日々の覚書

MFCオーナーのブログ

T字路

2014年06月24日 22時09分32秒 | テレビ番組

T字路(通常盤) T字路(通常盤)
価格:¥ 1,080(税込)
発売日:2014-06-03

最近買った。お気に入りの一曲である。小泉今日子、中井貴一主演のドラマ『続・最後から2番目の恋』のエンディングに流れる曲で、主演の2人によるデュエットなのだが、これが実に良い雰囲気なのだ。軽快にスイングする曲調がノスタルジックでもあり、おしゃれでもあり、言うならばライザ・ミネリの「キャバレー」みたいな感じ(これで分かる人が一体どれくらいいるのか)。エンディングでは、この2人が正装して歌う映像が見れるのだが、これがまた楽しそうでよろしい。この曲調といい、映像といい、正に歌う2人と同世代の為にあるような曲といっていい。小泉今日子または中井貴一とデュエット出来るバージョンが、カップリングで納められているのもポイント高い。

ただ、ちょっと残念なのは、ジャケットなんである。分かる人は分かると思うけど、あの、わたせせいぞうがイラスト描いているのだが、なんかイメージ違うのだ。実際の、デュエットしてる2人のイメージ、或いは曲調や歌詞の持つイメージが、このイラストとは違うのだ。このイラストだとおしゃれ過ぎる。もう少し、いなたい感じが欲しい。勝手な言い分ですが。

この曲の作詞・作曲は、クレイジー・ケン・バンドの横山剣。こういう曲も作るんだな、と感心してしまった。アラ50の、いわばオジサンとオバサンがデュエットするのに、スイングな曲をもってきたというのが斬新だ。もっと上の世代の音楽みたいだけど、意外とこの世代にもハマるんだな、って感じ。歌詞も、ドラマの中での2人を上手く表現してる感じがするし。うむ、大人の一曲ですな。

実は、ドラマも毎週見てる(笑) この『続・最後から2番目の恋』というドラマ、タイトルからも分かるように続編であり、第一弾は2年程前に放送され、そのときも毎週見てた。一応ご近所である鎌倉が舞台という話だったので、どんなもんじゃいと一回目を見てみたら面白くて、最後まで見てしまったのだ。ま、鎌倉云々はどうでもよく(ここはあそこだとか、いやここは鎌倉じゃないとか、こんな場所にこんな店はないとか、ツッコミどころは多いけど)、主演の2人をはじめとする登場人物たちのセリフが面白く、テンポもいいので、なかなかに楽しく見てた。終わってしまうのが残念で、続編放送しないかな、と思ってたら、その年の11月にスペシャル版が放送され(残念ながら、見れなかった)、今年の4月からいよいよ続編が始まった。が、それも今週でついに最終回を迎える。残念だ。でも、第三弾はないだろうな。いや、ない方がいいかも。

そんな訳で、大人による大人のドラマであり(ほんとか!?)、大人の一曲なのである。くどいようだが、終わってしまうのが実に残念だ。

終わってしまう、と言えば、日本もそろそろ最後だ。そう、FIFAワールドカップブラジル大会である。グループリーグ初戦コートジボワールに逆転負け、第2戦ギリシャと引き分け。この時点で、自力での決勝トーナメント進出が不可能となった。僕は、この2試合ともまともに見てないのだが、結果だけでなく、内容もかなり悪いらしい。他力でも何でも決勝トーナメントに進む為には、コロンビアとの最終戦に勝つ事が最低条件だが、果たして勝てるのか? いや、正直勝てる気がしない。既に決勝トーナメント進出を決めたコロンビアが、想像を絶する手抜きでもしてくれないと無理だろう。けど、コロンビアにはそんな義理ないし、手抜きすると無気力試合とか言われて、問題になる可能性もあるから、普通に試合してくるような気がする。そうなると、勝つのは無理かな。わずかでも可能性があるのなら、ひたすら最後まで頑張って欲しいけど。

てな訳で、明日は5時に起きて試合見よう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CMは世につれ

2011年01月11日 22時57分18秒 | テレビ番組

巷で話題(?)の日清カップヌードルのCMに、ついにフレディ・マーキュリーが登場してしまった。これを見てるほとんどの皆さんは知ってると思うけど、外タレまでもが自分の曲の替え歌を披露する、あの恐るべきCMである。

ジャミロクワイやボン・ジョヴィの時も驚いたが、フレディは故人なだけに、その驚きはハンパではない。あの替え歌を歌ってるのは在りし日のフレディではなく(当たり前だ)、そっくりさん或いはフレディの生前の声をインプットして、どんな曲でもフレディに歌わせてしまう音楽ツール、つまり初音ミクみたいなものだ、という事になる。とぢらにしても、大したものだ。

となると、フレディ以前にオンエアされていたジャミロクワイやボン・ジョヴィに関しても、あの替え歌が本人たちによるものなのかどうか、疑わしくなってくる。僕は、ずっと本物だと思ってたけど、実は違ってたのか? え? 本物じゃないなんて、最初から分かってた? どうも失礼しました。

確かに、ボン・ジョヴィもよくこんな仕事受けたなぁ、なんて不思議に感じてはいたのだ。替え歌の意味分かってんのかなぁ、なんて。

この、日清カップヌードルのフレディ版、ネタにされた曲は皆さんご存知の「アイ・ワズ・ボーン・トゥー・ラブ・ユー」なのだが、映像はソロなのに音声はクイーン・バージョンを使っている、という点に於いても実に芸が細かい(爆) 個人的にはどうかな、と思うけど(笑)、世間でウケているのなら、良しとすべきであろうか。複雑な心境である(爆) ただ、替え歌のレベルとしては、かなり低いと思うのだが...

CMと言えば、去年からオンエアされているモバゲータウンのCMに、時任三郎と柳沢慎吾が出演していて、この二人が出てるのなら中井貴一もいないとおかしいだろう、なんて思っていたけど、最近ついに登場した。今後の展開が楽しみである(笑)

『ふぞろいの林檎たち』レンタルして久々に見てみようかな、なんて気になる今日この頃なのであった(笑)

コメント (10)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

追悼・しばたはつみ

2010年03月30日 21時07分22秒 | テレビ番組

またしてもショッキングなニュースである。歌手のしばたはつみが亡くなった。急性心筋梗塞だとか。自宅の風呂場で倒れていたそうな。享年57歳。早過ぎる。慎んでご冥福をお祈り致します。

報道では、「マイ・ラグジュアリー・ナイト」で知られる歌手のしばたはつみ、と紹介されているが、この曲がヒットしたのは1977年のことらしい。33年前である(!)。非常に残念だが、これ以降というか、80年代以降、しばたはつみを見る機会が少なくなった。実際の所、療養生活を送っていたりして、ここ数年歌手活動もしていなかったらしい。去年の暮れに乳癌が見つかったものの、手術が成功して、久々に歌手として復帰する準備を進めていた矢先の訃報だったようだ。さぞかし無念だったことだろう。

僕がしばたはつみを知ったのは、かなり前だ。それこそ小学生の頃かも。テレビの歌番組、といっても『夜のヒットスタジオ』みたいな番組ではなく、『サウンド・イン・S』のような、その時点の流行歌ではない、主に外国曲を実力派の歌手が歌う、という歌番組が70年代には結構たくさんあり、そういう番組にちょこっと登場して歌っているのを見たのが最初と思う。レコードデビュー前だったけど、子供心に上手い人だ、と感じた。しっとりとしたジャズボーカルも、ノリのいいR&Bも、正統派スタンダード・ポップスも、見事に歌いこなす人だった。その歌唱力は、正に日本人離れしていたと言っていい。最初のうちは、ちょこっと歌うだけだったけど、次第に出番が増え、前述の『サウンド・イン・S』あたりではレギュラー格となり、クラブの専属歌手みたいな感じで、毎回歌を披露する、という扱いを受けるようになった。子供でも上手いと感じたくらいだから、誰が聞いてもその実力は抜きん出ていたのだろう。僕なんて、日本人だけど、外人歌手みたいな捉え方をしていた。後年レコードデビューした時、あまりにもフツーの歌謡曲を歌っていたので、拍子抜けした記憶がある(笑)

ま、陳腐な表現で申し訳ないが、しばたはつみは“本格派”の歌手だったのである。今回の訃報に接して初めて知ったのだが、彼女はやはり天才少女だったようで、9歳の頃から米軍キャンプで歌っていたらしい。11歳でスマイリー小原の楽団の専属歌手となり、10代後半にはアメリカで修行していたとか。テレビで見るようになった時は20代前半だったようなので、既に相当のキャリアを積んでいた訳だ。

今でも、しばたはつみのように、ヒット曲はないけど、実力派として認められている人はいるが、活動の場はほとんどライブハウスだろう。テレビで歌う、というのは稀だろうし、またそういう歌手が出演出来る番組もない。そんな事情もあり、ほとんどの歌手は広く一般に知られる事もなく終わっていくのだろうけど、そういう意味では、しばたはつみのような歌手をお茶の間で見れる時代を経験出来たのは幸運だったと思う。少なくとも、アイドル歌手とは違う実力派歌手が世間には存在するのだ、という事実をガキに知らしめたのだ。

という訳で、僕にとっては、その実力と共に、70年代のテレビ事情やら何やらもまとめて思い起こさせる歌手だったのである。57歳なんて早過ぎる。まだ歌っていて欲しかった。惜しまれてならない。

所で、これまた今回初めて知ったのだが、松本伊代は、しばたはつみのはとこだそうな(関係ない?)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

じつにおもしろい?

2010年01月21日 22時53分57秒 | テレビ番組

僕はあまりテレビを見ない。お笑い番組やスポーツ中継或いはニュース番組なら時々見るが、ドラマはまず見ない。連続ドラマを見始めたりすると、決まった日の決まった時間には家にいなければならず、そういうのも結構鬱陶しかったするし(笑)。それでも、ドラマを見る事は時々ある。

いささか古い話になるが、去年の暮れ、例の東野圭吾原作・福山雅治主演の「ガリレオ」シリーズの再放送を(全部ではないが)初めて見てしまった。単発で放送してた物をいくつか、そして2時間のスペシャル版(これも再放送だったとか。長澤まさみとかが出てた)も見た。単発の方は、原作に忠実なのもあり、そうでないのもあり、だったけど、予想以上に福山雅治演じる湯川学のキャラが面白く、つい見入ってしまった。謎が解けた瞬間、やたらと数式を書きまくるのが可笑しい。案外女好き、というのも、福山本人のイメージとダブって、なかなかに笑える。柴咲コウとか広末涼子とか、意外といい芝居するなぁ、なんて思ったりもした。スペシャル版はオリジナル脚本だったみたいだが、こちらはまぁまぁ、という感じかな。

暮れも押し詰まった30日の晩に放送されていた、「40女と結婚する方法」だっけか、それも見てしまった。なんとなく、缶チューハイをちびちび舐めつつ、面白そうなのないかな、とチャンネルを回していたら、ちょうど始まったところだったもんで(ちなみに、あてもなくチャンネルを回す、という行為も、僕にしては大変珍しい)。飯島直子演じる40才の独身カリスマ美容師が、市原隼人演じる大手広告代理店勤務の20代イケメンにプロボーズされる、という内容だ。基本的にあり得ない設定なのだが(笑)、自分の周囲でも10数才年下の男と結婚した40代女(しかも初婚)、というのが最近2~3発生したので、可能性ゼロという訳でもない。ま、しかし、演じるのが飯島直子だからねぇ。美人でオシャレでカッコよくしかも自立してるイイ女だけど、高層マンションの2階に住み(しかも賃貸)、仕事が終わると冨士そば(いわゆる立ち食い蕎麦だ)で蕎麦と丼セットを食べ、家で一人いいちこを飲む、という、いるようでいないようで、てなキャラがミョーに決まってしまうのは仕方ないでしょう。フツーのアラフォーは、過剰に期待しないことですな(笑)

で、このドラマの中で、やや気になる箇所があった。飯島直子と友人役の杉田かおるの会話なのだが、

飯島「これこそ、恋に悩むヒロインよね。キャメロン・ディアスか○○か、ってとこね」
杉田「例えが古いのよ。今なら、△△か長澤まさみか、って言わなくちゃ」

この○○と△△には、もちろん女優の名前が入るのだが、思い出せない。○○は日本人、△△は外人である。○○なんて、そんなに古い人って感じではなかったように思うけど...見てた人いたら、教えて(爆)

今週も、立て続けに連続ドラマを見てしまった。つーか、帰宅して食事をする時にテレビついてて、食べながらなんとなく見てて、そのまま最後まで、というパターンなんだけど(笑)。TBSの「班長」(これ、以前は課長というタイトルではなかったっけ?)、テレ朝の「相棒」「853」と、刑事ものばかり(笑)。でも、どれもなかなか面白かった。脚本も役者もしっかりしてるし、今のドラマも捨てたもんじゃないな、なんて思ったりして(笑)。ただ、1時間(実質的には40分くらい?)のドラマで謎解き、というのはちと短いのではなかろうか。前述した3本とも、謎が解明される過程が、なんとなくせわしない。2時間枠でじっくり見る方が、謎解き物には向いているのでは。

最近はいいドラマがない、なんて声も聞くが、以前偶然見てしまった「ライアーゲーム」というドラマは、ほんと訳分かんなかった。年と共に、こういうややこしいドラマには、ついていけなくなっているのだろう。いずれ、「水戸黄門」みたいな予定調和物しか、受け付けなくなるに違いない(笑)。ちょっと悲しい現実(爆)

先週だったかな、阪神淡路大震災から15年という事で、特別ドラマ「神戸新聞の7日間」(長いので以下略)を見た。もう15年も経ってしまったんだな、という感慨もさることながら、関東にいて分からなかった現場の悲惨な状況を改めて見て、相当ショックでもあった。震災が1995年、僕が大阪に赴任したのが6年後の2001年、その6年間で神戸は目覚しい復興を遂げた、と思う。大阪赴任直後、神戸にも行ったが、これが震災でむちゃくちゃになった街とは、とても思えなかった。

で、ドラマであるが、正直言うと今イチ。実話に基づいたドラマという事で、所々に当事者の皆さんが登場して、当時の体験を語るのだが、ドラマ部分と交錯して、却って中途半端な感じがした。ドラマかドキュメンタリーか、どちらに絞った方が良かったのではなかろうか。被災地の悲惨な状況をカメラに収めようとするが、どうしてもシャッターが切れないカメラマン、そこいらの葛藤やら懊悩やらを、芝居で表現するのではなく、いきなり当事者が登場したり、細かいナレーションが登場人物の心の声を代弁し始めたりすると、なんか興ざめだ。カメラマンの苦悩というのは、映像だけでも伝わってきただけに、もっと役者たちの演技で表現して欲しかったように思えた。

このドラマが今イチに思えた理由として、ドラマの冒頭でダイジェストというか予告編というか、そういうのを流し過ぎたこともあると思う。あれだけ流されると、もう本編見なくてもいいや、なんて気を起こしてしまうのだ。最近、こういうの多くないか。NHKでも、近日放送開始のドラマ、例えば「坂の上の雲」とか「竜馬伝」とか、他の番組の合い間に、予告編を何度も見た。しかも、かなり長い予告編だ。それこそ、本編見なくても、だいたい内容が分かってしまうような。でも、放送始まったら視聴率いいみたいだし、それは予告編の効果なのだろうか? よく分からん(苦笑)

予告編ではないが、TBSの「王様のブランチ」という番組で、お薦めDVDを紹介するコーナーがあるが、そこではさわりどころか、かなりの部分を番組内で見せてしまうのである。僕なんか、買わなくてもいいや、なんて気になってしまうけど、これ、マジで売り上げに影響しないのだろうか? 紹介するなら、ほんのちょっとくらいにしておいた方がいいと思うのだが。

ちなみに、「王様のブランチ」よく見てます(笑)。といっても一部だけ、だけど。ちょうど昼頃、有名人にお小遣いを渡して買い物させる「買い物の達人」というコーナーだけ、毎週見てる。ここに登場する案内人の鈴木あきえというタレントが、実はお気に入りなんである(笑)。どんな子かって? 一度見てみて下さい。一応、全国ネットだと思うけど....(笑)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2009年08月13日 14時35分11秒 | テレビ番組

さっき、見るともなく、ネットの「バンドメンバー募集」を眺めていたら、結構凄い書き込みがあった。日付は今月初頭。

ドラマー募集

当方、G&Vo(♂高3)、G(♂高1)、Bs(♀高3)の3人です。ライブ活動したいので、ドラマー募集してます。

けど、Bsが妊娠・出産、自分も9月に受験なので、活動開始は10月からになりそうです。それでもよければ、連絡待ってます。

おいおい、いつ出産するのか知らないけど、ちょっと10月から活動開始は早くないかい? 最低でも、出産後3ヶ月は休ませないと。つーか、それ以上に、生まれたばかりの子供抱えてバンドは無理でしょう。やる気があるのは、いい事だけど^^;

さて気を取り直して(爆)、今回のテーマは「顔」、そういえば、昔こんな曲があったなぁ。

顔/コンセント・ピックス

今聴いても凄い歌詞だ(笑)

先日、テレビのクイズ番組を見ていたら、有名人の顔写真を見て、制限時間内にフルネームを答える、というのがあった。で、いきなり写真見せられても、すぐには名前なんて出てこないもので、正解率も決して高くなかった。回答者の面々も、写真見ても知らない人、というのではなく、咄嗟に名前が出てこないだけ。中には、「はいはい、この人ね。女優さんよね。○○に出てたわね。××出身なのよね。」と、名前は答えられないものの、写真の人に関して説明してる人もいた。答えられないと失礼とか、時間制限とか、のプレッシャーのせいで、名前が出てこないわけで、これは老化とか物忘れとかではなく、訓練すれば答えられるようになるだろう。

僕も、すぐに名前の出ない人が多かった。特に女性の場合、写真を見て○○だ、と一瞬ひらめくのだが、次の瞬間、いや似てるけど違う人かも、なんて思ってしまい、結局答えられない、というケースが多かった。なんというか、何枚かの顔写真を見せられると、同じ顔に見えてくる、というのも感じたな。

10年ほど前だと思うけど、『ウンナンの炎のチャレンジャー』という番組があって、欠かさず見てた人も多いだろうけど、毎回視聴者が色々な事に挑戦し、クリアしたら賞金100万円が貰える、という内容だった。ミッションは様々だったけど、ある時「名前当てクイズ」というのを見た事がある。

だいたい想像できると思うが、有名人または歴史上の人物100人の顔写真を見て、フルネームを答える、というものだ。で、100人全て正解したら100万円というわけ。回答者は、最初100人くらいいたが、徐々に脱落していき、最後に一人残った。その人は99問まで正解しており、あと一人正解すれば100万円をゲット出来た訳だが、その100問目で不正解となり、100万円獲得は成らなかった。ちなみに、今でも強烈に覚えているが、その100問目の答えは“市川雷蔵”、僕も写真見ても全く分からなかった^^;

ま、かように、前述したけど、顔写真見て名前を正確に答える、というのは難しいものなのだ。特に、個人的知り合いではなく、有名人を答える場合は。これは決して、老化とか記憶力低下とかではないので、気にする必要はない、と僕は思っている。以下、その根拠を述べる。

人間の顔って、実にたくさんのバリエーションがあり、実際、全く同じ顔というのはあまり存在しない。双子だって、よく見ると違いがある(すぐ発見出来るかどうかは別として)。しかし、同じ物はほとんど存在しないとはいえ、人間の顔というのも、いくつかの系統に分ける事が出来る。つまり、似たような顔ってヤツだ。そして、フツーの人は、初対面の時、まず相手の顔を“系統”で覚えるのではないか、と思うのである。

身近な人に対しては、しょっちゅう顔を合わせているうちに、顔の細かい造作も記憶されて、“系統”ではなく“顔”として、きちんと記憶されるようになる。たまにしか会わない、或いは何年も顔を見てない、という相手に対しては、“顔”の記憶が薄れ、“系統”だけが頭に残っている、という状態になる。そういう場合、特に有名人だと、誰かの顔を見て、「あ、この顔はこの系統だ」と頭が働き、その系統の顔で自分が会ったことある人全ての記憶が甦ってきて、どれが誰だか分からなくなる。その為、一瞬顔見ても名前が出てこない、という状況に陥るのだ。

また、ティーンエイジャーならともかく、ある程度の長きに渡って生きてきて、色々な人に会ったりしてると、初対面でも「どこかで会ったことある顔」とか「誰かに似ている顔」とかいう感覚があり、「こういう顔の人は初めて」と感じることは滅多にない。いわば、顔より先に系統が記憶されてしまうのだ。なので、顔そのものが脳に正確にインプットされるのに、少々時間がかかったりもする。初対面から、あまり間をおかずに2回目・3回目の対面があれば、正確に顔は記憶できる。でも、それがなければ、系統だけの記憶となり、時間が経つにつれ、過去に会った人たちと混同してしまって、顔と名前がすぐに一致しない、という事になる訳だ。これは、たくさんの系統を記憶している故であり、つまりメモリーの量が多い為に、新しい記憶をインプットする妨げになっているのだ。

という訳で、いきなり顔写真を見せられても、咄嗟に名前が出てこない、というのは、顔ではなく系統で記憶されている場合は、仕方ないことなのである。特に有名人、中でも女優やアイドルになると、美形が多いからどうしても系統が似通ってくる。熱心なファンになれば、顔として記憶してるから、そういう事はないと思うけど。それと、写真は固定してるからね。身近な人であれば、造作だけでなく表情なども合わせて顔としてインプットしてるし、実物を見てることも多いから、すぐに思い出せる。が、写真は表情が動かないから、記憶を刺激する効果は薄い。それに、前述のクイズ番組では、毎日テレビで顔を見る一線級の有名人ではなく、やや露出の少ない人ばかりを出題していたから、一瞬迷いが生じるのは当然なのである。

という訳で、顔写真を見ても咄嗟に名前が出ない、これは“顔”として記憶してるか“系統”として記憶してるか、によって左右されるものであって、決して記憶力の低下によるものではないのである。心配することはありませんよ、ご同輩(笑)

と、こういう屁理屈をこねて、これは老化ではない、だからまだ安心だ、と自分に言い聞かせている今日この頃なのである(爆)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加