ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「私の男」

2024年03月05日 | 日本映画
2014年公開の日本映画の紹介です

監督は、熊切和嘉。
桜庭一樹著、直木賞受賞作品が原作の、ドラマ映画です。
主演・出演は、浅野忠信、二階堂ふみ、山田望叶、モロ師岡、
高良健吾、藤竜也。



(あらすじ)
1993年、北海道・奥尻島。
北海道南西沖地震が発生し、瓦礫から被災者の集まる場所にはだしで歩いてきた幼い花は、
両親の遺体を見てしまいます。
親戚だという腐野淳悟が花に声をかけ、
花の遠縁の初老の大塩の反対を押し切って花を引き取ります。
紋別市。
中学生になった花は、淳悟と付き合う小町とも親しくなります。
ある日小町は、淳悟のコートから小さいプレゼントの包みを見つけ開けてみます。
可愛らしいピアスで、自分宛ではないと感じた小町は捨ててしまうのです。
果たして同じピアスを花が持っていることに小町は気付き、
その後花と淳悟が触れ合う姿が普通ではないと感じるのです。
小町は別れて東京に行ってしまい、花と淳悟は体の関係になってしまいます。
ある時大塩が花に話しかけます。
「旭川に花の遠い親戚を見つけたから、引き取るよう話すつもり。」
しかし話の途中で花はどんどん歩き、大塩が追いかけます。
「誰にもなんにも言わないから。」
叫びながら大塩が流氷を飛び越えていく花に追いつくも、
流氷は次第に流されていったのです・・・

*****************************************************
この映画はたくさんの賞を受賞しています。

・毎日映画コンクール日本映画大賞
・モスクワ国際映画祭コンペティション部門 最優秀作品賞/最優秀男優賞(浅野忠信)
・日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(二階堂ふみ)
・ブルーリボン賞 主演男優賞(浅野忠信)
・ニューヨーク・アジア映画祭 ライジングスター・アワード(二階堂ふみ)

などなど。

花役は、映画・ドラマで大活躍中の二階堂 ふみ。
この映画では20歳ほどですが、かなりの体当たりです。
って、そういう映画の出演も結構ありますです。
デビューはテレビドラマ「受験の神様」(2007)のようです。
初めて観たのは、「指輪をはめたい」(2011)の出演です。
その後は、「ヒミズ」(2012)、「ほとりの朔子」(2014)、「オオカミ少女と黒王子」(2016)、
「リバーズ・エッジ」(2018)、「翔んで埼玉」(2019)シリーズ、「ばるぼら」(2020)などの主演がたくさんあります。




皆さま、お立ち寄りと応援ありがとうございます
原作読んでいませんが、結構ストーリーが違うようです
それにしても、宮崎あおいと似て見えるのって、私だけ~~?

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


アマゾン検索ツールに飛びます
お気軽にご利用くださいね

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

≪ 番外編  40・50年前 アカデミー賞 ≫

2024年03月04日 | 番外編
※ 番外編が、受賞結果発表まで続いてました
映画紹介記事は毎日1作品アップしていますので、お見逃さないでね
受賞作品は色付けしてます


≪ 番外編 40年前(1984年) 第56回 アカデミー賞 ≫

【作品賞】
・「愛と追憶の日々」
・「再会の時」
・「ドレッサー」
・「ライトスタッフ」
・「テンダー・マーシー」

【監督賞】
・ジェームズ・L・ブルックス「愛と追憶の日々」
・ピーター・イエーツ 「ドレッサー」
・イングマール・ベルイマン 「ファニーとアレクサンデル」
・マイク・ニコルズ「シルクウッド」
・ブルース・ベレスフォード「テンダー・マーシー」

【主演男優賞】
・ロバート・デュヴァル「テンダー・マーシー」
・マイケル・ケイン「リタと大学教授」
・トム・コンティ「Reuben, Reuben」
・トム・コートネイ「ドレッサー」
・アルバート・フィニー「ドレッサー」

【主演女優賞】
・シャーリー・マクレーン「愛と追憶の日々」
・ジェーン・アレクサンダー「テスタメント」
・メリル・ストリープ 「シルクウッド」
・ジュリー・ウォルターズ「リタと大学教授」
・デブラ・ウィンガー「愛と追憶の日々」

【助演男優賞】
・ジャック・ニコルソン「愛と追憶の日々」
・チャールズ・ダーニング「メル・ブルックスの大脱走」
・ジョン・リスゴー「愛と追憶の日々」
・サム・シェパード「ライトスタッフ」
・リップ・トーン「クロスクリーク」

【助演女優賞】
・リンダ・ハント「危険な年」
・シェール「シルクウッド」
・グレン・クローズ「再会の時」
・エイミー・アーヴィング「愛のイエントル」
・アルフレ・ウッダード「クロスクリーク」

【国際長編映画賞】
・「ファニーとアレクサンデル」 (スウェーデン)
・「カルメン」 (スペイン)
・「女ともだち」(フランス)
・「Job's Revolt」(ハンガリー)
・「ル・バル」 (アルジェリア)

【脚本賞】
・「テンダー・マーシー」

【脚色賞】
・「愛と追憶の日々」

【撮影賞】
・「ファニーとアレクサンデル」

【美術賞】
・「ファニーとアレクサンデル」

【録音賞】
・「ライトスタッフ」

【音響編集賞】
・「ライトスタッフ」

【編集賞】
・「ライトスタッフ」

【作曲賞】
・「ライトスタッフ」 ビル・コンティ

【歌曲賞】
・「「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」 (フラッシュダンス)

【衣装デザイン賞】
・ファニーとアレクサンデル

**********************************************************************
≪ 番外編 50年前(1974年) 第46回 アカデミー賞 ≫

【作品賞】
・「スティング」
・「アメリカン・グラフィティ」
・「叫びとささやき」
・「エクソシスト」
・「ウィークエンド・ラブ」

【監督賞】
・ジョージ・ロイ・ヒル「スティング」
・ジョージ・ルーカス「アメリカン・グラフィティ」
・イングマール・ベルイマン「叫びとささやき」
・ウィリアム・フリードキン「エクソシスト」
・ベルナルド・ベルトルッチ「ラストタンゴ・イン・パリ」

【主演男優賞】
・ジャック・レモン「セイブ・ザ・タイガー」
・マーロン・ブランド「ラストタンゴ・イン・パリ」
・ジャック・ニコルソン「さらば冬のかもめ」
・アル・パチーノ「セルピコ」
・ロバート・レッドフォード「スティング」

【主演女優賞】
・グレンダ・ジャクソン 「ウィークエンド・ラブ」
・エレン・バースティン「エクソシスト」
・マーシャ・メイソン 「シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛」
・バーブラ・ストライサンド「追憶」
・ジョアン・ウッドワード「Summer Wishes, Winter Dreams」

【助演男優賞】
・ジョン・ハウスマン「ペーパーチェイス」

【助演女優賞】
・テイタム・オニール「ペーパー・ムーン」

【国際長編映画賞】
・「映画に愛をこめて アメリカの夜」 (フランス)
・「The House on Chelouche Street」 (イスラエル)
・「The Invitation」 (スイス)
・「The Pedestrian 」(西ドイツ)
・「ルトガー・ハウアー/危険な愛」 (オランダ)

【脚本賞】
・「スティング」デヴィッド・S・ウォード

【脚色賞】
・「エクソシスト」

【録音賞】
・「エクソシスト」

【撮影賞】
・「叫びとささやき」

【美術賞】
・「スティング」

【編集賞】
・「スティング」

【作曲賞】
・「追憶」マーヴィン・ハムリッシュ

【歌曲賞】
・「追憶」(追憶) – マーヴィン・ハムリッシュ/アラン・バーグマン/マリリン・バーグマン






一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


アマゾン検索ツールに飛びます
お気軽にご利用くださいね

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「インファーナル・マシーン」

2024年03月04日 | スリラー・ミステリー映画
2022年公開の映画の紹介です

監督は、アンドリュー・ハント。
B級扱いらしい、スリラー映画です。
主演・出演は、ガイ・ピアース、アリス・イヴ、アレックス・ペティファー、
ジェレミー・デイヴィス。


(あらすじ)
1981年6月23日。
テレビのニュースが流れています。
『ノックスビルのバプテスト大学で男がライフルを発射、13人が死亡・・
犯人は未発表の17歳・・』
25年後、南カリフォルニア。
作家のブルース・コグバーンは私書箱から手紙を取り出すと、一通の手紙を目にします。
ウィリアム・デュケントと言う差し出して、訝りながらブルースは公衆電話で連絡先に電話を架けます。
「公表していない住所がなぜわかった?
自分についてよく知っているようだが、インタビューを受けるつもりはないから今後送らないように。」
しかしその後も何通も手紙が届き、ブルースは再度電話で、
「執筆を助ける気はない。」と強く言うのです。
しかし今度は宅配が届くようになり、ブルースは宅配者にドラム缶に入れるよう命じます。
出版社の担当・ジェリーに電話をすると、住所は誰にも話していないと言い前書きの仕事を頼まれるのです。
ある日ブルースは、酔ったまま公衆電話でデュケントに電話で話し続け、そのまま寝込んでしまいます。
女性警官・ローラに起こされ、送ってもらううち、
かつて有名な『インファーナル・マシーン』の作者と知ったローラは感激します。
しかしその『インファーナル・マシーン』は、25年前の銃撃の発端となったものだったのです・・・

**************************************************
似ている作品があったので、リメイクかと思いましたら違いました。

原題も『THE INFERNAL MACHINE』。
意味は、「地獄の機械、時限爆弾」などのようです。

ローラ役は、アリス・イヴ。
「推理作家ポー 最期の5日間」(2012)、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)、
「クリミナル 2人の記憶を持つ男」(2017)、「ブラック・ファイル 野心の代償」(2017)、
「レプリカズ」(2019)などの出演があります。




皆さま、お立ち寄りと応援ありがとうございます
B級の定義が分かりませんが、俳優陣も良く、
ストーリー展開が面白い作品でした

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


アマゾン検索ツールに飛びます
お気軽にご利用くださいね

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「夜が明けるまで」

2024年03月03日 | ドラマ映画
2017年配信の映画の紹介です

監督は、リテーシュ・バトラ。
ケント・ハルフの小説が原作の、ドラマ映画です。
主演・出演は、ロバート・レッドフォード、ジェーン・フォンダ、イアン・アーミテージ、
マティアス・スーナールツ。



(あらすじ)
初老のルイス・ウォーターズは、妻が他界し娘が離れて暮らしているため、
一人暮らしをしています。
ある日、近くに住む、やはり一人暮らしの初老の女性・アディ―が訪ねてきます。
「一つ提案があるの。」
そう言うアディ―はしり込みしながら話します。
「お互いに孤独で夜も眠れない状態の為、寝るときに横にいて話などしたらどうか」、
というもので、「セックスは抜きで」と付け足すのです。
驚いたルイスは考えるてみると言い、翌日受けることを電話で話すのです。
夜9時に裏口から入ったルイス同様、アディ―もぎこちなく話しもままならないまま2人は朝を迎えます。
翌日も訪ねたルイスは、なぜ自分なのかとアディ―に尋ねるのです。
アディ―は答え、噂は気にしていないから玄関から入るようルイスに言いました。
午前中茶飲み仲間の輪に入ったルイスは、案の定遠回しにアディ―との仲を茶化されるのです。
しかしルイスはアディ―を魅力的と思い始め、堂々と外でのランチを提案するのでした。
ある日アディ―の息子が自宅に寄り、7歳の孫を預かってほしいと言うのです・・・

*************************************************
自然な雰囲気のロバート・レッドフォードとジェーン・フォンダが、
とっても素敵でした。
どちらもファンでしたので、若かりし頃の作品は観ていました。
大昔(失礼!!)「裸足で散歩」(1968)でも競演しています。

ヴェネツィア国際映画祭では、2人の演技が高く評価されて「栄誉金獅子賞」が授与されています。
批評家からも絶賛。
「シンプルだが手堅いキャンパスを提供しており、2人の名優が物語に命を吹き込むための場が作られた。
それによって、原作の落ち着いた力強さが表現できている。」

ルイス役は、製作にも加わっている今年87歳のロバート・レッドフォード。
この映画の後も、「さらば愛しきアウトロー」(2018)、「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019)の主演・出演があります。
製作総指揮では「ムスタング」(2019)があります。

アディ―役は、今年86歳のジェーン・フォンダ。
この映画の後も、「また、あなたとブッククラブで」(2020)の出演、
2023年には、声の出演を含む3本の映画出演があります。




皆さま、お立ち寄りと応援ありがとうございます
たくさん年齢を重ねても、ステキな役どころの作品が待っているんですね

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


アマゾン検索ツールに飛びます
お気軽にご利用くださいね

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

≪ 番外編 40年前(1984年) 第7回 日本アカデミー賞 ≫

2024年03月02日 | 番外編
※ 番外編が、受賞結果発表まで続きます
映画作品は毎日1作品アップしていますので、お見逃さないでね


『最優秀作品賞』
・楢山節考

・家族ゲーム
・細雪
・戦場のメリークリスマス
・南極物語

『最優秀監督賞』
・五社英雄 (陽暉楼)

・市川崑 (細雪)
・今村昌平 (楢山節考)
・大島渚 (戦場のメリークリスマス)
・森田芳光 (家族ゲーム)

『最優秀主演男優賞』
・緒形拳(楢山節考/陽暉楼/魚影の群れ)

・加藤嘉(ふるさと)
・松田優作(家族ゲーム)
・森繁久彌(小説吉田学校)
・渡瀬恒彦(泪橋/時代屋の女房)

『最優秀主演女優賞』
・小柳ルミ子(白蛇抄)

・池上季実子(陽暉楼)
・坂本スミ子(楢山節考)
・田中裕子(天城越え/男はつらいよ 花も嵐も寅次郎)
・夏目雅子(魚影の群れ/時代屋の女房)

『最優秀助演男優賞』
・風間杜夫(陽暉楼/人生劇場)

・伊丹十三(家族ゲーム/居酒屋兆治/細雪/迷走地図)
・佐藤浩市(魚影の群れ/日本海大海戦 海ゆかば)
・田中邦衛(居酒屋兆治/三等高校生/逃がれの街)
・ビートたけし(戦場のメリークリスマス)

『最優秀助演女優賞』
・浅野温子(陽暉楼/汚れた英雄)

・加藤登紀子(居酒屋兆治)
・十朱幸代(魚影の群れ/この子を残して)
・倍賞美津子(陽暉楼/楢山節考)
・由紀さおり(家族ゲーム)

『最優秀外国作品賞』
・愛と青春の旅だち

・ガンジー
・ソフィーの選択
・隣の女
・フラッシュダンス

『最優秀音楽賞』
・佐藤勝(陽暉楼/海嶺/せんせい)

『最優秀脚本賞』
・高田宏治(陽暉楼)

『最優秀撮影賞』
・森田富士郎(陽暉楼/伊賀忍法帖)

『最優秀照明賞』
・増田悦章(陽暉楼/伊賀忍法帖)

『最優秀美術賞』
・西岡善信、山下謙爾(陽暉楼)

『最優秀録音賞』
・紅谷愃一(楢山節考/居酒屋兆治)

『新人俳優賞』 ※ 最優秀はないようです

・金子正次(竜二)
・杉本哲太(白蛇抄)
・宮川一朗太(家族ゲーム)
・仙道敦子(細雪/白蛇抄)
・原田知世(時をかける少女)
・渡辺典子(積木くずし)

『話題賞』
・作品部門 「戦場のメリークリスマス」
・俳優部門  タロ、ジロ(南極物語)







皆さま、お立ち寄りと応援ありがとうございます
「話題賞/俳優部門」がほっこりですね

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


アマゾン検索ツールに飛びます
お気軽にご利用くださいね

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


映画レビューランキング