『天然宣言』 勇気を持って生きていくブログ

笑える天然ボケの実話です。失敗談から子育て節約話まで満載!笑って元気になるブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

けん、けん、ぱ 入学式

2012-04-10 22:04:45 | 私の天然ネタ
今日は、娘の中学校入学だった。


この日のために、2年前からアウトレットでスーツを買って用意していた。

ちなみに、娘の卒業式の服も、去年シーズンオフにGET

こんな時、節約家の血が騒ぐのだ。



ところが、今日着たのは、スーツではなく、なんと着物!

姉が私に嫁入り道具の着物をくれたのである。

今は亡き母。

姉二人に着物を作くり、私にも作ると言い続けたが、きっぱりと拒否

だって、着付け代だってばかにならない。

そんな私に、母は「なんだって、あんたは…。」と嘆いていた。




「着物、着て欲しいわ。」



母が私に語りかけている気がした。


ピンク地に桃やさくらなどが描かれた華やかな着物。

ちょっと若向きかな?

40歳の私には、今が限界かもしれない。

美容師さんが着物や帯など褒めてくれる。

母が一生懸命選んで買ってくれたその気持ちを思い、あつくなる。



結婚式以来、なんと17年ぶりの着物。

結い上げた髪。

しずしずと歩く私。


やっぱり、着物っていいかも


「お似合いですよ


美容師さんの言葉の続き、



 「1万3,600円です。」








スーツ、買ったんだよな…。


5千円で…。




ま、いっか。



春、晴れた日の下、着物を着て、晴れやか私。


けん、けん、ぱ!


して、歩きたい気分


だけではなく、


実際にけん、けん、ぱ、する羽目になった。



無事、式を終えた帰り道、


ぞうりの裏がはがれ、歩けない状態に…。


 ( 仕方ないなぁ…。)


けん、けん、ぱ!


着物を着て飛び跳ねる私。


んー、・・・・・・・・・。





ぞうりを脱ぎ、足袋で歩いて帰った。


何かしらアクシデントに見舞われるのが私。


でも、かえって思い出になった一日だった。





って、今日は、息子の誕生日だった


おめでとう言い忘れてた





息子の誕生日・娘の入学式、


今日という日に感謝します。
























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そこには、ない…。

2012-03-27 14:52:33 | 私の天然ネタ
先日、三歳の娘とプールに行った。

顔に水をようやくつけられるようになった娘。

でも、まだまだ失敗も多く、鼻に水が入ってしまった。

ゲホゲホ、むせている。


娘  「お母さん、ティッシュ持ってない?」 


プールにティッシュを持っていくわけがない。

必死に顔を拭き、鼻をこする娘の姿がかわいい





先日、会社で試験を受けた。


「選択肢の中から、答えを選び、記号で応えなさい」


悩みながら、答案用紙をうめていく。


採点され、間違えた箇所を上司が説明してくれる。


上司 『「ヲ」と書いてありますが…、この記号は選択肢にはありません。」






そこには、ないんですよね…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何を振る?

2012-02-23 21:56:41 | 赤ちゃんの娘 ネタ
先日、3歳になる娘とお散歩に出かけた時のこと。


私「駆けっこしようか?」

娘「うん!」


私「よ~い、ドン」



一生懸命、私の後を追いかけてくる娘。


私「もっと手を振って!」


笑顔で手を振り、走る娘。


腕を振ってなら分かったのかな?


とってもかわいい娘の姿。

あっという間にもう3歳。

カテゴリーの名前も「赤ちゃんの娘 ネタ」から変えなくちゃ。 



今月、カードの請求が来て驚いた。

娘の中学制服代、冬タイヤ、車のバッテリー、バーゲンで買ったコートetc…。


主人が言う。

「スキー買おうかな?」

しめて5万円也…。


息子、娘が言う。

「ラバー(卓球)、変えたんだけど。」

しめて1万5千円也…。


その後も子供の卓球遠征費、修学旅行費と請求が続いた。


主人


「そろそろ、お小遣い日だけど…。」


ない袖は振れないんだなぁ。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘れない 2

2012-01-26 22:58:39 | 震災のこと
35年近く前。


バス停前によくあるベンチ。


そこに姉とちょこんと座って、

父が会社から帰ってくるのを待っていた。




「お迎えかい?えらいね。」



私達姉妹にアイスを差し出しながら、

声をかけてきたのは、バス停前にある商店のおじちゃん。

魚屋、花屋、肉屋、八百屋が入っていて、日用雑貨からなんでも揃ってしまう。

昔ながらの商店だ。


「ありがとう!」

お礼を言ってアイスをほおばった。



その商店の2階は、そろばん教室。

当時、習い事と言えばそろばん教室くらいしかない時代。

姉と二人で通った。

姉、6級に落第。

私、6級最低点で合格。


6級で落ちたり、ひどい点をとる人を聞いたことがない。


その後、二人仲良く退会した。







その後、時代の流れによって、お店は閉店。

そろばん教室も無くなった。







ここ最近の仙台では、

震災処理のスッテカーを貼ったショベルカー、ダンプカーが

あちこちで解体工事を行っている。




近所のラーメン屋、お向かいのアパート、友人の家・・・・。





突然、更地になってしまう。





(あれ、ここ何があったっけ?)






そんなことを思いながら、歩く散歩道。






先日、

商店も解体された。





がらんと何も無くなった空き地を前に



(ここに、よく通ったお店があったっけ。)



記憶に刻まれたお店がよみがえる。






様々な物を消し去ってしまった

震災。



忘れられない。



忘れてはいけない。

















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘れない

2012-01-19 17:33:35 | その他色々ネタ
いとこのお兄ちゃんが亡くなった。


もう5年も前のこと。


独り身で、忙しく仕事に明け暮れる日々。


アパートで、一人・・・・・。





とても優しくて、ちょっぴり意地悪なお兄ちゃん。


小さい頃には一緒にお風呂にも入った。

頭からお湯をかけられ、

「やめて~」

と叫んだ。


プールにも連れて行ってもらった。

「せ~の」

と言って、プールに投げ込まれた。


意地悪しては、舌を出して笑っている。





私はお兄ちゃんが大好きだった。





火葬場での叔母は、気丈に振舞っていた。

その前の年に夫を亡くし、翌年、息子に先立たれた叔母。

悲しみを癒す言葉など見つけられるはずもない。



いとこが亡くなった日は、

私の結婚記念日だった。



私は、叔母に

「命日、忘れないよ。私の結婚記念日だから…。」

と伝えた。









去年、



結婚記念日を忘れてしまった。。。。。








今年、



結婚記念日がいつだったかを忘れてしまった。。。。。






調べたところによると、1月21日が結婚記念日。



お兄ちゃんのお墓参り行きたいと思う。


忘れないよ、お兄ちゃん。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加