日々の覚書

MFCオーナーのブログ

小市民のバラッド

2008年10月30日 22時15分13秒 | 与太話

200810302127000

そういえば、今日プロ野球ドラフト会議があったとか。まだ日本シリーズも開幕してないというのに。いつから、こんな早い時期に行われるようになったのだ? ドラフトといえば、11月末と相場が決まっていたはずだが。

という訳で、靴を買ったのである。いわゆる革靴だ。僕の場合、革靴はスーツの時に履く物であって、スーツを着る時は大抵仕事なので、要するに革靴もスーツ同様作業着みたいなもんである。なので、そんなに金をかける訳にいかない。写真の革靴、某ダイエーで3990円である。

あ、これより安い靴をご存知の方、是非ご一報下さい(笑)

僕は、革靴を買う時、そんなに注文はつけない。サイズは25.5のEEE、色は黒、紐靴不可、そして5000円以下、これだけだ。我が社は、スーツ・靴・ネクタイは必要経費と認めず、金を出してくれないので、自分で買わねばならない。それに、僕は靴は消耗品と思っているので、金をかけるのは勿体ない。故に、安い靴ばかり履いている。あんまり、足元見ないで下さいね(笑)

そう、僕だって小市民なのだ。当然、金はない。僕のことを金持ってると勘違いする人がたまにいて、そうなると、「あら、あたしオーナーとデートした時、食事代からホテル代まで、全部払って貰ったわよ」などと爆弾発言をする女性が出てきそうだが(ないない)、そういう時があったとしても、単に見えを張ってるだけなのだ。王将のビールと餃子で満ち足りた気分になってる、ただの小市民なのである。

最近、麻生首相が連夜ホテルのバーで会合している事に対して、メディアは批判的だ。麻生首相自身は、「ホテルのバーなんて安いもんだ」と言ってるそうだが、確かにそう思う。僕は、麻生首相を特に支持している訳ではないが、この件については、批判する気はない。別にいいんじゃないの。仮にも一国の首相なんだし。首相をはじめとする政府の要人たちが、村さ来や鳥貴族あたりで会合なんてしてたら、却ってヘンでしょうが。ホテルのバーなんて、可愛いものではないか、と思うけど。僕には縁がないが(笑)

だいたい、新聞記者どもは、こういうどうでもいい事を取り上げて、麻生首相には庶民感覚が欠如している、と批判するが、その新聞記者どもが既に庶民ではない。ご存知と思うが、新聞社ってやたら高給なのである。30歳で年収1000万は当たり前だ。そんな庶民がいるものか。ここ数年、朝日、毎日といった大手新聞も、経営悪化に苦しんでいるようだが、なんのことはない、社員の給料が高過ぎるのだ。全社員の給料を半分にすれば、経営は持ち直すに違いない。半分になったとしても、きっと僕よりは多いだろう(爆)

という訳で、自分の事は棚に上げて、欺瞞と思い上がりに溢れた記事ばかり書いてる新聞記者どもに、庶民的でない、などと批判される麻生首相には、同情申し上げる。ほんと、「お前らには言われたくない」って心境だろうな。麻生首相が小市民ではないのは、間違いないんだけどね(笑)

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

10/25 久々クイーン・セッション@BBA

2008年10月27日 21時30分56秒 | あれこれレポート

200810252043000

クライマックス・シリーズ第四戦で、中日が巨人に敗れ、3年連続の日本シリーズ出場が潰えた10月25日の夜、久しぶりにお馴染みBBAでセッションが行なわれたので参加してきた。セッションも久々なら、お題も久々のクイーンである。BBAでのクイーン・セッションは、実に一年ぶり。

しかし、そんな久々のクイーン・セッション@BBAであるにもかかわらず、間が悪かったのか、参加者はいつもより少なかったけど、それはそれで和気藹々と楽しいセッションであった。参加者も曲も多いセッションもいいけど、分刻みで進行させねばならないので、また大変なのだ。ちょっとでもトラブルがあると、その分進行が遅れてイライラしたりするし。今回は、そんなストレスを感じる事もなく、実にまったりと、出だし失敗してもやり直したりなんかして、なかなかにいい雰囲気だった。

では、恒例のセットリスト。

Tie Your Mother Down
I Was Born To Love You
I Want To Break Free
Hammer To Fall

A Kind Of Magic
Under Pressure
Orge Battle
Now I'm Here

Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are The Champions

アフターセッション
Can't Get Enough(Bad Company)
Fire And Water(Free)
Wishing Well(Free)

アフターセッションのラスト2曲はフリーの曲だけど、クイーン+ポール・ロジャースのバージョンでやったのは、言うまでもない(笑)

今回、FOREFINGERのボーカル・まさやんが初めてクイーンを歌ったのだが(↑写真)、結構クイーンを気に入ってしまったらしい(笑) 非常に喜ばしいことである。が、これを機に、FOREFINGERがクイーンのコピバンに生まれ変わる、という話はない(爆)

さて、セッション終了後のアフターセッションの続きで、先日ここでも予告したスリーピースバンドのお披露目をさせて貰ったのである。

20081025bba

写真はやっさんとこから、勝手に貰ってきた(爆)

今回演奏したのは、

Finger(Pink Cloud)
Drive Me Nuts(Pink Cloud)
Superstition(Beck, Bogart & Appice)

この3曲。つーか、まだ3曲しかレパートリーがないので、デビューライブ(?)で既に全曲放出してしまったことになる(笑)。ピンク・クラウドの曲は、知らない人が多かったみたい。「オリジナル?」なんて声も飛んでいたから、どうせ誰も知らないのなら「そうです」と言っておけばよかったかな(おいおい)。「迷信」に関しては、BBAのファンだという(店の名もそこに由来するそうな)、BBAマスターも喜んでくれた。実は、BBAは他にも仕込む予定なので、是非楽しみにしていて下さい(笑)

まぁ、さすがに、始める前はやや緊張した(笑) 初お目見えだから、というのもあるだろうが、やはり今回の3曲共、僕がボーカルを担当した、という事からきたのだろう。歌詞も完全には覚えてないし^^; ドラムやりながらのコーラス参加は、FOREFINGERでもやってるけど、一曲丸々、それが3曲、なんてさすがに初体験。BBAセッションで、何回かドラム&ボーカルを担当した経験が、ここで生きたか(ないない)。ただ、一応断っておくが、決して僕はこのバンドのリード・ボーカルではないので、念の為(笑)

ま、自分で言うのも何だが、演奏自体は手ごたえを感じたので、この先やっていけるかな、という気になった(笑)。今回のような、ロックトリオはこれっきゃない、という曲ばかりではなく、ジャンルに捉われずあれこれやっていきますので、是非よろしくお願いします。前座のオファー、お待ちしてます(爆)

という訳で、和気藹々としたセッションも楽しく、新バンドお披露目も上々で、個人的には大変充実した一夜だった(笑) 我が儘を聞いて貰って、ほんと申し訳ないです^^; プロデューサー役の野望青年くん、セッションにお集まり頂いた皆さん、そしてBBAマスター、ありがとうございました。また盛り上りましょう。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

あかいくつ

2008年10月25日 00時34分48秒 | モバイル投稿

あかいくつ

「赤い靴」と聞いて連想するのは、野口雨情かケイト・ブッシュか。ちなみに、JR横浜駅西口に「レッド・シューズ」というキャバクラがあります(だから?)

てな訳で、「赤い靴」といえばやっぱり横浜、という事で、こんなお菓子が出ている。靴に見立てたパッケージが可愛いが、中味はごくフツーのチョコレート。しかも、小さい。これでも一個400円くらいする、というから驚きだ。ほとんどが包装費だろうな(笑)

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、憧れのスリーピース

2008年10月24日 00時19分09秒 | 音楽ネタ

もうかれこれ30年以上も音楽活動をしているが、Vo、G、Key、Bs、Dsがそれぞれ一人づつの5人編成というのが、僕にとっての理想のバンド形態である。大概のジャンルは、この形態でカバーできるし、アレンジもしやすい。おそらく、ミキシングもやりやすい編成なのではなかろうか。FOREFINGERは、ズバリこの編成だ。

反面、5人編成が理想とはいえ、G、Bs、Dsの3人編成、いわゆるスリーピースというヤツにも、昔から憧れていた。5人編成のバンドは役割分担がはっきりしていて、各自が自分のパートをきちんとこなすのが大事だが、3人編成だと、一人一人の負担が増えるような気がする。楽器が少ないから、必然的に音も薄くなるので、互いにカバーしなければならない。ここはソロ、ここはバッキング、という明確な役割はない。常に音を出していなければならない。また、歌物をやるなら、誰が歌うにせよ、楽器を弾きながら歌うことになるので、やっぱり負担が増える。音の薄さをカバーする、或いは弾きながら歌う、というのをクリアする為に、アレンジも工夫が必要だ。単に自分のパートをちゃんとやってればいい、という訳にはいかない。けど、3人共主役でもある。

そういう訳で、スリーピースのバンドというのは、多少の例外はあれど、メンバー3人の技量やセンスがかなりモノを言う。しかし、また、そこに魅かれてしまうのも確か。実際の所、昔からスリーピースバンドをやりたい、とずっと思い続けていたが、実現はしなかった。いや、実はスリーピースのパンクバンドで活動していた事はある。ただ、そのバンドの音楽性を考えた場合、僕が理想とするスリーピースとは違っていた。

と、スリーピースに憧れ続けてン十年、この度ついに念願のスリーピースバンド結成にこぎつけたのである。お披露目もさせて貰えることになった。念願のスリーピースバンドを、この先続けていけるのかどうか、全てこの初お目見えの出来にかかっている(笑) 言い換えれば、それだけ気合が入っているのだ(笑)

という訳で、スリーピースだ。メンバーは、極秘で進めたにもかかわらず、結構あちこちに知られていたようだが(爆)、某ギタリスト某ベーシストそして僕である(爆)。“ノー・ギャグ、ノー・ジャンル、ノー・シンセサイザー”を旗印に、出来るだけ精力的に活動していきたいと思ってるので、是非対バンいや前座をお探しの際は、いつでも声をかけて下さい。

ちなみに、お披露目させて頂くのは、来る25日の土曜日、場所はお馴染み京都北山のBBAである。実は、この日は久々にQセッションが行なわれるのだが、割と時間に余裕があるので、無理矢理アフターセッションに入れて貰ったのである(笑)。しかも、図々しく3曲もやっちゃったりして^^;

えっ? バンド名ですか? 当日発表します(爆)

つー訳で、今度の土曜日は是非BBAにお越し下さい。もちろん、クイーンのセッションがメインで、僕も何曲か参加するし、飛び入りも大歓迎です。和気藹々と楽しくやりましょう。

皆様のお越しをお待ちしてます m(_ _)m

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

CSなんてやめちまえ

2008年10月23日 00時06分38秒 | スポーツ

プロ野球もポストシーズンに入り、パ・リーグのクライマックス・シリーズ(以下CS)第二ステージは、西武が日本ハムを降して、日本シリーズの出場権を得た。セ・リーグはというと、第一ステージで阪神を降した中日が、今日から第二ステージで巨人と対戦、初戦を4-3でものにした。明日以降、どんな展開になるのか、実に楽しみである。

ま、パ・リーグはともかく、セ・リーグのCSに関しては、中日が阪神を破った時点で非難轟々、10ゲームも離されたチームが日本シリーズの可能性があるのはおかしい、中日はCS出場を辞退すべきだ、こんな制度は即刻廃止するべき、などと、僕の周囲でもネット上でも、あれこれ意見が飛び交っている。そりゃそうだ。中日ファンの僕だって、中日が日本シリーズ出れたら、やっぱりヘンだと思うもんね(笑)

しかし、こういうCS批判をしてる連中の大半は、巨人ファン或いは阪神ファンであり、要するに、昨年に続き、今年も中日に負けた或いは負けるかも、という悔しさまたは危機感から、こういう事を言ってるのであって、全く逆の立場であれば、批判などするまい。まぁ、そこいらの心理は理解出来ないこともないが(笑)、CS批判をする連中の中には、これは元々パ・リーグで始まった制度であり、去年からセ・リーグにも導入されたのだ、という事すら知らないのがいるのには、ほとほと呆れてしまう。巨人ファンは、リーグ優勝したチームが日本シリーズに出れないのは間違っている、とほざくが、ダイエー(ソフトバンク)は2年続けてリーグ一位になりながら涙を呑んでいるのである。巨人なんて、リーグ優勝チームとして記録に残るのだから、ダイエー(ソフトバンク)に比べれば、まだマシというもの。結局、巨人ファン(一部の阪神ファンも)、パ・リーグなんぞ、鼻すら引っかけていないのだ。それでよくプロ野球が好きです、なんて言えたもんだ。

知ってる人なら知ってるが、僕はパ・リーグでのCS導入時から、この制度には反対してる。何度も、HPやブログにも書いてる。自慢するつもりはないが、去年初めてCSの存在を知った巨人ファンや阪神ファンに、中日ばかりが得をするCSなんていらない、なんて事は言われたくない。言うなら、やる前に言え。もしくは、中日に勝ってから言え。負けてから言うんじゃない。中日が阪神を破り、第二ステージ進出を決めた夜、「中日、空気読めよ」というネットの書き込みを見た時は、マジ頭にきた。

僕は中日ファンだが、今年は2位と10ゲーム差の3位に終わったというのもあり、日本シリーズなんてとんでもない話だ、と思っているし、去年はともかく、今年は巨人には勝てないだろう、とも思っている。けど、あまりにも身勝手なネットの書き込みを見ていて、気が変わった。中日には、何としても巨人に勝って、日本シリーズに出場して貰いたい。そして、CSなどという馬鹿げた制度を、今シーズン限りで廃止する方向に持っていって欲しい。

という訳だ。中日頑張ってくれ(笑)

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加