窪田恭史のリサイクルライフ

古着を扱う横浜の襤褸(ぼろ)屋さんのブログ。日記、繊維リサイクルの歴史、ウエスものがたり、リサイクル軍手、趣味の話など。

第25回YMSを開催しました

2012年09月13日 | YMS情報


  久しぶりのブログ更新です。

  9月12日、横浜市開港記念会館にて第25回YMSを開催しました。早いもので、YMSも来月で3年目に突入します。

  今回の講師は、株式会社エスエムイーパートナーズ代表取締役、川原寿さん。金融機関での長年のキャリアと中小企業診断士としての豊富な経験をもとに、「銀行対応の実務~経営者として最低限必要な銀行対応の実務~」と題して、お話しいただきました。因みに、川原さんとはおよそ10年ぶりの再会です。

  まず、「銀行は企業をどうみるか?」という点ですが、最初に「もしあなたが銀行の担当者だったら、融資を申し込んできた経営者から何を聞くか?」という想定で簡単なワークをしました。資金使途、財務状態、返済計画、担保など色々思い浮かぶと思いますが、企業の側から融資を申し込む場合、「なぜその銀行に申し込んだのか」の経緯をはっきりとさせておくことも大切だそうです。逆の立場で考えれば、確かにそうですね。



  次に、融資審査のポイントとして、先ほどの資金使途に加え、返済原資、保全、債務者区分など。お金を貸す側としては、リスクをなるべく小さくしたいわけですから、企業の実績、具体的な事業計画、保全が図れるかなどがポイントになります。
 
  第三に、経営者として最低限必要な銀行対応実務の知識。これは色々ありましたが、大まかに言って、上記2点に必要な知識を経営者として最低限身に着けておくということになります。加えて、折衝の際のソフトの部分のノウハウについてもお話がありました。

  最後は、川原さんの豊富な経験ならではの「本当にそんなことあるの?」というような裏話。話に夢中で写真を撮るのを忘れてしましたが、中小企業経営者の皆さんの身近な関心事であるだけに、懇親会も非常に盛り上がりました。

  次回は10月10日(水)開催の予定です。

  繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
  ブログをご覧いただいたすべての皆様に感謝を込めて。

よろしければクリックおねがいします!

人気ブログランキングへ
ジャンル:
スキル
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【診断事例1】まじめで人づ... | トップ | 【診断事例2】恥ずかしがり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

YMS情報」カテゴリの最新記事