飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

ウクライナでの生体からの移植臓器摘出ビジネスを告発!

2016-06-06 19:42:12 | 臓器売買

ウクライナ保安局(SBU)の代理人が顔隠しで告発!
ウクライナ南部・東部で臓器売買が行われている証拠写真が公開』でも既報したが、
真実だった・・・。



ウクライナ保安局(SBU)が首謀していたとなると、

その裏にCIAがおり、

イスラエルが居る・・・。

これは常識である。

まずはご覧頂こう・・・。

 

SBU代理人(ウクライナ安全保障機関)が明かすウクライナ戦争の実態 拡散!

 

まことに、いい気なものである。

革命だなんだの大義名分を掲げて戦争を起こし、

その裏で、

「臓器売買のビジネス」をしている・・・。


 

そんなことは、

随分前からお見通しである・・・。

イスラエルの軍隊がパレスチナ人の臓器を「誘拐」』というから、

その総本山はイスラエルである。

イスラエルは、カザールマフィア、

即ち、カザール地方(ウクライナ・・・グルジア(現ジョージア))と来れば、

ピンと来るものは多いはずだ。

しかも、サアカシヴィル元グルジア大統領とその妻が、

仲介人となっているというのは、驚きである。

 

何のための東ヨーロッパの民主化か?

所詮は、

悪徳ビジネスの領域拡大に過ぎなかった・・・。

戦争を隠れ蓑に、

「臓器売買」の調達とは・・・?

開いた口がふさがない。

 

一言でレプティリアンのすることは際限がない・・・。

と一刀両断することも簡単だが、

これは人類全体の問題である。

何故なら、

ビジネスである以上、

需要があるからだ。

需要が過多、だから、供給先を求めてこういう狂気がまかり通るのだ。

まさに、

真実は狂気を暴き出す。

 

生きた人間から臓器を摘出・・・。

中共の法輪功信徒の臓器摘出も狂気だが、

そんな世界がまかり通っていることが、

ほとんど知られていない。

 

拡散!

 

【転載開始】

ウクライナの大量虐殺

親愛なるベンジャミン

以下に詳細な情報がある。あなたの素晴らしい人類に対する奉仕に有難う。
多くの人々があなたを愛しています。

ニーナ
あなたの友

我々、人民、友、アメリカ人!
どうかビデオを見てください、そして、ウクライナとドンバスにおける犯罪者医

師、政治家とSBU当局者による子供・夫人を含む生きた人間から人の臓器を採

取することによる大量虐殺について述べるウクライナのSBU代理人(SBUー

ウクライナ安全保障サービス)の証言記録を読んでください。
ウクライナの戦争派を組織した人とその理由
SBU代理人の認識

ttps://www.youtube.com/watch?v=JFVkLkFi0IY

SBU代理人は子供を含む生きた人間から臓器を採取し、そしてこれらのヒント

臓器をイスラエルと他の西側国に売ると言う大量殺人を実行する犯罪ギャングは
ミヘイル・サアカシュヴィルと彼のドイツ人妻サンドラ・ロエロフによって率い

られていると説明した。

ミハエル・サアカシュヴィルは現在のウクライナのオデッサ州(地域)の知事で

あり、彼は2004年1月25日から2013年11月17日の二期連続の間、

グルジアの第三代大統領であった。

https://keithrkenney.files.wordpress.com/2011/10/sandra21.jpg

どうか、このビデオの中の殺された市民と兵士の集団墓地、彼らから搾取された

臓器の写真、殺された人々の死体を置く部屋とウクライナとドンバスの人々の大

量虐殺に参加した犯罪者の写真を見てください。
文章の下に、ベンジャミン・フルフォードの2016年5月9日の全報告書を示

す。

http://www.stage2omega.com/benjamin-fulford-full-report-may-9-2016/

米政権交代と中国の重大な政治混乱を含む多方面出の大きな動き

1.ベンジャミンは彼の報告書の中で、悪魔ハザールマフィアに対する米露統合

作戦について国防総省と他の情報源はによる、そして米国、ウクライナ他で数十

万人の子供がハザール人によって虐殺が起こったと説明している。

私がビデオを見ること読むことであなたに提供したSBU代理人の証言は米国で

よく知られた世界最大の犯罪組織である
・ハザールマフィア(KM)
・ロスチャイルド・ユダヤマフィア
・世界最大の反人類寄生虫
によって子供に対して行われた犯罪の更なる証拠である。

2.ベンジャミン・フルフォードは彼の報告の中で、ウクライナの人々の虐殺に

関するSBU代理人の証言を支持する追加的証拠である記事「スペアパーツ」へ

のリンクを提供している。

http://82.221.129.208/ifyouareinamericayouprobablycantseethisw9.html

「25,000人のウクライナ子供がイスラエルの臓器採取計画に使われた理由

がここにある」

MX22から
「子供を誘拐して彼らの臓器を採取する国際的なイスラエルの陰謀は、ウクライ

ナの子供を輸入して彼らの臓器を採取すると言うテルアビブの計画を漏らす他の

オ衝撃的な話として勢いを集めている。

この話は、イスラエルは何度か25,000人のウクライナの子供と過去二年間

に渡って彼らの臓器を採取するために占領地域に持ち込んだ事実は明るみに出し

た。イスラエルで採用された15人の子供達に対するウクライナ人の実を結ばな

い検索を引用している。子供は明らかにイスラエル医療センタにつれて行かれた

、そこでスペアパーツに使われた。

親愛なる友よ、どうか文法ミスがあるかもしれませんが許してください。私はハ

ザールマフィアの攻撃を受けており、その傭兵が私のラップトップに定期的にサ

イバー攻撃を仕掛けて来るので、私は後で、たった三週間前に私を殺そうとする

7回目の企みがイスラエルの犯罪者によって実行されたことを説明します。

私は依然、弱いと感じているが、私は生き抜いている。神が再び私を救った・・

・ 私の友の何人かはこれらはザール犯罪者、その傭兵と北部カルフォルニアの融合センタの壊れた代理人が、2010年以来128回以上の私に対する犯罪攻撃を 行ったことを知っている。これらの犯罪攻撃は警察とFBIに記録されている。これが、カルフォルニアの低所得者への私の支援と助けの所為でハザールマフィ アに向き合ったことである。

皆様に私の祝福を
ニーナ・シドロバ
北カルフォルニア居住者協会会長

ウクライナにおけるSBUの証言の記録は一生懸命に英語に翻訳しました。

ウクライナで誰が何故、戦争を組織したのか?
SBU代理人の認知

https://www.youtube.com/watch?v=JFVkLkFi0IY

0:22 このビデオの個人は彼はウクライナのSBU代理人(ウクライナ安全保障機関)。2014年12月、彼はドンバスのATO地区に医療グループと共に送られた。緊急集中治療グループと呼ばれる医療グループ。

彼 らはクラマトスルクの町で二週間訓練を受けて、その後、医者のグループと連携したと彼は述べている。彼らは新しい西側医療機器と新兵器を受け取った。彼は SBUのコル・ミシェンコが彼らに多くの兵士は死後に彼らの臓器を提供したいと説明され、これらの兵士の親族は次第の兵士から取った臓器に対して金を受け 取ることになると説明を受けたと解説している。しかし、彼は後で、市民-子供夫人を含む生きた人間から臓器がとられたと気付いた。

臓器を採取した人間一人当たりにSBU代理人は170ドルを受け取った。SBU代理人は、腎臓、肝臓やすい臓等の内臓が生きた子供、夫人や兵士から採取されただけではなく、目は皮膚、骨も採取されたと証言の間に数回述べた。

2:24;オランダ市民である移植専門家エリザベス・デブルクは、生きた人間から許可なく内臓を採取するために彼女と共に働く犯罪者を要求した。頻繁に彼女は子供を含む市民から内臓を取り出・・・・。【転載終了】

 

【ここからはGoogle仮訳開始】

2時24分、プロtransplantologist、エリザベートDebruk、オランダの市民は、彼らの許可がなくても生きている人からの臓器を取るために、彼女と一緒に働いて、他の犯罪者を必要としました。非常に多くの場合、彼女は子どもを含む民間人から臓器を取りました。 5または7分間、エリザベートDebrukは重く傷ついていなかった簡単に負傷兵士から、または民間人から腎臓または器官の他の種類のカップルを取ることができます。エリザベートDebrukは特殊な容器に入れて、これらの臓器を詰め、ミヘイル・サアカシュヴィリ、 (ГражданинГрузиииУкраиныМ.Сукашвилли)、サンドラRoelofs氏の妻にこれらの器官を送信するために、SBU エージェントにこれらの臓器を与えました。

SBUエージェントは、彼の証言Debalchevoのクラマトルスクと市の市(ドンバス)で述べました。彼は多くの器官がこれらの都市に近い部門С(СекторЦ)からの人から採取されたと述べました。

SBUエージェントは、彼はエリザベスDebrukで働いていた一つの場所から2015年2月における1日のために、彼らが取って、23(23)は、ヒトの腎臓、肝臓や脾臓のペアを送ったことを説明しています。

3:13、エージェントは臓器を撮影した人からの人の部隊がトラックに入れて、このグループの他の人がすでに殺されている人の集団墓地を用意アルチョモフスク市にもたらされたと述べました。

彼は私たちの将軍と我々はDebalchevoと収穫人間の臓器で働いて、たくさんのお金を稼いだと述べました。

4 時17分、SBUエージェントは、彼はよく英語を知っていると言った、と彼はエリザベートDebrukはヨーロッパから彼女を呼ばMikheil Saakashvili-サンドラRoelofs氏の妻と話をし、誰が削除された臓器の数と質を高めるために彼女に尋ねたか目撃しました臓器の。サンドラRoelofs氏がグループに案内され、ウクライナとドンバスの生きている人からのヒトの臓器を取って注文した人本当のボスでした。
サ ンドラRoelofs氏は、彼は収穫人間の器官を持つ任意の問題に直面しているならば、彼は大佐ウラジミールMichenkoに連絡する必要があることを このSBUエージェントに語った、と彼は深刻な問題に直面する場合、彼はウクライナのSBU全般アレクサンダーの副所長に連絡してください。 (ウクライナのSBU-セキュリティサービス)。

午 前4時41分、このエージェントは、ミヘイル・サアカシュヴィリは(ГражданинГрузииがУкраиныМ.Сукашвиллиをи)、医 師やSBUエージェントの犯人グループは、人々を殺害から取るの罪を犯しウクライナ(ドンバス)にこの場所を訪れた後、すべてが変更されたことを証言しま す彼ら彼らの臓器。大佐Michenkoは2015年4月22日にサーカシヴィリを伴うために、このSBUエージェントを必要としました。

エリザベートDebrukはKramatosrk市のサーカシヴィリとリシチャンスクの市(ドンバス)との会合のすべてに出席しました。

ミヘイル・サアカシュヴィリは、人間の臓器を収穫するための医師やSBUエージェントを賞賛し、彼は自分の給与が増加するであろうことを伝えました。サーカシヴィリは、「製品」とは、ヒトの臓器と呼ばれ、彼は、「製品」の配信を増やす必要。

5時40分、「ミヘイル・サアカシュヴィリが去った後、すべてが悪魔の方法によって行ってきました」、SBUエージェントが言いました。彼は人々のmurderingsが劇的に増加していると述べました。臓器を撮影した人からの被害者は、集団墓地に埋葬された、と彼はこれらの殺害の人々が行方不明者としてSBUの文書で宣言されたことを目撃しました。これらの兵士の親戚は、任意のお金を受け取っていない、と彼らは彼らの息子や夫が欠落していたと言われました。

戦闘は、(休戦中に)停止した午前5時50分には、サンドラRoelofs氏、ミヘイル・サアカシュヴィリの妻は、臓器「配達を高めるために必要な、ほぼ毎日の呼び出しを開始しました。
SBUエージェントはエリザベートDebruk、ローマとスベトラーナは子どもを含むウクライナの民間人から臓器を取ったと言いました。

6時、SBUエージェントは市Opasnoeウクライナ(Опасное)(ドンバス)の近くに何が起こったのかを説明します。彼は子どもを含む民間人の殺人事件の例を提供します。彼はエリザベスDebrukがちょうど近くに発生した爆発から数分間彼女の意識を失った12歳の少女を殺害していることを説明しています。刑事Debruck(オランダの市民)は、この12歳生きている子供から腎臓および脾臓を取りました。 (6時12分で写真を見てください)。 Debrukは負傷ではありませんでしたこの少女の父親からの臓器をカット。エージェントはこの少女の父親の名前を覚えている(彼の名前はウラジミールLayshevskyありました)。彼は彼のパスポートを取り、他のエージェントに与えたので、SBUエージェントは、この名前を思い出しました。少女の母親が負傷した、と彼女は彼女の臓器のすべての完全な除去のために病院に送られました。

このSBUエージェントは、医療文書をチェックすると、彼は12歳の少女を含むこれらの3人が、爆風から死んで宣言されたことがわかりました。

私は上記の言及したように、このSBUエージェントが言っただけで、腎臓、肝臓、および脾臓をなど生きているウクライナとロシアだけでなく、人々の目、皮膚、骨、から取られたではない彼の証言の間に数回

午前6時40分、SBUエージェントは、彼はウクライナとドンバスで行われた民間人の野生の大虐殺を目撃したと述べました。彼も、彼はそれに参加してショックを受けました。彼はもうこの虐殺に参加することはできません。

2015年6月4日に、彼は辞任のレポートを書きました。彼は民間人と兵士の野生の大虐殺はウクライナとドンバスで行われている彼の司令官に報告しました。彼は彼の辞任に署名した理由大佐Michenkoは再び彼に尋ねました。 SBUエージェントは民間人と兵士の野生の大虐殺が起こっている...彼は証拠をサポートする提供したことを再度説明しました。

7:02、彼は、彼が自分の臓器を撮影した人から殺害の民間人と兵士の集団墓地を示すべきであると言われました。 、これらの墓の写真を見て、ビデオのこの部分を見てください。

このSBUエージェントは、彼が促進されるであろう後、休暇を取り、リラックスするように言われました。

7時08分、ビデオはアルチョモフスク市の民間人と兵士の大量埋葬地が開かれた方法を示しています。プロdoctors-のeksgumatorsはこの場所に送られました。

唯一の特定の場所では、殺害の人々の132(132)軍団が見つかりました。自分の臓器がそれらから取られたので、人が殺害されました。各の4つの人々がありました。 eksgumatorsは集団墓地からそれらを取った後、彼らは人々の軍団をもたらしたところSBUエージェントは知りません。
午前7時24分、SBUエージェントは2015年6月11日に、彼はキエフで一般アレクサンダーRadechkyに会ったと述べています。 (ニーナ:RadechkyはKhazarianユダヤ人です)。

一般Radechkyは、このエージェントが休暇を取るし、そのあとで彼が促進されるだろう、リラックスして、主要になっていることを彼に言いました。このエージェントは、一般のオフィスを去ったときしかし、彼はすぐにSBUエージェントはSBUのビルの地下に彼を連れて来た後、攻撃され、逮捕されました。

このSBUエージェントを逮捕した人々は、彼に文書の改ざんのための彼の逮捕のための順序を示し、彼らは精神病院に行くために契約書に署名するために彼を要求しました。彼らは、彼が精神病院に同意しないならば、彼は刑務所にあるであろうか、殺されるであろうことを告げました。

SBUエージェントが「さて、私は精神病院に行きます。」と言った彼は、彼が一晩のために彼の家に行くことができるようにちょうど尋ねると、彼は彼に$ 300逮捕者を与えました。それは彼が彼と一緒に持っているお金のすべてでした。

7時52分、彼は一晩彼の家に彼を持って尋ねました。 SBUエージェントは、彼が精神病院に行く前に...彼らは家に彼を連れて来たとき、彼らは一晩彼を家に持って来るならば、それらのそれぞれに彼に$ 1000逮捕者に支払うことを約束し、彼は彼を逮捕した人々のそれぞれに$ 1000与えました。

彼は「私はプロの情報将校だ、と私は離れても、誰かが私の家を見て実行するため、これは問題ではなかった...」、証言します

8時18分、元ウクライナのSBUエージェントアピール私たちのすべてに...彼が殺害された生きている人から採取したビデオや集団墓地や臓器の写真を示しています。彼はウクライナとドンバスで民間人と兵士の大量虐殺に参加した犯罪者の映像を示しました。

午前8時25分、あなたは自分の動画に自分の臓器を撮影した人からの人の部隊を見ることができます。あなたは臓器を生きている人から採取した、彼らは殺された後に人体がダンプされた部屋を見ることができます。

8:33、SBUエージェントは、彼が自分の臓器がそれらから取られたため殺害された人々の他の大量埋葬地を示すことができると述べました。彼は、自分の臓器を撮影した人からより多く97(九〇から七)人々を、埋葬された、村Chassovya(Часовья)付近集団墓地について説明します。

彼はこれらの殺害の人々の20以上(20)は民間人、子供や女性であったと述べています。

8:50、SBUエージェントは30以上(30)人が埋葬されたウグレゴルスクの市(Углегорск)に近い質量の墓について説明します。彼は自分の臓器がそれらから取られたので、これらの人々が殺害されたと述べています。

9:01、彼はウクライナとドンバスの人の大量虐殺を説明ウィキリークスに連絡しました。

SBU エージェントは、犯罪ミヘイル・サアカシュヴィリ(ГражданинГрузиииУкраиныМ.Сукашвилли)と彼のオランダの妻、サン ドラRoelofs氏は、するために、子どもや女性を含む民間人、および兵士を殺害し、この大量虐殺ビジネスをリードしている者であることを1より多くの 時間を述べました彼らの臓器、皮膚、目や骨を取り、販売します。

午前9時、SBUエージェントは、彼がこの野生の大虐殺に参加したので、彼が有罪であることを知っていると述べました。彼は厳罰に値すると言っています。
しかし、彼はあきらめないだろう、と彼は順番に子どもと女性からの臓器の収穫を含め、ウクライナ、ドンバスの生きていると健康な人からの臓器のこのジェノサイドと収穫を公開することができます全力を尽くします。

SBUエージェントは、この虐殺が停止していなかったと述べています。ドンバス(Novorossya)とウクライナの人々の虐殺を続けます...

9時13分には、SBUエージェントが彼の元同僚、ゲンナジーGetmanを述べ、昇進した、と彼は今生きている人からの臓器を取ることによって子供を含む殺人生きている人、医療グループのリーダーです。彼は犯罪者、医師がこれらの人々から臓器を取り、殺害の人々が集団墓地に埋葬された後、死んでいるとして生きていると健康な人を宣言し、ゲンナジーGetmanが書類を改ざんと述べました。

彼はドンバスからウクライナ人や人々のいずれかが、これらの殺人者の犠牲者になる可能性があるという。

9時35分、この後悔SBUエージェントは、ウクライナとドンバスの人々の人々のこの虐殺を停止するために彼を助けるために求めて、私たちのすべてに訴えます!
私の能力を最大限に翻訳、

ニーナSidorova、

北カリフォルニアテナント協会会長

ウクライナの子供たち、イスラエルの「臓器窃盗」の新たな犠牲者

https://mx22.wordpress.com/2009/12/03/25000-ukrainian-children-organs-havested-in-israel/

https://mx22.files.wordpress.com/2009/12/pirhayati20091203173709140-11.jpg?w=300&h=202

別の衝撃的な物語はウクライナの子どもたちをインポートし、その臓器を採取するテルアビブのプロットを漏らすように子供を誘拐し、彼らの臓器を収穫するための国際的なイスラエルの陰謀は勢いを集めています。

物語は、イスラエルが自分の臓器を収穫するために、過去2年間で占められて実体にいくつかの25,000ウクライナの子どもたちをもたらしたという事実を明るみにもたらします。それは、イスラエルで採用されていた15人の子供のためのウクライナ人の空振りサーチを引用しています。子どもたちは、明らかに、彼らは「スペアパーツ」のために使用されたイスラエルの医療センターで撮影されていました。

アカウントはウクライナの首都キエフでの擬似学術会議で、ウクライナの哲学教授と著者、ヴャチェスラフグヂンで5日前に発表されました。グヂンは、すべてのウクライナ人はイスラエルが犯した虐殺を認識されることが不可欠であったことキエフ会議の推定300出席者に語りました。
会議はまた、1930年代のウクライナ飢饉だけでなく、国の現在の状態については、「シオニスト」を非難する本を提示し2人の教授を特色にしました。

一方、ウクライナ人は、彼らが大統領候補セルゲイRatushnyakによって反ユダヤ発言として記述するもの非難26クネセト・メンバー(MKS)によって署名された手紙を抗議するために火曜日にキエフでのイスラエル大使館の外に実証しました。デモ隊は、彼らが自分たちの国への介入としてのイスラエルのMKSの努力を検討することを示唆している」、ウクライナがガザ地区ではありません」詠唱しました。

9月にアラビア語アルジェリア毎日アル・Khabarに発表された物語は、インターポール、国際警察組織は、「アルジェリアとの人身売買の子どもの誘拐に関与していた「ユダヤ人のギャング」の存在を明らかにしたことを報告しました彼らの臓器」。

話によると、モロッコとアルジェリア人のバンドは、若い子供たちのために探し回るする試みでアルジェリアの都市の街をローミングしていました。そして、彼らは隣のモロッコに国境を越えて子供たちを人身売買しました。

子どもたちは、その後、イスラエルと米国の臓器の収穫のために、ウジダ、東部モロッコの首都にイスラエルとアメリカのユダヤ人に売却されました。

物語はムスタファKhayatti、ヘルスリサーチの開発のためのアルジェリア国家委員会の委員長の発言に基づいています。 Khayattiはアルジェリアの子供の誘拐は、いくつかのユダヤ人男性が不法臓器売買や政治腐敗の調査に関連して逮捕された44の中にあったている7月の終わりにニューヨークとニュージャージーで行われた逮捕、にリンクされていることを維持します。
物語は、Aftonbladetに先月発表された論文に沿って来ます
スウェーデン最大の発行部数は毎日、イスラエル軍が誘拐され、彼らの臓器を収穫する若いパレスチナ人を殺したことを示唆しています。これは、ビラル・アーメドガーネム、Imatinの西岸の村にイスラエル軍によって1992年に射殺された19歳のパレスチナ人の場合に光を当てます。

男性の殺害を目撃しボストロムは、ガーネムの身体が撮影次拉致されたとまでステッチされていた首に胃からのカットでイスラエル軍によって、数日後に、課せられた夜間外出禁止令の間に、真夜中に戻されたと述べました。

ボストロムは死の原因は明らかでなかった場合は、この場合には、ビラルが射殺されたことは明らかであった剖検は、必要とされるであろうと主張しました。
その事件の後、少なくとも20パレスチナ人の家族は、彼らことボストロムを語りました【Google仮訳終了】

コメント

生死の間ー中国 増え続ける臓器移植の謎

2015-07-24 22:29:19 | 臓器売買

中国の暗部は、何と言っても、
中国共産党独裁政治にある・・・!
その象徴が、
臓器売買である・・・!
何と、共産党、軍、警察が、その利得を求めて、
生きた人間から臓器を取り出し、
莫大な利益を貪っている・・・!


これは現在も継続している忌まわしい現実である。

今も継続していると思われる。

嘗て、『恐るべき真実!!②』として、記事を掲載したことがある。

世界でもっとも臓器売買が盛んのは、中国である。



中国を経済成長著しい発展国と持て囃すのは、早計である。

全ては全体主義国家としての、計画的な経済運営の結果、

意図的な過剰資産投資が生み出す造られた経済発展であるからだ。

そのバブルも、

崩壊寸前の域に達した。



上海株が、大暴落したが、故意に引き上げられた末の暴落である。

その額は、GDPの30%に及ぶ日本円で200兆円の消失だ。

内需が少なく、外需に依存した中国経済は、

崩壊の瀬戸際にある。



経済が崩壊した中国は、

どこに矛先を求めるのか?

外需が伸びなければ、略奪に向かう公算がある。

海洋戦略はその兆候でもある。

シルクロード戦略もそのひとつである。

AIIBもそのための金融戦略だ。


その中国と、善隣友好を結び、深め合って行こうと考えるのは、

楽観的すぎる。

日本を歴史問題で非難し、反省を求めるのは、

反省をさせた上で、日本領土まで侵食しようとする魂胆がある。

経済破綻が明確になれば、必ず、そうした動きになるだろう。



現在の中国を甘く見るのは、あまりに思慮のなさというべきは、

臓器移植すらも、ビジネスと考え、人間を物のように取り扱う唯物主義が、

その根底に有るからである。

中国と臓器移植の暗部をつぶさに見れば、

中国礼讃の幻想は吹っ飛ぶことだろう・・・?!


とにかく、

中国は、中共という唯物主義の跋扈する崩壊寸前の魔社会であることが

歴然とするだろう・・・。

 

 

【中国1分間】臓器売買テーマの香港映画 中国で上映 20150711

【閲覧注意】中共「薬殺刑」の実態(衝撃映像あり)

生死の間ー中国 増え続ける臓器移植の謎

コメント

イスラエルの軍隊がパレスチナ人の臓器を「誘拐」

2009-08-23 19:34:57 | 臓器売買

これはあり得ることだと思っていた.......。
今日のイスラエルは、人工的に作られた詐欺国家だ!!


 人が為すと書いて、偽(ニセ)と呼ぶ。イスラエルはシオニズムと呼ぶ世界支配戦略の一翼を担って成立した。イスラエルの民ではない、偽ユダヤ人が聖書を曲解し、あるいはタルムードという捏造し、選民思想を振りまいて粋がっているにすぎない。

 

 

 偽ユダヤ人という根拠は、彼らは改宗ユダヤ人カザール人であり、セム系のイスラエル(ヤコブ)の子孫ではないことは明らかである。ユダヤ人が、イスラエル人が特別にすぐれた民族と思われないが、混血を嫌った民族であることは歴史上事実である。それに倣って、偽ユダヤ人も選民思想を殊のほか言い立てる。そして、教育に熱心であり、その傾向は洗脳にすら近い。

Photo_2

Photo_3


 ノーベル賞受賞者が圧倒的に多いと言われる現在の偽ユダヤ人であるが、ノーベル賞を世界支配戦略の要に置いているのが、実際であって、言わば世論形成と後付け理論に戦術展開しているからである。諸科学、諸理論は彼らによって編み出され、誘導されているのである。


 表の構造もそうであるなら、裏の闇の構造もイスラエルの介在を抜いては考えることはできない。兵器、麻薬、そして、核兵器までもがイスラエルの介在を抜きにはあり得ない。実はかの米国までもが、実はイスラエルの子分であるとさえ言える。諜報機関は、イスラエルが親であり、米国が子供である。その元締めは、イギリスにありイスラエルを操っている。

 


 臓器売買にイスラエルの軍部が関与しているとは、既に漏れ聞こえていた。しかし、ここまで露骨に報道されることはなかった。最近は、ユダヤ機関も盤石ではなくなった証左が垣間見える。結構なことだ。その内、大いに馬脚を顕し、イスラエルそのものが地上から抹殺されることは、間違いがない。これはイランが吼えているから、そのことに同調するのではない。アフマディネジャドは寧ろ、その手先である。

Photo_4

 そもそも、イスラエルが発足した当初からの計画であると考えるからである。

Photo

Torturado_1

<殺されたパレスチナ人:なぜか臓器が抜き取られている>

<イスラエル研究所、パレスチナ人の死体から臓器摘出
 一月九日付テヘランタイムズ・ドットコム。アルカーリル発アイアールエヌエー。シオニスト国家はアブカバールのイスラエル法廷研究所の医師達がほぼ十日前にイスラエル軍によって殺された三人のパレスチナ人少年の生体器官を取り出していた事を暗黙の内に認めた。>
http://www.hiddenmysteries.org/news/asia/japan/041002b.html (既にデッドリンク)
(グロな写真があるので、ご注意!)

 イスラエルが用がなくなる時は、中東大戦争(第3次世界大戦)が勃発する時まである。そのためにイスラエルは建国されたのであるから、そうなる。しかし、そのように万事うまくいくかどうかは、これからが見ものである。そうはいくまいとする見方と、それに近い混乱は避けられないとする見方は出来る。

 


 何しろ、彼らは(偽ユダヤ人)数百年をかけて、企んできたことであるから、そう簡単には諦めることはなかろう。ここに来て様々な事が暴露されてきつつある。臓器売買など持っても他と誰しも考える。そういうことが暴露されだしたら、善人ぶった偽善者の化けの皮が剥がれるのも近い証拠だ。


 中東は荒れるだろう。それが目的だからである。しかし、本物のユダヤ人が目覚めるとき、平和が訪れるだろう。その時はそう遠くないような気がする。



【転載開始】イスラエルの軍隊がパレスチナ人の臓器を「誘拐」

スエーデンの有力紙Aftonbladetによると、イスラエルの兵士がパレスチナ人を誘拐して、臓器を盗み、ブラックマーケットで売りさばいているという。
この記事は「彼らは私達の息子たちの臓器を略奪している」と題されており、イスラエルの兵士がヨルダン川西岸地区やガザでパレスチナ人の若者を誘拐して、彼らの臓器を取り出した死体を家族に返していると報じている。

「私の息子たちは、自発的ではない臓器ドナーとして使われている」とパレスチナのNablusの男性が筆者のDonald Bostromに語っている。

当該スエーデンの新聞より(スエーデン語を英語にWEB翻訳)

上で紹介されている内容の掲載を確認しました。

私たちは知っている。イスラエルでの死体の需要は大きく、大規模な非合法死体取引が行われている。それは、かなり以前から行われており、当局者も知っており、大病院の幹部の医者など、いろいろなレベルの人たちが関わっている。

また、パレスチナの若者が消えており、5日後に緑色の病院の布に包まれて死体となって闇の中に戻されることも知っている。

元記事

スエーデンの新聞によると、闇臓器取引はパキスタン、フィリピン、中国でも行われているそうです。
これらの国では、死刑囚から臓器をとっているらしいです。

根拠無しに、反イスラエルになってはいけませんので、元記事をダブル翻訳で確認しました。
この話は、前に、アメリカでラビが臓器取引で捕まった記事に書かれていたのですが、根拠にとぼしかったので、紹介しませんでした。
スエーデンは歴史的に反ユダヤ人ではありませんので、ある程度は記事にも信頼が置けるのではと考えております。【転載終了】

       

Tue, 18 Aug 2009 18:29:24 GMT

       

A leading Swedish newspaper claims Israeli soldiers kidnap Palestinians to steal their organs and sell them in the black market.

In an article titled They plunder the organs of our sons, the daily Aftonbladet said Israeli soldiers abduct young Palestinians from the West Bank and Gaza Strip and return their bodies to their families after removing their organs.

"Our sons are used as involuntary organ donors," relatives of Khalid a Palestinian man from Nablus told Donald Bostrom who authored the report.

He also reported the accounts of other Palestinians whose relatives are fallen the victim of the organ smuggling operation.

According to the report, all of the victims were killed and their bodies were autopsied.

The report also cited another similar incident in 1992, in which a young Palestinian activist was captured by Israeli soldiers in the Nablus area. The man was shot in the chest, both legs and the stomach and then transferred to "an unknown distention."

The man's body was found five nights later. "When Bilal was put into his grave, his chest was revealed and suddenly it became clear to the present what abuse he had been put through. Bilal was far from the only one who was buried cut-up from his stomach to his chin and the speculations about the reason why had already started," read the article.

The article also links the issue to a recently discovered crime syndicate in New Jersey, which was involved in organ smuggling. Several American rabbis were arrested in connection to the case. 【転載終了】

コメント (2)

中國では赤ちゃんを食べる!!

2009-04-25 10:00:04 | 臓器売買

こういう事は、蛮行の領域としか言えない!!


 本当かどうか、悪宣伝かどうか、定かには言えない。しかし、その兆候が中国国内には多く見受けられる。これは、悪しき慣行、未発達の悪慣行としか見えない。


 食がなければ、生きていけないのは、物質世界の原則だが、人間は何を食するかによって人間たる尊厳があり、発達段階が読み取れる。やはり、菜食が原則、動物を食するのはやむを得ない場合に限る。人間が人間を食するなど、たとえ、飢餓に直面しようとも排斥されなければならない。

Dc9a8c5fd5451d63815f949cd64f6dca


【転載開始】

・港媒:大陸吃嬰 嬰肉做餃子 胎盤煮湯
(香港メディア発:
中國では赤ちゃんを食べる、赤ちゃんの肉で餃子を造る、胎盤を煮てスープにする)。
引用リンク;
・港媒:大陸吃嬰 嬰肉做餃子 胎盤煮湯 【大紀元3月22日訊】
(大紀元2007年3月22日報道 / 簡体字)。


・近几年来的中国大陸,一直都還存在有銭人吃嬰尸来養顔補身。壹周刊最新披露,广東地区不但有人把新鮮嬰儿
胎盤当作是養顔補身的食物,甚至乾脆直接把堕胎下来的嬰尸烹煮成美食来品,而且想鮮的人趨之若鶩,甚至還得透過医院排隊購買。壹周刊并実際前往遼寧探査煮
嬰、吃嬰還有丟棄嬰尸的情形,整个画面惨不忍睹。

(ここ数年来の支那大陸では、今でも金持ちが赤ん坊の死体を食べて美顔や身体補強にする習慣が存在している。壹周刊の最新号によると、中国广東省地区では 新鮮な赤ん坊の胎盤を美顔や身体補強のための食材にするばかりではなく、甚だしきはさっさと直接堕胎した嬰児を煮込んで美容食として賞味している。そのう えより新鮮な物が欲しいと思う者がぞろぞろいて、ひどいのになると病院に行列をしてまで購入している。壹周刊の記者は実際に遼寧省に赴き嬰児の煮込み、嬰 児食、嬰児破棄などの実態を調査したが、それら全ての情景は凄惨で見るに忍びなかった)。

・据壹周刊報導,今年一月在一場台商宴客中,一个在台商家里幇傭的遼寧人劉姐无意間透露,目前在遼寧吃嬰尸的情形仍然非常多見,還因為最近自己身体不好,打算過年回老家吃嬰尸補補身体;這樣率直的講出大陸現况,譲在場的台商夫人們,嚇得説不出話来。
(壹周刊の報道によると、今年2007年1月台灣商人の催した宴の場に招かれた人の中にいた台灣商人の使用人で遼寧省出身の劉姉さんが思わず漏らしたとこ ろでは、今でも遼寧省では嬰児死体を食べる習慣が相変わらずとても多く見られ、最近自分自身の体調も悪いので、2月の農暦正月には実家に帰えり嬰児死体を 食べて栄養補給にするつもりだとのこと。このように中国の現状を素直に語りだしたので、その場に居合わせた台灣商人の夫人たちを、口も開けないほどビック リさせてしまった)。

・劉姐還表示,目前大家都出得起銭買貨(指嬰胎),但是貨由医院控制着,而且很多人排隊等着,与医院有関的還会有“好貨”。而好貨一般指数較長,肉較多的嬰儿,同時因重男軽女十分厳重,男嬰尸更被奉為聖品。
(劉姉さんは更に、現在誰でもみんなお金さえ払えれば商品(胎児を指す)を買えるが、商品は病院が取り仕切っていて、尚且つ大勢の人が行列を造り順番待ち をしているので、病院とコネが有る者はそれだけ“良い商品”にありつけると述べた。それから良い商品とは普通大き目で肉付きの良い嬰児を指し、男児を重ん じ女児を軽んじることが甚だしいので、男の嬰児死体のほうが更に極上品とされている)。

・在壹周刊記者的要求采訪下,劉姐親自帯記者前往遼寧料理嬰尸的地点。現場看到一煮嬰尸的大嬸将男嬰肉?成肉泥包水餃,并切下胎盤煮湯。而人肉水餃外表与平常水餃并无太大差異,只是内餡顔色明顕偏紅。過程中,那位大嬸還好意安撫大家説:“這只是高級動物,不用怕。”
(壹周刊の記者の取材要求により、劉姉さんは自ら記者を遼寧嬰児死体料理店の場所に連れて行った。その現場では嬰児死体を煮込んでいるおばさんが男の嬰児 の肉を切り刻んでミンチにして水餃子を作っていたり、胎盤を切り落としてスープとして煮込んでいるところを見た。人肉水餃子の外観は普通の水餃子と大差は 無く中身の色が明らかに赤色をしているだけである。調理の過程でそのおばさんは親切にもみんなを安心させるために『これは単なる上等な動物であって怖がる ことはないよ』と言った)。

・吃完之后,剩下的嬰儿残骸随着東北人習俗,拿上山火葬,整个過程,令人発指。
(食べ終わった後、残った嬰児の残骸は東北人の慣わしにしたがって山の上に持って行き火葬にするという。その全過程は人をして怒り心頭に発せさせた)。

・事実上,中国大陸吃嬰尸,喝嬰儿湯的消息時有所聞,網路上還曾経流傳一名所謂的芸術家,把吃嬰尸当作芸術,還拍成影片供人観賞。
(事実、支那大陸の嬰児死体食や嬰児のスープを飲むニューズは時折聞くが、インタネット上でもかつて世に広まったいわゆる芸術家が嬰児死体を食べることを芸術にしたり、それを撮影して映画にまでして人々に観賞に供していたことがある)。

・2003年3月22日,广西賓陽民警在一輌由广西玉林開往安徽亳州的臥鋪大客査獲用旅行袋打包偸運的28名嬰儿,年歳最大的也不過3个月,全是女嬰。不少嬰儿由于被三四个擠装在一个旅行袋内,已奄奄一息,并且這些女嬰都无人認領。
(2003年3月22日、広西自治区賓陽の人民警察が広西玉林発安徽省亳州行きの寝台列車車内にて乗客の旅行バッグに梱包され密輸されていた28名の嬰児 を助け上げた。年齢は最大でも三ヶ月を超えず全て女の嬰児であった。多くの嬰児は三四名ずつぎっしりと旅行バッグに詰め込まれていたために、すでに息も絶 え絶えであった。そのうえこれらの女児は全て誰も引き取りに来る者が無かった)。

・2004年10月9日上午,酒泉市粛州区一名拾荒者在市郊一个拉圾箱内驚現一堆被分解的嬰儿尸体碎尸,更令人驚奇的是,被分解的肢体中,竟然有両个脳袋、両具躯干、四支骼臂、六条腿。据専案組現場勘査情况証実,小孩是被肢解后煮熟的,時間不超過一周
(2004年10月9日午前、酒泉市粛州区のあるクズ拾いが市の郊外にあるゴミ箱の中にバラバラに分解された一山の嬰児の死体を発見して吃驚仰天した。更 に驚かされるのは、分解された肢体の中にあろうことか二つの頭、二つの胴体、四本の腕、六本の脚が有った。特捜班の現場検証で子供はバラバラにされた後煮 込まれたものであり、棄てられてから一週間以内であることが明らかになった)。

・而在广東台商中,一直流傳着一个駭人听聞的進補潮流──嬰儿湯。花三四千元人民幣,就吃到一盅用六七个月大的嬰儿燉成的補湯。几个月大的嬰儿,加入巴戟、党参、当帰、杞子、姜片,加入鶏肉排骨,燉八小時,很能補气、養血。并且有多張現場図片在網上流傳,画面惨不忍睹。
(广東省の台灣商人たちのあいだで、ずっと噂になっている人をして仰天させるのが更に上を行く潮流すなわち“赤ん坊のスープ”というのがある。三千四千人 民元(48000JY~64000JY)を払えさえすれば、一碗の六七ヶ月くらいの嬰児を良く煮込んだ栄養補給スープが食べられる。生まれて数ヶ月の嬰児 にアカネ・トウジン・シシウド・クコの実・刻みショウガを加え、鶏がらも加えて八時間煮込むともの凄い強壮、増血になるというではないか。そのうえ多くの 現場写真がインタネット上に流布していて、その画面は残酷で見るに忍びないものである)。

・中国大陸从毛澤東文革時大力鼓吹生小孩后,大陸人口激增,造成許多社会問題,雖然大陸明文規定禁止吃嬰,但是却是鼓励堕胎,同時社会道德的直銭下滑,導致這樣泯滅人性和違反人権的事情屡屡発生。
(中国大陸では毛澤東の文化大革命時代に盛んに子を産めよ増やせよと奨励したために人口が激増して多くの社会問題をもたらした。当時嬰児食の禁止を明文化 して規制していたにも関わらず、却って堕胎を奨励することになり社会道徳は地に落ち、このように人道は潰滅し人権侵害行為がたびたび発生するようになって しまったのである)。
(注:強制堕胎を施行している支那大陸ではいまでも毎年二千万~三千万柱もの命が失われている)。

3/22/2007 3:16:06 AM @(http://www.dajiyuan.com)
本文网址: http://www.epochtimes.com/gb/7/3/22/n1653742.htm
完。 (終了)。【転載終了】

コメント (6)

スリランカで繰り返される内臓強制摘出!!

2008-06-30 10:37:15 | 臓器売買

グロな話は別に好みではないが、
聞き捨てならぬ話、
見過ごせぬ話は、日の下にさらけ出さないわけには
いかない!!!


 
人間は、口ではきれいなことを言っても、やっていることは邪な事がある。これを偽善者という。臓器移植もその典型である。表面は慈善のベールに包み誘い、その裏では、闇の莫大なビジネスが蠢く。

 献血は、
逼迫火急の事態にはやむを得ない処置であることは誰しも認める。しかし、その大部分においては血液製剤の無償の原料となる。それにより、かつてのミドリ十字は大発展した。結果、HIV混入を見過ごし、消滅した。消滅したのではない、吸収合併され別の顔をもったに過ぎない。今又、肝炎ウィルスの暴露にさらされている。

Japanese_red_cross_society


 献血であるから、無償である。無償の原料を日本赤十字は格安で製薬メーカーに卸す。最近、輸血はほとんど多用しないから、必要なものは成分献血、血漿である。それから様々な高額な薬品に生まれ変わる。余った赤血球部分は、秘密のうちに捨てられる。時には見つかり、弁明に躍起となる。これが医療ビジネスの原構図である。

 かく言う、投稿者は熱心な献血実践者であった。日赤から、適時表彰を受けた。100回は超えているであろう。献血はやめるつもりはない。それは必要とされる人がいるからである。生きてる限り、血液は不断に生産される。惜しむ必要はさらさらにないからである。

 しかし、実体は見極める必要がある。

 臓器移植となるとそう言うわけにはいかない。一方で命が失われる厳然たる現実がある。それが、不法な方法で理不尽にも行われている現実があると言うことは、聞き捨てならない。見捨てられない。断固糾弾されなければならない。

 そして、その温床たる【臓器移植】市場に巣くう極悪非道の現実、これは確かに現存する。目をそらし、避けて通ることは許されない。暴露し、日の下にさらし摘発し、封ずることは人間の責務である。

これもビジネスか?<「ハーゲンス氏人体標本展」の中、最も論議をかもし出したのは、妊娠中の若い女性と腹中の8ヶ月胎児の標本(人民報ネット資料)

M92539

 <苦しい表情の実物標本>

M57346

「tyugoku.pdf」をダウンロード【中国における死刑囚からの臓器移植】

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/files/tyugoku.pdf

【転載開始】2008年06月30日

スリランカで繰り返される内臓強制摘出

 インドのハイテク都市バンガロールは、貧困層の子供を金で「売買」し、その場で子供を殺害・「解体」し、内蔵を取り出し、臓器移植を行う「人身売買・内臓売買」の世界的中心地である。

しかし、より安価に内臓を入手したい場合には、人身売買ではなく、調達費用ゼロである「誘拐されてきた子供」の内臓を「購入する事になる」。その場合には、スリランカの山岳地帯へ行けば良い。

 スリランカの山岳地帯の道端には、手足を縛られ内蔵を取り出された子供の死体が、「石ころよりも、多数、転がっている」。それが日常の光景である。

このスリランカの内臓売買は、イスラム教の「タリム・イーラム解放のトラ」と呼ばれる過激派が仕切っている。この組織のもう一つの資金源は麻薬売買である。アジアでの麻薬売買は、現在では、イスラエルのアイゼンベルク一族が「仕切っている」。アジアのロスチャイルド一族を皆殺しにした一族である。

麻薬を空輸する場合、「タリム・イーラム解放のトラ」は、一々内臓と麻薬を「別便」で空輸するであろうか?

そのようなコストのかかる方法は取らない。つまり麻薬売買と臓器売買は「同一組織」が行っている。

アイゼンベルグ等のイスラエル勢力の宗教思想である、キリスト教原理主義。イスラエルを本拠地とし、イスラエル人以外の全ての人種、とりわけ「有色人種は絶滅させて良い」と主張するキリスト教原理主義教会の「教えに従えば」、殺害して良い有色人種の「内臓を摘出し売買しても良い」事になる。

  なおスリランカの山岳ゲリラに取材に行く場合、必ずイスラエルの麻薬組織に「アポを取る」必要がある。「アポなし」で取材に乗り込み、生きて帰って来た ジャーナリストは全く存在しない。生きて帰ってくるのではなく、手足の爪を1枚1枚、時間をかけてナイフで引き剥がす拷問を行い、手足の指を1本1本、時 間をかけて切り落とす拷問を行った末、内臓が全て摘出され売却された後のジャーナリストの死体が、切り落とされた20本の指と共に、首都コロンボの新聞社の入り口から投げ込まれて「帰って来る」のが「普通」である。

イスラエルのアイゼンベルグとキリスト教原理主義教会の上層部らしいやり方である。【転載終了】

コメント (2)