ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「ヘイトフル・エイト」

2019年04月22日 | ミステリー映画
2016年公開の映画の紹介です

監督はクエンティン・タランティーノ。
なので、当然のごとく15R・・いやいや「18R」指定の西部劇・ミステリー映画です。
主演・出演はサミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン。



南北戦争終結から数年後の冬ワイオミング州の山中。
賞金稼ぎの元北軍・黒人のウォーレン少佐は、3体の遺体と共に、通りがかりの駅馬車を止めます。
乗っていた賞金稼ぎジョン・ルースは、話し合いの末ウォーレンを乗せる事にします。
ルースは大金のつく女悪党のドメルグを連れていて、逃げないように手錠でつないでいました。
途中、「マニックス略奪団」の末っ子も、
「保安官になるところだから放置したら縛り首になるぞ」
とかなんとかいって乗せてもらいます。
吹雪が強くなった頃、駅馬車は“ミニーの紳士服飾店”にたどり着きます。
ミニーは留守で、任されたボブが迎い入れます。
中には巡回執行人のモブレーと、元南軍スミザーズ将軍、カウボーイのジョー・ゲージがとどまっていました。
ルースはミニーがいないことを訝り、きっとドメルグの仲間がいるに違いないとウォーレンに話します。
そうしているうちに元北軍のウォーレンは元南軍のスミザーズを挑発し、危ない雰囲気になるのです。
吹雪で動けない密室の中の8人(御者はカウントされていない)ですが、
実はもう一人いたのです。

***************************************************
この映画は全5章と最終章で構成されています。
題名は、タランティーノ監督の8作品目と言う意味の強調が込められているようです。

クレジットなしですがナレーターはクエンティン・タランティーノ監督自ら。
美術監督は種田陽平。「キル・ビル」(2003)以来なんですね。

アカデミー賞では「作曲賞」を受賞しています。
「助演女優賞/ジェニファー・ジェイソン・リー」「撮影賞」にノミネートがあります。

紅一点ですが、男たちに負けないドメルグ役はジェニファー・ジェイソン・リー。
「バックドラフト」(1991)、「モーガン プロトタイプL-9」(2016年製作・劇場未公開)などの出演があります。








コメント

「人生はビギナーズ」

2019年04月21日 | ドラマ映画
2012年公開の映画の紹介です

監督はマイク・ミルズ。
監督本人の実体験を基にしたドラマ映画です。
主演・出演はユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン。



アートディレクターのオリヴァーは、亡くなった父・ハルの家の片づけをします。
母の死後半年経って、ハルは自分がゲイでありカミングアウトするとオリヴァーに話しました。
オリヴァーは、ハルの写真つきのプロフィールを手にします。
そしてハルの飼い犬のアーサーを自宅に連れて、部屋を案内していきます。

オリヴァー 「家は寂しいよ。僕と話すことを覚えて」
アーサーの心の声 『150も言葉がわかるけど、僕は話せないんだよ』

その後、心を開かないオリヴァーを仲間が仮装パーティーに誘います。
そこで精神分析医に扮したオリヴァーは、話せない人物に扮したアナと筆談を交えて仲良くなります。
その日2人は、寄り添って夜を明かしました。
---------------------------------------------
 パーティーに参加したハルからオリヴァーに電話があり、今流行っている乗りのいい音楽は何かと尋ねます。
 オリヴァーは伝え、ハルはメモします。
 その後、ハルに若いアンディと言う恋人が出来ます。
 アンディはハルが病気の時も楽しませてくれます。
 しかしハルが重い病にかかった時、アンディに知らせるようオリヴァーは頼まれるのです。
---------------------------------------------
アナとの今後を考えているオリヴァーに、アーサーは話しかけます。
『もう、結婚したの?』

**********************************************************
この映画はアカデミー賞助演男優賞/クリストファー・プラマーを受賞しています。

アーサーの種類はジャック・ラッセル・テリアです。
この映画でもオリヴァーがアーサーに説明していますが、歴史はキツネ狩り用の種類なんですね。
フォックス・テリア/ビーグル/ボーダー・テリア等が交ざっているようです。

オリヴァー役はユアン・マクレガー。
「スター・ウォーズ」シリーズの若きオビ=ワン・ケノービとして有名です。
「トレインスポッティング」(1996)、「アイランド」(2005)などジャンル問わずの主演も多く、
「ムーラン・ルージュ」(2001)では生声も披露、ゴールデングローブ賞・主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされています。









コメント

「アバター」

2019年04月21日 | アクション映画
2009年公開の映画の紹介です

監督はジェームズ・キャメロン。SF・ファンタジー・アクション映画です。
主演・出演はサム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー。



西暦2154年。
戦争の負傷で両足が動かないジェイクは、双子の兄の代わりに宇宙に飛び立ち惑星パンドラに着きます。
人類は有用資源をパンドラで見つけ、原住民ナヴィとの交流を開始していました。
ジェイクはナヴィと同じ姿にリンクし、両足で駆けることが出来るようになります。
初日に獰猛な動物に襲われたジェイクは、ナヴィのネイティリに助けられ原住民と生活を始めます。
ジェイクはパンドラで寝ている間に、カプセルから出て上司にナヴィの生活を報告します。
有用資源の場所がわかり、軍隊のリーダーは交渉するようジェイクをせかします。
ジェイクは毎日記録をビデオに残し、ある事をつぶやいてしまいます。
そしてついに軍隊が出動してしまい、ナヴィの姿のジェイクは戦車のカメラを壊すのです。

********************************************
この映画は、3D映像による劇場公開が大きく取り上げられた作品です。
キャメロン監督が『タイタニック』の完成後、この映画の撮影に入ると発表、構想14年、製作に4年以上の歳月を費やして完成させた作品なんですね。

アカデミー賞では「作品賞」「監督賞」「作曲賞」などのノミネートがあり、
「美術賞」「撮影賞」「視覚効果賞」を受賞しています。

さてさてさてさて

続編の発表から随分と月日が流れ、全米公開予定日を発見!!

「アバター2」は2020年12月18日
「アバター3」は2021年12月17日
「アバター4」は2024年12月20日
「アバター5」は2025年12月19日

4つの続編は同時に制作されたんですね。

「アバター2」情報です

監督:ジェームズ・キャメロン
主演・出演は、
ジェイク役:サム・ワーシントン
ネイティリ役:ゾーイ・サルダナ
ケイト・ウィンスレット
ウーナ・チャップリン(チャップリンの孫)










コメント

「人間の値打ち」

2019年04月20日 | サスペンス映画
2013年製作の映画の紹介です

監督はパオロ・ヴィルズィ。
イタリアの極上サスペンスです。



ウエイターの男は仕事を終え、自転車で帰宅中、車にはねられ道路わきに転倒してしまいます。
------------------------------------------
小さな不動産を経営するディーノは、娘・セレーナの富豪の恋人・マッシの家族に取り入ろうと必死です。
資金があるふりをして、マッシの父親・ジョバンニに大金を投資しますが、上手くいかなくなり、途方にくれます。
更に、ディーノが自宅に戻った時、警察が事故の事でセレーナを訪ねてきたのです。
------------------------------------------
満たされない毎日を過ごすジョバンニの妻・カルラは、取り壊しが決まった劇場を買い取ります。
委員会を立ち上げますがメンバーに圧倒され、カルラの話はしどろもどろです。
ある日帰宅すると、事故の事で警察がマッシを訪ねて来たのです。
------------------------------------------
セレーナはマッシと別れたいと思っている時に、母の病院で患者のルカに会います。
セレーナとルカは次第に惹かれていきます。
ある夜、酔ったマッシを迎えに行くよう頼まれ、セレーナは自分の車を、マッシの車はルカが運転することになるのです。

*******************************************************
この映画の最後に、ある金額がはじき出されます。

この映画は、イタリアのアカデミー賞で「作品賞」など7部門受賞しています。

ディーノ役はファブリッツィオ・ベンティヴォリオ。
この映画で、イタリアアカデミー賞の最高賞である“ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞最優秀男優賞”を受賞しています。

カルラ役はヴァレリア・ブルーニ・テデスキ。
イタリア出身ですが、フランスで活躍する女優であり映画監督です。
この映画で、“ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞最優秀女優賞”を受賞しています。

ディーノ




カルラ




セレーナ



コメント

「エクスペンダブルズ」

2019年04月20日 | アクション映画
2010年公開の映画の紹介です

監督・主演はシルヴェスター・スタローン。超アクション映画です。モチ、15指定R。
他出演はアクション映画の主演陣、ジェイソン・ステイサム、 ジェット・リー、 ドルフ・ラングレン、 ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー。



バーニー・ロスは実力派の傭兵集団『エクスペンダブルズ』のリーダー的存在です。
ある時、ソマリア沖で海賊によるシージャック事件が発生し、メンバーは出向きます。
チームのガンナーが勝手な行動を取った事で銃撃戦になり、バーニーはガンナーを追放してしまいます。
次の任務の為、バーニーは教会でチャーチという男に会います。
多額の報酬金の依頼は、ある孤島で独裁政治を行っている将軍の抹殺でした。
下調べの為バーニーは仲間と島に降り立ち、案内役のサンドラと合流します。
ところが兵士と銃撃戦になり、一旦バーニー達は飛行艇で島を出ます。
実は島は麻薬売人のモンローという男が牛耳っており、モンローは将軍の娘・サンドラを探し出します。
追放されたガンナーはモンローに接触し、バーニーたち『エクスペンダブルズ』は再び島へ飛び立つのです。

*************************************************
『エクスペンダブルズ』=消耗品軍団と訳されています。

続編「エクスペンダブルズ2」(2012)
加わったキャストは
チャック・ノリス、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、リアム・ヘムズワース

続続編「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」(2014)
加わったキャストは
アントニオ・バンデラス、ウェズリー・スナイプス、メル・ギブソン、ハリソン・フォード

さて!!

『エクスペンダブルズ4(邦題未定、原題:The Expendables 4)』の製作が正式に決定したようだ
撮影は2019年初旬より行われる

というニュースを発見!!
シルヴェスター・スタローン+バーニー・ロスの続投も決定のようですね







コメント