僕の感性

詩、映画、古書、薀蓄などを感性の赴くまま紹介します。

リバーサイド蕎麦屋

2019-05-19 21:21:35 | 食べ物

蕎麦屋はリバーサイドが良い!

寒河江川の水面の煌めき

そして

頭のてっぺんから足の爪先まで

風が吹き抜けた気がした

旬の山菜満載の肉蕎麦

 

 

 

 

 

コゴミ、蕨、月山筍、なめこ、そして薊(アザミ)

実にうまい!

谷地の一寸亭で修行した店主の作品

本家を凌駕するスープと中細麺

キビキビと働く従業員の方々

 

店の名は

そば処ふもと

 

 

 

清々しい真昼時だった

 

コメント

夫婦箸

2019-05-07 19:53:27 | 感動

今年の三月、私たちの元から新たな門出をしたHくんが、夫婦箸を贈ってくれた。

何もかまってあげられなかったのに なんという不意打ち

 

 

箸は人と人を橋渡しする物、そしていつまでも美味しいものを食べてねという

優しい気持ちがこめられている。

 

 

お礼の電話をしたら、今は中学1,2年生を受け持っているとのこと。

教科は社会で今は地理を教えているそうだ。

一年生は初々しくまだ質問も少ないが

2年生は、ばんばん疑問を投げかけてくるらしい。

わかるのはその場で答えて、少し自信がない質問には「後ほど調べて答えるね」と

知ったかぶりをせず真摯に対応するそうだ。

 

職員室で他の先生方と一緒に弁当を広げるのも新鮮で楽しい感覚だと言っていた。

言葉のはしばしに嬉しさがほとばしっている。

先生として頑張っている姿を髣髴とし嬉しくなった。

 

このように貴重な初任給を使って箸を買ってくれる優しさ

その気持ちだけでも嬉しいのに もったいなくて使えないではないか。

 

 

 

 

 

コメント

千姫から奥日光へ

2019-05-06 10:18:13 | 

 

花衣 千姫物語に宿泊したが、それはそれは素晴らしい一言に尽きる宿だった。

接客が丁寧、食事が工夫を凝らしている、お湯も泉質がよい。

またアメニティグッズも豊富に取り揃え、女性は浴衣も選べる。

そして最も素晴らしいのは、食事を運んできてくれた男性が、

私のくどい問いかけにも嫌な顔一つせず

笑顔で対応してくれたことだ。

とても栃木県が県ランキング43位とは思われないのが実感である。

日光は「ゆば」が有名で、京都では「ゆば」を湯葉と表記するが

日光ではその見た目からか、「湯波」と表記するそうである。

夕食

盛り合わせ

 

吸い物、若竹椀

 

 

おつくり盛り合わせ

 

 

湯波の刺身

 

しゃぶしゃぶ千姫風

 

 

湯波の含め煮

 

じゃがいも饅頭など揚げ物

 

生姜ご飯、香の物、赤だし

 

順番がとんだが、タラの蕗みそ焼き

 

デザート

 

 

 

次は朝食

 

豆腐

 

 

 

ヨーグルトが濃厚で美味

宿からの眺め

 

 

 

 

宿を8時半にチェックアウトし奥日光観光へ

第二いろは坂を上りきったところにある明智平

大パノラマの眺望 男体山も見える

 

 

次に回ったのは藤村操の巌頭之感で有名になった華厳の滝

エレベーターで100メートル下に降り

観瀑台から間近の滝を満喫する

 

栃木県の花 ヤシオツツジも咲いている

 

明治36年一高生、藤村操は、ここで投身自殺をした。

夏目漱石の英語の授業で、「君の英語の考え方は間違っている」と言われた二日後の出来事だった。

悠々たる哉天壌、遼々たる哉古今、五尺の小躯を以て此の大をはからむとす、ホレーショーの哲学に竟に何等のオーソリチーを値するものぞ・・・

こう彼は楢の大木に彫って亡くなった。あまりにも当時の学生、若者、当事者、識者たちへの影響力が大きく、立身出世が最大の美徳と叫ばれた当時の社会に一石を投じるものだった。

後追い自殺かのようにその後4年で185名が亡くなったという。

 

話が横道にそれたが、朝の奥日光は結構寒かったが

中学修学旅行以来の日本三大名瀑の一つを観ることができた。

 

 

次は湯ノ湖から流れ落ちる滝、湯滝を観た。落差50メートル、白波が岸壁を覆いつくすように

見事に流れている。

団子とコーヒーを飲み一服

 

 

大蛇と大ムカデの戦いで有名な戦場ヶ原にも立ち寄った。

下野国(現在の栃木県)の二荒神(二荒山(男体山))と上野国(ほぼ現在の群馬県)の赤城神(赤城山)がそれぞれ大蛇(男体山)と大ムカデ(赤城山)に化けて戦った戦場であるというもの。最初二荒神が劣勢だったが、岩手の小野猿丸を味方につけ、猿丸の放った矢が大ムカデの眉間を打ち、勝負は決した。

 

熊笹が密集している

 

 

 

 

次の行程は竜頭の滝 滝と滝の間の大岩が龍の頭に見えることから命名された。

 

可愛い兎さん

 

ヤシオツツジ

 

 

中禅寺湖に行く

中禅寺湖には、上野島(こうずけしま)という離れ小島があり、勝道上人と天海僧正の首骨納塔とお墓がある。

たまに水位が下がると徒歩で行けるらしいが、普段は舟でしか到達できない

隠れたパワースポットなのだそうだ。かなりぼやけているが、望遠で撮った上野島

 

 

日光山輪王寺の別院である中禅寺にも参拝する

門には風神と雷神が金剛力士象のように対になっている。

雷神が指三本の赤鬼、風神が指四本の青鬼である。

 足の指は両方とも指二本。

ここの本堂の十一面千手観世音菩薩は子年の守り本尊で、私を含めた子年生まれを一生お守りする有り難い観音である。

日光の開祖

勝道上人が立っている桂の木に観音様を彫った。

だから今でも根っこが残っているそうである。

観世音をお守りする4体の守護神は頼朝が寄進したものと伝来されている。

 

この場所でなんと雹に降られる。雨でもなく雪でもなく雹なのだ。傘をさしながら境内をめぐる。

五大堂の講堂に日光の鳴き龍と同じ作者の龍の画が描かれている。

 

講堂には不動明王、隆三世明王など五体の明王が安置され人々の安寧のためご祈祷する場所なのだ。

 

 

 

次の訪問先は、イタリア大使館の別荘地跡

中禅寺湖と日光白根山が美しかった

 

 

 

大使館の中

 

 

 

また外の眺望に

おいおい入水自殺は止めてね

釣り客だった

 

 

 

午後二時ぐらいまで駆け足で回って

下今市駅から東武日光線で池袋まで行く

そこから西武池袋線で椎名町へ

ここは漫画家の聖地「トキワ荘」があった場所

手塚治虫や藤子不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎らが研鑽を積んだ街なのだ。

藤子不二雄の二人が「ンマーイ!」と驚嘆して食べたラーメンライスがある「松葉」で夕食。

 

昔ながらの懐かしい中華そばを4人で啜った。

 

 

 

ちらっと見えるのがチューダー

 チューダーとはトキワ荘の住人、寺田ヒロオ氏が編み出した安く飲める焼酎3対サイダー7の割合で作った飲み物。

 作ってくださったのが二代目店主山本一廣さんの奥様で

中国出身の山本麗華さん。笑顔がチャーミングな方だった。

藤子不二雄さんたちが住むトキワ荘に当時出前をしていた

「しのぶちゃん」については、尋ねたのだが、わからないということだった。

私たちが山形出身だよと知らせると

「サクランボが美味しいよね」と二回ぐらいおっしゃっていた。

 

 

他の定食類 食べかけで申し訳ないっす

 

 

 

焼肉定食の焼肉がソース味で皆に好評

 

 

流石漫画家の聖地である

 

様々な漫画家の色紙が飾ってある。

 

 

食事を終え、東武東上線の大山駅近くのホテルに向かった。

5月4日もハードスケジュールだった。

5日は東京スカイツリーと上野の東京国立博物館である。

コメント

家康は

2019-05-06 00:00:07 | 歴史

 

徳川家康が亡くなった後の神号を「大明神」にせよと主張した金地院崇伝、

しかし「明神」では秀吉の死と重なるので、「大権現」にすべしと南海坊天海は言った。

御存じ108歳まで生きた天海の主張が通り、家康は大権現の諡号を賜られた。

その大権現が祭られている「日光東照宮」に3日、家族で訪れた。

新幹線とJRを乗り継ぎ、日光駅に昼頃到着、東武日光駅近くの「らんぶる」でゆば丼など食べる。

日光東照宮までのバスが2時間も渋滞しているとの情報から約30分歩いて行った。

外人さんも多く、レストランではジャッキーチェンの映画を見ているようで、

歩いている欧米系の人たちは、ほぼ半袖のいで立ちで、力強く歩いていく。

、我々4人も負けずにひたすら歩いたよ。

やっとこさ到着。

 

陽明門は煌びやかで、日暮門と言われるようにいつまで見ていても飽きない。

 

 

一か所魔除けの逆柱があって、完成した時から崩壊が始まるという事を

あえて未完成にして逆の文様にしたのだ。

 

唐門も美しく貝殻で作った胡粉を多く使用している。

 

有名な左甚五郎作と言われる「三猿」は新厩舎に掲げてある。

所謂「見ざる、言わざる、聞かざる」である。

表門の木鼻には「獏」の彫刻があるが、獏は病疫や厄を避け、邪気を払い、鉄や銅を食料にするといわれる。

いわば刀や槍などの鉄製の金属を食べてしまう瑞獣なのだ。別な言い方をすれば平和の象徴であろう。

獏は右側

 

上神庫の狩野探幽作ので想像の象も珍しい。

尾が三本あり毛もふさふさしている。

 

有名な「眠り猫」は。坂下門に彫られている。裏が平和に遊ぶ雀が彫られているので

やはり平和の象徴と見えるが、実は寝たふりをしているように見せかけ、本当は家康公を守っているのだそうだ。見る角度のよって獲物を狙う鋭い目にも見える。

 

眠り猫から207段登ると家康公の墓がある。

その手前の鋳抜門の映像にオーブが映った。

 

お墓

 

他に鳴き竜や拝殿、本殿など興味深く見学した。

 

 

二荒山神社や日光山輪王寺などパワースポット巡りにひと際頑張った。

宿は「花衣 千姫物語」。

従業員の接待の肌理こまやかさには驚愕した。

宿の内容と4日の奥日光篇は後ほど。

コメント

本をよく読むこと

2019-05-01 20:38:33 | ことば

Aは卒論を書くとき、作家の先行研究が少なかったので、福島の図書館に足を運んだり、時には学習院大学の資料を読み漁ったりしていました。

謂わば「渉猟」していた、と言えるでしょう。

 

また、孔子が易経を革紐が擦りきれるほど何度も読んだことから「韋編三絶」という熟語が生まれました。

 

また、透視能力があるがのごとく、文章の真意を汲み取ることを、「眼光紙背を徹す」と言います。

「行間を読む」を更に格調高く表現した言葉なので、誉め言葉として使われることもあります。

精読、熟読、乱読、いろんな読み方がありますが、

貴方は積ん読(つんどく)かな?

コメント

令和の結婚式

2019-05-01 15:47:48 | 感動

本日はAの華燭の典に列席しました。

Aには卒論を見せていただいたり

太宰治や泉鏡花について論じあったりもしました。

卒論の作家の全集やその作家に関する評論を

貸したりしました。

彼女はありきたりの作品ではなく、嵯峨の屋おむろの「くされ玉子」とか、梶井基次郎の「Kの昇天」とか国木田独歩の「運命論者」とか陰に隠れた名作を愛していました。私も「春のやおぼろ」は知っていましたが、その弟子「嵯峨の屋おむろ」は知らなかったので

彼女の教養の深さには舌を巻いたものです。

文学にとどまらず、居合いやチアリーディング、過去には弓道にも励んでいました。

時には巫女さんのアルバイトにも従事し、古式ゆかしい女性という形容にとどまらず、八面六臂の活躍をしていました。

卒業の時には卒論で論じた作家の初版本を二冊あげたら

大変喜んでくれました。

彼女には若さというエネルギーを貰いました。

席順のパンフレットには恩人と記してあります。

テーブルの隣の人達はAの同期でとんぺい卒の

気さくな女性達でした。

話も弾み楽しい時間を過ごすことができました。

Aのお父様、お母様が麦酒を注いでくださり

お世話になったとお礼を言ってくださいました。

私も良い人とご縁があってよかったですねと

お祝いの言葉を述べました。

最後に旦那様が挨拶をして、二人がそれぞれのご両親に花束を贈呈するシーンでは

ご両親とも喜びの涙を流されていました。

淑女のAとめっちゃ明るい旦那様と

幸せなオーラで包まれていて、キャンドルサービスで

テーブルを回ってきたときには

何十年か前の自分を思い出したりして、二人の

幸福を分けて頂いた心境です。

令和の幕開けに相応しい良い結婚式でした。

 

コメント

猿 雉 羚羊

2019-04-27 12:31:10 | 生き物

Sが山で見つけたカモシカ 

 

先日は雄のキジ、その前は猿も見たと言っていた。

 

桃太郎みたいね。

 

 

コメント

厳美渓

2019-04-25 19:35:57 | ドライブ

 

 

 

 

 

 北上展勝地を後にして一行は厳美渓へ。

幸田露伴は自らの紀行文で厳美渓の印象を次のように述べている。

淵の蒼き、岩の奇なる、殊更岩の上に老松幾株翠を擬 せる、水の幾羽にも分かれて流るる』

まさしく奇岩ごろごろ、瀬の水しぶきと淵のコバルトブルーやエメラルドグリーンの対比も面白い。





空飛ぶ団子にも遭遇した。

東屋と店(郭公だんご)をワイヤーロープでつなぎ、籠に400円入れ合図の板を叩く。

さすれば対岸の店から手動でするすると団子と茶が下りてくるのだ。

お茶は奇跡的にこぼれず、団子は餡、胡麻、みたらしの三種類でワンセット。

団子はいずれも柔らかくとても美味しい。

 

 

 

そぞろ歩くと道々の花々も可愛い。

 

 

 

 

 

 

コメント

北上展勝地桜まつり

2019-04-22 19:18:03 | ドライブ

みちのく三大さくら名所の一つ、岩手県の北上展勝地桜祭りに出かけた。

抜けるような青空のもと我々は躍動した。

北上川を渡る連なる鯉のぼりが空気を吸い込む。

 

 鯉が龍になり昇る

 

 

桜花爛漫

 

 

 

 

 

 

 

焼石岳か 美しい

 

 

 

 

 

川沿いにある「沈流亭」で昼食、特上天丼を食べる。

 

夏目漱石のペンネームの由来、漱石沈流からとった店名かな?

 

 やわらかに 柳あをめる 北上の 岸辺にみゆ 泣けとごとくに

あまりにも有名な啄木の詠った歌の北上川は東北で最も長い河川である。

都会に疲れた啄木は、故郷渋民村の北上川の岸辺に見える色づいた柳

、ないし源風景に心慰められるのである。

室生犀星も「小景異情」の中で小京都「金沢」を思い出しては

帰るところではないが、帰りたいと吐露している。

また承久の乱の責任をとり佐渡に流された順徳天皇は、「野菊」を見つけて

都への望郷の念を癒した。

とかく男子というものは感傷的というかナイーブというか女々しい動物である。

 

コメント

K君とランテルナロッサ

2019-04-19 21:39:46 | 食べ物

K君と妻君とランテルナロッサに行く。

三回目なのだ。

春らしい旬の食材を使った料理

視覚で愛でて味覚で翫味する。

 

チーズが舌を弾く

皿に散乱する物体は天かすにあらず、カラスミである

桜海老とパスタのバランスが秀逸

 

メインの鴨のロースト

厚みがある

ソースは赤ワインにバルサミコ酢を加えたものか?

 

食べたかったソーセージ

ほうれん草との取り合わせが良い

 

単なるサービスのひとつとはいえぬデザート

完成された逸品

皿の周りの粒は塩

 

最後に珈琲を頂いて ご馳走さま

 

K君は終始ニコニコと笑顔

嬉しい 楽しい二時間半だった。

コメント