菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

「穴開き避妊具を配っては」と質問した議員がいたとはー愛知県新城市議会

2017年12月30日 09時38分52秒 | 地方政治

 私の議会活動に必須の雑誌に、「議会と自治体(日本共産党中央委員会発行、780円)」があります。
 私も、ここには何回か書かせてもらったいますので、よく読んでいます。

 「私のブロッグ・ツイッター」欄に、愛知県新城市の浅尾議員の記事にはびっくりさせられましたの紹介しておきます。

 2014年の6月議会で、ある保守系議員の質問。(インターネットで、新城市「穴開き避妊具」で検索するとヒットします)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 保守系議員
   新市が誕生10年たつが、少子化が進んでいる。少子化対策に穴の開いたコンドームを配ってはどうか。

 企画部長
   私も、すぐ理解ができる方ですが、そんなことができたらいいとは思いますが、なかなか市としてもそれができるということは、若干、あの 難しいものですから・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このやり取りを、共産党の浅尾議員がブログに書いたところ、市民からは、怒りの声が殺到し、議長は質問を削除し、当該議員も謝罪したとのことです。ここまでは、だれでも普通に、予測できることです。

 ところが、議会は、「議会での発言規制」に向かわず、「浅尾議員のブログ規制」の方向に向かってきたというのです。

  「議会内の問題をネットに書くのはいかがなものか」

  「ネットに書く前に文章内容のチェックが必要だ」

  遂には、議長が「ブログ規制が必要だ」とまで発言するようになったとのことです。

 しかし、この発言は、全国から激しい怒りの声を呼び起こし、新城市議会は、議員個人のブログ規制を強行することはできなくなりました。

 当たり前と言えば当たり前ですが・・・・・・・・・・。

 私が、この保守系議員の発言を読んでみても、まるで、「居酒屋での呑兵衛親父の助べえ話をえんえんと続けさせている議長の議事の進め方」また、「この助べえ話に付き合って答弁している企画部長」さらには、「この一般質問を受け付けた議会事務局」の3者に責任があるとしか思えません。

 私がそこにいたら、「議長、暫時休憩」を求めているでしょうね。





 

この記事をはてなブックマークに追加

県派遣の副市長引き上げー8月の知事選挙の意趣返しか

2017年12月22日 16時21分12秒 | 地方政治
 
 今日の東京新聞茨城版は、標記の見出しで、「県派遣の副市長引き上げ」を報じています。
 
 桜川市の井上副市長は、その第一号として、12月15日付で、県に戻っていきました。

 私は、この「意趣返し」の指摘は的を得ていると思っています。

 大井川知事は、「県庁内に優秀な人材が不足している。(市町村から)要望があれば、県職員OBで優秀な人材を紹介していきたい」と説明しているそうです。

 県派遣の副市長がいる市町村。
  日立市、北茨城市、笠間市、潮来市、稲敷市、行方市、つくばみらい市、
  小美玉市、茨城町、五霞町、堺町

 「知事選挙で、県市長会と町村会は、橋本昌知事を推薦。知事選での対立が影を落としているとの見方がある。」と報じている。

 確かにそれはあると思う。

 市長会会長の豊田稔市長の北茨城市や、桜川市には、橋本昌氏はよく訪れた。桜川市に訪れた橋本氏とは、岩瀬の盆踊りの櫓の上で、「桜川市の人は、気持ちよく歓迎してくれる」と話していたし、大塚市長の子息の結婚式にも列席し、さらには、さくらがわ地域医療センターの起工式にも列席し、「桜川市の待遇はよかった」と思う。
 
 しかし、これは副市長のせいではない。なぜなら、おとなり笠間市の副市長も県派遣だが、山口伸樹市長は「反橋本」で徹底していた。これは、橋本さん自身が、「櫓の上」で語ってくれたことだから、間違いない。

 大井川知事の「大きな政策の見直しをする。県庁内に優秀な人材を集める必要があるため、例外なく引き上げることにした」との発言は、私は、言葉通りに受け取ることはできない。



 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

龍ヶ崎市長選挙の東京新聞報道に思う

2017年12月19日 08時59分04秒 | 地方政治

 年末の最後の日曜日におこなわれる龍ヶ崎市長選挙。どれだけ、市民の関心があるのか、心配をしながら、東京新聞の「龍ヶ崎市長選候補者の横顔」を見入った。

 現職(中山一生氏)に挑戦する新人(藤木妙子氏)の構図だが、新人の説明には、こう書いている。

 長女が出馬に反対し、知人も「やめたら」と忠告するが、「孫のために市政を立て直す」と決意は固い。

 もちろん、選挙の結果はフタを開けてみなければわからないというが、新聞にこうまで書かれては、まったく、龍ヶ崎市の政治状況には疎い私らにも、結果は想像がつこうというものではないか。

 私は、こうまでして、自分の主張を訴える候補者の政治信条には敬意をもっているんですが・・・・・・・。




この記事をはてなブックマークに追加

共産党の朗報2つ

2017年12月19日 08時35分43秒 | 地方政治

 今日のしんぶん赤旗には、共産との朗報が2つ載っている。

 1つは、埼玉県の上尾市の市議補選(全市議会議長が、市が発注したごみ処理施設の業務委託をめぐり、業者に入札情報をもらしたなどとして、前市長とともに逮捕され、辞職したことによるもの)で、日本共産党の戸口佐一候補が、トップ当選をしたことです。

 この市議補選は、定数2で、立候補者6人、戸口氏以外は、無所属という選挙戦でした。これにより、上尾市の共産党の議席は6となり、公明党の5議席を上まわり、第一党となったものです。

 しかし、残念なのは、4名であらそった市長選挙があったにもかかわらず、投票率が35%と、非常に低かったことです。有権者の奮起が必要ではないでしょうか。

 2つは、日本共産党の支持率が第3党になったことです。
 世論調査にはいろいろありますが、NNN・「日経」の世論調査です。これによりますと、次の通りです。

  1、自民党   40%
  2、立憲民主党 10・5%
  3、日本共産党  4・3%
  4、公明党    3・0%
  5、維新     2・0%
  6、希望     1.0%
  6、社民     1・0% 
  6、民進     1・0%

 あれだけ衆議院選挙直前まで、希望の党を盛り上げ・盛り下げた小池百合子氏の「政治不信をつくった」責任は大きい。



 



この記事をはてなブックマークに追加

坂東市では、「前市長に返還請求へ」の記事が・・・・・

2017年12月08日 09時58分32秒 | 地方政治

 今日の茨城新聞には、標記の記事が載っています。副題は、「入札外し、12月損害和解金、12月議会に提案」となっています。

 どこの自治体でも、首長が交代すると、自治体発注工事を請け負う業者が変更する場合が多いようです。

 ところが、古河市や坂東市では、対立候補を支持した業者を「全面的に排除した」ため、逆に業者側から訴えをおこされ、裁判になっていました。

 古河市では、元白戸市長が裁判で敗れ、約3000万円の賠償金が発生しました。ところが、その後の選挙で、「対立候補であった菅谷氏が市長なった」ため、菅谷市長は、「この責任は白戸氏にある」として、古河市が払うのではなく、白戸氏が払うべきとし、白戸氏を訴えて、差し押さえにまで発展しています。

 坂東市は、同様の事件で、昨年末、訴えた建設業者側と、約9000万円で和解しました。判決を待つと「3億円の賠償金になる」と市側の弁護士が、議会全員協議会で説明し、議会側も、「やむなく」了承していました。

 ところが、今年の市長選挙で、吉原英一氏が落選をしてしまったので、状況は一変しました。
 市民から、「和解金と同額を吉原英一氏に返還するよう求める陳情」が出されたのです。
 この陳情を、坂東市議会は、賛成多数で可決したのです。
 この議決を受けて坂東市は、吉原英一氏に請求書を送付しました。
 
 ところが、11月に入り、「支払を拒否する」旨の回答があったため、提訴する方針を決めたのです。

 この方針は、12つ議会で、議決される見込みとのことです。

 私の得ている情報では、市の顧問弁護士は、「一年間は業者外しをすることはあっても、複数年にわたっておこなえば、裁判で負けるから・・・・・」と言っていたとのことですが、前市長は聞き入れなかったとのことです。

 

 この記事を書いたのは、小原瑛平記者で、平野有紀記者が筑西担当記者になる前の担当者でした。




この記事をはてなブックマークに追加