雑感録

他愛もない雑文です。真に受けずに、テキトーに読み流してくださいね。

「Battleship」っててっきり敵の無敵戦艦のことかと思ってたら…(ネタバレ注意)

2020-12-02 | 映画
  アマゾン・プライムで観たんだけど、「バトルシップ」っててっきり敵の無敵戦艦のことかと思いこんでたら(相変わらず思い込みが激しい)、もう先に言っちゃうけど、太平洋戦争初期に生まれて朝鮮戦争後に退役。真珠湾で記念館として30年近く展示され、1991年に湾岸戦争で再就役した(その後また真珠湾での記念館に戻ったらしい)戦艦ミズーリのことやったんやね(たぶん。でも、それならtheがついてる?)。 オープ . . . 本文を読む
コメント

all for one, crew-1 for all

2020-11-17 | 世間
「民間初の宇宙船・クルーワンがISSへ到着」。 科学的にすげえニュースだと思うんだけど、流してるのはYoutubeをはじめとしたネットメディアばかり。 もはやテレビがメディアの先頭を走っていた時代は終わったんだと、隔世の感がある。 クルーは心技体ともにとんでもない訓練を重ねていかなる事態にでも対応できるようにしてるんだろうけど、すべてオートパイロットなので、実際にやってることはたぶんモニター(タッ . . . 本文を読む
コメント

福岡なるほどフシギ発見〜番外編〜 ミライの国宝「タマムシのバグ」

2020-11-14 | なるほど
  2013年に国宝級の金銅製の馬具一式が発掘されて一躍有名になった船原古墳@古賀市。 いま話題となっているのは、クリーニング&スキャンニングから戻ってきた1号土坑から出土した二連三葉文心葉形杏葉(にれんさんようもんしんぎょうよう)を調べてみたところ、タマムシの翅20枚を並べた装飾が見つかったというものだ。 タマムシといえば法隆寺の国宝「玉虫厨子(タマムシのズシ)」だけど、こちらは近々国宝に指定さ . . . 本文を読む
コメント

「Interstellar」(ネタバレ注意)

2020-09-13 | 映画
https://amzn.to/3bS6jjL 壮大なる大団円 Amazon primeにいつの間にか入らせられて、送料とか無料になるんなら、まあ、いいかと思って、どうせ入ってるんなら年間契約で1100円オトクにしようと思って契約を変更してprime videoで観た一発目。 2014年の公開時にはちょっと話題になったような気がするけど、設定は近未来。頻発する砂嵐で人々は日常的にゴーグルとマスク . . . 本文を読む
コメント

福岡なるほどフシギ発見〜番外編〜 無双の花(ネタバレ注意)

2019-10-27 | なるほど
  例の葉室麟の流れで立花宗茂・誾千代夫妻を描いた「無双の花」。 立花宗茂については前に海音寺潮五郎の短編「立花宗茂」を読んだけど、こちらは史伝作家らしく「本多忠勝とともに“無双”、日本の武士の双璧」とまで太閤に評された立花宗茂の関ヶ原以降の浮き沈みを淡々と描いた物語。立花家の家付き娘・誾千代の婿養子ながら太閤から柳川一国を与えられた戦国無双の武将。夫婦間も世評通りの険悪な関係として描かれていた。 . . . 本文を読む
コメント

大団円恐怖症と悪人の描き方

2019-09-22 | 映画
先週は珍しく週に2本も劇場で映画を観て、どっちもむちゃくちゃ面白かったんだけど、ソラリアシネマで観た邦画は最初は悪人だった主人公があることをきっかけに“いい人”になっちゃうという話で、話が進むにつれて周りもだんだん“いい人”になってきて、このままハッピーエンドで終わっちゃって、結果“つまらない映画”になってしまうんじゃないかとハラハラしてしまった。 結局「むちゃくちゃ面白かった」って思ったってこと . . . 本文を読む
コメント

ONCE UPON A TIME IN ... HOLLYWOODで噎せた(ネタバレ注意…つってもPRチラシに書いてある内容だけどね)

2019-09-19 | 映画
   この映画、実は内容をほとんど知らなくて、二大スター共演のチャラい映画だろうくらいにしか考えてなかったんだけど、チラシのPR情報ぐらい頭に入れとこうと思って館内設置のペラ見開きのチラシを読んでみると、なんと60〜70年代のヒッピー少女たちのカルト集団のリーダー、チャールズ・マンソンの名前が登場する。 チャールズ・マンソンといえばビートルズファンにはお馴染み、シャロン・テートらの無差別殺人の指導 . . . 本文を読む
コメント

福岡なるほどフシギ発見〜番外編〜 月神(ネタバレ注意)

2019-07-10 | なるほど
  友だちの「葉室さんは九州・福岡のマイナーな歴史物語を掘り起こしてくれて、感動を覚えます」というアドバイスに感化されて試してみた葉室麟「月神」読了。 モチーフは幕末の筑前尊攘派の実践部隊の中心人物・月形洗蔵と、明治になって集治監建設の調査団として北海道に派遣されたいとこの潔で、前半「月の章」が洗蔵の物語、後半「神の章」が潔の物語。 まあ、洗蔵の方は「福岡なるほどフシギ発見」でも取り上げてるほどの . . . 本文を読む
コメント

福岡なるほどフシギ発見〜番外編〜 弥生時代の年代は実は定まってないというお話

2019-07-10 | なるほど
  先日の日曜日、伊都国歴史博物館「伊都学第1回 弥生時代の文字文化〜イト国で最古の石硯を生産〜」受講。 昼飯にのんびりちゃんぽんを食ってたら15分ほど遅刻して、冒頭の肝心な部分(「文字文化」とは関係ないけど)を聞きそびれてしまった。 その聞きそびれてしまったと思われる“肝心”なところの一つ「北部九州以外は従来の考古学で弥生時代年代は決められない」というお話。 昔は「弥生時代」といえば採集経済の . . . 本文を読む
コメント

福岡なるほどフシギ発見〜番外編〜 刀伊入寇 藤原隆家の闘い(ネタバレ注意)

2019-06-26 | なるほど
  葉室麟「刀伊入寇 藤原隆家の闘い」、透析中にちまちま読んできたけど、ようやく読了。 元寇のおよそ250年前に博多が初めて本格的に(海賊などによる小規模の侵略は他にもあった?)外敵の侵略を受けたとされる「刀伊の入寇」で活躍した藤原隆家を描く歴史小説。 元寇の『蒙古襲来絵詞』や各史書のような詳しい史料のない「刀伊の入寇」は概要を知ろうにもwikiぐらいしか手立てがなかったんだけど、平成二十六(20 . . . 本文を読む
コメント