ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「ジキル&ハイド」

2023年02月07日 | ミステリー映画
1996年公開の映画の紹介です

監督は、スティーヴン・フリアーズ。
ヴァレリー・マーティンの小説『メアリー・ライリー/ジーキル&ハイドの恋』が原作の、スリラー映画です。
主演・出演は、ジュリア・ロバーツ、ジョン・マルコヴィッチ、グレン・クローズ、マイケル・ガンボン。



(あらすじ)
メアリーは、メイドとしてジキル博士の屋敷で働き始めました。
ジキルはメアリーが働いた中でも親切な男性で、
尋ねられていた自分の傷の秘密を話せるほどになっていくのです。
ある日ジキルは使用人を集め、言います。
「ハイドという人物が訪問するが自分と同じように扱うよう。」
ハイドはジキルの研究室にいる様子がわかりますが、一向に姿がわからずメイドたちは噂しあいます。
メアリーが何度か手紙を頼まれている場所に行くと、
ミセス・ファラデーから「手紙じゃ済まさない」と怒鳴られます。
見せられた部屋は血まみれ状態で、渡された血まみれのハンカチは以前ジキルの部屋で観たものと同じだったのです。
ある日屋敷で気配を感じたメアリーは、その人物がハイドであることに気づくのです・・・

*******************************************
主演2人はお気に入りの俳優さんたちで、スリラー仕立ての競演を楽しみました。
・・が、なんと、
ゴールデンラズベリー賞で、「最低主演女優賞/ジュリア・ロバーツ」「最低監督賞」にノミネートなんかされていたようです。

あらすじには登場しませんが、メアリーの父役はマイケル・ガンボン。
知る人ぞ知る、『ハリー・ポッター』シリーズのリチャード・ハリスの亡き後にダンブルドア校長役を演じています。
「鳩の翼」(1998)、「スリーピー・ホロウ」(1999)、「シャーロット・グレイ」(2002)、
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004)、「英国王のスピーチ」(2011)、「ジュディ 虹の彼方に」(2020)などの出演があります。

≪ 『ジキル博士とハイド氏』 扱った映画 いくつか ≫

「ジキル博士とハイド氏」(1931年製作)
監督:ルーベン・マムーリアン
出演:フレドリック・マーチ、ミリアム・ホプキンス

「ジキル博士とハイド氏」(1949)
監督:ヴィクター・フレミング
出演:スペンサー・トレイシー、イングリッド・バーグマン




皆さま、お立ち寄りと応援ありがとうございます
配信の月替わりコーナーで見つけました
見逃している映画が、本当に多い気がしますです

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


こんなタイトルですが、押すとアマゾン検索ツールに飛びます
ご入り用の際にはぜひご利用下さいね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ファーザー・スチュー 闘い続けた男」

2023年02月06日 | 実話をもとにした映画
2022年製作・劇場未公開の映画の紹介です

監督は、ロザリンド・ロス。
実話の、ドラマ映画です。
主演・出演は、マーク・ウォールバーグ、メル・ギブソン、ジャッキー・ウィーバー、テレサ・ルイス。


(あらすじ)
アマチュアボクサーのスチュアート・ロングは、
6歳で亡くなった兄とは反対に、別居している父・ビルからはダメな人間と言われ続けていました。
その日の試合に勝利を収めたスチュアートは、ケガで母親と病院に行きます。
すると医師はあごの感染症が酷く辞めた方がいいと言い、母親は違う仕事に就くよう勧めるのです。
一度は反論するも、突然思い立ったスチュアートは「俳優になる!」と言ってロサンゼルスに向かったのでした。
取りあえずスーパーに勤めたスチュアートは、来る客の中に芸能関係を探し続けます。
すると一人の女性・カルメンに一目ぼれし、置いていったチラシを頼りにスチュアートは教会のミサに参加するのです。
間もなくカルメンもスチュアートの人柄を気に入り、
無神論者だったスチュアートですが、洗礼を受けたのです。
ある夜一人で飲むスチュアートに、貧相な男性が声をかけアドバイスを続けます。
「運転はするなよ。」
しかしその後バイクに乗るスチュアートは大事故に遭い、そのことで大きな転機が訪れるのです・・・

*********************************************
実話なので、クレジットに本人の姿が映ります。

スチュアート役のマーク・ウォールバーグは、製作にも加わっているようです。

カルメン役は、テレサ・ルイズ。
メキシコ系アメリカ人の女優さんなんですね。
幾つか出演の映画はあるようなんですが、「マークスマン」(2022)には名前の記載がありました。




皆さま、お立ち寄りと応援ありがとうございます
マークはお気に入りの俳優さんなので、見つけて速攻で観ました
実話なので、大感動でした

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


こんなタイトルですが、押すとアマゾン検索ツールに飛びます
ご入り用の際にはぜひご利用下さいね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

≪ 番外編 20年前・第75回2003年のアカデミー賞!!! ≫

2023年02月05日 | 番外編
現地時間:2023年3月12日にアカデミー賞が発表になります
そこで、昨年に引き続き、10年前ごとに遡った受賞結果のご紹介をしています
『千と千尋の神隠し』が受賞した年だったんですね~~

カラー付きが受賞です


【作品賞】
『シカゴ』
『ギャング・オブ・ニューヨーク』
『戦場のピアニスト』
『めぐりあう時間たち』
『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』

【監督賞】
ロマン・ポランスキー『戦場のピアニスト』
マーティン・スコセッシ『ギャング・オブ・ニューヨーク』
ロブ・マーシャル『シカゴ』
ペドロ・アルモドーバル『トーク・トゥ・ハー』
スティーブン・ダルドリー『めぐりあう時間たち』

【主演男優賞】
エイドリアン・ブロディ『戦場のピアニスト』
ダニエル・デイ=ルイス『ギャング・オブ・ニューヨーク』
マイケル・ケイン『愛の落日』
ジャック・ニコルソン『アバウト・シュミット』
ニコラス・ケイジ『アダプテーション』

【主演女優賞】
ニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』
ダイアン・レイン『運命の女』
ジュリアン・ムーア 『エデンより彼方に』
レニー・ゼルウィガー『シカゴ』
サルマ・ハエック『フリーダ』

【助演男優賞】
クリス・クーパー『アダプテーション』
クリストファー・ウォーケン『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
ジョン・C・ライリー『シカゴ』
エド・ハリス『めぐりあう時間たち』
ポール・ニューマン『ロード・トゥ・パーディション』

【助演女優賞】
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ『シカゴ』
メリル・ストリープ『アダプテーション』
キャシー・ベイツ『アバウト・シュミット』
クイーン・ラティファ『シカゴ』
ジュリアン・ムーア『めぐりあう時間たち』

【外国語映画賞 】
『名もなきアフリカの地で』(ドイツ)

【長編アニメ映画賞】
『千と千尋の神隠し』

【脚本賞】
ペドロ・アルモドーバル『トーク・トゥ・ハー』

【脚色賞】
ロナルド・ハーウッド『戦場のピアニスト』

【撮影賞】
『ロード・トゥ・パーディション』

【編集賞】
『シカゴ』

【美術賞】
『シカゴ』

【作曲賞】
『フリーダ』

【歌曲賞】
エミネム『8 Mile』

【衣裳デザイン賞】
『シカゴ』

【メイクアップ賞】
『フリーダ』

【音響編集賞】
『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』

【視覚効果賞】
『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』





懐かし過ぎる~~~~~ o(〃^▽^〃)o

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


こんなタイトルですが、押すとアマゾン検索ツールに飛びます
ご入り用の際にはぜひご利用下さいね

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「バタフライ・エフェクト」

2023年02月05日 | ミステリー映画
2005年公開の映画の紹介です

監督は、エリック・ブレス。
個人的に大好きすぎる、ミステリー映画です。
主演・出演は、アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、エルデン・ヘンソン、ローガン・ラーマン。



蹴破られそうなドアの内側で、エヴァンはノートになぐり書きをします。
『もし誰かがこれを見つけたら、計画は失敗した証拠、
でも、成功したら、その時は彼女を救えるだろう』
---------------------------------------------------
7歳のエヴァンは時々記憶をなくし、心配した母は医者に診てもらいます。
医者は記憶の為に日記をつけることを薦め、エヴァンは毎日ノートに書き続けます。
6年後。
13歳のエヴァンは、トミーの家の地下で、トミーの妹のケイリー達といつも過ごしていました。
その日トミーは隠してあったダイナマイトを取り出し、
火をつけて一軒家のポストに入れてしまいます。
急いで離れて見ていた瞬間エヴァンは記憶をなくしてしまいます。
エヴァンが気がついた時は何か事故が起こった後で、誰に聞いても口を閉ざしていたのです。
間もなくエヴァンは引越しする事になり、ケイリーに「迎えに来る」とそっと約束します。
その後大学生になったエヴァンは、ずっと書き続けていた日記を開いた時、その場面に飛ぶ経験をします。
子供の頃気になっていたケイリーが父親といる地下の場面で、エヴァンは父親がしていることをなじり脅しをかけたのです。
その後現実に戻ったエヴァンは見たことがない部屋にいて、ベッドの横にはケイリーがいました。
エヴァンは驚き、ベッドを転げ落ちてしまいます・・・

*************************************************************
この映画はカオス理論の一つ、“バタフライ効果”がテーマにされています。
冒頭で、
『小さなチョウの羽ばたきが
地球の裏側で台風を起こす事もある』
と、流れます。

レンタルDVDには別エンディングが2つ収録されていました。
それぞれの理由で却下になったんですね。

続編があります。

「バタフライ・エフェクト2」(2007)
監督:ジョン・R・レオネッティ
出演:エリック・ライヴリー、エリカ・デュランス

「バタフライ・エフェクト3/最後の選択」(2009)
監督:セス・グロスマン
出演:クリス・カーマック、レイチェル・マイナー

大人になったケイリー役は、エイミー・スマート。
「スタスキー&ハッチ」(2004劇場未公開)、「アドレナリン」(2007)、「ハングマン (2017年の映画)」(2018)などの出演があります。

7歳のエヴァン役は、ローガン・ラーマン。
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(2010)、「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(2011)では、どちらも主演でした。
他、「3時10分、決断のとき」(2009)、「ウォールフラワー」(2013)、「フューリー」(2014)、「ブレット・トレイン」(2022)などの出演・主演があります。




皆さま、お立ち寄りとランキングの応援ありがとうございます
ブログ開設当初の再アップです。
大好きすぎて、アップ急ぎ過ぎましたです。

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


こんなタイトルですが、押すとアマゾン検索ツールに飛びます
ご入り用の際にはぜひご利用下さいね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ノルウェイの森」

2023年02月04日 | 日本映画
2010年公開の日本映画の紹介です

監督は、トラン・アン・ユン。
村上春樹原作、PG12指定のドラマ映画です。
主演・出演は、松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、玉山鉄二、高良健吾。



高校時代のワタナベは、友人のキズキと、キズキの長馴染みで恋人でもある直子と過ごす日々でした。
しかしある日キズキが自殺してしまい、ワタナベは深く悲しみます。
『誰も知らない場所ですべてを忘れてしまいたかった』
地元を離れ東京で大学生となったワタナベは、ある日偶然直子を見かけ声を掛けます。
キズキの話題には触れず、その後直子の二十歳の誕生日を祝います。
ワタナベが用意したケーキとプレゼントを前に、直子は突然泣き出し2人は体の関係を持つのでした。
しかしその後も直子は泣き続け、ワタナベは後悔しながらも直子に気持ちが知りたいと手紙を書きます。
その頃ワタナベは、同じ大学に通う緑から声をかけられ手料理を食べるほど仲良くなります。
ある時届いた直子からの手紙には「会いたい、話したいことがある」と書かれていて、
ワタナベは直子がいるという療養所に向かいます。
レイコと名乗る女性が迎えに出ていて、ワタナベは泊まる部屋を案内され直子とは2人きりで話せないと言われます。
しかしその後部屋でくつろぐワタナベに、こっそり直子が近づいてきたのです・・・

*************************************************************
タイトルの意味するところ、調べてみました。
執筆中は『雨の中の庭』だったようです。
村上春樹の奥様の提言で、このタイトルになったとか。

この映画は、監督などが村上春樹から映画化の許可を得るまで4年かかったようです。

直子役は、菊地凛子。
「バベル」(2007)では、ゴッサム賞/新人女優賞・ベスト・アンサンブル・キャスト賞、年 ゴッサム賞/新人女優賞、シカゴ映画批評家協会賞/助演女優賞を受賞、
アカデミー賞/助演女優賞などたくさんのノミネートがあります。
映画では他に、「47RONIN」(2013)、「パシフィック・リム」(2013)、「大怪獣のあとしまつ」(2022)などの出演があります。




皆さま、お立ち寄りと応援ありがとうございます
なかなか2人の世界観に入り込めず、原作が読みたいと思いましたです

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


こんなタイトルですが、押すとアマゾン検索ツールに飛びます
ご入り用の際はぜひご利用下さいね

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


映画レビューランキング