都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



東京新旧写真比較(1981/2008) No.24 千代田区九段南から一ツ橋方面

清水門の入口付近からの風景は思いの外、変わっていない。

Photo 1981(ノーマル時)、Photo 2008.12.15(マウスオン

 正面のNTTのビルと、右側のパレスサイドビルは全く変化なし。左側の日産プリンスの建物は外装を改めたが本体は以前のまま。首都高速も若干の化粧直しを施されたりしているが、ほとんど変わっていない。竹橋Jct付近で渋滞しているのも相変わらずである。

 日産プリンスの後方に学術総合センターのビルが建ち、街路樹はかなり大きくなったが、全体の印象はさほど変わっていない。個人的には、この調子であまり変化しないままでいてくれるといいなと思う。

#東京新旧写真比較 千代田区


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 中銀カプセル... 新宿パレット »
 
コメント
 
 
 
こんにちは! (小さな画室 ふじき わたる)
2009-03-11 07:48:10
東京は日々大きく変化していて、古い物が日々無くなっていますが、鳩山総務大臣が東京中央郵便局を「鴇」に例えて、保存を力説していましたが、私も自分の懐古感情に古い建物を描いていきたいと思っています、ただ何処にどんな素敵な建物が又風景が、町並みがあるかよく判りませんので、先生の写真や資料を参考にさせて頂きたいと思っています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。