のんびりのーと「ココロコエ」 dA-iki

君がいてくれて、ありがとう。


しゅうでんが

2018-01-31 | -日々の生活-
終電が仕事の律速段階って
けっこうあるある
(T_T)

Comment

米津玄師+菅田将暉 「 灰色と青」(2017)

2018-01-30 | 好き曲-BesTracks-



この年末年始の特集?とかで、曲を浴びて、めっちゃいいやんて。おそ。

曲もいいし。

歌詞もいいし。

なんだろう、懐かしくもあり、新しくもある。

普遍的な感じがしますね。

声も高すぎず、ぴったりなんだかあってますし。

言葉の乗せ方も丁寧な感じがして。

久しぶりに、なんかしばらく以上、数年単位以上で自分に残っていきそうな作品です。



ダースーさんは、ほんと引き出しが大きいですね。

髪型とかでも全然雰囲気変わるし。

万千代もよかったし。

ダース―さんも、久しぶりに飽きないというか、ずっと見ていけそうな俳優さんな感じです。



Comment

裏運気

2018-01-30 | -日々の生活-
4月からの就職先がきまりました。

ああ、1年でしたねwww苦笑。

徒歩10分の、電車一本40分少しの乗車と徒歩15分。

家から片道70分ぐらい。

高校以来ですね。以降は、Door to Door by carみたいなんでしたから。

うげえ~と思うところ。

自分は、ゲッターズ飯田さんのいうところ、「金の羅針盤」

なんだか、裏運気という年で、

全てを逆に、不運じゃなく勉強と思うことで前に向かっていけると書いてあり。

(細木さんのは大殺界!と絶望しかなかったので、買いませんでしたw)


そう、

ここは、


ゲッターズさんにならうと



始発からだし、たぶん60分ぐらいは、座れる通勤電車。

本読めるじゃん。

仕事でもいいし、割り切って、源氏物語とかでもいいしw

徒歩50分。

運動になるやん。


電車の途中は、大都心を通るし、ちょっと寄り道もできるやん。



と、思うわけです!!!




あ、でも、週休3日から、週休2日、そして週休1日へ!!!

まあ、これはネタですけどねえwww

まあ、今は、週休2日だけど、全く違うし、超過勤務も1秒も1円もつけてないから

週休1日でも、お給料に入るなら。

1日あたりの仕事が少しでも軽減、ゆとりがうまれるなら。

…ちょっと、このショックは大きいですけど、まだww






うん。



日々邁進。



…長らく久しぶりの言葉も出てきた。

Comment

『小室先生に届け~!』 FACES PLACES (globe)

2018-01-28 | I love 小室哲哉


小室さんとの初めての出会いは、小学校4年のときにラジオでTMのヒットベスト10みたいなので、先生がパーソナリティしてましたけど。それをいい曲だっと思ってあわててカセットテープに録音して、ひたすら2-3年聞いてましたね。小室さんもTMも知らず、どんな人かも、顔かもわからず。ただ曲がいいなあって。今でも覚えているのは、humansystem,SEVEN DAYS WAR,大地の物語,Time Passed By Meなどでしたね。小室先生たTMを知るのは、その数年後。TMは解散のニュースで知った!!

でもでも、

人生で初めて買ったCDは、globe 2nd album 「FACES PLACES」。

おこずかいを握りしめて、京阪百貨店のCD屋さんで買いました。

アルバムとシングルの違いも判らず、、なんとかアルバムを買いました。

ミュージックステーションで、金髪のKEIKOが、髪をふりかざして

歌っていたのをみて、息をするのも忘れるぐらい見入って、自然に泣いた曲。


メロディーはシンプルだと思うのですが。

アレンジ?どんどん音が増えて行って、転調もして、

静かに始まったと思ったら、ギターがガンガン鳴って

ボーカルを挑発するように。

これ、小室先生。歌ってないけど。

歌詞に出てくる年号は、小室先生の転機となった年というのも有名な話。

そして、静寂、昇華されていく構成。


これも、映画のごとく、景色が変わっていきます。



歌詞も、通り一辺倒ではない。

とにかく、孤独とどうにもならない焦燥感ともがいている自分。



1st single 「Feel Like dance」から1年半後の音とは思えないwww

そしてもどっちも広がっていった曲。

これが小室先生のすごさです。




この次、年は何年になりますか?

2019年、復活!?

待っています。





Comment

『小室先生に届け~!』 a song is born by KEIKO&浜崎あゆみ

2018-01-22 | I love 小室哲哉



アメリカのテロ9.11を受けて、小室先生が作った楽曲。

他のavex系を中心に、アーティストが参加して、songnationというアルバムを制作しました。

…今から考えるとすごいですよね。

そんなことした人、日本にいないですよね。

音楽と純粋に向き合ってきたからこそ

そして魂の根源がまっすぐだからこそ

こういうことができたんだと。

そして、周りの人も。


いろいろなことをされてます、本当に、小室先生。


Comment

『小室先生に届け~!』 Piano concert

2018-01-22 | I love 小室哲哉



あの、裁判のあとで先生がピアノソロコンサートをされた時のDVDのPV

自分も大阪の森ノ宮ホールに行きました。

本当に、小室先生の奏でるメロディーが身に染みて。

そして、終わってから握手を!!!

思ったよりごつごつした手で。

一瞬だったけど、

「昔からファンで、トリエーも聞いてます!」って言ったら

笑ってくれたのを思い出します。


Be the One のピアノが聞きたいです。


…このDVD取り出してきました。

久しぶりに先生に会います。

またソロピアノコンサート、ピアノと小室先生も感じたいです。


Comment

『小室先生に届け~!』 Feel Like dance (globe) 

2018-01-21 | I love 小室哲哉
小室先生に届け~!!!




小室先生のglobe。

TMNETWORKが終わって、新ユニットのデビュー曲。

始めは、KEIKOとMARCの2人ユニットでorangeという名前だったとか。
すこし入る余地があったように感じて入ったと言っていたよう。


2017年の関ジャムでは、転調のテーマに関して話をされ、
「曲の空気感がかわります」
「ジェットコースタームービーみたいなのが好きで。
 音楽もどんどん変わる、景色が変わってく、
 そんな風にしたいなって、ずっと思ってて」と先生。



まさに展開が、すごい曲。



イントロ~サビ、間奏~MARCのラップに、先生の声!、
そして「泣ける夜の公園は~」
最後は、転調に転調で、どんどん曲の雰囲気が変わってくる。



改めて聞くと、こんなに一曲に展開があるのって、他にないですよね。


先生の曲の中でも珍しい気もします。


Comment

矛先は……に。

2018-01-20 | -日々の生活-

というか、

この10年。

なんかとにかく人を非難するというか

攻撃して、という風潮が強まったなって。

人を平気で傷つけていく感じ。

たぶん、SNSの発達に関連していると思う。

その匿名性、自由度、自分は攻撃されにくい。

ある意味、とてもアンフェア。

不倫は悪いことだけど、

それだけでアーデンティティーを失わせることまでしていいのか。

なんていうんだろ。

悪いことは悪いんだけど、それは言っていいんだけど。

とにかく多いなあって思うのは、

非生産的非難、攻撃。

なんとなく、みんな、生きにくい世の中になっていると思う。



あえて、雑誌名は隠すことにしました。

載せることが悪。

Comment

小室さん

2018-01-19 | -日々の生活-

ニュースZERO

引退特集になっている。

もう、涙出てきた。

突発性難聴も。

どこが才能の枯渇しているんだ!!!

必要だよ、

なにがもはやここまでだよ。

飽きてないよ、全然。

今でも、たったいまでも小室さんの音を楽しんでいるのに!!!

なんで伝わらないんだ!!!

小室さん!!

僕の声は届かないけど、

もっと小室さんに近い人、助けてあげてよ!!!

聞いてあげてよ、小室さんの声を。




勝手に、くぎっちゃだめだ!!!

ゼロ―!!!
Comment

拝啓 小室哲哉 様

2018-01-19 | I love 小室哲哉

拝啓 小室哲哉様

本日、スマホで「小室哲哉 引退」との速報が入りました。
頭がまっしろになりました。
不倫については、、、先生は、まっすぐなので男女の関係がなくても
精神的にはあって、それでけじめをということなのでしょうか。
それで引退、というのは、とても悲しいです。

今の音楽業界に僕の才能が必要なのかと疑問を持たれていたと見ました。
いや、必要でしょう。
90年代の100万人は必要としていないと思います。
でも、時代は変わり100万人単位というのは、ほんの一部のアーティストだけでしょう。
そこに戻る必要は先生はないと思います。
そして先生は昔にそれを成し遂げたのですから。
もう一度というのも想いとしてはあると思いますが
音楽も多様化しました。

AAA,最近では、PANDRAなどとても楽しみにしているんです。
少なからずは、いると思います、先生の音楽を楽しみにしている人が。

過去の曲ばかり取り上げられる。
それは、今の曲が面白くないとかつまらないとか必要とされていないのではなく
過去の曲が偉大すぎただけの話です。
そしてカラオケや世紀末の閉塞感や当時の風潮なども手伝っていたから。
けなすわけじゃなくて、時代が違ったらそのブームもなかったかもしれません。

そこにたもう一度たどり着かないのが苦しいのではなく
それだけとてつもなく大きなことをしてきたんだという誇りを先生には感じて欲しいです。
以降もあれほどの影響(力や機関)を持った人なんてそうそういません。
get wild 33曲アルバムとか普通にできません。
ブーム後も先生の楽曲を若いアーティストがいろいろカバーしています。
先生が必要ないのなら、みんなカバーしません。

そうですね、最近では、

安室さんのHow do you feel nowなんて、とてもとても好きです。

PANDRAのCDは買いますし、ビーざーわん♪
2月は、trfの25thライブに行きます。where to beginも聞きたいし。

昔からずっと、先生の音楽が好きなんです。
そして先生の生き方、純粋なところも伝わっています。
こういうファン、応援している人もいるってことを忘れないでいてください。

もし、疲れているのなら、休んでもらっていいと思います。
でも、こんな音楽したいなって思われたら
そしてavexも応援してくれたら
いつでも待っています。

過去のアーカイブ商品の発売は先生は興味がないこと知っています。
最低限の音楽、先生には似合いません。それは、償いではありません。
また先生の感じる、表現したい音を聴きたいです。

先生が、人を殺したり本当に取り返しがつかない罪を犯したりしない限りは
自分はずっと応援しています。先生の作りたい音を待っています。

しんどかったら、休んで。
そして、きっと先生なら、また音楽がしたくなるはず。
待っています。本当に待っています。
100万人は、もう成し遂げたから気にしないでくださいね。







PANDRA 浅倉さんとのユニット






baby baby babyとかLady generation なんて、先生のことが好きじゃないと選曲しませんwww






楽曲は国境をこえています。



Comment