日々の覚書

MFCオーナーのブログ

Wednesday Night

2005年08月31日 22時16分23秒 | 与太話
8月最後の水曜日の夜。まだ蒸し暑い。

帰宅途中、マンションに近づくと僕の前を歩く中年男がいた。足取りからすると、どうも同じマンションの住人らしい。で、その男の後ろを歩きつつ入口に近づくと、女性が一人立って携帯を見つめている。で、彼女は僕の前を歩いていた男をみとめると、「帰ってきたぁ」と駆け寄って行った。帰宅するとマンションの入口で彼女が待ってる、なんていいよな(爆) これでもし、彼女がストーカーだったりしたら修羅場を観戦出来たのだが、そうではなかったらしく、二人は並んでマンションの中へ入っていった。

僕は入口の郵便受けで、中を確認しながら、時間稼ぎをする。やはりカップルと一緒のエレベーターには乗りたくないもんね(爆) で、エレベーターに乗り込む二人の会話がなんとなく聞こえてきたのだが、驚いた事に女はタメ口だったけど、男は敬語を使っていた。どう見ても女の方が若いと思ったけど。あの二人、実は上司(女)と部下(男)で、これから部屋で打ち合わせをするとか。いや、まさか、そんな事はあり得ない。

カップルがエレベータに消えた後、前に立ってみると、どうも二人は僕と同じ階で降りたらしい。あんまりいい感じせんな。今頃、あの二人が何してるかと思うと...いかん、そういう事を想像してはいけない(爆)

と、ただこれだけである。もっとめくるめく展開を期待した人がいたらゴメンナサイ。なんで、こんなどうでもいいようなネタで、お茶を濁しているかというと、左のカレンダーを見てお気づきの方もいらっしゃるかもしれないが、今月は毎週水曜日に必ず更新をしているのだ。なんて、僕も気づいたのは今日だったんだけど(爆) しかし、ここまで来たら、今日更新しない訳にはいかない(違) という訳で、咄嗟に思いついたネタで“8月は毎週水曜日連続更新”を達成したのである。素晴らしい(勘違) もっとも、明日になればカレンダーも変わって、この偉大な記録も闇に消えてしまうのだが。

話は変わるけど、土曜日や日曜日をテーマにした歌ってたくさんあるけど、水曜日の歌って少ないなぁ。週の真ん中で地味な存在なのかな。今思い出せる“水曜日の歌”っていうと、

Waiting For Wednesday/Lisa Loeb & Nine Stories
Wednesday Night/Elton John
水曜の朝、午前3時/Simon & Garfunkel
Wednesday Moon/徳永英明

これくらいしかない。S&Gはアルバムタイトルだけど、こういう曲名はなかったかもしれないし。水曜日の歌って、やっぱり少ないのか。かつて“ウェンズデー”のスペルがなかなか覚えられなかったのは、それが原因かも(笑)

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの思い出(爆)

2005年08月30日 19時26分28秒 | スポーツ
久々にプロ野球観戦(^-^)大阪ドームの巨人ーヤクルト戦である。ただ今3-0でヤクルトリード。周囲が巨人ファンなので居心地悪い(爆)p251is04357.jpg


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

元気の大将

2005年08月24日 23時47分01秒 | 与太話
以前ここにも書いた「洋楽が流れる立ち呑み」に、新メニューが登場した。その名も“元気の大将”。

どんなもんかと注文してみたら、やまいも・おくら・めかぶを細かく切って上に生玉子(黄身のみ)が落としてある。それに醤油をかけて、わさびと混ぜて食べるというもの。よくある、ネバネバ系だ。いかにもスタミナ付きそうって感じ。なるほど、“元気の大将”か。

僕はこういうネバネバ系の食べ物が結構好きで、納豆にまぐろやら昆布やらを混ぜて食べるのも好きだし、松前漬けなんかも好きだ。仕事で青森によく行っていた頃には、必ず「津軽漬け」を買ってきてたし。この「津軽漬け」、ご存知ない方も多いだろうが、数の子・昆布などを混ぜて醤油で味付けした、究極のネバネバ系とも言える食べ物だ。松前漬けに似てるかも。これが実に美味いんである。これを読んでいる方、青森へ行く機会があったら是非お試し下さい。土産物屋や空港で売ってます。

ネバネバ系食品は、精がつくので夏バテには効果的らしい。で、ネバネバ系→夏とくれば、なんといっても鰻である。僕は小さい頃から鰻が大好物で、これ以上のご馳走は世の中に存在しないと思っているくらい(笑) ただ、さすがに高価な食べ物なので、おいそれとは口に出来ないが、スーパーなどで安く買える時もあるので、たまに食べている。年に一度くらいは専門店か料亭で食べたいけどね(笑) でも、スーパーの鰻もそこそこ食べれるので、特に不満はないけど。だが、こないだ買ってきたのは美味くなかった。固いし生臭いし。で、その話を会社の人にしたら、スーパーの鰻でも料亭並みに美味しく出来る方法というのがあって、アルミホイルで包み日本酒をかけてレンジでチンすればいいのだそうだ。これは良い事を聞いた。今度、試してみるか。

所で、同じ鰻の蒲焼きでも、サクッとしてるのと弾力があるのと2種類あるが、何が違うのだろう? 僕はサクッとしてるのが好きだけど。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

腕時計・その2

2005年08月21日 15時05分49秒 | モバイル投稿
以前ここにも書いたけど、修理に出していた腕時計が戻ってきた。当初の見込みより2週間早く、代金もやはり当初の見込みより二千円安い。店側の対応には大変感謝している。

とは言うものの、久々に腕時計をすると、重く感じる。腕時計なしでも支障なく生活出来る事も、この2週間で分かってしまった。さて、この先どうしたものか? 今まで通り腕時計を使い続けようか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

回転寿司に一人で行く

2005年08月19日 23時18分15秒 | 与太話
今日、生まれて初めて一人で回転寿司に行ったのである。回転してもしなくても、寿司屋というのは何故入るのにこんなにも緊張するのだろう。

行ったのは近所の回転寿司で、実に久しぶり。その間に店内は随分と様変わりしていて、かなり戸惑ってしまった。カウンター席に座って、まずお茶を入れようと思ったら、入れ方が分からない。以前は湯飲みとティーバッグが置いてあったのだが、今日は湯飲みしかない。ま、いいや、ビール飲もうと思ったら、席の前に注意書きがあり、「ビール、デザート等はセルフコーナーへどうぞ」なんて書いてある。前はセルフコーナーなんてなかった。で、店員に聞いてセルフコーナーへ行ってみると、なんと自動生ビールサーバがある。お金を入れてグラスを置くと、機械がビールを注いでくれるのだ。初めてみた。さっそくグラスを置いてみたら、いきなり斜めになったのでびっくりしたけど(笑)、ちゃんと泡まで注いで大したもんだ。

さて、生ビール片手に席へ戻り、何を食べようかとベルトコンベヤを眺めていたら、隣のおっさんが前にあるタッチパネルをいじっている。何かと思ったら、そこでメニューを見ながら注文出来るのだ。で、注文した品がコンベヤに乗って流れてくると、ブザーと画面で教えてくれる。「ご注文の品が参りました」と表示されるのだ。へぇー、随分変わったもんだなぁ。

で、面白いので、隣のおっさんが去った後、タッチパネルでいくつか注文してみた。ただ、困る事もあって、一人で来ている場合、注文した品が来ると思うと心配で、席を立つ訳にいかない。実際、ビールがなくなってしまったので、もう一杯貰いに行きたいのだが、まだ一皿来ていないのがある。席をばすしている間にやって来たら、どうなってしまうのだろう? もう一周回ってきてくれるのだろうか? それとも、他のヤツに食べられてしまうのか? と思うと気になって仕方がない。結局、注文の品が来てからようやくビールのお代わりを貰いに立つ事が出来たのだった(笑)

それにしても、実に色々な物が回転している。ハンバーガーやエビフライの寿司なんぞ、もう驚かないが、焼きトウモロコシってのにはさすがにたまげた。確かに、焼き色のついた薄いトウモロコシが乗った寿司である。美味いのかなぁ。ワサビより塩って感じがするが。

ビールと寿司を腹一杯詰め込み、そろそろ出ようかという段になって、先程のお茶の謎が解けた。よく見りゃ、醤油など並んでお茶の粉が入った小さな壺があったのだ。まるで龍角散みたいなお茶の粉を湯飲みに入れて、お湯を注いで出来上がり。なんか、お茶飲んでるって感じしないけど、味はお茶だった(笑)

久しぶりに(回転とはいえ)寿司を食べれて満足。いよいよ明日に迫ったFOREFINGERのライブにも気合が入るってもの(爆) でも、寿司屋に一人で入るのって、やっぱし緊張するよなぁ。

コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加