ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「シェナンドー河」

2020年08月09日 | 西部劇映画
1965年公開の映画の紹介です

監督はアンドリュー・V・マクラグレン。
南北戦争時の、農場主とその一家を描いたホームドラマ・西部劇映画です。
主演・出演は、ジェームズ・ステュアート、ダグ・マクルーア、パトリック・ウェイン、キャサリン・ロス、ジョージ・ケネディ。


1863年。アメリカ・バージニア州。
チャーリー・アンダーソンは広大な農場を経営し、息子6人と娘1人・妊婦の息子の妻達と共に日々の糧の為に作業をしていました。
世間は南北戦争のただなかで、戦争に参加しない事に息子たちは不満を持っていました。
しかし黒人奴隷を使わないチャーリーは、必要が無いと頑なに伝えていたのです。
ある日、将校が息子たちの兵役や馬を渡すよう言ってきましたが、チャーリーは断ります。
16年前に他界した妻の墓参りを欠かさないチャーリーは、妻の遺言を守っていたのでした。
ところが、友達と遊んでいた16歳の末っ子のボーイは、南北の撃ち合いに巻き込まれ北軍に見つかってしまい、捕虜として連れて行かれてしまうのです。
事態を聞いたチャーリーは
「もう、黙ってはいられない」
チャーリーはジェームズ夫婦に家を任せ、他の子供たちとボーイを助ける為に旅立ちます。
北軍の捕虜収容所で居場所を聞き、捕虜を乗せた列車をチャーリーは上手く襲撃します。
列車にボーイはいませんでしたが、ある人物が乗っていたのです・・

*********************************************************
チャーリー役は、このころ50代後半のジェームズ・ステュアート。
たくさんの主演・出演作品があり、「フィラデルフィア物語」(1948)ではアカデミー賞主演男優賞を受賞、
1985年「アカデミー名誉賞」を受賞しています。

ジェームズ役はパトリック・ウェイン。
ジョン・ウェインの息子様なんですね。今年81歳です。
「シンドバッド虎の目大冒険」(1977)の主演、「ヤングガン」(1988)の出演などがあります。





お立ち寄りありがとうございます
南北戦争時代は、戦争映画よりも西部劇の雰囲気が強い気がします
この雰囲気が、大好きなんですわ~~
コメント

「プライベート・ウォー」

2020年08月08日 | 実話をもとにした映画
2019年公開の映画の紹介です

監督はマシュー・ハイネマン。
マリー・ブレナーの発表した記事が原作の実話の映画です。
主演・出演は、ロザムンド・パイク、ジェイミー・ドーナン、スタンリー・トゥッチ。


2001年。
戦場記者のメリー・コルヴィンは、上司から行き先を変更されたにもかかわらず、当初希望のスリランカへ向かいます。
内戦中のスリランカに着くと、反乱軍リーダーからキチンと報道してくれる事で評判だとメリーは言われます。
その後、政府軍の攻撃に遭遇し、しゃがむよう言われたにもかかわらずメリーは両手を広げて
「アメリカの記者よ!!」
と叫びますが、爆撃を受けてしまいメリーは左目を負傷してしまうのです。
帰国後、メリーは眼帯を付けて同僚と飲みに行きますが、一人になると辛さで涙を流すのでした。
間もなく、メリーは「英国プレス賞:優秀外人記者」を受賞し、上司はメリーの早い復帰を望みます。
数年後、イラク国境で地面を掘り起こす作業に携わったメリーは、側にいる数人の女性から夫が埋まっていると話しを聞きます。
そして、何人もの白骨が発見されるのでした。
帰宅したメリーは、戦場の風景が頭に焼きつき、酒とたばこがやめられず、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を患ってしまうのです・・・

***************************************************
メリー・コルヴィン役はロザムンド・パイク。
この映画の演技はかなりの高評価のようです。
「ゴーン・ガール」(2014)では、アカデミー主演女優賞ノミネートの他、たくさんのノミネートと受賞をしています。
「エンテベ空港の7日間」(2019)、「THE INFORMER/三秒間の死角」(2019)などの出演があり、近年は目白押しのようです。




お立ち寄り、ありがとうございます
ロザムンド・パイクは、私も注目中の女優さんです
コメント

≪ 番外編 SF映画、おすすめランキング ≫

2020年08月08日 | 日記
先日予告させて頂いたSF映画おすすめランキングの情報です
「ciatr シアター」さんの“自信を持った”記事をお借りしました

【2020年最新】SF映画おすすめランキング 絶対観ておきたい名作・傑作集(ciatr シアター) 


1位:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)
2位:『インターステラー』(2014)
3位:『レディ・プレイヤー1』(2018)
4位:『ターミネーター2』(1994)
5位:『バタフライ・エフェクト』(2004)
6位:『2001年宇宙の旅』(1968)
7位:『ブレードランナー』(1982)
8位:『インセプション』(2010)
9位:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)
10位:『マトリックス』(1999)
-------------------------------------
11位:『エイリアン』(1979)
12位:『ゼロ・グラビティ』(2013)
13位:『ガタカ』(1997)
14位:『オデッセイ』(2015)
15位:『her/世界でひとつの彼女』(2013)
16位:『エターナル・サンシャイン』(2004)
17位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)
18位:『マイノリティ・リポート』(2002)
19位:『E.T.』(1982)
20位:『エクス・マキナ』(2015)
-------------------------------------
21位:『メトロポリス』(1926)
22位:『不思議惑星キン・ザ・ザ』(1986)
23位:『WALL・E/ウォーリー』(2008)
24位:『トータル・リコール』(1990)
25位:『遊星からの物体X』(1982)
26位:『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980)
27位:『宇宙人ポール』(2011)
28位:『猿の惑星』(1968)
29位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)
30位:『未来世紀ブラジル』(1985)
-------------------------------------
31位:『アリータ:バトル・エンジェル』(2019)
32位:『惑星ソラリス』(1972)
33位:『月に囚われた男』(2009)
34位:『LOOPER/ルーパー』(2012)
35位:『フィフス・エレメント』(1997)
36位:『ゴーストバスターズ』(1984)
37位:『第9地区』(2009)
38位:『わたしを離さないで』(2010)
39位:『クラウドアトラス』(2012)
40位:『プリディスティネーション』(2014)
-------------------------------------
41位:『未知との遭遇』(1977)
42位:『ザ・フライ』(1986)
43位:『アド・アストラ』(2019)
44位:『ロボコップ』(1987)
45位:『コンタクト』(1997)
46位:『蝿男の恐怖』(1958)
47位:『マグノリア』(1999)
48位:『コーン・ヘッズ』(1983)
49位:『X-MEN』(2000)
50位:『ザ・プレデター』(2018)
-------------------------------------
51位:『鉄男』(1989)
52位:『イグジステンズ』(1999)
53位:『汚れた血』(1986)
54位:『ビデオドローム』(1982)
55位:『ジェミニマン』(2019)

観ていない映画が多々あるんですが、
恐れ多くもふくのベストテンなど載せてしまいますっ


1位:『インターステラー』(2014)
2位:『スター・ウォーズ』(1978)
3位:『バタフライ・エフェクト』(2004)
4位:『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)
5位:『アイアンマン』(2008)
6位:『第9地区』(2009)
7位:『ロボコップ』(1987)
8位:『ターミネーター』(1987)
9位:『ウエストワールド』(1973)
10位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)

う~~ん、順位難しいですね
どれも大好きです

スター・ウォーズ

バタフライ・エフェクト

アイアンマン

第9地区

ターミネーター

お立ち寄り、ありがとうございます
企画、楽しい!! ヾ(○⌒ ∇⌒○)ノ
お付き合い頂いて、とっても嬉しいです
コメント (4)

「ツレがうつになりまして。」

2020年08月07日 | 少しづつ増やしていきたい日本映画
2011年公開の日本映画の紹介です

監督は佐々部清。
細川貂々(ほそかわ てんてん)の自伝・漫画エッセーが原作のドラマ映画です
主演・出演は、宮崎あおい、堺雅人、吹越満、津田寛治、大杉漣。


ハルの夫・“ツレ”は朝自分の弁当を作り、中に一週間ごとに決めているチーズを入れ、一週間ごとに決めているネクタイをしめて玄関に向かいます。
漫画家のハルは慌てて起きて“ツレ”を送り出し、携帯を忘れた事に気付いて外に出ます。
すると“ツレ”がゴミステーションにいつまでも立っている姿が見えるのです。
努める会社で“ツレ”は社長から、担当の顧客から苦情の手紙が来たと怒られてしまいます。
更に同じ人物からの電話でのクレームに、“ツレ”は、
「私の名前のタカサキは、口高ではなくはしご高です」
と言ってしまう几帳面さだったのです。
ある朝ハルが目を覚ますと、ナイフを持ったまま側にいる“ツレ”に驚きます。
「弁当が作れない、死にたい」
と“ツレ”は言い、ハルは病院に行くよう話します。
病院で“ツレ”は「うつ病」と言われ、症状が多岐にわたり完治は半年から一年半と言われてしまうのです。
ハルは病気について調べ、療養が必要と知ると会社を辞めるよう“ツレ”に言うのです。
間もなく穏便に会社を辞める事が出来た“ツレ”ですが、思わぬ症状が出てしまうのです・・・

****************************************************
“ツレ”の名前は幹男です。

主演の2人は3年ほど前にNHKドラマの「篤姫」で共演していて、撮影はホッとした感じで挑めたとか。
撮影中は、原作者の細川貂々さんが漫画を描くシーンの指導に当たっていたようです。

先に2009年に全3回のテレビドラマ?があったようです。
キャストは、藤原紀香、原田泰造。

“ツレ”役は、人気ドラマの続編が放送中の堺雅人。
「火星のわが家」(2000)が映画初出演のようです。
「壬生義士伝」(2003)、「クライマーズ・ハイ」(2008)などの出演、
「ゴールデンスランバー」(2010)、「その夜の侍」(2012)、「鎌倉ものがたり」(2017)などの主演があります。 




原作の漫画です

皆様、お立ち寄りありがとうございます
にほんブログ村に参加しています
ポチっと応援頂けたら、ますます頑張ります  (p*・∀・)p
コメント

「スキャンダル」

2020年08月06日 | 実話をもとにした映画
今年2月公開の映画の紹介です

監督は、ジェイ・ローチ。
FOXトップのセクハラに対する女性職員の告発が題材の実話のドラマ映画です。
主演・出演は、シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー、ジョン・リスゴー。


2016年、ニューヨーク。
「1週間後の討論会は主催がFOX、CNNなどのテレビ局。
候補者たちに手ごわい質問が飛び交います。」
FOXニュースのトップキャスター、メーガン・ケリーはテレビで話し、画面に向かってFOXについて語ります。
「残念なことに政治家とメディアに関しては、FOXトップのロジャー・エイルズは凄腕。
2階のここでロジャーはFOXを牛耳ていて、いつも放送画面を見ている。」
そして、調整室に直通の電話でロジャーは写真が違うと怒鳴り、駆け出しのケイラは皆に弁解します。
討論会では極度の緊張をしながらも、メーガンはトランプに女性蔑視発言について激しく追及するのです。
一方、ベテランニュースキャスター、グレッチェン・カールソンは弁護士2人を前にロジャーのセクハラについて話します。
理由について聞かれ答えます。
「こんなことは辞めさせたいんです。」
そうしているうちに2階に呼ばれたグレッチェンは、エレベーターでメーガン、ケイラと一緒になります。
2階で降りると、ロジャーの部屋に入っていくケイラを見て、グレッチェンはつぶやきます。
「相変わらずね」
そして解雇を言われたグレッチェンはロジャー・エイルズを提訴し、世界中に衝撃が走るのです。

**********************************************************
原題の『Bombshell』は、爆弾、衝撃ニュース、セックスシンボルを意味するようです。

ロジャー役のジョン・リスゴーを始め、主要女優陣の特殊メイクを務めたのはヒロ・カズ。
アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しています。
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」(2018)でも同賞を受賞しています。
他、「主演女優賞/シャーリーズ・セロン」「助演女優賞/マーゴット・ロビー」のノミネートがあります。

ロジャー役はジョン・リスゴー。
「ガープの世界」(1983)では、アカデミー賞主演男優賞のノミネートがあり、
テレビドラマ「ザ・クラウン(2016~)」では、プライムタイム・エミー賞助演男優賞ドラマ部門を受賞しています。




メイク中なんですね

お立ち寄り、ありがとうございます
レンタル待ちしてました!!
やっと観れました!!
大満足の共演でございました!!
コメント (5)