飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

アイソンが地球に再接近したが、姿は見えない!

2013-12-31 22:20:09 | ブログ

だが、 面白いことが起こっている・・・
アイソンの所為とは断言出来ないが、
無関係とも言えないであろう!
想像するのは自由である・・・?!


 

 公式には、太陽に接近して、核が破壊し、塵となって分散したことになっている。

【転載開始】【2013年12月25日 HubbleSite

ハッブル宇宙望遠鏡が18日、先月末の太陽最接近でほぼ消滅したアイソン彗星の残骸の観測を試みた。残念ながら画像にはそれらしいものは写っておらず、完全に蒸発したか、ごく小さな破片しか残っていないものとみられている。【転載終了】


 しかし、元来、彗星ではなく、巨大な宇宙船(
バイオスフィア)と判断している拙ブログとしては、当然あり得る現象で驚くには当たらない。

 順当であれば、12月27日以後に地球に再接近していることになるが、見えないから確定出来ない。しかし、その頃に面白い現象が地球で起きている。それは、最後尾に転載しておく。

Proton_2

<急激に増加するプロトン>



 いろいろ想像出来るが、先ずは、ご自由にご判断を乞いたい!

 バシャールもアイソンに触れたコメントがある。日本語は、先ず、文字起こしを選択し、日本語を選択して翻訳を設定すると自動翻訳が現れる。

アイソン彗星(C/2012 S1) 太陽系内の動き

ISON: Bashar Christmas Comet 2013


NASA KNOWS COMET ISON IS SPACECRAFT? NO ADS!

  

イメージ 1

 

イメージ 2

 

皆さんこんばんは。26日(木)に「マイクロ波衛星画像に超異常出現」という記事を掲載いたしました。

 

クリスマスあたりを境目にして、MIMIC衛星画像に異変が出現したからです。そして、昨日今日

 

の映像を見てみると、あれからずっと連続して真っ白な帯が多数出現しています。不思議なのは赤道

 

の上と下でずれているということなのですが、そのズレ具合がちょうど12.5度ぐらいあるなぁと思って

 

いたら、調べてビックリ! すべての白い帯の先端部分が、ほぼ正確に経度にして25度の幅を保って

 

いるではありませんか。しかも衛星画像のアニメーション上では、その25度を保ったまま大気の揺れ

 

動く流れと共に移動していっている。驚きと言うほかありません。

 

http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/global/anim/20131223T000000anim72.gif

 

 

しかも赤道360度を25度で割ると、14.4となります。144という数字は、「地」つまり地球自体を表し、さらに「物事の根幹」を示す数字と言われており、根幹と言えば「時空間」しかありませんよね。それが何か建て直しあるいは再設定されているように見える。特に北半球と南半球のズレが12.5度もあるということは、北と南でのアジャストメント(調整)が行われているのかもしれない。実際、地球上で繁栄している国や都市は北半球に集中しており、南半球の目立つ都市は数えるほどです。これはもしかしたら、北と南で時間軸を故意にずらされていたのではないか? その整合作業がいま行われている・・・

 

そのように考えることも出来るわけです。

 

 

144といえば、太古の昔、地球には14万4000人のキリスト意識を持った魂が宇宙移住してきたと言われています。私はそれは太陽系第五惑星が破壊された、6000万年ぐらい前ではないかと思いますが、その時に消えていった緑なす星から、若き地球に来た地球人の祖先の数を指すのかもしれません。アメブロのRoniさんは、これを「14万4000人のフェニックス天使」と表現しておられますが、ここに来て衛星画像に144の数字が暗示されているということは、本当に14万4000人が覚醒する時期が訪れたという意味ではないでしょうか。

 

 

聖書には、終末の日に天使がラッパを吹き鳴らすと書かれています。この白い縦帯は、宇宙の巨大なラッパから流れ出す、無音の大音響のようにも見えませんか? 聖書ではこれを審判の日=ジャッジメントと言っていますが、ジャッジメントには「統治する」という別の意味があり、単純に死んだ人が蘇るという話ではなく、太古の記憶が蘇り覚醒した、宇宙の魂が統治する時代を意味するのだと思います。

 

そして来年は、20「14」年。ここにも大いなる宇宙の流れを感じ取る事が出来ますね\(^o^)/【転載終了】

<script type="text/javascript"> // </script>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Free Hugs for all people(人々と自由に抱き合う・・・)

2013-12-31 08:41:00 | ブログ

見上げた青年である!
ETのような青年である!
根幹を衝く青年である!
感動した!



 『一円融合 心田開発』さんから、知ったのであるが、元記事から入って、動画を並べてみた。


 確かに勇気ある行動である。感動のハグである。


 何故、感動するのか? 人間は元は一つなのだ。日本人・韓国人・中国人・・・そして、各国人に分けられているが、その魂に置いては、魂の遍歴を繰り返している。

O0480036011811933591


 それぞれの国や地域に転生しているから、それぞれの環境に慣らされ、その思考・国情に流されるけれども、元は独立した魂である。であるから、つまらない国情は政治的対立からは独立した思考をすることが出来る。


 きな臭い政治的対立の中にあって、刷り込まれた感情は本来のものではないから、人間としては共有出来る部分がある。つまらない対立は、政治的に仕組まれて、教育されて、醸成されていく。そして、最悪は戦争という殺し合いに至る。


 本来そんなことを魂に置いては、想定されていない。


 人間として、魂として本然の願いからすれば、愚かな事である。その事に気が付けば、誰ともハグ出来ると言うことであろう。それを気づかされて、感動するのだ。


 つまらない喧嘩は、まことに虚しい以外に言葉がない。

389720_424525507616610_1994440997_n


 そして、その喧嘩を煽り、互いに中傷誹謗するのは、単に、優位に立ちたいという自己顕示欲の表れに過ぎない。根幹はそう言うことである。


 それを打ち破る事が出来るとしたら、それは魂の本然の願いに全ての人々が気づく以外にはないだろう。それは個々人の問題であり、それが拡大しなければ、本来の平和は遠いであろう。

 

 それを阻害するのは、狭い小さな自分、差別を由とする優越感、覚醒しない孤独感が存在するからである。これすら超越出来ないのに、ETとの遭遇などさらに夢の又夢である。

 

Free Hugs for China-Japan Peace Trailer (日本人が中国でフリーハグをしてみた 予告編)

Free Hugs for Korea-Japan Peace (日本人が韓国でフリーハグをしてみた)


Free Hugs for China-Japan Peace (日本人が中国でフリーハグをしてみた)


Free Hugs for Taiwan-Japan Peace (日本人が台湾で10分だけフリーハグをしてみた)

Free Hugs for Hong Kong-Japan Peace (日本人が香港でフリーハグをしてみた)

Free Hugs for Korea-Japan Peace 2013 (日本人が韓国で再びフリーハグをしてみた 2013年版)

<script type="text/javascript"> // </script>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

界面活性剤0(ゼロ)のバジャン! その意味!

2013-12-27 00:39:33 | インポート

界面活性剤が、アトピーを昂進させる・・・
合成洗剤は、猛毒である!
これは世界が認めている・・・
が、
あまりにも知られていない!

 

 それはマスメディアが報じないからである。マスメディアは、広告収入で成り立っている。洗剤メーカーは、大口の広告主であるからだ。

 

 そして、合成洗剤は、多くは石油による原料を使用している。石油は、多くの化学合成製品の主たる原料であることは、周知の事実である。

Photo

 

 石油に依らずとも、植物油脂による合成洗剤も多い。しかし、それらはやはり、「合成」洗剤であることに変わりはない。石けんも「合成」洗剤であるが、特別に、「石けん」と表示されることなっているに過ぎない。又、紛れもない界面活性剤の一つだ。

 

 それらが、全て、「悪」と決めつけるわけではないが、用い方によっては、健康に悪影響を来すことは間違いがない。そして、環境問題もある。洗剤と環境問題は、長く、人類に投げかけられた古い問題である。河川の汚染は、主たる原因が洗剤に依ることも間違いないことも、又事実である。

 

 中国の環境問題は、近年、極めて厳しい見解が明らかにされている。特に、大気汚染はPM2.5で有名である。

 

Bp1

 

 しかし、報ぜられるところに依ると、河川の汚染はもっとひどいのである。中国の河川の半数以上は、死に絶えたと言われている。水問題が、将来、大きくなるだろうと危惧されている。

 

 それは工場廃液にも依るが、多くの家庭が合成洗剤を多用したためである。

 

 これは、自然の河川ばかりでなく、体内の河川であるところの血流も汚すことは、あまり知られていない。実は、自然の河川が汚染されるに伴って、体内の河川であるところの血流も汚されているということは、知られていないが、当然である。

69524

 

 これは憶測であるが、アトピー性皮膚炎が、近年、急速に増加してきた背景には、環境汚染と切り離して考えられないだろう。特に体内汚染は、直接に関与しているものと考えられる。産婦人科医師の話によると、羊水が白濁しているケースが多く見受けられるという。

 

 そして、

 

 驚くべき事に、その濁った羊水からは、化粧品の香料の匂いがする場合があるとの、都市伝説がある。真偽を確認したわけではない。合成洗剤が毒物であることは、確認されている。毒物であると言うことは、浸透性があると言うことである。

 

 体内に侵入するから、毒性が発揮されるわけで、本来は、皮膚からは容易に浸透しないものである。洗浄剤・化粧品が、皮膚浸透することは考え物であろう。昨今、某化粧品による白班症が取りざたされたが、化粧品による皮膚障害が後を絶たないことも事実だ。

 

 ほとんどの化粧品には、界面活性剤が使用されている。

 

 アトピー性皮膚炎について、その原因は不明である。場所も不明であるから、アトピーとも言われている。だから、その原因を特定して治療することは、中々難しい。

800pxatopic_dermatitis_child

 

 だが、いとも簡単に改善する方法がある。

 

 界面活性剤を一切使用しないことである。石けんを含む界面活性剤を使用しないと、改善されるのか? 磯辺 善成医博は、そう断言する。それは、皮膚を傷つけず、アトピー性皮膚炎発症の機縁を取り除く事にある。

 要するに、皮膚のバリヤーを守ることが、肝要だというのである。詳しくは、下載の動画を参照されたい。

 

週刊は?らちゃん・金曜日・アトヒ?ーは治る・8



 

 何よりも重要なことは、皮膚の皮脂膜を守ることである。


 アトピー性皮膚炎の原因は、明らかではない。そして、その発症メカニズムも謎が多いが、石けんを含む界面活性剤が、その発症の契機になると事は、ほぼ明らかであるし、その使用中止が、改善の切っ掛けになることも明らかだと、
磯辺 善成医博は述べている。

【転載開始】バジャン

  

 バジャンの主成分である「重曹」は古くから、お料理に、そして洗濯・掃除・歯磨き・消臭などに使われてきました。バジャンは「重曹水」を電気分解するというまったく新しい発想から開発された洗浄剤です。界面活性剤はゼロでも汚れ落ちは合成洗剤以上!しかも洗濯槽の中でメダカが泳げるほどの安全性です。だから院長も太鼓判の商品でデリケートなお肌の方にも、安心してお使いいただけます。
 洗濯物には微量ながらも必ず洗剤が残っていて、衣類の残留洗剤が皮膚に触れてアトピーの原因になる場合もあります。かゆみ対策のためには残っていても良い洗剤をお使いください。
※2003年特許(第3481615号)を取得しています。

重曹洗濯洗剤(粉タイプ)【転載終了】


 やはり、

 
 
環境の保全は大切だ。人間は環境の動物だ。環境が悪化すれば、人間は病む。水が汚れ、大気が汚れると、人間の体内も汚れるのである。


 単純に考えるとすれば、汚れは清浄化しようとする働きが、生命力にはある。それがアトピーであり、諸々の病であると考えることも出来る。病は浄化作用とする慧眼もあるが、今にしてみれば頷ける。


 闇は病みに通じ、病みは止みに通ずる。生命力が止むから、病むのであろう。そうすると、生命力による浄化作用が強化される。症状はその結果であろう。


 闇が深まると、光が強まる。その原理は宇宙万般に行き渡っているものと思われる。これからは浄化の時代に入るものと考えられる。環境の破壊は、何時までも許されるものではないだろう。


 地球が破壊される前に、地球は浄化作用を強めるだろう。その作用は、人間のアトピーを凌ぐ大規模なものとなろう。全ては人間が、その原因を作っていると考える方が良さそうである。



界面活性剤0(ゼロ)について

Rect3000

画像をクリックして、進んで下さい。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

界面活性剤0(ゼロ)のバジャン! その意味!

2013-12-26 23:08:48 | バジャン

界面活性剤が、アトピーを昂進させる・・・
合成洗剤は、猛毒である!
これは世界が認めている・・・
が、
あまりにも知られていない!

 

 それはマスメディアが報じないからである。マスメディアは、広告収入で成り立っている。洗剤メーカーは、大口の広告主であるからだ。

 

 そして、合成洗剤は、多くは石油による原料を使用している。石油は、多くの化学合成製品の主たる原料であることは、周知の事実である。

Photo

 

 

 石油に依らずとも、植物油脂による合成洗剤も多い。しかし、それらはやはり、「合成」洗剤であることに変わりはない。石けんも「合成」洗剤であるが、特別に、「石けん」と表示されることなっているに過ぎない。又、紛れもない界面活性剤の一つだ。

 

 それらが、全て、「悪」と決めつけるわけではないが、用い方によっては、健康に悪影響を来すことは間違いがない。そして、環境問題もある。洗剤と環境問題は、長く、人類に投げかけられた古い問題である。河川の汚染は、主たる原因が洗剤に依ることも間違いないことも、又事実である。

 

 中国の環境問題は、近年、極めて厳しい見解が明らかにされている。特に、大気汚染はPM2.5で有名である。

 

Bp1

 

 しかし、報ぜられるところに依ると、河川の汚染はもっとひどいのである。中国の河川の半数以上は、死に絶えたと言われている。水問題が、将来、大きくなるだろうと危惧されている。

 

 それは工場廃液にも依るが、多くの家庭が合成洗剤を多用したためである。

 

 これは、自然の河川ばかりでなく、体内の河川であるところの血流も汚すことは、あまり知られていない。実は、自然の河川が汚染されるに伴って、体内の河川であるところの血流も汚されているということは、知られていないが、当然である。

69524

 

 

 これは憶測であるが、アトピー性皮膚炎が、近年、急速に増加してきた背景には、環境汚染と切り離して考えられないだろう。特に体内汚染は、直接に関与しているものと考えられる。産婦人科医師の話によると、羊水が白濁しているケースが多く見受けられるという。

 

 そして、

 

 驚くべき事に、その濁った羊水からは、化粧品の香料の匂いがする場合があるとの、都市伝説がある。真偽を確認したわけではない。合成洗剤が毒物であることは、確認されている。毒物であると言うことは、浸透性があると言うことである。

 

 体内に侵入するから、毒性が発揮されるわけで、本来は、皮膚からは容易に浸透しないものである。洗浄剤・化粧品が、皮膚浸透することは考え物であろう。昨今、某化粧品による白班症が取りざたされたが、化粧品による皮膚障害が後を絶たないことも事実だ。

 

 ほとんどの化粧品には、界面活性剤が使用されている。

 

 アトピー性皮膚炎について、その原因は不明である。場所も不明であるから、アトピーとも言われている。だから、その原因を特定して治療することは、中々難しい。

800pxatopic_dermatitis_child

 

 

 だが、いとも簡単に改善する方法がある。

 

 界面活性剤を一切使用しないことである。石けんを含む界面活性剤を使用しないと、改善されるのか? 磯辺 善成医博は、そう断言する。それは、皮膚を傷つけず、アトピー性皮膚炎発症の機縁を取り除く事にある。

 要するに、皮膚のバリヤーを守ることが、肝要だというのである。詳しくは、下載の動画を参照されたい。

 

週刊は?らちゃん・金曜日・アトヒ?ーは治る・8



 

 何よりも重要なことは、皮膚の皮脂膜を守ることである。


 アトピー性皮膚炎の原因は、明らかではない。そして、その発症メカニズムも謎が多いが、石けんを含む界面活性剤が、その発症の契機になると事は、ほぼ明らかであるし、その使用中止が、改善の切っ掛けになることも明らかだと、
磯辺 善成医博は述べている。

【転載開始】バジャン

  

 バジャンの主成分である「重曹」は古くから、お料理に、そして洗濯・掃除・歯磨き・消臭などに使われてきました。バジャンは「重曹水」を電気分解するというまったく新しい発想から開発された洗浄剤です。界面活性剤はゼロでも汚れ落ちは合成洗剤以上!しかも洗濯槽の中でメダカが泳げるほどの安全性です。だから院長も太鼓判の商品でデリケートなお肌の方にも、安心してお使いいただけます。
 洗濯物には微量ながらも必ず洗剤が残っていて、衣類の残留洗剤が皮膚に触れてアトピーの原因になる場合もあります。かゆみ対策のためには残っていても良い洗剤をお使いください。
※2003年特許(第3481615号)を取得しています。

重曹洗濯洗剤(粉タイプ)【転載終了】


 やはり、

 
 
環境の保全は大切だ。人間は環境の動物だ。環境が悪化すれば、人間は病む。水が汚れ、大気が汚れると、人間の体内も汚れるのである。


 単純に考えるとすれば、汚れは清浄化しようとする働きが、生命力にはある。それがアトピーであり、諸々の病であると考えることも出来る。病は浄化作用とする慧眼もあるが、今にしてみれば頷ける。


 闇は病みに通じ、病みは止みに通ずる。生命力が止むから、病むのであろう。そうすると、生命力による浄化作用が強化される。症状はその結果であろう。


 闇が深まると、光が強まる。その原理は宇宙万般に行き渡っているものと思われる。これからは浄化の時代に入るものと考えられる。環境の破壊は、何時までも許されるものではないだろう。


 地球が破壊される前に、地球は浄化作用を強めるだろう。その作用は、人間のアトピーを凌ぐ大規模なものとなろう。全ては人間が、その原因を作っていると考える方が良さそうである。



界面活性剤0(ゼロ)について

Rect3000

 

画像をクリックして、進んで下さい。



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/11:あの日、世界は変わった・・・ 日本語字幕

2013-12-25 16:33:25 | 9.11

今更ながらの話であるかも知れないが・・・
今に新しい、構造的隠蔽工作が働いた
9.11自作自演テロ事件の真相追求!
ポロッと漏らした、
ブッシュジュニア元大統領の「陰(謀)・・・攻撃」?!


 勿論、ボストンマラソン爆弾テロ事件は、CIA要員俳優達の出来の良くない演出作品であったことがバレて居る。その事を聞かれて、ブッシュジュニア元大統領は、9.11事件を引き合いに、もう一つの「陰(謀)・・・(高度)な組織的攻撃が、あったかも知れないと・・・心配した。」と発言しているのである。

Leg1

 

E0171614_14102323


 もう一つのと言うのは、9.11事件の事である。ということは、「9.11自作自演テロ=陰謀による(高度)な組織的攻撃」と自白をしたに等しい。予め、知っていたということを意味する。


 そして、9.11事件を境に、世界は変わった。


 アフガン・イラク戦争を引き起こし、今や、中東全域の戦争・第三次世界大戦を憂う状況に達しているが、それ以上に、覚醒する人々を多く生み出したことである。その後の、「陰(謀による)・・・(高度)な組織的攻撃」が、無様な失敗続きを招いている。


 ボストンもそうなら、11月に起きたロサンジェルス空港事件も同じ、出来の悪い演出事件である。9.11事件と同じ、CIA要員俳優が見つかっている。まさに、偽旗作戦を毎回起こしているが、そのレベルは日毎下げているのである。

Nickpughwitness

http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/11/911.html 参照のこと。


 ウソを付くなら、ばれにくいウソを付くべきであろうが、日毎、精度を落としている。


 (高度)な組織が、相当、ガタを来している証左であろう。高度に組織化されている陰謀組織が、高度に分断統治されているが故に、バイパスが分断されてきているからであろう。


 分断統治は分断統治の弱点が表れるのである。秘密主義にはそれが必要であろうが、デバイス(回路)が寸断すると、ちぐはぐになる。所詮は、欲に釣られた自己顕示の人間もどき集団である。


 これからも、下手な偽旗作戦は続くであろう。そして、頭を隠して、多くの尻尾を見せるであろう。


ジョージ・W・ブッシュ元大統領がボストンマラソン爆弾テロの陰謀を認める?

9/11: Explosive Evidence - Experts Speak Out | 日本語字幕 (Free 1-hour version)



            公開日: 2013/09/08          

   このビデオは、DVD(日本語字幕版)『9/11爆破の証拠―専門家は語る(9/11 Explosive Evidence - Experts Speak Out:90分)』の60分短縮版として無料公開されたものである。原版DVDに関し

<wbr></wbr>?てはhttp://www.AE911Truth.orgあるいはhttp://www.911expertsspeakout.comをご覧いただきたい。さらに、その30分短縮版が米国コロラド州公共TVで放映され、<wbr></wbr>?PBSで最大級の視聴率と共有率を記録するビデオの一つとなった。こちらをご覧いただ<wbr></wbr>?きたい(英語版)。http://www.youtube.com/watch?v=sksg5w... 

発生から12年目を迎えようとする911事件だが、年を追うごとにこの事件への疑惑が
<wbr></wbr>?膨らみつつある。特に、奇妙で不自然な倒壊を見せたWTC世界貿易センターの3棟の高<wbr></wbr>?層ビルについて、2013年6月現在ですでに1900人を超える建築、構造工学の専門<wbr></wbr>?家が、その再調査を要求する署名を行っている。このビデオでは、米国政府機関による「<wbr></wbr>?定説」に疑問を持つ大勢の専門家たちが、その要求の根拠を分かりやすく語ってくれる。<wbr></wbr>?WTC第7ビルがどうして自由落下の加速度で落下したのか、膨大な重量の残骸を激しく<wbr></wbr>?水平方向に飛ばしたツインタワーの崩壊は本当に火災と重力だけで起こりうるのか、なぜ<wbr></wbr>?ツインタワーの建材が細かくばらばらに粉砕されたのか、...。ビデオはこれらの疑問<wbr></wbr>?を、具体的で客観的な映像記録やその分析とともに、世界に投げかける。

   また、非常に明らかな証拠があるにもかかわらず、多くの人々がどうして911事件に対
<wbr></wbr>?する疑問に背を向けるのかという点について、心理学の専門家が鋭い指摘を行う。そして<wbr></wbr>?この事件で最も傷ついた犠牲者遺族たちの断固として再調査を求める声がビデオを締めく<wbr></wbr>?くるだろう。

911事件は決して「過去」ではない。冒頭の字幕にもあるとおり、この事件で開始され
<wbr></wbr>?た人類史上最も不当な戦争と警察国家化・監視社会化が、日本を含む現代世界を幅広く覆<wbr></wbr>?いつつあるのだ。911に対する疑問は、現代に生きる我々にとってこそ、最も重要な意<wbr></wbr>?味をもっていると言えるだろう。

最後に、このビデオの情報を大いに拡散していただきたいと同時に、その元となるDVD
<wbr></wbr>?(各国語版)を作成し販売しているAE911Truthと、その代表者Richard Gage(全米建築家協会所属)に対する盛大なご支援をお願いしたい。

<script type="text/javascript"> // </script>
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加