菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

「慰安婦問題・おわび」の理由

2015年12月31日 11時10分36秒 | 国際・政治
 12月30日付東京新聞の本音のコラム欄(斉藤美奈子氏が担当)は、「転向の理由」と題して、慰安婦問題での、安倍政権の「おわびと反省」について、書いている。

 人間が、今までの考えを変えて、意見を変更すること自体は罪ではないと断ったうえで、「なぜ、変えたのかを」を問う必要があると述べている。

 私も、このニュースを聞きながら、なぜ、安倍政権は、今になって、この年末になって、いや、年末だからこそ、方針の転換をしたのだろうと、一晩中、考えていた。
 その意味では、目からウロコのコラムであった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 氏は次のように推測している。

 ① 自らの過ちに気づいて心を入れ替えた。

 ② 逆らえない相手に翻意や譲歩を命じられたので、しぶしぶ従った。

 ③ 本当は考え方を変えたわけではないが、変えたふりをして、その場を乗り切ることにことにした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私も、斎藤氏の意見のように、①の理由であれば、歓迎できるが、今までの安倍政権のやり方からして、②と③の複合的な理由のような気がしてならない。
 みなさんは、どう思いますか。


 

この記事をはてなブックマークに追加

戦争法廃止の意見書を決議した議会は48に

2015年12月30日 17時56分36秒 | 議会

 しんぶん赤旗の報道によりますと、地方議会で、戦争法廃止の意見書を可決している議会は、全国では48議会にのぼるそうです。

 一番可決した議会が多いのは、岩手県で、13議会、次が長野県で7議会です。

 また、岩手県、三重県は、県議会レベルで議決しています。

 茨城県でも、取手市が議決をしています。

 残念ながら、桜川市では、いまのところ、その雰囲気がありません。私の力不足を痛感しているところです。

 また、市内でも、「戦争法廃止の2000万統一署名」をしようという声は上がっています。
 
 すでに個人で100名近い署名を集めた方もいます。

 私も、宣伝カーには、署名用紙をもって歩いています。今のところ、演説優先でやっていますが、来年からは、署名にも取り組みたいと思っていますので、よろしくご協力お願いします。


この記事をはてなブックマークに追加

いっせい地方選挙と戦争法廃止の1年でした

2015年12月30日 17時26分14秒 | 議員活動
 今年は、前半戦はいっせい地方選挙、後半戦は戦争法廃止の1年であったといっても過言ではありません。

 私は、街頭演説の回数だけは、きちんと記録するようにしていますので、この1年間を振り返ってみます。


  
 

 2015年1月 八千代町議補欠選挙に行きました。
         演説箇所 115
         無投票当選になりました。

      1月14日~2月8日
         桜川市内新春街頭演説 
         312ヶ所

      2月14日~28日
         結城市議選挙応援演説
         87ヶ所
      
      3月~4月25日
         筑西市議選挙応援演説
         646ヶ所

      5月15日~6月6日
         戦争法案閣議決定にともない第1次キャンペーン
         581ヶ所

      8月3日~9月16日
         第2次キャンペーン
         398ヶ所
    
      9月26日~10月10日
         戦争法廃止の国民連合政府を
         183ヶ所

      10月7日~11月29日
         秋の地方選挙応援演説
         小美玉市小川、美野里、
         下妻市、ひたちなか市
         茨城町
         526ヶ所

      12月14日~29日
         桜川市12月議会報告
         220ヶ所

   2015年の合計 3068ヶ所
 
 これだけ多くの場所で演説できたのも、宣伝カーをつくったおかげと思っています。
 


 

この記事をはてなブックマークに追加

「慰安婦」問題日韓合意について

2015年12月29日 09時33分47秒 | 国際・政治
 昨夜から、大きなニュースがかけめぐった。
それは、「慰安婦」問題での日韓合意である。

 朝、民法のニュース番組を聞いていたら、「共産党もプラス評価の談話を出している」とのコメンテーターの言葉を耳にした。

 共産党は、戦争法以来、安倍政治を許さないのキャンペーンを張ってきたきた。共産党が、どのような評価をくだすのか、関心があるのだろう。

 そこで、今日のしんぶん赤旗にでている志位委員長の談話の全文を紹介させていただきます。これは短いので、全文が紹介できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 日韓外相会談について

           日本共産党幹部会委員長 志位和夫

 1、日韓外相会談で、日本政府は、日本軍「慰安婦」問題について、「当時の軍の関与」を認め、「責任を痛感している」と表明しました。また、安倍首相は、「心からおわびと反省の気持ちを表明する」とした。そのうえで、日本政府が予算をだし、韓国政府と協力して「全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳を回復、心の傷の癒しのための事業」を行うことを発表した。これらは、問題解決にむけての前進と評価できる。

 1、今回の日韓両国政府の合意とそれにもとづく措置が、元「慰安婦」の方々の人間としての名誉と尊厳を回復し、問題の全面的解決につながることを願う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

この記事をはてなブックマークに追加

年内最後の真壁町での演説後は、丸三で年越しそば

2015年12月28日 15時01分21秒 | 議員活動
 昨日は、11か所で真壁町の演説をやめてしまったので、一応、真壁町の街内だけはけりをつけようと、今日も、真壁町へ出かけました。

 昨日、葬儀の場所があった近くで、今日は別の葬儀があったので、そこは避けました。

 田村の鍋谷、飯塚とすすみ、桃山中学校周辺も、今ならできるので、やってしまおうとやりました。

 一応、14ヶ所やったところで、丸三へ、昼食に行きました。

 そこには、元市役所職員の方がおられて、「今、飯塚で演説していたから、もうすぐ、そばを食べに来るだろう」と噂していたところだと、言われました。

 私のブログを読んでいるとのことで、私の演説での行動は、御見通しのようでした。

 年内の真壁町での演説は、今日が最後なので、、「年越しそば」を食べに来たと言って、いつもの、天ぷらそばを食べて、真壁をあとにしました。


この記事をはてなブックマークに追加