窪田恭史のリサイクルライフ

古着を扱う横浜の襤褸(ぼろ)屋さんのブログ。日記、繊維リサイクルの歴史、ウエスものがたり、リサイクル軍手、趣味の話など。

個性を活かし合う組織へ!!-キックオフミーティング2017

2017年07月24日 | リサイクル(しごと)の話


  ナカノ株式会社の創業月である7月に行われる、恒例の「キックオフミーティング」。全社員が一堂に会し、当社の価値観であり行動方針である「活かす」と「他利自得」を再確認できるような研修を毎年行っています。

キックオフミーティング2016
キックオフミーティング2015
創業80周年記念式典
キックオフミーティング2013
キックオフミーティング2012
キックオフミーティング2011
キックオフミーティング2010

  今年は、パーソナルブランドコンサルタントの山本秀行先生を講師にお招きし、レゴブロックを使った「言葉にならない思いを言語化し、埋もれている創造性を顕在化させる」、レゴ®シリアスプレイ®のワークショップを行いました。テーマは、「個性を活かし合う組織へ!!」です。



  我々の内面には「何となく感じているけれども上手く表現できない」心の声が存在します。実はそうした心の声こそ本人さえ気づいていない本音であったりするのですが、うまく表現できないためにしばしば見過ごされたり、取るに足らない物として意図的に無視されたりしています。しかし、その潜在意識にある「本音」が実はその人の判断や選択あるいは行動の真の原因なのです。したがって、この本音を上手く捉え顕在化することができれば、その人の持っている能力をより良く発揮することが可能となるはずです。

  スポーツ、芸術、ビジネスなど様々な分野で優れた功績を残した人たちに共通するパターンを分析した膨大な研究は、そのパターンの一つが彼らの直感や本音を顕在化させる能力であることを明らかにしています。従来、そのような能力は天賦の才に恵まれた特定の人だけが持つものと考えられていました。しかし今や、そのブラックボックスと思われていたプロセスも研究が進み明らかにされています。そうした直感や本音を顕在化させる方法の一つが、「頭で考えるのではなく手を動かすこと」であり、レゴ®シリアスプレイ®はまさにレゴブロックを使った創作活動を通じ、誰もがこの能力にアクセスすることを可能にしているのです。

 

  レゴ®シリアスプレイ®は、「手は頭より先に知っている」・「作品には必ず意味がある」という二つの前提に立っています。与えられたテーマについて、イメージができてもできなくてもとにかく直ぐにブロックを組み立て始めます。そして、出来上がった作品について、その作品の意味を後付やこじつけでも良いので、制限時間をフルに使い、他の人たちに説明します。説明を聞いている人たちは、質問を投げかけることにより、さらに話し手の考えを引き出していきます。

 

  「頭で考える」ことや「論理的に説明する」、「筋道をはっきりさせる」社会に生きることに慣れ親しんだ我々にとって、「頭で考えない」、「分からなくても手を動かして作る」といった課題に面食らう人は多かったようです。それもテーマが「家を作る」というような具体的なものであればまだ良いのですが、今回与えられたのは以下のような何とも抽象的なものです。

1.「今の気分」を作り、丁寧に説明する
2.「個性を活かしあう組織の魅力」を作り、丁寧に説明する
3.「個性を活かし合う組織であなたが発揮してみたい『自分らしさ』」を作り、丁寧に説明する
4.「個性を活かし合う組織になるための方法」を作り、丁寧に説明する


  当初は僕が予想したよりもはるかに多くの社員が、これから行われるワークショップに対する不安を感じていたことに驚かされました。不確かなものに対する人の不安や恐怖は想像以上に強く、この不安や恐怖がまず創造性や個性の発揮を阻む障害になっているのではないかと思いました。

 

  しかし、それでもとにかくやってみることで、皆さんが徐々に開放されていくのが手に取るようにわかりました。特に意図をもってパーツを選択したのでも、組み立てたのでもない。それでも、そこに意味を付与することによって、自分でも気づかなかった視点や現在抱えている課題に気づいたり、また説明することによってさらに新たな考えが浮かんできたりと、気づきがどんどん深化すると共に、場が活き活きしていくのが感じられました。つまり手を動かして何かを作り、その意味を説明するという一連のプロセスは、我々の心にある恐れや不安、あるいはとらわれと言ったものを取り除き、潜在能力を開放させる効果があると言えます。

 

  印象的だったのは、話しを聴く側の態度によって、話し手が驚くほど輝いていくという事です。それぞれが個性を持っていることを確認するだけでなく、活かしあう。それは受け止める側の態度如何によるのだということを改めて感じ、反省もした次第です。

  とりわけ「自分らしさ」について仲間から質問を受け、説明する時の皆さんの弾けるような笑顔が印象的でした。組織の中には外向的な人もいれば、内向的な人もいます。しかし、どんな形であれ「自分を開放したい」、「受け入れられたい」という思いは共通のようです。つまり、個性の発揮は必ず他者の存在を必要とするということです。心理学の研究でも他者貢献度の高い人の方が自尊感情や幸福度が高いことが明らかとなっています。即ち「他利自得」とは、お互いの個性を引き出し「活かす」という価値観だということもできるのです。



  カオス理論の中に初期値のごくわずかな違いが時間の経過と共に大きな違いとなって予測不可能な結果を生む、「初期値鋭敏性」という考え方があります。しかし、あるカオスを示す方程式に於いては、この初期値鋭敏性がありがなら無限に発散することなく、非周期的で一切交わることのない非常に複雑な図形を描き出すのだそうです。これはストレンジアトラクタと呼ばれ、下の動画にように、個々のドットは全くランダムにプロットされているにもかかわらず、全体を眺めるとあたかも一定の秩序があるような動きをします。



  このストレンジアトラクタを見ていると、部分は自由に振舞いながら、全体としては秩序を保つという、自由と秩序の両立を可能にする力学がこの世には元々存在するはずだという気がしてきます。この画像は、僕には「個性が自由に振る舞いつつも散逸することなく、一定の秩序を保つ組織」のメタファーのように思われます。「個性を活かし合う組織」は決して理想に終わるのではなく、自然界の原理として実現可能なのだと確信しています。

  終わりに。インドの僧、龍樹(ナーガールジュナ)が著したとされる『大智度論』に「指月の譬」と呼ばれる一節があります。

「人の指を以って月を指し、以って惑者に示すに、惑者は指を視て、月を視ず。人、これに語りて『われは指を以って月を指し、汝をしてこれを知らしめんとするに、汝は何(いか)んが指を看て、月を視ざる』、と言うが如く」

  この言葉は、1973年の映画『燃えよドラゴン』の中で、ブルース・リーが語った次の台詞で有名になりました。

"Don't think, feel...it is like a finger pointing away to the moon. Don't concentrate on the finger or you will miss all that heavenly glory!"
(考えるな、感じろ…それは月を指差すようなものだ。指にとらわれるな、さもなければ栄光はつかめない!)


繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画配信のお知らせ

2017年07月10日 | リサイクル(しごと)の話


去る7月3日に放映されました、「神奈川ビジネス Up To Date ビジネスのヒゲ」の動画がテレビ神奈川の公式動画として配信されました。

県外で放映をご覧いただけなかった皆様もぜひご覧ください。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TV放送予定のお知らせ

2017年06月25日 | リサイクル(しごと)の話


  以下の番組にて、当社製品「特殊紡績手袋 よみがえり」が採り上げられる予定です。

局名:テレビ神奈川
番組名:「神奈川ビジネス Up To Date」、新たな商品やサービス、ビジネススキームの開発を行っている企業を
特集するコーナー、「ビジネスのヒゲ」にて。
放送日時:2017年7月3日(月)21:00~21:30
番組URL: http://www.tvk-yokohama.com/business/


ぜひご覧ください。

なお放送内容は後日テレビ神奈川のHPより配信されますので、県外の皆様もご覧いただくことができます。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中区環境事業推進委員研修会でお話させていただきました

2017年02月13日 | リサイクル(しごと)の話


  本日、横浜市中区役所7階会議室にて行われた、中区環境事業推進委員様の研修会でお話させていただきました。月曜日のお昼にもかかわらず、108名もの委員の皆様にお集まりいただきました。ありがとうございます。



  テーマは、2015年の旭区2016年の南区と同じく、「衣類リサイクルの現状と地域づくりへの可能性について」。

  前半では衣類リサイクルの大まかな流れと、衣類リサイクルの最新動向と共に、衣類回収で大事とされる1.対象外の物を出さない、2.汚れ破れに注意する、3.雨の日には出さない、という3つのポイントが何故大事なのかについてお話させていただきました。



  後半は、古着を原料として作られた弊社の「特殊紡績手袋 よみがえり」と、それを活かした地域づくりへの可能性についてお話しました。実は講演中も「よみがえり」を手にはめてお話させていただきました。「よみがえり」を活かした地域づくりは既に各地で起こっています。詳しくは、当ブログのカテゴリ「リサイクル軍手の世界」をご覧ください。

  因みに、ご質問の中にもありました「特殊紡績手袋 よみがえり」は、弊社オンラインサイトよりお求めいただけます。



  このように大勢の皆さんに熱心に聞いていただき、非常に楽しくお話させていただくことができました。またぜひどこかでお話させていただく機会があればと思います。ありがとうございました!

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年新年会を開催しました

2017年01月08日 | リサイクル(しごと)の話


  1月7日、ホテル・キャメロットジャパンにて弊社新年会を開催いたしました。



  毎年、各営業所、工場持ち回りで開催される新年会。今年の担当幹事は九州営業所の仲間たちです。企画は担当幹事の裁量に委ねられており、実は僕も毎年どのような企画が上がってくるのか分かりません。



  毎年、最初にオープニングPVを流すのですが、今年は趣向を変え、昨年「平成28年度資源循環技術・システム表彰」で「産業環境管理協会会長賞」を受賞した「特殊紡績手袋 よみがえり」をご紹介する映像を上映しました。  

  続いて弊社代表取締役・社長の中野博恭より年頭のご挨拶。めまぐるしく変貌する世界情勢、誰もが先の見えない漠然とした不安感を感じている中、変化をチャンスと捉えていく弊社の決意を申し上げました。



  弊社代表取締役・会長の中野聰恭による乾杯で、2017年新年会が本格的に始まりました。



  2016年に入社した社員による、皆様へのご挨拶。



  最早弊社の新年会を代表する名物、2011年国際バーテンダー協会主催カクテル世界大会総合優勝、「Bar Noble」の山田高史さんによるカクテル・ブースも今年で7年目になります。昨年に続き、オリジナルカクテル「エコソフィー」(写真奥)と「With You」(写真手前)を作っていただきました。

  昨年はお弟子さんの清水さんが、フランス・パリで行われたモナンカップ世界大会で見事優勝されました。



  今年の余興は「大喜利」。簡単そうで結構難しいと思うのですが、各部門から選ばれた代表者たちが年末の忙しい中を縫って、色々と考えてきてくれました。



  さらには恒例のビンゴゲーム。個人的な話で恐縮ですが、毎年ビンゴは5個ぐらいリーチの山を築きます。ところが、今年はリーチ2つで上がることができました。こんなところも何か変化の予感がします。



  最後に窪田より締めのご挨拶。今年のネタ元は既に前回のブログに掲載した通りです。



  締めの音頭はもはや御馴染み、弊社独自の「ヨイヨイヨイショ!」です。改めてご説明しますと、これは弊社の創業事業である故繊維業において、数百キロにもなろうかという重い荷物を、人手による協働作業で担ぎ上げていた時代の掛け声が元となっております。

  そこには、先人の足跡に思いを致すと共に、困難をものともせず、共に力を合わせることで、家族、仲間、お取引先、そして地域社会に奉仕するという決意を込めております。



  今年も年初から大勢の皆様にお越しいただきました。お陰さまでナカノ株式会社、2017年も良いスタートを切ることができました。

  本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南区環境事業推進委員研修会でお話させていただきました

2016年12月06日 | リサイクル(しごと)の話


  銀杏の黄色いじゅうたんが美しい、快晴の午後です。  

  本日12月6日、地元横浜市南区の南公会堂で行われた、南区環境事業推進委員様の研修会でお話させていただきました。昨年は旭区環境事業推進委員様の研修会でもお話させていただいています。



  今回の演題は「衣類リサイクルの現状と地域づくりへの可能性について」。前半は衣類リサイクルの大まかな流れと、現状についてご説明し、分別回収における3つの重要なポイントについてお話させていただきました。



  後半は、他の資源物と異なる衣類のリサイクルが持つ特殊性、つまり①基本的に一次資源には戻らないという性質と②衣類には「着ていた人の想いがこもる」という具体的事例をご紹介させていただきました。

  「私たち人間にとって何よりも身近な衣類だからこそ、リサイクルがどうなっているのか知りたい」、日頃からそういうお声をたくさんいただくのですが、当ブログでも度々ご紹介している「特殊紡績手袋よみがえり」は、まさにリサイクルの実感をお伝えするために誕生しました。そして、その「よみがえり」から生まれる地域づくりの可能性について。一部で始まっている事例を元にお話させていただきました。

  南公会堂のある南区役所は、今年2月に蒔田から浦舟町に移転したばかりです。その真新しいきれいな公会堂の中、平日にもかかわらずお集まりいただいた皆様が熱心に耳を傾けて下さったので、私も気持ちよくお話しすることができました。

  おかげさまで、こちらの方が仕事への元気をいただいた気がいたします。

  機会をいただいた皆様に心より御礼申し上げます。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ放送予定のお知らせ

2016年10月18日 | リサイクル(しごと)の話


 この度「平成28年度資源循環技術・システム表彰」で「産業環境管理協会会長賞」を受賞した「特殊紡績手袋 よみがえり」が、下記番組で紹介されます。

放送日時:2016年10月27日(木)午後9:30~10:00
放送番組:テレビ神奈川(TVK)「ニュース930α」
放送内容:「よみがえる軍手が地球を救う?!(仮)」

放送概要:
今、注目を集めているグレーの軍手。この軍手の製造で、持続可能な循環型社会の先進的な取り組みとして表彰を受けた横浜市のナカノ株式会社は、創業以来80年以上、環境・リサイクルに取り組み続けている。そんなナカノが生み出したヒット商品、数多くの賞を受賞している軍手に込められた思いとは。

 どうぞご覧ください。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

交渉でパイは増やせるのか?-キックオフミーティング2016

2016年07月18日 | リサイクル(しごと)の話


  ナカノ株式会社にとって、7月は大事な節目の月です。つまり7月は創業月であり、会計年度は4月からでありながら、当社では辞令交付など様々なイベントがこの7月に合わせて行われます。2010年に始まった「キックオフミーティング」もその一つです。



  キックオフミーティングは、社員のみが一同に会することのできる貴重な機会です。そのため、社員同士の親睦を深められるような様々なイベントを毎年企画しています。最近は僕もこの7月を越えなければ何となく落ち着かない気がしてくるようになりました。



  さて、2016年度は『ボーナンザ』というドイツ生まれのカードゲームを行いました。ボーナンザについては、当ブログでも「ボーナンザ(BOHNANZA)-遊びながら交渉を体感する」でご紹介していますが、一言でいえば手持ちの札と山から引いた札をうまく使いながら、畑で豆を育て収穫し、コインに換金することで獲得コイン数を競うゲームです。

  シンプルに見えますが、独特の制約があるため理解するまでに結構苦労します。練習ラウンドを設け、やりながら理解するというのが良いと思います。とりわけこのゲームの特徴は、豆を育てるにあたって他のプレイヤーとの交渉が避けられないという点にあります。したがって、プレイヤーには必然的にコミュニケーションが求められます。



   練習ラウンドの後、今回は2回の本番ラウンドを行いました。第1ラウンドは、元のルール通り、チーム内で個々のコイン獲得数を争いました。



  続いて第二ラウンド。基本的なルールは同じですが、今度は一つだけ条件を付けました。個々でコインの獲得数を競いつつも、チームとしての総獲得数も評価に加えるというものです。

   交渉と言うと、一般にはできる限り情報を秘匿し、自分の利益を最大化するように相手を説得すること、というイメージを持たれることが多いかと思います。これは「分配型交渉」と呼ばれる交渉の一形態です。しかし、それとは別に交渉には「統合型交渉」と呼ばれる形態もあります。

  分配型交渉が基本的にパイの奪い合いであるのに対し、統合型交渉は交渉を通じてお互いの利益を増やす道はないか、つまりパイそのものを大きくすることはできないのかということを模索します。

  そのために、交渉当事者は自分が何を求めているのかを開示しながら互いに協力行動をとる必要があります。しかし、たとえ統合型交渉とは言っても、個人成績も評価対象となっているため、お互いに魅力ある提案を出せなければ交渉は容易には成立しません。



  問題は、果たしてこの「統合型交渉」によって、本当にパイは増えるのか?ということです。1チーム4名または5名構成の11チーム、合計52名でプレイしたその結果は、11チーム中10チームで第2ラウンドの方がコインの獲得数が増えました。全体では、第1ラウンドのコイン獲得総数429枚に対し、第2ラウンドでは514枚と約20%の増加でした。中には、第1ラウンドと第2ラウンドでコインを倍に増やしたチームもありました。

  もちろん、この結果にはゲームに対する慣れということも影響していると思います。しかし、第1ラウンドと第2ラウンドのコイン配分の不平等を計測したジニ係数は、0.193から0.182へと改善しており、個々の獲得コイン数の格差もわずかですが縮小していたのです。もし、コインの増加が習熟による影響であり、協力とは言っても本音では各々が自己の利益を追求していたのだとすれば、ジニ係数が拡大していてもよさそうなものです。



  当社の行動指針に「他利自得」という言葉があります。読んで字の如くですが、後で感想文を読むと、多くの社員が第2ラウンドの条件を提示された時点で統合型交渉とは「他利自得」のことであると理解していたようでした。

  「個人も大事だが、チームとして協力して成果を出すと達成感があって楽しい」という声も多くありました。実際、社会的関係における感情の働きについて調べたRillingらによる2002年の実験によれば、自分と相手が相互に協力し、どちらも得点を獲得できた場合に、快感情と関係が深い腹側線条体に強い活動が測定されたのだそうです。



  また、このゲームを通じて当社の役職名となっている変革、同人、大観、琢磨、和声につながる気付きを得た社員も大勢いたようでした。その一部をご紹介したいと思います。

「このゲームは、独自にルールを設定することで別の楽しみ方も可能なのではないか?」、この視点は「変革」と言えます。

「チームのまとまりが良くても、良い成果を出すためには方向性や方針を示すリーダーが必要」、この視点は「同人」と言えます。

「目先の利益ばかりを追うのではなく、チームとして成果があげられるよう長い視点で考える」、この視点は「大観」と言えます。

「自分を知り、相手を知る。魅力を感じてもらえるような提案を工夫し、相手に自分にない良い視点があれば取り入れる」、この視点は「琢磨」と言えます。

「個人の利益を追求しつつ、チームとしての成果を上げるため、メンバーと協力しなければならない」、この視点は「和声」と言えます。



  半日研修の後は、場所を移しての懇親会。新入社員の紹介や辞令交付なども行われました。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ放送予定のお知らせ

2016年07月04日 | リサイクル(しごと)の話


 来る7月6日(水)、FM YOKOHAMA「E-ne! ~good for you~」の「エシコン」というコーナーにおいて、弊社が取り上げられる予定です。

放送時間:7月6日(水)14時00分~14時15分頃

 ぜひお聴き下さい。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新聞記事掲載のお知らせ

2016年05月20日 | リサイクル(しごと)の話


 本日、日本経済新聞神奈川版「神奈川のエンジン」に弊社が取り上げられております。

 どうぞご覧ください。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加