日々の覚書

MFCオーナーのブログ

April Fools 10th Anniversary Session Live

2015年06月23日 00時07分04秒 | あれこれレポート
以前、名古屋のあんスパについて書いた際、あんスパのチェーン店である「パスタ・デ・ココ」は、愛知県と岐阜県にしか店舗がない、と書いたが、その後、東京にも店舗があると指摘された。えっ!と思い確認してみたら、確かに虎ノ門に店舗があった。先入観にとらわれて、よく調べもせずに間違った事を書いてしまって、大変申し訳ない。という訳で、お詫びの意味も込めて(笑)、その虎ノ門の「パスタ・デ・ココ」に行ってきた。



今回は“ポークピカタ”にしてみた。食事時ではなかったので、サイズは小さめ(笑)

という訳で、東京でもあんスパが食べられる事が分かった。安心だ(は?)

と、それはおいといて(笑)

古い話で恐縮であるが、僕は2001年秋から2009年春まで大阪で暮らしていたのだが、その頃、エイプリル・フールズというセッション・バンドに参加していた。2006年から2009年の春まで、3年ちょっとの在籍期間ではあったが、その間10回以上はライブやってた。結構出席率高かったのである(笑) 大阪を離れてからは、もちろん一回も参加していないが、エイプリル・フールズはずっと続いており、そして、ついに今年10周年を迎えてしまった。時の経つのは本当に早いものだ。10年ですよ10年。10年あれば、プロ野球選手ならFAの権利を手に出来るのだ。簡単に10年と言うなかれ。10歳の小学生が20歳になってしまうのである。10年って、実は重いのだ(言ってる事意味不明)

と、そんな訳で10周年を迎えたエイプリル・フールズなのだが、それを記念して同窓会的なライブを行う事になった。僕の所にも、創設メンバーの一人であるセンベーさんから、参加の打診があり、久々に参加させて貰う事にしたのだが、なんたる偶然か、センベーさんから連絡を貰った日の約一ヶ月前にも、前回ブログネタにした、大学の同級生たちとのバンドの“再結成”の打診があり、続く時は続くものだなぁ、これこそ“縁”なのかもしれない、と勝手に霊的なものを感じてたりして(笑)、イエスとエイジアで交互にツアーをしたスティーブ・ハウみたいな心境になっていたのである(とことん意味不明)。

という訳で、去る2015年6月20日、お馴染みアメリカ村のセラーで行われた、エイプリル・フールズ10周年記念ライブに、参加してきたのである。

ま、しかし、エイプリル・フールズも懐かしいが、セラーも懐かしい。大阪を離れて以来だから、6年ぶりか。あの頃、なんだかんだで月に2~3回はセラーに通ってた気がする。内装というか、入口の部分が以前と変わってたけど、店内の雰囲気は昔のまま。マスターも変わってない。僕の事は覚えてないだろうから、特に挨拶もしなかったけど。生ビール一杯500円というのも昔のまま。これには感激(笑)

てな訳で、エイプリル・フールズ10周年記念ライブ、セットリストはというと、

China Grove
Brown Sugar
New York State Of Mind
Jazzman
酒と泪と男と女
案山子
Separate Ways
Anyway You Want It
Don't Stop Me Now
残酷な天使のテーゼ
Crying In The Rain
Fool For Your Loving

銀座カンカン娘
サマータイム・ブルース
キモチE
タイムマシンにお願い
蝋人形の館
Highway Star
Take It Easy
Route 66
雨上がりの夜空に


順番違ってるかも。相変わらず、何でもあり(爆) 僕が参加したのは3曲。何でもやりますできます、なんて言ってたのは昔の話、今はすっかりハードロッカーになってしまったようだ(爆)

新旧含め、今回のライブに参加したのは約23人(違ってるかも^^;)。僕からすると、知ってる人と初めての人が半々くらい。知ってる人でも、フォリナー・セッションで毎年顔を合わせているセンベーさん、ルールーさん、kame-sunを除くと、ほとんど6年ぶりの懐かしい顔ばかり。皆さん、意外と僕の事を覚えてくれてたのが嬉しかったな。

いやいや、とにかく、楽しい夜を過ごさせて頂きました。僕の事を忘れずに声をかけて下さったセンベーさんに感謝します。そして、一緒に演奏して下さった皆さん、どうもありがとうございました。

という訳で、お約束の集合写真。



柳沢さんから頂きました。ありがとうございます。

10年後にまたやろう、なんて声もあったけど、それまで生きてるかどうか分からない、ってのも一理あるな(爆) ま、楽しみにしてます。それまで皆さん元気でね(笑)

と、まあ、せっかく大阪行ったんで美味い物食べなくては、ってんで行ってきました。



うむ、やっぱり大阪はいいな(笑)



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

再結成

2015年06月06日 13時27分27秒 | あれこれレポート
今年も梅雨の季節がやってきた。今、このブログを書いてる時点で、九州・中国・四国・近畿は既に梅雨入りしており、東海・関東もそろそろ梅雨入りしそうな雰囲気。しばらく鬱陶しい日々が続く訳だ。で、明けたら明けたで今年も猛暑だろうし、ほんと、皆さん身体には注意して下さいね。もう若くないんですから(笑)

それはそうと、最近日本年金機構から加入者の個人情報が125万件も流出した、という事件があって、出所不明のメールに記載されていたURLに職員がアクセスし、そこにあったファイルを開封してしまったことでウィルスに感染した、というのが原因らしいが、正直呆れてしまった。訳分からんメールは開けるな、というのは鉄則である。小学生でも知ってると思ってた。ま、うちの会社でも、稀に怪しげな添付ファイル付きのメールが海外から送られてくる事があるが、受信してしまっても差出人を見ればヘンだ、と気づくので、開封する事はないし、添付ファイル無しのメールを開封してしまったとしても、そこに書かれているURLにアクセスする、なんて事はまずない。年金機構職員のセキュリティ意識の甘さが指摘されているが、甘いとというより何も知らなかった、って感じ。民間の中小企業と違い、有象無象の輩から多彩なメールが届く環境であろうから、高いセキュリティ意識を持たないといけないのだが、反面、絶対に怪しいとは判断しきれないビミョーなメールも数多く受信されるだろうし、差出人はともかく、件名はちゃんとしているので開けてしまった、なんてケースもあったりするかもしれないし、防ぎきれない時もあるのだろうけど、それにしても、URLにアクセスしてファイルを開く、なんて怖い物知らずもいいとこ。これやらかしたの、若い職員なんだろうか? いや、若いのは意外とそういう知識はあるから、ITに弱い(疎い)オヤジ世代かな。それこそ、もうすぐ年金貰える年代だったりして。さっさと引退して年金生活に入りましょう(笑)

しかし、125万件も流出したとなると、僕の情報も流出してるのかもしれない。発表によると、流出した情報は、「基礎年金番号」「名前」「生年月日」「住所」らしい。貰える年金の額とか年収とかでなくてよかった(笑) 既に、どこからか年金絡みの電話がかかってきた人もいるそうで、年金機構は注意を呼びかけている。この件に関して、機構から加入者に電話をする事はないそうな。皆さん、気をつけましょうね。他人事じゃないですよ。もう若くないんですから(笑)

所で、全く話は変わるが(笑)、僕は大学時代、軽音楽サークルに所属してバンド活動に明け暮れていた。長く続いたバンドもあれば、ステージに立つ事なく終わったバンドもある。常時掛け持ちをしてて、学園祭とかが近づくと、練習が重なったりして、かなり忙しくしてた。ある年の学園祭では、当時掛け持ちしてた4バンドの出番が連続して、4つ分でトータル2時間くらいぶっ続けで演奏した事もある。ま、今思えばバンド一色の大学生活だったかも。勉強してたのだろうか(爆)

当時活動していた中に、ストーンズやクラプトン等のコピー中心のバンドがあった。前にも書いたかもしれない。バンド名は「Bad Times」。大学時代のバンドの中では、最も続いたバンドなのだが、ひょんなことから、当時のメンバーでステージに立つ事になった。言うならば“再結成”だ(笑) いえ、金銭は絡んでいません(爆)

再結成の場所は名古屋つーか刈谷。事の発端は、名古屋に住むギタリストが再結成を思い立ち、三重県にいるベーシスト、山梨県在住のボーカル、そして神奈川県の僕に打診してきたこと。連絡があってから本番までほぼ半年あったので、仕込みの時間も十分、ということもあり、もちろん久々の再会が楽しみ、というのもあって、3人とも快諾した次第。ちなみに、このギタリストは同じサークルだったけど、「Bad Times」のメンバーではなかった。ややこしいけど、気にしないで下さい(笑)

という訳で、“再結成”の本番を迎える事になり、本番前日に名古屋入りし、夕方全員揃ってリハーサルを2時間ほど行った後、飲み会。これはお約束(笑) 実は演奏よりこっちが目的だったかも(爆)そして、翌日、ある者は二日酔いで痛む頭を抱えながら本番に臨んだのであった。
「Bad Times」実に30年振りの“再結成”である。



“再結成”のステージで演奏したのは、

All Right Now
Little Wing

の2曲。どちらも、当時のレパートリーである。

「All Right Now」はご存知フリーの曲で、有名なスタジオ・バージョンではなく、『Free Live!』のバージョンで演奏した。これも当時と同じ。この曲、絶対ライブの方がカッコいいです。



「Little Wing」は、ジミヘンの曲だけど、我々がコピーしたのはデレク&ザ・ドミノスのバージョン。これも当時と同じ。原曲よりドラマチックなアレンジで、バンドでやるならこっちの方がいいかも。



なんか、ドラムセットに埋もれてる、って感じ(笑) このソナーのセット、とても良かったです。

とまぁ、そんな訳で、30年振りの“再結成”は、いちお無事に終わったのであった。古き良き時代を懐かしみつつ、当時の気心の知れた仲間たちと久々に再会し飲み演奏した週末、やはり楽しかった。またやりたいねぇ、なんて話になったけど、もしかすると、たまにやるからいいのかも(笑) それにしても、昔の仲間って、久々に会っても久々って感じがしないのは何故だろう?

うん、やっぱりバンドっていいなぁ(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加