを受けて、地元の箱根町は、大涌谷周辺の半径およそ1キロメートルの範囲に避難指示を出しました。
避難指示が出された範囲には、住宅が2棟、旅館で働く従業員の寮が1棟、ホテルや旅館、保養所などの宿泊施設が8棟、日帰り温泉施設が1棟、会社が1棟、別荘が12棟あるということです。
このうち5月に町が行った調査では、住宅には5人、従業員の寮には20人余りが住んでいるほか、宿泊施設には10人前後が住み込みで働いていて、合わせて40人程度が住んでいるということです。
箱根町は、防災行政無線などで、速やかに避難するよう呼びかけています。  
⇒【http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150630/k10010132781000.html

気象庁の発表は
★火山名 箱根山 噴火警報(火口周辺)
平成27年6月30日12時30分 気象庁地震火山部
<箱根山に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を発表>
大涌谷周辺の想定火口域から700メートル程度の範囲まで影響を及ぼす噴火が発生する可能性
<噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引上げ>
1.火山活動の状況及び予報警報事項
 本日(30日)、神奈川県温泉地学研究所及び気象庁が実施した現地調査によると、大涌谷で昨日(29日)確認した新たな噴気孔の周囲において、昨日の調査では確認できなかった火山灰等の噴出物の堆積による盛り上がりを確認しました。また、ロープウェイ大涌谷駅付近で降灰を確認しました。これらのことから大涌谷でごく小規模な噴火が発生したものとみられます。
 今後、大涌谷周辺の想定火口域から700メートル程度の範囲まで影響を及ぼす噴火が発生する可能性がありますので警戒してください。
2.対象市町村等
 以下の市町村では、火口周辺で入山規制などの警戒をしてください。
神奈川県:箱根町
3.防災上の警戒事項等
 大涌谷周辺の想定火口域から700メートル程度の範囲では小規模な噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
 風下側では、火山灰や小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
 地元自治体などの指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
<噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引上げ>
【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、災害時
要援護者の避難等が必要。      
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制
等。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(平常)】:状況に応じて火口内への立入規制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)
 なお、(平常)のキーワードについては、平成27年5月18日から(活火山であることに留意)に変更しました。システム改修により情報文に反映されるまでの間は、読み替えで対応いただきますようお願いいたします。
⇒【http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/volinfo/VJ20150630123029_315.html

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

箱根は今朝から有感地震

2015年06月30日 09時56分29秒 | 天気と自然災害
 昨日の「箱根山 火山の状況に関する解説情報第60号」と「同 61号」ではツィッター上ではさまざまに疑問や批判が出ていた。私にはどれが正しいのか、専門家として言及する能力はないが、それでも気象庁の発表の表現の根拠についてどうもしっくりこないもどかしさをすぐに感じた。
 まず「新たな噴気孔を確認しました。この噴気孔は、地すべり地帯にあること、また、その形状から見て地すべりにより誘発されて生成されたもの」との表現が判然としない。地すべりにより誘発された噴気孔ならば、以前からからそこには噴気孔があったということではないのか?新たな噴気孔が出来たならば火山活動の一環ではないのか、次々に疑問が湧いてくる。
 さらに地すべりの範囲や規模も、どこの報道でも明らかにしていない。
「灰雨」という表現があるらしいが、灰の分析結果が出ていないし、分析しないで地すべりの土砂であると結論付けているような報道がされているがその根拠は示されていない。

 しかも肝心な日に朝から神奈川温泉地学研究所のホームページにはつながらない。

 29日から火山性地震が多くなり309回を記録し、本日は7時過ぎまでに100回を越えているという情報もある。しかも朝6時台から有感地震が6回も続いている。この地震は何を意味する可能性があるのか、早急な発表が待たれる。火山性微動も初めて観測されている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大涌谷で新たな噴気孔

2015年06月30日 01時15分32秒 | 天気と自然災害
 「本日(29日)神奈川県温泉地学研究所と気象庁が実施した現地調査の結果、大涌谷の噴気地帯において、新たな噴気孔を確認しました。この噴気孔は、地すべり地帯にあること、また、その形状から見て地すべりにより誘発されて生成されたものと見られます。
 12時45分頃に機動観測班が大涌谷の北約1.2キロメートルの上湯場付近で確認した降下物は、この噴気孔からの土砂の噴き上げによるものと推定され、この現象は噴火ではないと考えています。」

http://www.jma.go.jp/jp/volcano/info_03_20150629162550.html
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/info_03_20150629212000.html
http://www.onken.odawara.kanagawa.jp/files/dat_auto/n-t5days.jpg

 旅行から帰ったらこのような情報があった。29日に大涌谷に地すべりがあったのであろうか。この地べりという現象について具体的な報道も見つからないのだが‥

「箱根・大涌谷情報 ?@Kanagawa_Hakone ・ 6時間6時間前
気象庁HP16 時に更新。県温泉地学研究所及び気象庁の情報では、大涌谷の北約1.2kmの上湯場付近で降下物が確認され、地震が多めに観測されるなど、引き続き警戒が必要とのことです。立ち入り禁止は大涌谷周辺のみで変わりなく、大涌谷以外の地域の観光施設・交通機関は通常どおりの営業です。」

 という情報があるが、これでも「地すべり」について具体的なことが記されていない。地すべりがあって新たな噴気孔が確認されたようだが、「この噴気孔からの土砂の噴き上げによるものと推定され、この現象は噴火ではないと考え」る根拠は示されているのだろうか。見つからないのは私の検索の仕方がいけないのだろうか。
 28日に比べて29日は地震の回数がまた大きく増加している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光より無事帰着

2015年06月29日 22時56分31秒 | 山行・旅行・散策
 18時30分を少し過ぎた頃に自宅に着いた。まだ日があるうちに着いた。日光白根山のふもとの丸沼高原は初めて訪れたし、中禅寺湖の名前の由来の中禅寺も初めて訪れた。華厳の滝は以前にも体験したような気になっていたが、途中の100メートル降下するエレベーターやトンネルは記憶になかった。また輪王寺はこれまでは外観ばかりしか見ていなかったようで拝観料を払って中を見学してみてはじめて目にするものばかりだったようだ。
 さらに昨日登った日光白根山の眺望がすばらしかった。それだけでも満足の日日であった。
 じっくりと日光を見学して、無事帰着。充実した家族旅行であった。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

日光周辺をめぐる

2015年06月29日 08時24分17秒 | 山行・旅行・散策
天気は回復、昨日とはうって変わって気持ちよい。少々涼しいが、乾燥しているのが嬉しい。
中禅寺湖、男体山、女峰山、大真名子、小真名子山の景観を楽しめそうである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光湯元温泉

2015年06月28日 18時49分42秒 | 山行・旅行・散策
丸沼高原と座禅温泉は硫黄臭はなく、Phは7.2と6.9でほぼ中性。NaClとCaCl2が主で無味無臭。日光湯元は硫黄成分とH2Sが多い。Phは6.3、白濁しており微かに苦味。
好みの温めの露天風呂で缶ビールを飲みながら、杉と樺の混こう林を渡る風と鳥の声を聞いて1時間たっぷり浸かった。
至福の時間であった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日光白根山登頂

2015年06月28日 16時20分48秒 | 山行・旅行・散策
丸沼高原からのロープウェイの終着駅から曇り空のもと登山を開始。時々ポツリと来ていたが「晴れる可能性大」と楽観。日光湯元まで足を伸ばすつもりでいた。
しかし森林限界を越えると、雨と猛烈な風とがお出迎え。レインウエアを着込んで這いつくばるようにして、やっと頂上を踏んだ。
湯元温泉までは断念。丸沼高原まで戻り、座禅温泉に浸かり無料のシャトルバスで湯元温泉に向かっている。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白根山へ

2015年06月28日 08時12分43秒 | 山行・旅行・散策
少し雲が多いが晴れた。
白根山(2578)へ登ることにした。登りは途中までロープウェイを使い、下山は日光湯元温泉。16時予定。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

劣化の進む各級議員

2015年06月27日 10時12分49秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 自治体議員だけでなく、国会議員の劣化があまりにひどい。
 自民党の文化芸術懇話会出席者全員の名簿が出回っており、出身学歴も掲載されているが、大学院出も多くいる。一体何を学んできたのか。否、それ以前に成人として扱っていいのかとさえ思う。私などは専攻科目はほとんど勉強はしなかったが、そのかわり実に多くのことを自分で学んだ自負はある。学ぶ姿勢と意欲が無くては、議員として失格である。
 「若手」などと云われているが、40代、50代の人もいるのである。まずは中学の社会科、高校の現代社会・倫理・政治経済の教科書から読みなおす必要がある人ばかりなのではないか。
 私は地方公務員だったが入庁時に、日本国憲法を厳格に遵守することを行うと宣誓させられた。国家公務員も同じだと思う。無論採用試験があり、社会人としての常識や心づもりなども聴かれたし、それで判断された。議員になるのに資格試験も必要なのではないか、とすら思う。大阪府や市などでは「民間採用」などといって、管理職、あるいは機構のトップに採用されて、トンでもぶりを発揮の上去って行ったが、採用にあたっての選考に手抜かりと縁故採用と情実人事と不適格選考があったとしか思えない。
 これからは議員には事前に社会人、特別公務員としての適格試験・常識試験を課さなくてはいけないのではないか。もしそうならあまりに情けない話である。そうなったら試験を担当する人は議会多数派に近い判断を優先してしまうことになる。これもまたまずいことである。立候補のための資格審査に政治判断がもたらされればそれは民主主義とは言えなくなる。
社会でまともに相手にされないような人間が、「議員にでもなってみる」というのでは、社会そのものが劣化してしまった証としか思えない。政策も質問もスタッフ任せの県会議員も多くいると言われる。日本の社会、特に政治はどこまで劣化が進むのであろうか。政治の劣化は、派手な政治家、目立つ政治家が力を持ちやすく、強権政治に陥りやすい。「俺(政治家)が違憲でないというのだから合憲」はまさにそのスタートである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明日から日光

2015年06月26日 23時07分08秒 | 山行・旅行・散策
 明日朝から車で日光の丸沼高原に2泊3日で家族旅行ということになっている。が、すっかり雨に魅入られてしまっているようだ。天気予報では明日・明後日は雨、こちらに戻ってくる月曜日にようやく晴れマークがついている。残念ながら私の雨男ぶりが戻ってしまったようだ。
 梅雨時の雨に降りこめられた白根山・丸沼高原も風情があるかもしれない。楽しみにしていこう。
 一応支度は終了。

 24日、25-26日の報告記事は取りあえず作り上げた。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

東武鉄道でガッカリしたこと 車内便所が垂れ流し

2015年06月26日 19時26分29秒 | 山行・旅行・散策
 鬼怒川温泉駅から浅草までは、区間快速に乗車した。所要時間は2時間半ほど。特急スペーシアと比べて約30分余分にかかるが、特急券は必要ない。座席はリクライニングシートではないボックス席。車内販売はない。これらは特に気にはならなかった。混雑するわけではないので4人でゆったり座ることが出来た。
ビックリしたのは便所であった。初めはわからなかったが、二回目に下を見ると緑の草が見える。タンク式ではないのである。大便も小便も垂れ流しであった。これが浅草までそのままという次第であった。
 JRではすでにすべての車両でタンク式になっているはずである。1980年代が90年代には切り替わっていたのではないだろうか。
 1970年代から保線作業している人と沿線住民の健康問題、衛生問題が大きく取り上げられた記憶がある。沿線住民や保線作業員からの苦情、問題提起は無いのだろうか。あまりの前近代的対応に驚いた。
 車両の耐用年数がどのくらいなのかはしらないが、順次更新するだけでなく、便所の改造も行えば、タンク式に切り替えるのに30年も40年もかかるというのは不思議である。衛生問題、健康問題ということを考えるならば最優先の課題ではないだろうか。
 市街地を走っていないからというのはとても納得のできる理由にはならない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車窓の風景

2015年06月26日 18時38分36秒 | 山行・旅行・散策
 朝早く目が覚めて、鬼怒川温泉駅傍のホテルから鬼怒川を隔てた対岸の山々を眺めていた。雲が低く垂れこめていた。昨晩の強い雨をもたらした雲はすでになく、山の頂上付近まで雲は上がっていた。雲は山の上がってしまいそうになりながらも稜線付近でとどまっている。
 森林限界で雲が漂っている雰囲気とは違って、緑の山でのこのような景色はなぜがやさしく見える。ホテルにいるという安心感だけではなく、旺盛な緑の色がもたらす安心感だと思える。
 この時期、高いところから、あるいは遠目には人家などの周囲に、春の時期と葉違って色とりどりの花が見えない。緑の色が旺盛なためだろうか、あるいは実際に花が少ない時期なのだろうか。鬱蒼とした緑のグラデーションと湿った空気、そして雲の白のベールがこの時期特有の梅雨の景観を示してくれる。

 水田では苗が根付いて大きく育ち始めている。水田に張った水が見えなくなり始めている。田植えが遅かったと思われるところは浅い緑の萎えの列が水面に映えているが、ほとんどの水田では水は苗に隠れている。水田の変化を見るのも車窓からの景色の楽しみである。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼怒川温泉駅周辺

2015年06月26日 06時13分59秒 | 山行・旅行・散策
昨日の夕食時は大雨。風は吹かず、雷もなかった。北関東の山沿いは雨が強いと云われることの多い地域だが、驚いた。3時間ほどで小降りとなったので、二次会の買い出しに出た。
スーパーの店員と話したが、それほど驚いた様子ではなかった。「いつもの感じ」といったところ。

午後2時から5時までの会議の前に30分ほど、鬼怒川温泉駅前を散策。吊り橋からの景色を楽しんだ。鬼怒盾岩は崩落して工事中だが、ロープで確保しながらの作業員の作業が遠望できる。これは圧巻。宿からも単眼鏡でしばらく覗いていた。

しかし鬼怒川温泉、寂しくなっている。廃業しているおおきなホテルがたくさんある。電気が灯っておらず人気のない元ホテルは異様だ。飲食店もシャッターが降りているところの方が多い。
温泉付マンション等もあったが空き室が多いように見受けられた。

朝食後解散予定。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

はじめてのスペーシア

2015年06月25日 11時30分51秒 | 山行・旅行・散策
東武鉄道に久しぶりに乗車。鬼怒川温泉に向けて初めての経験。
不思議なもので、新しい電車に乗るのはワクワクするものである。
浅草駅から2時間。
この時期の緑の田園風景が美しい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加