日々の覚書

MFCオーナーのブログ

よく分からん

2015年04月04日 23時16分31秒 | 与太話
今さらではあるが、アンディ・フレイザーと桂米朝師匠の訃報を、同日に聞いたのは衝撃だった。正に、「なんて日だっ!」感じ。特にアンディ・フレイザーの訃報には驚いた。去年だか一昨年だかに来日した時は、元気そうだったのに。謹んでご冥福をお祈り致します。

唐突だが、一億総グルメ状態の昨今、誰しもお薦めの店のひとつやふたつはあるだろうと思うが、店によっては裏メニューなんてのが存在してたりする。その名の通り、普通のメニューには載ってない、常連や上得意だけに提供するメニューで、もちろん一見の客が食す事は出来ないどころか、その存在すら知らないはずなのだが、近頃テレビ等で巷の名店・人気店を紹介する時に、「こちらの店には、実は裏メニューがあるんです」なんて紹介してたりするのをよく見かける。テレビで紹介してしまったら裏メニューでも何でもないだろう、とこっちは思うのだが、店の人も暴露されて迷惑かと思いきや、「そうなんですよぉ」なんて嬉々として料理の説明なんかしてたりする。くどいようだが、それでは裏メニューでも何でもない。

僕もふと入った店で、「今日の裏メニュー」なんてボードに書いてあるのを見た事があるし、店の人に「良かったら裏メニューもどうぞ」なんて言われたこともある。なんか違うだろ。日替わりのメニューを「本日のお薦め」とボードに書いたりするのはよくあるが、それは決して裏メニューではない。一見の客がいきなり「裏メニュー下さい」とオーダーするのもおかしい。何故、店側は裏メニューを公にするのか。裏メニュー目当ての客がわんさか押し寄せるのもヘンだと思う。

よく分からん。

続けてグルメ関連のネタなのだが、近頃“熟成”がブームらしくて、あちこちで耳にする。説明するまでもないが、牛肉やまぐろの切り身を数日間寝かせる(放置と言った方が正しいように思うけど。笑)、すなわち“熟成”させることで旨味が増し、さらにおいしくなるのだそうな。生肉をほったらかしておくと旨味が増す、というのは科学的にも立証されているとかいないとか。ま、とにかく、肉も魚も熟成させた方が美味い、ということらしい。知らなかった。肉も魚も鮮度が命ではないのか?確かに、昔から、「肉は腐りかけが一番美味い」なんて言うけど、それって“熟成”なの?

今や回転寿司でも“熟成まぐろ”なんてネタが回っている訳で、すっかりブームというか定着してるというか、寝かせておけば美味くなるのなら、スーパーで買ってきたお造りも、しばらく置いとくと、さらに美味しくなるって事になるけど、どうなのか。寝かすにもコツがあると思うが、テレビで見てる限り、特別な冷凍庫に入れるとかはしておらず、常温で保管してるように見える。鮮度を保つ工夫なんかなさそう。「じっくり10日間寝かせたまぐろですよ」と言われるより、「今朝上がってきたまぐろですよ」と聞いた方が有難味を感じるのは、今ではすっかりシーラカンスなのか?(意味不明)

よく分からん。

それと、近頃「昭和アンティーク」がブームらしい。皆さんご存知と思うが、昭和30年代とか40年代とかの道具や家電が、いま人気となっていて高値で取引されてるとか。いつの間にか見かけなくなったご飯の保温器とか、旧型のテレビとか、赤電話(もちろん通話は出来ない)とか、いろいろなメーカーの看板とかのぼりとか、そういったモノが結構な値段で売り買いされている訳だ。そういえば、わざと店の外観を古臭くして、ボンカレーやらオロナミンCやらの看板を貼り付けてるラーメン屋とかをよく見かけるなぁ。

そういった「昭和アンティーク」、廃屋となった民家にお宝が眠っている事が多いらしい。築50年以上にもなる一軒家で、老朽化が進んで住む事も出来ず、かといって取り壊すには金がかかるので手を出せなくて、結局、家財道具と共にほったらかしになってたりして、そんな家と一緒に眠っているがらくたが、下手すると宝の山な訳で、そんな廃屋同然の民家でお宝探しをするのも、ちょっとしたブームらしい。先日も、偶然見たテレビ番組で、廃屋でお宝を探せ、みたいな企画をやってて、最終的には洗濯機やらレコードプレイヤーやら、それなりのお宝をゲットしていた。参加者は大喜びだった。しかし、そんな「昭和アンティーク」一体どんな人が買うのか?

よく分からん。

余談だが、そんなお宝の中に「LPレコード・・15枚」というのがあって、番組では15枚全て紹介された訳ではないが、写真を見ると、見覚えのあるジャケットが2枚ある。一枚はビートルズの『マジカル・ミステリー・ツアー』、そしてもう一枚は...











クイーンの『シアー・ハート・アタック』だった(笑)

あまり値打ちはなさそう(爆)



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加