のんびりのーと「ココロコエ」 dA-iki

…だから、ありがとう。
I♥MUSIC!

とどのつまり

2006-12-30 | -大学時代記-
結局は、自分がしたいことをしたらいいんや。


笑われてもええ。


周りと違う?


自分が満足すればいいやん。


もちろん、人に迷惑かけたらあかんで。


自分がしたいことをする。


それが俺の人生。


最近見失ってたかな。


生きるのはけっこう大変だから。


ってそれも、自分で思っちゃってるだけ。笑


だから、気張らずにいこう。


格好悪くてもいい。






よいお年を
Comment

文系的なもの?!

2006-12-03 | -大学時代記-
洗濯しそびれて、コンビニへ下着をあわてて買いに行ってしまった
今日この頃。

・・・・・・・・・・・・

さて、最近は、チュートリ室っていう自習室で勉強してます。
病気のこととか、症状・検査のこと、治療の薬とか
そういうのを一つ一つ整理していくんですが。

そんな勉強の中で、雑談してると、
なんか文系的なものに魅かれへん?っていう話に。

まあ、文系的っていう段階で、理系的なんですが。苦笑。

たとえば、俺は、写真とか世界の風景とか、文化とかに興味があります。
たかだか日本にいるだけでは、まったく想像できない世界だらけなんですよ。
この世の中。
俺だって実際にはあまり行ってないけど
本とかふと読んでみると、本といろんな世界がある。
そういうのを感じたいなって思う。
たとえば、将来、医師になっても、趣味の部分ではそういうのを
していけたらって思う。

友達は、なんか自宅を兼バーにしたいらしい。笑
なんか時間あったら、ときどき作ってみたり。
なるほどな~って。
なんかを作り出していく的な。ね。

なんかそういう、サイエンスではない部分がめっちゃほしい。
考えるより、感じるみたいな。ね。
(写真にしてもバーにしても、もちろん理論があると思うけど、感性もだいじっぽいやん?)

文系的もとい、感じる的なものがいいなって。

・・・・・・・・・・
この間、大阪に戻ったときに、ふと立ち寄った本屋のコーナーで
フォトとなんかコメントを添えた本が目に入って、かったんやけど。
いいでんす、これが。

仁礼博さんの、「写真で深呼吸。」っていうやつ。
なんなんだろう。
写真と、それについてのコメントがあるんだけど。
写真はけして、特別なものをとってるわけではなく。
気にしなかったら、見過ごしてしまうであろう
素の日常の一こまが写されてます。

そのコメントも、なんかいいんです。
ふわふわふわって、やさしくなれるっていうか。
忘れていたものをおもいださせてくれるっていうか。
そして、なんかわくわく。
なんだか楽しい。
(本にもすこしわくわくする仕掛けというか、、、笑)

ほんと好きな本です。
Comment

志は 空高く 永遠に

2006-12-02 | -ココロコエ-
春には、きれいな花で多くの人を笑顔にしてくれるのかな
冬には、その凛とした姿で生きる強さを教えてくれるのかな

話を聞いてあげれる人たちのなかのひとりだった。
僕は何もできなかった。

返ってくる言葉もないけど、
ほんとうにごめんね。

いまでも時々思うんだ。
なにかあったとき、
どんな言葉を交わすのかな。
きっと笑って、、、みたいな。

いくら思っても、取り返しはつかない。
Comment

浜崎あゆみ8th album「Secret」 on sale

2006-12-01 | -大学時代記-
昨日は家にいなかったんで、
今日、アマゾンから届いたCDを聞いてみました。

レビューは書くキナカッタンデスガ・・・

・・・すごい。

いいです。

Not yetからスタートですが、
なんだかこれから何かが始まる予感がします。

ロック色の強い、でもキャッチャーな曲が続きます。

そして今回は、インスト曲もしっかりしています。
ほんと、このアルバムのイメージをしっかりと作り上げています。

注目のテレビで大量オンエアされている「JEWEL」
実際にCDで聞いてみると、アレンジもすごいわ、歌詞もすごいわ。
ほんと、自然と涙が溢れてきました。笑
流しはしなかったけど、、、
目が熱くなりました。

そして、次曲「momentum」。
のっけから、サビが始まるんですが、
こちらは、いままでの浜崎にはなかった曲の進行。
歌詞も、かなりいいです。
(俺の詩とかによくでてくる世界観に近いところも・・・喜)
PVは、はじめは?だったんですけど、
歌詞をよく読んでみると・・・
なんて、かなしいんだ。
でも、なんて切なくて、なんて美しいんだ・・・

そして既発CDが続くんですが、
「Born To Be...」「BLUE BIRD」と、シングルだけで聞いていたら
とても明るいし気持ちいい曲だというイメージが強いんです。
でも、このアルバムを通して、聞いてみると、
またぜんぜん違った印象を受けます。
なんか、せつなさも抱えた明るい曲。
いや、切ない部分もあるからこそ、明るいところも意味があるっていうか。
言葉にすると意味不明ですが、
アルバムを聞いていく中で、そういう感情がどっときました。

そしてラスト、Secret。
浜崎のファーストアルバムのA Song for ...を思い出しました。
浜崎はずっと、悩んで、考えて、そしてそれを表現してきてるんだ・・
そんなことをふと思いました。

いいですね。
過去最高のアルバムと形容される「MY STORY」に匹敵するアルバムやと思います。
アルバムの性格は違うと思いますが。
うん、MY STORYは、ほんとアルバムがひとつの物語としてのものがあったと思います。
今回は、1曲1曲がみんな違う顔をしています。
でも、その後ろにあるものは、いっしょで、だから、
通して聞いて気持ちいいんだと思いました。

ぜひツアーしてほしいですね。
今回は、案内がはいってなかった・・・
聞いてみたい。
リアルで、この曲たちを感じたいと思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、すこし営業。笑
最近のパターンだと、秋冬にバラードで、アルバム発売だったと思います。
秋冬の曲としては、voyage,No way to say,CAROL,HEAVENなど。
今回も、JEWELをこの形でシングルで発売していたら、
あ~、またバラードね的な。
ある意味、ファンを裏切らない。
JEWELがここまでのパンチの持つことはなかったように思います。
もちろん、同じ曲なんでおかしなことを言っているように思いますけど。

でも、今回は、アルバム曲として発表。
このアルバムの世界観としての位置づけをしっかり持っています。
そして浜崎の代表曲になるんじゃないかな。

・・・でも、このアルバム、タイトルはSecret。
聞いていく中で、またいろんなことを感じるんでしょうね。

Comment