窪田恭史のリサイクルライフ

古着を扱う横浜の襤褸(ぼろ)屋さんのブログ。日記、繊維リサイクルの歴史、ウエスものがたり、リサイクル軍手、趣味の話など。

高校生の会社訪問がありました

2015年03月25日 | リサイクル(しごと)の話


  今日は、山口県の高校生4名による会社訪問がありました。

  学校の研究課題として、「環境先進都市としての地元の街を考える」というテーマのもと、実際の3Rの現場である弊社の事業活動についてご説明すると共に、質疑応答と意見交換を行いました。

  僕からは、繊維リサイクルの概要とそのユニークな特性についてお話させていただきました。みなさん、繊維リサイクルの現場を目の当たりにするのは初めてということでしたが、事前に課題を持ってなかなか鋭い質問をいただきました。

  みなさんとお話させていただいて、子供の頃、アメリカ人に親の仕事を説明しようとしたものの、Recycleという言葉が辞書にさえ載っておらず悪戦苦闘した思い出、学校の課題で親の仕事についてヒアリングしたものの、言われている意味が分からず、その後しばらくうちは雑巾屋なのだと思っていた記憶などが、久しぶりに甦ってきました。

  あれから30有余年、こうして環境問題に高い関心をもって遠路はるばる訪問してくださる若い皆さんが数多くいらっしゃることを思うと、隔世の感があります。また、これから社会を担っていくみなさんに対して、先鞭をつけている我々はまだまだ努力していく責任があるということを認識させられました。

  日頃事業を営んでいる我々にとっても良い刺激となりました。研究課題に対して、少しでもお役にたてれば幸いです。


繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

饂飩頑陣-自家製生うどん

2015年03月22日 | 食べ歩きデータベース


  鎌倉街道沿い、藤の沢信号そばに最近できた、こだわりの讃岐うどん屋さん「頑陣」へ行ってきました。

  純和風の明るい店内は、BGMにジャズが流れていて、お洒落かつ落ち着いた雰囲気です。打ち立て、茹で立てのうどんを提供するため、「お時間をいただきますが」と言われますが、それほど長く待つことなく出てきました。



  海鮮天ぷらうどん。揚げ立ての海老や野菜の天ぷらが別でついてきます。片栗粉などを使わない、国産小麦100%、二段熟成といううどんは、小麦本来のもちもちした食感とコシの強さがあり、また中太麺ですので食べ応えがあります。

  汁は昆布、熬子(いりこ)、椎茸、潤目(うるめ)、鰹節、宗田節、鯖節など数種類から出汁をとり、雑味がなく、澄み切った上品な香りと味わいが楽しめます。また、それによって天ぷらもすっきりと食べられるという組み合わせになっているのだと思います。



  黒毛和牛の肉すきうどん。普通、肉うどんというと牛肉の時雨煮だと思うのですが、これはその名の通り和牛のすき焼き肉が豪快にのっています。それを付属の温泉卵につけて食べるのですが、既に汁には牛肉のうまみと甘みが存分に出ているため、あたかも肉うどんとすき焼きを同時に楽しんでいるような感覚です。



  まるでカレー専門店のメニューのような、本格的な海老と野菜のカレーうどん。うどん屋ならではの出汁の効いたキーマカレーをベースに、こちらも無添加にこだわった海老・野菜の天ぷらが所狭しとトッピングされています。カレーはスパイシーさを抑えた、マイルドな味わい。見た目もお洒落です。

  写真を撮り忘れましたが、沖縄産黒糖を使った黒糖ゼリーやいなり寿司もお勧め。まだまだ気になるメニューがあり、近いうちにまたお邪魔したいと思います。

饂飩頑陣

神奈川県横浜市港南区日野南2-21-8



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中目黒グリル

2015年03月18日 | 食べ歩きデータベース


  中目黒駅から徒歩5分ほどのところにある、お洒落で落ち着いた雰囲気のビストロです。



  ドライ熟成肉の炭火焼、有機野菜、そして豊富な品ぞろえのワインが評判のお店だそうですが、今回は比較的軽めの選択でした。



  お通しで出てきたのは、ニンジンのムース。



  最初のワインは、スノコルミー・ワインヤード2013・ソーヴィニョンブラン・コロンビアバレー。アメリカ・ワシントン州シアトル近郊のワイナリーです。アルコール度数は13.5度、辛口でミネラル感たっぷり、青リンゴのような香りとグレープフルーツを思わせる苦みがあります。余韻は短く、すっきりと飲めます。その後のワインは写真を撮るのを忘れてしまいました。



  前菜の盛り合わせ。



  豚、鶏胸、鴨のハムとサラミ。



  パテ・ド・カンパーニュ。

 

  今回はステーキが少し重く感じたので、パイにしました。



  中目黒グリルの大鉄鍋カスレ、パイ包み焼き。

中目黒グリル

東京都目黒区上目黒2-37-12 コンフォート中目黒101



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさい畑-サムギョプサル&野菜食べ放題のお店

2015年03月17日 | 食べ歩きデータベース


  「やさい畑」というので、最初はサラダ・バーかと思いましたが、新橋3丁目にある韓国料理のお店です。



  店内も韓国の居酒屋を思わせます。



  飲み放題つき4,000円のコースは、分厚い豚バラ三枚肉、野菜、キムチが1時間半食べ放題(飲み物は2時間)。



  食べ放題といってそんなに食べられるものだろうかと思いましたが、ひだ状の鉄板で焼くサムギョプサルは、余分な脂が落ちる上、野菜と一緒に食べるので、胃にもたれることもなくお腹いっぱい食べられました。強いて言えば、韓国では定番の胡麻の葉があればなお良かったのですが、それでも大満足でした。店員さんのたどたどしい日本語もむしろ雰囲気を醸成し、楽しいです。

  この日の店内はほとんどが女性客、休日の新橋にもかかわらず満員でした。



  締めには小冷麺が出ます。さっぱりとした冷麺は最後の口直しに最適です。

  お得感いっぱいのお店でした。

やさい畑

東京都港区新橋3-8-6 B1F



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一心堂 いちごの王様(いちご大福)

2015年03月16日 | 食べ歩きデータベース


  大阪・堺に本店がある和菓子屋さん、「一心堂」のいちご大福、「いちごの王様」です。以前、このブログでも宮崎・日高の「なんじゃこら大福」や福岡・如水庵の「いちご大福」をご紹介したことがありました。大好きな大福の中でも特に好きな「いちご大福」です。

  特にこの「いちごの王様」は、一心堂の通常の「いちご大福 白餡」に福岡の「あまおう」を使用した期間限定品です。いちご大福は、白餡(黒餡も好きです)と瑞々しいいちごの酸味の相性が良いばかりでなく、いちごが放出する二酸化炭素の影響で、シュワシュワとした爽やかな食感になるところが大好きなのです。



  阪急うめだ本店の地下一階にある一心堂のショーケースには、いちご大福のほかにも栗、マンゴー、メロンなど様々な果物を使ったフルーツ大福が豊富に揃っています。色々試してみるのも楽しいかもしれませんね。

一心堂 阪急うめだ本店

大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【診断事例21】診断と自己認識が異なるケース②

2015年03月15日 | 筆跡心理関係


  上の画像は、クリックすると拡大します。30代・女性・会社員されている方で。【診断事例4】に続き、今回は「診断と自己認識が異なるケース」を採りあげます。

【この方の人物像】

  のびのびとした性格で、行動力があり、思ったことを素直に表現する性格。にぎやかな事が好きで、人前に出ることも苦になりません。自分の考えを持ち、決断力に優れているので、仲間からはリーダー肌として慕われ、目上からも信頼されているでしょう。一方で、熱しやすく冷めやすいところもあります。

  しかし、現実のあなたは本来のあなたよりは控えめに振舞っているでしょう。周りの人を大切にし、物事を真面目に考えるあなたは、無意識に自分を抑え周囲と協調しながら個性を発揮されていることでしょう。こうした要素は、書くに従って字が徐々に右によっていく傾向に見られます。とはいえ、抑えすぎているとうほどでもありませんので、気になるようであれば、意識してみてください。

  持ち前の行動力と場をリードできる力をより魅力的なものにするために、「名」に代表されるような左の払いを、「福」や「木」など他の字でも同じように長めにしてみてはいかがでしょうか。それでも物事を客観的に判断することができますので、出るところと抑えるところのバランスを上手にとることができるでしょう。また、もし冷めやすいところが課題とお考えであれば、ハネを意識的に強めにしてみるとよいでしょう。

【診断の感想】

  先日は筆跡診断ありがとうございました。お礼と感想が遅くなりましたことをお詫び申しあげます。仕事の都合で受講出来なかった社員も皆興味津々で、診断結果は非常に盛り上がりました。

  感想ですが、私は小さい人間なので「のびのびとして行動力があり」は当たっておりません。思ったことを素直にいう点とにぎやかなことが好きな点は当たっています。リーダーシップともほど遠い性格で、出来れば誰かの後ろについていきたいと思っています。

  ただこれは自分からみた感想ですので、周囲からは当たっていると思われる可能性もあります。是非課長にご確認ください。ちなみに一緒に診断をお願いしたA社員の診断結果は「よく当たっている」と私自身は思いましたが、本人は当たっていないと思ったようです。

 
  【診断事例4】でも述べたとおり、診断結果と自己認識が異なる理由はいくつか考えられます。しかし、自己認識に対しどうしてこのような診断結果が出たのかについて考察したり、ご感想にもあるように周りの人に見せてその感想をもらうというのも筆跡診断の楽しいところだと思います。それによって新たな気づきがあるかもしれません。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エクチュア 空堀「蔵」本店

2015年03月14日 | 食べ歩きデータベース


  こちらは、やはり古い屋敷の蔵を改装した、実に趣のあるチョコレート専門店です。

  「お酒が好きな人は、甘いものが苦手」なんて誰が言ったのか、僕はお酒も甘い物も辛い物も大好き。



  ここ「蔵」本店には1階と2階にカフェが設けられており、レトロな雰囲気の中でお茶やチョコレートを楽しむことができます。



  エクチュアのチョコレートがまとめて楽しめる、お得なケーキセット。生チョコ、塩チョコ、アイスクリーム、ケーキなどをいいとこ取りで味わうことができます。良く思うのですが、自分が子供の頃と比べて格段に美味しくなったものがあるとすれば、僕はその筆頭にチョコレートを挙げたいですね。上品な甘みと口どけ、いくらでも食べられそうです…



  桜の季節には少し早いですが、チョコレートゼリーとチョコレートアイスの上にさくらアイスとサクラムースがのった「さくらパフェ」。結構、ボリュームがあります。

  後日談ですが、横浜に戻るとしっかり太っていました...

エクチュア 空堀「蔵」本店

大阪府大阪市中央区谷町6-17-43



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欧風食堂 レクレール

2015年03月13日 | 食べ歩きデータベース


  「たこりき」からそのまま移動し、谷町にある「欧風食堂 レクレール」へ。「たこりき」でご紹介した通り、この周辺は古い建物が多く残されており、ここ「レクレール」も大正時代に建てられたという古い町家を改装した、家庭的フレンチのお店です。因みに、相撲で無償スポンサーのことをタニマチと言いますが、それはここ谷町が語源のようです。



  既に食事を済ませたあとでしたので、ここでは本当に軽くつまむ程度だったのですが、本当に閑静な佇まいで心が落ち着きます。写真は、自家製鴨の生ハムとお野菜のグレック(酢漬け)。鴨の生ハムというのは初めてでしたが、鴨独特の香りに熟成感のあるうま味、通常の豚の生ハムに比べ粘り気のある食感が非常に美味しかったです。これにはサントリーのウィスキー「白州」を合わせました。



  和牛ランプステーキ。脂身が少なく柔らかいランプ肉をバルサミコ酢のソースでいただきました。

  お店の名前「レクレール」は、フランス語で「照らす」という意味だそうですが、天気の良いお昼もまた夜とは違った雰囲気で楽しいのではないかと思いました。

  冒頭申し上げた通り、既に二軒目でしたので、頼んだものがこれだけになってしまいました。

欧風食堂 レクレール

大阪府大阪市中央区谷町6-18-6



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第56回YMSを開催しました

2015年03月12日 | YMS情報


  3月11日、mass×mass関内フューチャーセンターにて、第56回YMS(ヨコハマ・マネージャーズ・セミナー)を開催しました。

  今回の講師は、勝野社会保険労務士事務所の勝野恒彦様。「経営者のための社会保険料適正化セミナー」と題してお話しいただきました。

  急速に進行する社会の高齢化、人口減少とそれに伴う政府税収の減少により、企業や経営者の社会保険料負担は今後ますます重くなることが予想され、社会保険に対する世間の関心が高まっています。当然そうなのですが、「払うべきもの」として特に疑問を差し挟むことなく社会保険料を納付している中小企業は多いと思いますが、社会保険料がどういうものかについて理解している経営者は意外と少ないのではないかと思われます。



  今回のテーマは、年々負担が重くなっていく事が確実の社会保険料について理解を深め、その適正化を図りつつ、企業の財務体質強化にも繋げていこうという趣旨でした。

  日頃、なかなかまとまった勉強をする機会のないテーマでしたが、NHKの世論調査でも明らかなように、最も高い世間の関心事の一つであり、また想像以上に企業や個人にインパクトのある問題なのだということが分かりました。とりわけ、我々のように数十年後に高齢者になる世代にとっては、まだまだ実感が薄いものの、一層重要な問題であることは明らかです。



  それだけに、セミナー後の懇親会の席でも参加者からの質問が後を絶たず、話題は労務を超え、会計や税務にまで及び、みなさんの潜在的な関心の高さがうかがわれました。

  次回は4月8日(水)開催の予定です。

過去のYMS活動レポートはこちら

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たこりき

2015年03月11日 | 食べ歩きデータベース


  大阪・瓦屋町にある「たこやきバル」です。

  ここ瓦屋町は、その名の通り幕府の御用瓦師であった寺島宗左衛門の瓦土取場があったところで、採土された上町台地の西側斜面は起伏にとんだ地形となっています。そのためなのかは分かりませんが、昭和20年(1945年)の大阪大空襲では奇跡的に焼け残り、その結果、この界隈には現在も昭和の古い民家がいくつも残り、独特の雰囲気を創り出しています。たこりきが入っているお店も、だいぶ補修されているとはいえ、建物そのものは古そうです。

  「たこやきバル」と言う通り、たこ焼きとイタリアンが折衷されたお店。元はお蕎麦屋さんだったのではないかと思わせる、カウンターのみの細長い店内は、肩の力を抜いて美味しい物を楽しむには格好の設えです。



  しかも、大阪を代表する名物であるにもかかわらず、実は大阪でたこ焼きを食べるのは初めてなのです。ここのたこ焼きは僕がこれまで食べてきた(どこにでもある屋台のたこ焼き)ものと比べるとやや小振りで、外はカリッと、中はとろーり。お店で茹でているという、三重県鳥羽市答志島のたこと昆布だしのうま味が効いていて、何もつけずそのままで十分美味しく食べられます。むしろ、何もつけないで食べたい一品。



  たこ焼きに合わせたのは、ロゼのスパークリング。ペティアン・ロゼ・ブエナ・オンダ・クアスターナ・ジェレミィ。「BUENA ONDA」というのはスペイン語で「いい感じ」ぐらいの意味だそうですが、産地はフランス・ロワール地方です。ブドウはボジョレーの代表的な品種でもあるガメイ。イチゴのような甘みと爽やかな酸味があり、見た目も美しくお洒落なワインです。

 

  豚のテリーヌ(写真左)と、食べごたえがあり彩りも鮮やかな吉田牧場モッツアレラ・生ハムのサラダ(写真右)。



  とっても美味しかったのがこれ。味噌漬け豚ロース肉のカツレツ。味噌と乳製品の相性が良いことは分かっていましたが、肉とバターと味噌のうま味の三重奏、本当に美味しかったです。しかも、井が重くなることもなくスッキリと食べられました。きのこがたっぷり添えてあるのも嬉しかったですね。



  次のワインは、カオール・チュ・ヴァン・プル・オー・ソアレ。カベルネ・フラン50%、マルベック50%。いわゆるテーブルワイン、最初は強い酸味があり、アルコールをやや強く感じますが、実際の度数は12度。しばらく空気に触れさせておくと、酸味が落着き、まろやかになってきます。見た目の色の濃さの割にはフレッシュなワインです。エチケットについ釣られますね。



  浜名湖生の青のり温泉。明石焼のようにだし汁にたこ焼きが浸かっているのですが、何よりわかめスープではないかと思うほど一面を覆う生の青のりが魅力的。青のりの香りが食欲を倍増させます。以前、「南国食堂 首里」でもご紹介した通り、青のりは僕の大好物のひとつです。



  ピエール・ボワヤ・ヴァン・ド・フランス・ボワ・ド・レーヌ2012年。こちらもガメイ種、フルーティでバランスが良く飲みやすいワインです。

  実はまだまだ気になるメニューがいくつかありましたが、それはまた次の機会に。

たこりき

大阪府大阪市中央区瓦屋町1-6-1



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加