日々の覚書

MFCオーナーのブログ

「居住者殿」続き

2005年07月31日 23時57分01秒 | 与太話
さて、昨日の続きである。

今日夕方6時頃、バンドの練習の為外出しようとしたら、マンションの入口におっさんが一人立っていて、「ここの住人の方ですか?」と聞くので「そうです」と答えると、「大阪地方裁判所の者です。お話したい事があるのですが、少しいいですか?」と言うので、ほんとに少しだけ話を聞く事にした。といっても、昨日郵便受けに入っていた封書の事であるのは、聞く前から分かっている。こちらとしては、あんたの事なんか信用してねぇよ、という固い表情を保ったままだ(笑)

案の定聞くまでもなく、封書に入っていた書類の内容と同じだった。ただ、もうちょっと分かりやすかったけど。このマンションが競売にかけられる事になったのだが、現在居住している人の権利は守られねばならない、その為に裁判所が間に入る事にしたのだ、とのこと。なので、マンション住民に関する調査に強力して欲しい、この調査結果と契約書と部屋の中の写真をセットにして提出すれば、間違いなくあなたがここに正当に居住しているという証拠となり、あなたを守る事になるのです、とおっさんは熱弁を振るった。見た所、フツーのおっさんで、悪い事をしそうには見えない。ただ、裁判所の人という感じでもなかった。

おっさんの話が終わると、僕は、このマンションは会社が契約しているので、書類は全て会社の総務に処理して貰うつもりである、なので今後は総務と話して欲しい、と言った。そしたら、おっさんはそれで結構です、と言う。ただ、部屋の写真を撮りたいので、その時は立ち会って欲しいと言われてしまった。急いでいるので一週間以内に撮りたいそうだ。面倒くさいなぁ。

それから、おっさんに住んでいる部屋番号を聞かれた。答えると、一覧表みたいのに書き込んでいる。覗いてみると、住人の名前がたくさん書いてあった。マンションの入口にずっと張り込んで聞き取り調査をしたらしい。今週は毎日来ます、と言ってた。で、僕の名前を聞かれたので仕方なく答えたら、おっさん名刺をくれた。「大阪裁判所執行官 ××」としっかり書いてある。住所・電話番号は昨日の書類に書いてあったのと同じ。タウンページで調べたのと、電話番号が違うのが、相変わらず気になるけど。ま、この名刺と書類を総務へ送って、あとは始末して貰う事としよう。

詐欺ではないか、と疑ってはいるけど、それにしては顔をさらしたりしてリスクが高いような気もする。マンション住民に関する資料がない、というのも解せんなぁ。

さて、今後どういう展開を見せるのか? 目が離せない。

続く(爆)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「居住者殿」

2005年07月30日 23時49分19秒 | 与太話
今日の夕方、ちょっと近所へ外出し、戻ってきてから郵便受けを覗いたら茶色の封書が入っていた。表書には「居住者殿」とあるだけのその封書、差し出し人はなんと!大阪地方裁判所執行官室、となっている。一瞬ビビッてしまい、部屋に戻ってそそくさと開封してみた。

中にはA4サイズの書類が3枚と返信用封筒が一枚。書類にはそれぞれ「通知書」「照会書」「借家契約等に関する回答書」と書かれてある。まずは「通知書」を読んでみて驚いた。管理人として執行官2人の名前と携帯番号が書かれ、続けて“あなたが使用している建物について、民事執行法に基づき、担保不動産収益執行の開始決定がなされました”とある。今いち意味不明。さらに読み進んでいくと、どうやら今までの建物管理会社に代わって、裁判所の執行官が家賃の取り立てをします、という事らしい。どういうこっちゃ。で、次の「照会書」を見ると、さらに驚くべき事が書かれている。“現在、貴殿が使用されている建物につきましては、大阪地方裁判所平成17年(ケ)第1371号不動産競売事件により、差押られ、競売手続が進行中です”いったい何なんだ?競売?ちょっと前にマンションの管理会社が変わったのは知ってたけど、競売云々なんて聞いてないぞ。第一、管理会社が変わったのだって、名前が変わっただけで結局以前と同じ会社が管理してるのだ。それを、なに、競売だって??? で3枚目の「借家契約等に関する回答書」に該当事項を記入して契約書の移しを同封して返送しろ、と書いてある。質問は「いつから住んでいるのか」「家賃はいくらで、誰に払っているか」といったところ。ほんと、唐突で訳分からん。

このマンションの部屋自体は社宅扱いで、会社が賃貸契約をしているので、月曜日に総務に連絡して後は任せるつもりだが、ほんとに人騒がせだ。でも、何度も読んでいるうちに、もしかして法律に無知な一般庶民を引っかけようとしてる、つまりたちの悪いいたずら或いは詐欺なんじゃないか、なんて気がしてきた。だいたい、封書に「居住者殿」なんて書いてあって、郵送されてきた形跡がないのが、なんとなくおかしい。一軒一軒訪ねて説明が必要なのかもしれないが、今日の日中ずっと部屋にいたのに、誰も訪ねてこなかった。こんな重要な書類を郵便受けに入れて、連絡下さいというのはヘンではないか。宛名が「居住者殿」というのもおかしい。どの部屋に誰が住んでいるか、管理会社のリストを見れば分かるだろう。きちんと印刷され、執行官の名前と印鑑まで押された一見正式な書類なので(封筒だって、裁判所の住所も印刷された立派なヤツだ)、すぐに信じ込んでしまいそうだけど、よく考えてみるとやっぱりヘンだ。執行官の携帯番号まで書いてあるのも却ってあやしい。ともかく、自分から連絡するのは止めて、全て総務に上手く始末して貰おう。

本当に正式な裁判所からの連絡なのかもしれないけどね。ま、僕の場合、こういうのには無知なので、ヘンだと思ったら詐欺かいたずらと疑う事にしている。振り込め詐欺なんてのもあるし。今回の書類にはすぐ金を払え、とは書いてないけど、じゃ来月から家賃はこちらへ振り込んで下さい、なんて言って金をだまし取られる可能性だってある。まず疑ってかかるのがベターなんである。

しかし、話には聞いてたけど、ほんと最近は手が込んでるねぇ(まだ詐欺と決まった訳ではないが)。気をつけなければ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

洋楽が流れる立ち呑みにて

2005年07月28日 20時36分42秒 | モバイル投稿
今、よく来る梅田の立ち呑みにいるのだが、ここはいつも何故か洋楽が流れるのである。

ちなみに今日のBGMはというと、

悪夢/スティービー・ワンダー
恋のバン・シャガラン/シルバー
ジョンとヨーコのバラード/ビートルズ
悲しき慕情/カーペンターズ
リッスン・トゥー・ザ・ミュージック/ドゥービー・ブラザーズ etc.

ビールが進むことこの上ないのである(笑)

ここは立ち呑みとはいえ、女性も入りやすいので、是非一度お試し下さい(笑)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日帰り出張の帰り道にて

2005年07月25日 20時25分04秒 | モバイル投稿
仕事でよく香川県の丸亀に行くのだが、途中瀬戸大橋を渡りきった所に「学校法人大麻学園四国リハビリテーション学院」というのがある。なんというか、凄い名前だ。

名前から察するに、大麻中毒の人のリハビリをする所なんだろうけど、アル中の人がリハビリをする所を「アルコール学園」とは呼ばないだろう。なぜ「大麻学園」? 出入りする人は皆下を向いているのでは、なんて勘繰ってしまう。

てな事をふと思った。それだけ。すいませんね、オチなくて。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

不条理

2005年07月22日 22時48分43秒 | 与太話
いや実に暑い一日だった。こんな日はビールにかぎる。

ビールといえば、やっぱり餃子なのである。個人的には、餃子・ピザ・お好み焼き、が“3大ビールの友”だと思っている。てな訳で、仕事帰りに梅田の王将へ寄ったのであるが、なんと店舗改装中で休みだった。貼り紙を見ると、7月11日から40日間休業すると書いてある。あれ、そんな前から休んでたっけ? 関西へ来てからこのかた、週に一度は王将へ行く生活を送っているはずだが。ということは、先週行ったのは京橋? ま、さすがにそれから京橋まで行く元気はなかった。

「改装中につき休業」という貼り紙または看板を見かけるたびに思うのだが、この休業期間中、従業員はどうしているのだろう。やはり休んでいて、新装開店と共に業務に戻るのか。その間給料はどうなるのか。それとも、休業と同時に全員解雇して、新しい店員を雇って再出発するのか。ま、どうでもいいことだが。

その帰りに家の近所の24時間営業のスーパーに寄る。どうも模様替えをしたらしい。いつもの場所にいつもの商品が置いてないので、非常に混乱する。はっきり言って模様替えって嫌いなのだ。自分の部屋だって、自分の意志で模様替えをした事はない。家具やその他諸々の位置が変わるのがイヤなのだ。だいたい、そういう小手先の変化で気分を一新しようという魂胆がセコくていかん。ちょっとした模様替えなんてするくらいなら引っ越しなさい。と、それはともかく、そのスーパーで食パンを探すのに四苦八苦。やっと探し当てたら、なんと8枚切りの食パンが並んでいたので驚いた。関西で8枚切りを見るのは初めてだ。関東では絶対見かけない5枚切りは、イヤというほど見たが。でも、せっかくの8枚切りだけど、いつもの通り6枚切りを買った。食パンはやはり偶数であるべきだ。5枚切りだと、一度に2枚づつ食べると1枚余ってしまう。6枚切りならちょうど3食分だ。うむ、合理的。ちなみに僕は厚切りトーストは好きでない。せいぜい6枚切りまでだな、許せるのは。

それにしても、24時間営業のスーパーで模様替え...いつやったんだろう。顰蹙だったろうな。その時たまたま居合わせた客は、店内はぐちゃぐちゃだわ、商品はどこにあるか分からないわ、店員は棚を動かすのに忙しくて相手をしてくれないわ、で散々な目に遭ったであろう。二度と来るまい、と思った人もいるかも。でも、どさくさに紛れてレジをパスして買い物が出来たかもしれない。その場合はラッキーだな。

ここまで読み返してみたら、言ってる事が無茶苦茶だ。きっと太陽が黄色かったせいに違いない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加