ボッケニャンドリの思ったこと

思ったこと感じたことを書いているけど間違い、勘違い、思い込みも(^^;

高さ7~8mなのに根本の直径は40cm@今回切った木

2017年12月08日 08時50分01秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー


チェーンソーの刃 < 直径


 枝の先まで7~8mの高さなら幹の太さはまぁ15cmくらいだ。でもこの木のは測ったら40cmもあった。恐らく根本の辺りに虫が寄ってたかって住み着いたからかな。カブトムシが一度に5匹くらいたかってたこともあった。穴だらけの木を自分で治す時に太くなるみたいだ。


カブトムシだらけ@2006年7月28日


 上の写真でチラッと青く見えるのはルリボシカミキリ。


ルリボシカミキリ@2006年7月28日


 その2年後には穴から出られなくなったカミキリが居た。


シロスジカミキリ@2008年6月15日


 外に出して撮ったのがこれ。大型のシロスジカミキリ。この辺りではあまり見ないけど府中のケヤキ並木によくみかけた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭のコナラをバッサリ

2017年12月07日 08時18分21秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 今年は庭にある大きくなった木を切るつもりだった。青い葉が付いてると葉の分重たかったりと色々と厄介なので切るのは11月。ところが葉が中々落ち切らないうちに12月になってしまった。だけど考えてみれば黄葉した葉は少々付いてたって燃えるから関係無かったのだ。というわけで伐採作業は出遅れた。





 この家に来た時、まだ手鋸で簡単に切れそうだったコナラが見上げるようになってしまった。根本近くの太さもカミキリムシなどに食われた影響か高さの割には太くなって直径30cmほどになった。直ぐ近くに電線もあるから無造作に切り倒せない。だからあと数年もしたら手に負えなくなる。




 始めは上に伸びた枝だけ切るつもりだったけど隣の家に近いのと何より電線に引っかかりそうなので根本の方からバッサリ。でもいきなり根本から切ったら何が起きるか分からないので木に登って上から細い枝を順々に切った。安全確保は岩登りの延長みたいなものだし道具もそのまんま。




 枝は手鋸で切ったけど直径15cmくらいの枝を何ヶ所も切るのは大変。なので腕くらいの枝を全部切った後はチェーンソー。使ったのは電動。エンジンのと比べて手に伝わる振動が少ないのが良い。この振動、クライミングで痛めた右手の中指に良くないんだよね。


4年前に買ったんだけど何時の間にか生産中止

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭に勝手に生えたカラマツを切った

2017年12月05日 09時17分00秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 庭にカラマツが勝手に生えた。珍しいので放置してたらどんどん成長した。放っておけばウン10mになるしそうなったら近所迷惑だし手に負えないので切ることにした。大体カラマツだの杉なんてのは庭に植えるものではない。

 近くに電線はあるしふと見たら街灯もあった。倒した木が当たって電線を切ったり街灯を壊したらまずいので3分割で切った。道具はチェーンソーではなく人力のノコギリ。先ずは下枝を切って予想外の事態の予防。


下枝を切ったカラマツ


 真ん中の部分を切ったら梯子にぶつかった。勿論そうならないように落としたしその通り落ちたんだけど弾んで梯子にドンッ。切った木は予想外の倒れ方をするので何時も慎重にやってるんだけど上手く行かないことがたまに起きる。


何でこうなるの?


 切り株を見ると年輪の幅が1cm以上もある。1年で直径が2cm以上太くなる計算だけど成長は思ってたよりもずっと早かった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軽トラ3台分の木

2017年11月17日 09時12分34秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 何事も一定のペースで動く事は少ない。物の出入りもそうだ。無い時は何も無いし有る時は有り過ぎ。この軽トラ3台分の木は桃畑の桃の木。持ち主は親戚なんだけどもう高齢なので切ることになり、その木がボッケ家に回ってきた。わざわざ切らなくて放置じゃダメなのかと聞くとどんどん木が育って後で困るという話。


軽トラ3台分


 問題はこの細い枝。貰う都合「それは要らない」とは言い難い。束ねて積んでおけば乾燥して良く燃える。だけどどうすればこの作業が捗るか。剪定バサミを新調してこれでやる事を先ず考えた。う~ん、気の遠くなるような感じ。ヨメの労力に頼るしかないな、こういう地道で丁寧にやらないといけない仕事は。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松の切り株

2017年11月10日 08時42分01秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 生の木は柔らかいので割るのはけっこう厄介だ。斧を振り下ろしても刃がめり込んで割れないわ抜けないわになっちゃう。そこで楔を使う。ハンマーで何度か叩けばどんな太い丸太でも長い丸太でも割ることが出来る。といっても経験では太さは60~70cm、長さだと2mくらいが最太もしくは最長。


生の丸太は楔がこんなに食い込んでも割れない


 生木はジューシーなので楔を打ち込むと樹液が吹き出してくる。


生木はジューシーなのである


 切り株の年輪をチェック。今回切った松の年輪の間隔は北側の方が明らかに広かった。南側に日を遮る木があるかというとそれほどでもない。一番開けてるのは西で次は南、東で高い木は北が一番迫っている。こういう切り株を見るたびに山で道に迷ったら切り株を見れば方角が分かる。何故なら南側の年輪の幅が広いからと一体何処の誰が言いだしたのだと思う。講談師では無さそう。


年輪の間隔は北側の方が広い

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭の松が枯れちゃった

2017年11月09日 08時41分08秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー


松なのに葉が茶色く変色


 先月のことだけど、ふと上を見たら松の葉が茶色くなっていた。松くい虫にやられちゃったようだ。切るのは良いけどその後殺虫剤をかけたりとそれなりの出費。でも切る時期によってはそのまま放置でも良いっていう資料を見つけた。それを見る限り10月~11月にかけて切れば放置して良いってんだから丁度良かった。


岩手県の松くい虫対策としてのアカマツ伐採施業指針より


 これまで木を切っても薪にするまでにグズグズしてた。その結果木が虫食いだらけになったり腐らせたりして何度も無駄な事をした。でも今回は困った虫にやられたってこともあって直ぐに薪にした。そうすれば乾燥も早まる。でも燃やすのは来シーズンかそのまた次かな。そのくらい乾燥させれば煙突に煤が付かないのである。

 木を切る時、高さ4mくらいの所で切ってと思い梯子をかけてチェーンソーで切ろうとしたが、手元が狂ったら木から落ちるわチェーンソーで怪我するわで最悪。なので切る体勢にはなったものの撤退。幸い木が倒れる範囲に家は無いしここは角地。しかも人通りも無いので道に倒した。ただ万が一誰かが来るとまずいので前後に枝で通せんぼ。次にやる時は赤布をロープでぶら下げて通せんぼかな。


ヨメちゃんが木を切ったのに気付くのに1ヶ月

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

段ボールは何が来たの?@ストーブのガラス

2017年11月03日 09時08分34秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 ストーブのガラスが届いたので早速交換した。元々のガラスの固定方法が手抜き的だったので改良した。
  1. 扉にねじ込んであったスクリューを止めてボルトとナットで固定。
  2. ボルトは仮止めの時の太さが4Mだったけど耐久性を考えて5Mに変更。
  3. 平だった止め金具(写真-1)を2ヶ所曲げて(写真-2)押さえ易くした。
  4. 止め金具で直接ガラスを押さえるとガラスが割れる恐れがあるので間にガラスクロス(写真-3)を挟んだ。
  5. ガラスクロスは繊維がほつれるので耐火パテ(写真-3)で固めた。



ガラスの留め方を改良


 写真-1のように平らだった金具を写真-2のように曲げて段差をつけた。


写真-1 元々の止め金具


写真-2 曲げて押さえやすくした


 ガラスと止め金具が直接当たってるとネジを強く締めた時にガラスにヒビが入るのでガラスクロスを挟んだ。ガラスクロスはすぐにほつれるので耐火パテで固めた。それが写真-3である。


写真-3 矢印のところに耐火パテト@扉の裏側


 表側にボルトが貫通してるのでナットは袋ナット。


写真-4 銀色に目立つのが今一つ@扉の表側


 夜、ヨメがストーブの世話をしてたんだけどガラスには気付かず。近くにガラスを梱包した段ボール箱には気が付いて「これ何が送られてきたの?」と聞くけどテキトーに誤魔化す。そして3時間ほどしてようやく新しいガラスに変わってたのに気が付いた。鈍感で困ったもんだけど妙に感が鋭いより良いのかもしれない。


写真-5 今のところ問題なし

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細い棒を沢山貰った

2017年10月28日 08時34分00秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 少し前、ヨメ兄がハゼ掛け棒などの廃材があるけど持ってくかという電話があった。廃材の半分はハゼ掛棒。そのままでは持ち運び出来ないので長さ180cmくらいに切った。それをヨメ兄の軽トラに積み、後の雑多のはオレサマ号に積んで持ってきた。

 棒を切るのはチェーンソーだけど1本1本切ってたんじゃぁ拉致があかない。針金で縛ってやれば良いって聞いたのでやってみた。


針金で10本くらいをまとめたところ


 初めは何ヶ所も縛るつもりだったけど、やってるうちに思い描いてたのよりずっと面倒臭いと気付いた。当初は4~5ヶ所縛るつもりだったけど2ヶ所で止めた。そして3回目からは写真のように1ヶ所だけ。終わってから思ったがPPバンドが良かったかな。針金だと切る時にチェーンソーの刃に当たるとまずい、PPバンドの方が強く締められそう。

 次は薪棚までの運搬だ。普通の一輪車を使ってるけど薪を運ぶにはどうも今一つ。そこで皿の代わりにこんなのを取り付けてみた。固定するのに使ったのは棒を縛った針金。




 この入れ物だと切った棒は縦に入れることが出来るので1回で運べる量が多いのが良い。しかも皿に載せたのと違ってこぼれ落ちない。


棒はテキトーに切ったので長さは不揃い

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガラスを押さえるネジを貫通させた@薪ストーブ

2017年10月27日 08時48分12秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー




 薪ストーブのガラスを押さえてるネジは錆びてネジ山が無くなっていた。これじゃぁ再利用は無理。雄ねじがこれじゃぁ雌ねじ側だってお察し。こうなるのは分かりきってるのに何故こんな風に修理しにくい作り方にしちゃうんだろ。

 そこでネジ穴を貫通させ、何処にでもあるボルトで止めることにた。こうすればボルトが錆びてもそれだけ交換すれば済む。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガラスが割れると不吉なのか@薪ストーブ

2017年10月26日 09時09分01秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 ガラスや鏡が割れると不吉、なんて話がある。だけど数ある物の中でガラスほど割れ易いものはないのにそれが一々割れてたら不吉だなんてのは占い屋か祈祷師の陰謀だ。で、ストーブのガラスが何時の間にか割れていた。何時の間にかって書くくらいだから原因は分からない。


縦に割れていた


 まぁこのままでも支障はないけど見栄えが悪い。それに突然外れてってのも困る。買ったところに電話したら2万7千円+送料。確認はし忘れたけど金額は恐らく税抜きだから総額は3万超え。不吉ではなく不経済。

 ヨメはそれを買えと言うけど俺としてはこの金額はどうも納得行かん。だいたい外国製ストーブの価格は現地の1.5倍か2倍。部品もそんな感じだった。検索したらガラス屋で買ったなんてのが見つかった。どのガラス屋なのか、価格はどんなだったか全然書いてなかったので俺も調べてみた。このガラス屋で見積もりしてもらったら総額で18,300円だった。それにしてもオーダーの方が安いという不思議。





 ガラスが長方形だったら加工が少ないので更に安い。また観音開きの扉なら1枚の大きさが小さいから大出費は避けられる。いっそ長方形のガラスで良いように改造しようかと考えたけどそれは止めた。でもガラスを止めるネジとネジ穴は錆でバカになってるので穴を貫通させるなどしないといけない。これは純正を買っても同じ。下手すると扉も買わされるのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

廃材を貰った

2017年10月14日 09時00分31秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 廃材を軽トラに軽く1杯貰った。ヨメ兄が通り道だからと言ってわざわざ持ってきてくれた。それを翌日だか翌々日に切り刻んだ。薪棚に運んだのはそれからまた数日後。どちらも1時間くらいの作業なのに何日もかかった。その日のうちに切って積んじゃうのが多数派なんだろうなぁとシミジミ。




 フォークリフト用のパレットが3つほどあった。簡単にバラせないのはそのまんま燃やすことにした。釘は後から磁石を灰の中でかき回して回収。木ネジと違って釘は抜きにくい。

 板は乾いてるから焚き付けに良い。だから丸太と別々にした方が良いとか色々考えるんだけど、そうすると中々片付かない。なので適材適所は無視。これで何日燃やせるのか分からないけど年内はこの山から燃やすことにした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刃を変えたら振動が消えた@刈払機

2017年08月31日 08時18分01秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 刈払機の振動が異常だと思って買った所に相談。でも中古だからこんなもんかなって感じ。シャフトを交換しても大したことなさそうだけど刃を替えると良くなることがあると言う。でも刃は見た目悪く無さそう。

 刃は研ぎながら使うつもりだったけど近所の人が安いのを使い捨てだよと言ってた。なのでこれを機に刃を替えることにした。ついでに刃に絡んだ草を切る小物(写真の矢印)をつけてみた。何しろ別荘の畑は蔓が増えたので余計に絡まりやすい。




 新しい刃をつけてちょっと庭で使ってみた。アクセルを吹かした時にシャフトがブルンッと揺れたけどそれの揺れは明らかに小さかった。刈ってみたら振動が消えていた。まさかこんなに変わるとは思わなかった。古い刃は目視では分からないくらいバランスが崩れてたようだ。ということは下手に研いでもバランスが崩れる事があるかもしれない。しかも切れなかったら最悪。





 去年の秋、ジムで指を痛めた時は自転車が小さな凸凹を通過する時の振動で治りを遅くした。そんなんだから機械の振動はクライマーにとって良くない。ちょっと疲れ気味の指が草刈り作業の振動で悪化した。仕事というのは身体に悪いもんだとつくづく。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

薪は大した量ではなかった

2017年05月07日 08時05分08秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 薪を作ったまま1ヶ月ほど放置。沢山作ったと思ったけどいざ運んで積んでみたら大したことなくてちとガッカリ。この幅と奥行きでは高さが1.5mになると思ってた。


高さ×幅×奥行き ≒ 0.9m×3m×0.7m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茸だらけの薪でも乾かせば何とか

2017年04月15日 07時53分37秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー




 木を切って薪を作ったら直ぐに薪棚に積むなりしないといけない。ところが明日でいいやと野ざらしにした結果茸だらけ。そんな薪を燃やそうとしたら湿ってて良く燃えない。スポンジみたいな木を野ざらしにしてるから雨を吸ってるってわけだ。

 屋根の下に置いといたら2ヶ月ほどで乾いてまぁまぁ燃えるようになった。とはいえ火力は弱い。これから作る薪はこういう無駄をしないようにしないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チェーンソー使う時に履いてる長靴

2017年04月09日 08時48分11秒 | 薪ストーブ、木こり、チェーンソー

 去年の暮だったかな、複数の医療関係者から今の時期チェーンソーで怪我して救急外来によく来るという話が出た。多い時は1日に3人もなんて話も。まぁ何というか防護服を着てないから悲惨な傷らしい。

 俺はオッチョコチョイなので防護ズボンと長靴を使ってる。冬以外は暑いけど仕事でやってるわけではないので暖かい時期にチェーンソーは使わない。長靴を12年履いてるけど怪しい傷が幾つかある。靴にはオットットとチェーンソーで傷付けたのが1つある。黒い傷だ。他に浅い傷、オレンジ色のがあるけどこれは何時どうやって傷付けたのか分からない。ズボンの綻びも何時どうやって出来たのか良く分からない。どれもチェーンソーではないと思うけど…


何時の間にかついてる謎の傷


 防護ズボンを履いてても危ない時はある。何故なら防護してるのは前の部分だけだからだ。後ろは無防備。チェーンソーに慣れた頃、ちょっと後ろの方の藪をなんて調子で身体を捻って後ろ手でやっちゃった事があった。ズボンと同じ用途で前掛けのようなチャップスというのがある。これだと後ろが無防備なのが一目瞭然。だから若干だけど怪我をしにくいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加