のんびりのーと「ココロコエ」 dA-iki

君がいてくれて、ありがとう。


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

2009-06-27 | -日々の生活-
旧版のテレビ版からはや10年。
そして新劇場版として復活の第二弾が公開されました。


以下ネタばれ。











テレビ版とすこしシンクロさせつつ、同じ会話を使っていてもカメラアングルが変わっていたりとなかなか新鮮。そして、内容はというと、さすが映画の時間軸でありシンジたちやいわゆる一般人のいわゆる非戦闘時の普通の日常にたくさん時間を割いていたりしてその分よりいっそう戦闘の大変さが伝わったり。シンジたちのいる世界の海は赤い海。セカンドインパクト前の青い海。そんな青い海を初めて見たシンジは「生臭いね・・と」。それは、生物が自然の営みでしんだ死骸があるからだと。。

にしてもリバイバルといえど、こんなに楽しめるものかと。新劇場版では今回も、キャラクターはいろいろネガティブなイメージを持ちつつも前に向かって生きようとする姿勢が見られ、あるいは絆、愛などをテーマにひたむきに頑張っていきます。そしてストーリーはいよいよ『破』壊され、いよいよオリジナルです。・・・でもなんだかどことなく同じテーマが根底に流れているような気もするのですが・・・不思議。

挿入歌も、あえての選択なんでしょうね。初めから息をのむシーンの連続。そして残酷なシーンこそ挿入歌をイメージと変えることで、気持がどん底に落ちることなく、でも逆に対比的な感じで残酷さが際立ったり。でもそんな工夫があるからなんとか2時間弱の映画を見終えることができたんだと思います。

とにかく、日本のアニメーション、最高傑作のひとつエヴァンゲリオン。そんな世界にもうしばらくシンクロする時間を持てることに感謝です。さて、次回第3弾はいつになるのかな。そんな待ち時間さえも楽しみのひとつです。
Comment