飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

夕食に人間の肉を!??

2010-05-30 17:45:48 | クローン人間

クローン人間についての第3弾!
しかし、今だに確信している訳ではない!
それほどに、汚らわしい気分がある。






 さて井口和基さんから、速攻のコメントを頂いたが、早速拝見した。確かにアートである。
これが、その写真。


Ppwaftheyoungfamily1


 だれがこれを作ったのだろう。モチーフは何だ? 単なる空想か? どんな空想も理由がなくては出来ない。たとえ気づかなくても、去来するインスピレーションには意味があるものだ。


 そして、こんなけったいなものを、意味もなく展示するのか? それは偶然か? それとも意図した展示か?


 それが分からないから、何とも言えないが、これに類する話は、他でもいくつもあるのだ。中東での半獣半人間の動画を観たことがある。どうしてもそれが見つからない。今回はあきらめた。


 ギリシャ神話の半獣半人間は、到底神話だけとは思えないのだ。


【転載開始】2007年02月23日

夕食に人間の肉を!

 「人間の遺伝子の一部に豚の遺伝子を入れ、家畜として飼育する事で極めて味の良い脂肪の少ない食肉を提供する。しかも成長が早く効率的で安価 である。」

雑誌Nutrition &Fitness Vol.10 No1、No2

これは人間に豚の遺伝子を「一部」入れたものであり、「食肉」ではなく 「人間の肉」である。この家畜として飼育されている人間達は、不自然な遺伝子の組み合わせにより、生まれた時から「食肉として解体」されるまで、免疫不全 や内臓疾患に苦しみ続け、苦しむためだけに生まれて来る。
 この人間家畜牧場は人間の壮絶な絶叫と悲鳴で満たされ、厳重な防音が施されている。

 既にこの「人肉」は 高級「食材」として、密かに米国では、スーパーマーケットやレストランに「出荷」されている。人間の内臓は挽き肉にさ れ、ハンバーグとしてスーパーマーケットの店頭に並んでいる。これは人間の「共食い」である。

 大量の人間を家畜として飼育し殺害し、 「人肉食材」として出荷しているのは、メリーランド州ベルツビルのアメリカ農務省研究センターであり、売れ行きが良ければ本格的な「人間家畜牧場」の経営 に乗り出すと言う。

 とうとう夕食に「人間の肉のステーキ」を食べさせられる時代が来た。【転載終了】

コメント (2)

クローン人間豚?? まだ、信じ切れない!

2010-05-28 22:11:45 | クローン人間

これが信じられるか?
かつて、信じられなかった! 今でも信じたくない!!
気分が悪くなる.....。しかし、これは可能な話である!!


 『逝ったマシュー君の天界からのメッセージ!!33』に、クローン人間について触れたら、早速、井口和基博士から、ブログ(Kazumoto Iguchi's blog)上でレスポンスがあった。それはいささか驚くべきものである。一部を転載させて頂いて、少しばかり、このテーマについて突っ込んで行かざるを得ない。

Photo


 問題提起である。これを否定して頂けるものならば、寧ろ、それを望む。しかしながら、故なき、根拠なき、あるいは稚拙な誹謗は御免こうむる。何故なら、投稿者自身、肯定する立場ではないし、寧ろ否定したい立場であるから、誹謗に対して受けて立つ立場ではない。


 情報である。疑問である。寧ろ、鑑識を求める立場である。


 実は、あまりに荒唐無稽と考えられるから、これまで記事にしたことはないが、他にもこれに比肩する情報はある。それを提供するには、今もためらいがあるが、それはこれから検討する。


 只、牛・豚のクローンが出来るのに、人間が出来ないはずはない。これは真実である。そして、豚と人間の合成クローンは可能か? 可能と考える事が、確率性は高い。何でも人間はしようとすればするのである。神にも悪魔にもなれるのが、人間である。


 残念ながら、それは真実だ。


 もはや、人間は選択を迫られている。何処に行こうとするのか? 地獄かはたまた、天国か? 


 人間は、享楽を求め、飽くなき欲望を追求してきた。食欲は、最も人間に近い動物が旨いと考えたか? それが人肉徒食だ。そう言う流れがある。畏るべき人間の欲望行く末が見える。



【転載開始】2007年07月06日

高級ステーキ用人間の肉

成田空港等でも時々見かける奇妙な外国人子供の集団がある。
人種も年齢もバラバラで、学校の 修学旅行で海外に来ているのなら同一学年のはずであり、しかも服装が極めて貧粗というか汚い。
とても修学旅行で海外に来れる経済状態の子供達でな い。しかも荷物を何も持っていない。着替えの荷物も何も持たず海外旅行は有り得ない。
付き添っているのは教会のシ スターのカッコウをしたプロレスラーのような体の大きな女と、スーツ姿のサングラスの男。
子供は全員沈黙し、顔色も悪い。と ても「楽しい海外旅行」という雰囲気ではない。

この子供達は東南アジア、あるいは中国の雲南省まで「運ばれて行く」産地直送の「荷物」で ある。
人体をバラバラに解体し、臓器移植用の臓器として冷蔵空輸するのは極めて難しい。しかも非合法な内臓売買なら、人体を解体空輸する事は不可 能に近い。
そこで海外旅行を装って子供を「生きたまま」産地直送する。

子供は現地に着くと手足を縛られ腹部をメスで切り裂かれ、 全て内臓を取り出され、待ち構えていた病気の金持ち達(ほとんどが多国籍企業の経営者達)に臓器移植される。
もちろん子供は、その場で苦しみなが ら死ぬ。子供に麻酔などかけない。
金儲けが目的なので麻酔のコスト等かけない。
子供の死体は硫酸で溶かされ下水に流すか、焼却され土に埋 められる。
警察には全く分からない。

この子供達は誘拐され、または親に売り飛ばされた子供達である。親は臓器移植用に自分の子供 が殺害される事は知っている。
「親が子供をかわいがる」というのは、裕福な先進国の作り出した「神話」、ウソ話である。
最初から子供を臓 器移植用に売り飛ばす目的でセックスをし、妊娠する親達はザラにいる。子供を臓器移植用に売る目的で、最初から好きでもない相手とセックスし妊娠する男女 も普通にいる。農産物と同じで子供も「販売目的で生産」される。

臓器移植に適した年齢以前に「売られた」子供を「適齢期」まで「飼育」す る、臓器移植用の子供の「家畜小屋」もある。中南米ではキリスト教カトリック教会がその「家畜小屋」であるケースが多い。子供を育てられない貧困層が、カ トリック教会に子供を預けたり捨てて行くからだ。
米国ではネバダ州ラスベガス近くに複数の家畜小屋がある。専門の飼育係=ブリーダーもいる。アメ リカ陸軍が関係する砂漠の地下家畜小屋もある。

こうした家畜小屋では、米軍が人間の子供と豚の遺伝子を結合させ、遺伝子工学で「人間豚」 を「生産」している。
レストランの高級ステーキ用に人間豚の肉は味が良く、非常に高値で「販売」される。これは食肉ではなくほぼ人間の肉だが、高 級レストランでは牛肉として出される。時々テレビグルメ番組で使う、1枚数十万円の高級ステーキがそれだ。
人 間と豚の遺伝子を不自然に結合させた人間豚の子供達は、免疫不全、内臓疾患等で生まれてから「と殺」されるまで、一生もがき苦しみながら成長して行く。
家 畜小屋は人間のもがき苦しむ絶叫で24時間充満する。
どうせ「と殺」される家畜であり、苦しもうとブリーダーには何等関係がない。
家畜小 屋は完全な防音が施され、砂漠の真ん中の誰も来ない場所にある。
こ の売上が軍隊の活動資金になる。【転載終了】


Bestiary Of The Weird
</object>
(この中の25秒目。 Pig-Human)

コメント (3)