菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

今日は、協和地域4日目

2015年03月31日 20時13分20秒 | 議員活動
昨日は、疲れが出たので、丸1日休養日としました。

今日は、午前中は用があったので、午後から、協和地域に出かけました。

三浦さんの地元中の地元、井出蛯沢から始めました。

桜も満開で、暑いくらいでした。

江で蛯沢で8か所、下小栗で11か所できました。

昨日、丸1日休んだこともあり、さすがに体が軽く、3時間連続で演説することができました。

いよいよ、明日から4月。

選挙も本番となってきます。

いま、知事選挙、政令市長選挙がおこなわれていますが、どうも、選挙報道で気になることがあります。

NHKのニュースでもそうですが、自民党と民主党が対決するところが優先して報道されるのです。

自民と民主の対決が珍しいので、ニュースバリュウーがあるというのでしょうか。
こんどの選挙は、知事選挙でも、政令市長選挙でも、自民VS共産となっているのが、主流なのです。自民と民主には決定的な対立軸はないのです。

 なんとも、わからないニュース報道の実態です。

この記事をはてなブックマークに追加

今日は、協和地域3日目

2015年03月29日 21時36分18秒 | 議会
今日も協和地域に街頭演説絵に行きました。
とにかく、土曜、日曜は、市街地をやってしまおうと、新治地域を中心を回りました。

 旧協和町役場=現筑西市協和支所が建て直されていました。おかげで、その敷地周辺に空き地ができ、演説場所が確保できたので、いくらか回数を増やすことができました。
 3日間連続して演説していますと、なんとなく疲れがでてきて、演説に勢いがありません。自分でも実感できるのです。

 6年前、県議選挙に立候補した時は、40か所くらいやっても、対して疲れなかったのですが、今は、そうはいきません。

 一応、新治地域をやり終わったところで、3時前でしたが、終わりにしました。

 今日の演説箇所は21か所でした。

この記事をはてなブックマークに追加

今日も、協和地域を街頭演説しました

2015年03月28日 20時24分41秒 | 議員活動
今日は、協和地域の街頭演説2日目です。
今日は、土曜日なので、協和地域の中心部、新治地区を回りました。ここは、狭い路地が多いので、車の駐車場所に気を遣います。

特に、新治駅から北へ向かう新治小学校への道は、狭いので大変です。
今日は、土曜日なので、銀行は休みなので、つくば銀行、県信の駐車場が使えて助かりました。それでも、ATMの利用者が出入りするたびに、迷惑をかけていないか、気を遣い、演説もつっかえてしまいました。

今日の昼食は、50号線沿いの「スキヤ」にいきました。ところが、お客様で一杯。
でも、駐車場は、奥の方が広いので助かりました。
 ここの牛鍋は、私の好みに合っているので、当分は、ここになりそうです。

 昨日の疲れもあり、今日は、22か所で終わりにしました。


この記事をはてなブックマークに追加

緑のそよ風が心地よい街頭演説

2015年03月27日 20時51分43秒 | 議員活動
今日は、午後から、三浦さんの地元・協和地域に演説に行きました。
「緑のそよ風・・・・・・」という歌のように、ワイシャツ姿で演説する体に、本当に心地よい日でした。

その上、さすが三浦さんの地元です。反応も上々です。
私が、明野・関城を一巡したので、今度は三浦さんが明野・関城に入り、私が協和地域を一巡する計画です。

 岩瀬にいる私からすると、近い上(関城の関本に行くには、まっすぐ行っても30分はかかります)、私の教え子さんもかなりいるので、会えればいいなと思っています。

 「三浦ゆずる議員は筑西市議会の頭脳」という、私のフレーズも、いくらか市民のみなさんに浸透しているようです。
 「議員の中で一番使える頭をもっているよ。絶対、当選してほしい」という声も聞くことが出ました。

 とにかく、暖かいと、人が外に出ているので、会話が成り立ちます。今度の土日が勝負だと考えてがんばります。

 今日は、蓬田、小栗地区を午後5時までやることができ、17か所でした。

この記事をはてなブックマークに追加

県西病院組合議会が開かれました

2015年03月26日 17時17分10秒 | 議会
今日は、午前10時から、県西病院組合議会が開かれました。
それに先立って、9時から、議会運営委員会が開かれました。

議会というのは、予算の決定をする重要な会議です。
たとえ、簡単な取り決めであっても、厳格な約束に則って運営されなければなりません。
 特に、意見の相違がある場合は、議会運営委員会に諮り、その取り決めに従って運営されます。
 今回は、私も議会運営委員に選ばれていますので参加しました。

 今回、議会運営委員会で問題となったのは、某議員の一般質問項目の1部です。
 組合長は大塚市長、副組合長は須藤・筑西市長です。

 4項目目に、副組合長への質問があり、「筑西市長として中核病院に関する質問」があったのです。

 県西病院組合議会は、県西病院の運営に関する予算等を審議する議会です。
 筑西市長に、中核病院のことを聞く場ではありません。
 議会運営委員会では、この質問は削除することを決定しました。

 本人には不満なあったようですが、他の議員の全員一致で、本会議でも議会運営委員会の決定通り進められました。

 また、某議員の一般質問最中、議長から、「質問は3回まで、今2回目ですから、次の3回目で終わりです」との発言に、某議員は納得せず、「いや60分できるはずだ」と言い張りました。

 そのため、暫時休憩をし、再度議会運営委員会を開き、再度一般質問のルールを確認し、議長の発言通り議事運営が行われました。

 某議員は、桜川市議会の一般質問ルール(持ち時間は60分、最初の質問は登壇しておこない、その後は自席で1問1答)と、組合議会のるーるを勘違いをしていたようです。

 私は、一般質問で、次の2つを質問しました。
  
 ①桜川市、筑西市の一般会計から繰り入れられている金額の過去5年間の変遷を伺う。
  答弁を求める者 事務長
 
 ②大学病院などを訪問しての医師確保の困難な状況を病院長しての経験から伺う。
  答弁を求める者 病院長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ①の詳細については、後日、報告いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 某議員は、一般質問中、私の質問内容にもふれたため、「一般会計からの繰入金は、私が通告した内容で、あなたはしていないから質問できない」と抗議して中止してもらいました。

 一般質問というのは、通告内容に従って、ルールに基づいて行うもので、「勝手に、これが聞きたくなったから、質問を変える」ことはできないものなのです。
 
 それができるのは、フリー討議というもので、議会全員協議会ではおこなわれますが、議事録にすべてが記載される本会議ではできないのが、今のルールとなっています。


 

この記事をはてなブックマークに追加