ボッケニャンドリの思ったこと

思ったこと感じたことを書いているけど間違い、勘違い、思い込みも(^^;

現の証拠(ゲンノショウコ)@花の後

2017年10月20日 09時04分06秒 | 植物




 はなねこ山さんがうちにくれたコメントで神輿がどうたらと書いていた。そこで花が終わったのを撮ってみた。神輿の天辺にある飾りに似てるってことで神輿草という別名がゲンノショウコにあるそうだ。でも俺にはヨーロッパにある紋章に見えた。神輿の飾りは鳳凰か擬宝珠なのでこのデザインは有りそうで無いような気がする。

 これを見ててもしかすると種を弾き飛ばすのかなと思って調べたそうだった。下のは弾き飛ばす前のやつで棒の根本にまだ種がある。種を飛ばすためにこの棒が出来たってことか。








 種を飛ばすのを発見したかのように下書きを書いてた時、もしかしたら過去に書いてるかもと探してみた。すっかり忘れてたけど5年前の10月22日書いていた。もう過去の事は一々気にしないようにしよう。まぁでも同じ内容でも前の記事よりは写真が綺麗になる傾向はある。理由は腕が上がったというよりカメラの買い替え。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泡黄金菊(アワコガネギク)

2017年10月18日 09時05分04秒 | 植物

 こんな小さな花である。アワコガネギクは別名でキクタニギクで漢字だと左から読んでも菊渓菊。




 庭に自生してるせいもあってかこの菊が好きだ。でも外来種らしい。中国や韓国の種を使って道路の法面を緑化しようとした時に侵入したそうだ。いくら種が安いからといって何故そんな安易な事をするんだろ。緑化だからといってペンキを塗って緑色にした中国と大差ない。




 そんな花が主要道路から離れた場所に生えているわけだ。庭の中とはいえ外来種となると増えていくのを放置するってのもヤダな。どうしようかちょっと考えよう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

爪蓮華(ツメレンゲ)の花

2017年10月14日 09時01分05秒 | 植物




 春頃はサボテンみたいな感じのツメレンゲは庭の西側の道路側、2mくらいの範囲に自生している。花は小さくて地味なので知らない間に咲いて枯れることもある。何時撮ろうかなと思ってるうちに花に点みたいのが見えた。撮ったら雄しべの先っぽだった。小さな蜂は何だろ。ハナバチの1種かな。昆虫図鑑:ハチ目(膜翅目)を見たけど分からなかった。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

楤木(タラノキ)の実

2017年10月11日 08時28分00秒 | 植物




 右側の緑色のは今から黒くなるのかな。花が何時開いてたのか見逃したけど検索したら雄性期から雌性期とまたわけの分からない、というか初耳言葉が出て来た。雄花が雌花になるという面妖な…





 楤の漢字がゴチャゴチャして分からないので大きなフォントにしてみた。そしたら葱の草冠を木偏にしただけの違いだった。粗忽者の忽に木偏だとタラ、草冠だとネギ。


ネギとタラ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩く植物図鑑

2017年10月10日 08時41分39秒 | 植物

 山菜採りだのキノコ採りする人は植物に詳しい。そんな人と岩場に行くとプチ植物観察会。このキノコはニガクリタケ。キノコ採りはしない俺でもナメコみたいで美味しそうに見えるけどこれは毒キノコ。


ニガクリタケ


 これはワサビ。オカワサビではなくてホンワサビだと言う。ワサビと言ったら水のある所で栽培してる絵しか浮かばないけどこんな水の無いところにも生えるんだな。


ワサビ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

掃溜菊(ハキダメギク)

2017年10月09日 09時07分00秒 | 植物




 植物学者の牧野富太郎が掃き溜めで発見したのでこんな名前になったらしい。この学者に見つかったのが運が悪かった。でもそうでなかったらどんな名前になっただろう。カメギクとかコガオギクなんてのがいいかな。




おまけ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

薙刀香薷(ナギナタコウジュ)

2017年10月06日 08時37分07秒 | 植物

 花の名前は大分覚えたけど花が何時咲くのかまだ良く分からない。庭でナギナタコウジュが咲いていた。これは秋に咲くんだなと念押し。もうちょっと見栄えの良いのを探してみたけど他に見当たらなかった。例年なら踏んだりしてその臭いに気がつくくらい沢山あるけど今年は全然。ヨメが草取りした時、まだ咲いてなかったから抜いちゃったのかな。




 小さくて良く見えない花の集合だけど接写したらどんな花なのか試しに撮ってみた。髭が生えてるような花だったとは意外。雄しべ(?)が人間の足に見える。これが2本だとスカートを下から覗いてるみたいでエッチだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤と緑の風景

2017年09月30日 08時42分21秒 | 植物

 紅葉の早いのは桜である。綺麗なのはソメイヨシノではなくヤマザクラ。桜の紅葉が少し前から始まっていて青葉の中に赤い葉が所々にある。




 そういえば似たような感じのが畑にあった。うちの畑ではないけど青葉の中に真っ赤な唐辛子。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金木犀はサイではない

2017年09月28日 09時07分00秒 | 植物

 初めてヨメが山梨の別荘で金木犀の匂いがした時はトイレの芳香剤だと思ってた。佐久より寒いヨメ実家地域では金木犀なんて無いので知らなかったそうだ。そんな話を聞いたので佐久には金木犀は無いのかと思った。実際あまり見かけない。ところが県外からボッケ集落に来た人の庭に金木犀があって花が咲いていた。佐久でも育つようだ。


山梨の別荘にて


 沈丁花? ってヨメが言ってたけどそれって春だから。これは山梨の別荘の金木犀。今が丁度見頃ではなくて嗅ぎ頃。オシベが2本ってのも写真撮って初めて分かった。ところで花びらが4枚に見えるけどこれも萼だそうだ。それと雌雄異株で植えてあるのは殆どが雄だそうだ。そう言われてみれば金木犀の実は見たこと無い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住宅地に荒れ地瓜(アレチウリ)

2017年09月27日 07時55分19秒 | 植物

 ボッケ集落は新興住宅街だけど辺鄙なところにあるせいかまだ売れ残ってる区画が幾つかある。その1つが林だったけど北側に住んでる人が日陰になるって言って木を全部切らせた。全部切らなくてもいいのにと思ったがどうにもならない。切る前はコナラもあったからカブトムシも居た。松もあったし大きな桜もあったど皆切っちゃった。

 なのに文句言った家は数年の間に空き家になってしまった。そして残ったのは殺風景な荒れ地。するとやって来るのがオオブタクサなどの外来雑草。そして数年前、大物のアレチウリが住み着いてしまった。




 花と実を撮った。実に付いてる毛は棘。不用意にアレチウリを刈るとこの棘が服の中に入って痛痒くなる。


雄花


棘付きの実


 ここまでで撮影終了と思ってたんだけど、ちょっと検索したらアレチウリの花には雌雄があると分かった。今まで見てたのは全て雄花。そこで出直して雌花を撮ったけどこんな花が咲いていたとは知らなかった。


雌花

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネギの脇に犬鬼灯(イヌホオズキ)

2017年09月26日 08時41分02秒 | 植物

 オレサマがゴロゴロしてる間にヨメが庭と畑の草取り。よく草取りをするけど畑をやるのは珍しい。そしたらナスのような草を見つけた。俺はナスが種から芽が出て肥料不足でこんな小さな花を咲かせてたのだと思ってた。

 ヨメはワルビナスだと思ってたらしいけど調べたら花の形が違った。イヌホオズキに落ち着いた。以前この草についてブログに書いたような気がしたので探してみた。そしたら7年前は俺が聞いたらヨメは即答してたのを書いていた。ヨメは退化してるようだ。




 名前にイヌって付くくらいだから花が咲いてても見向きもされずに抜かれてしまいそうな草だ。


左下のはテントウムシ


後ろから

-->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田んぼの雑草

2017年09月25日 08時54分21秒 | 植物

 あちこちで稲刈りが始まった。こうやって稲を干してる所もあればコンバイン使って稲刈りから脱穀まで一度に終わらせるとこころもある。今は一番景色の良い時期だけど稲刈りが全てが終わると殺風景になる。それでも半年は田園風景を見ることが出来る。これが無くなったら1年中殺風景だ。




 倒れた稲を見ているとゴッホが描いた麦の絵を連想する。




 雑草だけ残して綺麗に刈ったのかなと思ったけどそんな面倒臭いことはやらない。稲が全部倒れているのに雑草だけはちゃんと立つようだ。




 雑草を色々撮ってみようと思ったけど今回はたったの2種類。いざ探すと同じのばっかし。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドングリがたわわ

2017年09月24日 08時15分00秒 | 植物




 庭のコナラにドングリが沢山生った。何時もより多いような気がする。枝だけでなく地面にも既に沢山落ちている。山のドングリはどんななのか分からないけど、最悪は山で凶作、里では豊作。ドングリ目当てに熊がやってくる。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の麒麟草(アキノキリンソウ)が咲いていた@庭

2017年09月23日 08時52分23秒 | 植物






 花は花びらが幾つか抜け落ちてるようで掴みどころの無い形。見ようによっては線香花火みたいだ。今回葉の裏側に特徴があるのを知ったのでこれからはキリンソウかどうか迷ったらこれを見れば良さそうだ。


葉の裏は干上がった田んぼみたい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何時の間にか吊花(ツリバナ)が庭に生えていた

2017年09月22日 09時40分12秒 | 植物

 今月の初め頃、山の中に今まで見たこと無い赤い実が落ちていてそれが気になっていた。上を見ても何も無いからどの木から落ちた実なのか分からない。また来年の宿題かぁと気の長い話。


今月初め頃に撮影


 庭に何か秋らしいものはないかと出てみたら気になるあの実が沢山ぶら下がっていた。ダンコウバイに続きまさかの自生。木に絡まった蔓に生ってるのかと思ったら違った。木は背丈くらいなので数年は経ってるんだろうな。ここのところ庭は藪状態だったけど手を入れてたらここまで育たなかったに違いない。木の名前は秋 赤い実で Google 検索したら直ぐに分かった。でも図鑑を見ると似たようなのがあって迷ったけど多分ツリバナで良さそうだ。















コメント
この記事をはてなブックマークに追加