仕事はDevil week!でも嵐でHappy week☆cAw①

2009-10-25 | -日々の生活-
仕事はDevil week(デビルウィーク)!

すなわち、通常業務に加えて
月曜:食事会
火曜:日勤帯救急+夜外来※
水曜:発熱外来※+勉強会
木曜:さらに夜外来※
金曜:さらにさらに夕勤帯救急※
※はすべて手当なしのただ働き、丁稚奉公
まあ、※については最低限のレベルの仕事ですね、ほんと。
そして仕事的に最悪の週ということで、Devil week。

でもでも、じつはHappy week(ハッピーウィーク)。

なんてゆっても日テレ、今週からはじまりました、嵐week。
さっそく今日からニノが法律相談所出てましたね。
かっこいいっすね。
一週間、嵐ばかりテレビで見れるこの企画。
楽しみっす。
そして、今週水曜には嵐さんのビデオクリップ集発売。
こんなしんどい週だからこそ、火曜日に仕事終わってから
梅田のタワーレコードへフラゲしに行きますよ。

嵐で乗り切れってかんじですね
さあ、。
さて、今週は毎日嵐を追っかけて、記事cAw(challenge Arashi week)もアップしていきますよ。

・・・あっそういえば、嵐のライブチケット、名古屋で申し込んだんですが
あっさり撃沈、とれませんでした。



嵐week。特集①
【俺的、嵐、この曲かっこいいな。】
アルバム「ARASHIC」に収録されています。
ちょっと洋楽テイストも漂うクールなダンスナンバー。
パキパキダンス、初めの千手観音ダンスも見ものです(笑)。
そして転調するときの松潤のソロパート。
なんて艶のある声なんでしょうか。
Comment

素直になろっ☆

2009-10-24 | -ココロコエ-
気持ちは伝えて
初めて 『真実』になる
Comment

swear

2009-10-24 | -ココロコエ-
不確かなものが
増えてく世界の中で
隣にいるあなたは
私にとって真実で

時に寄り添い
慰めあっていくよ
明けない空はないから
星達は祈りを捧ぐ

瞬間を紡いで
ともに生きてゆく喜び
この時代に巡り会った
偶然に感謝して

遠くの未来が
笑いかけてくれるよ ほら
今 歩き出そう
手を取り合って
つづいてく 永遠に


Comment

「君の背中で、僕は溺れる」沢木まひろ

2009-10-24 | -日々の生活-
さて、今回は、沢木まひろさんの作品です。第一回ダヴィンチ文学賞優秀作品賞受賞作です。どんなあらすじかというと、、、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『祐司が恋をしたのは、姉の婚約者』

卒業を前に進路の決まらぬ大学生・湯時は、姉が連れてきた婚約者・佐伯透に一目で恋に落ちた。
だが姉を幸せにするため、自分の気持ちを封じようとする。
そんな祐司を誘いだしたのは、透のほうだった・・・。
誰も幸せになれないとわかっていても、その恋を止めることはできなかった―。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

って、同性愛系の話かよって、びっくりもしますが(苦笑)。
カバーの紹介文には上のようにざっくり書いていますが、読み進めていくとこれがなかなか話が思わぬ方向にもすすんでいくのでどんどんとページを繰っていってしまいます。そして軸になる、二人の感情も実にうまく描写されていて真に迫ってくるものがあります。全体としては、ゲイORバイの人の永遠のテーマというかそういうものが描かれていますが、物語の終わりの方(P174あたり)で、祐司が透に対して心の中で想いを語る部分があります。自分的には、ここが真髄なのかって。自分を変えてくれるぐらい、そんな人を好きになれるってとても幸せなんだと、そしてそういう人は性別関係なく大切な存在だとあらためて感じます。この本は、一部とその数年後の二部構成ですが、二部のほうは前半はゆったりしたペースですが、後半にやはりたたみかけてきます。そしてエンディング。そこには、やはりすこし大人になった祐司の姿があったように思いました。
Comment

しゃら~~っぷ!

2009-10-15 | -ココロコエ-
大人のルールには
負けそうになるけど
言いたいヤツには
言わせておけばいい
「私」は「私」なんだから
らしくないと、生きてる意味がない

そんなこと子供でもわかってる
Comment

恋のパワー☆

2009-10-15 | -ココロコエ-
あたらしい君を見つけるたびに
またひとつ、好きになってく
どうしよっか。苦笑
Comment