ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「ドリームランド」

2021年09月17日 | 犯罪・ドラマ映画
今年4月公開の映画の紹介です

監督は、マイルズ・ジョリス=ペイラフィット。
ジャンルは・・スリラーになってます。12R指定映画です。
主演は、製作も兼ねているマーゴット・ロビー。
他の出演は、フィン・コール、トラヴィス・フィメル、ギャレット・ヘドランド。


この物語は、エヴァンス家の娘・フィービーの語りです。
「兄のユージンは異父兄弟で、ある日アリソンはまっすぐユージンに向かってやってきた・・」
1930年代、テキサス州の田舎町・ビズマーク。
この土地へやってきたたくさんの入植者は、間もなく完全な荒れ地や頻繁に起こる砂嵐に絶望しました。
ユージンが5歳の時父が出て行き、その後ジョージが父となり妹のフィービーが生まれます。
17歳になったユージンは、友人と雑誌をくすねたり実の父が送ってきたメキシコの楽園が写るハガキに夢を託したりしています。
ある日、幼い少女を含めた数人を殺害した銀行強盗のアリソン・ウェルズの手配書が渡され、懸賞金が多額である事でユージンは友人と探そうと盛り上がります。
しかしユージンは、離れて使わなくなった納屋に潜むアリソンを見つけてしまうのです。
ユージンは怪我の手当てを手伝い、アリソンは自分は殺していないと言う話しを打ち明けられるのです。
更にアリソンはある提案をユージンにするのでした。
ところがある日、忍び込んだ養父が働く警察署のアリソンの事件の記録を見て、ユージンは驚くのです・・・

****************************************************
脚本はニコラース・ツヴァルトによるもので、すでにブラックリスト入りしていたようです。

ユージン役は、フィン・コール。
俳優である兄ジョー・コールの映画、『Offender』(12)が映画デビュー作品です。
テレビ出演もいくつかあり、『スローターハウス・ルールズ』では主演のようです。
映画では、「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」が先月公開しています。

≪ ブラックリスト (脚本プロジェクト)とは ≫

映画化されていない脚本を対象とした評価および映画製作マッチングのプロジェクトなんですね。
注目されていない優秀な脚本家を効率的・効果的に発掘することを目的としているようです。

『年次ランキング調査による 人気の作品群 抜粋です』

「JUNO/ジュノ」(2008)
「消されたヘッドライン」(2009)
「パッセンジャー」(2017)
「それでも、愛してる」(2012)
「ソーシャル・ネットワーク」(2011)
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(2014)
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(2015)
「ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~」(2018)
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(2018)

などなど。




お立ち寄りありがとうございます
最近、記載事項が少ない俳優さん達がとても多い気がします
新鋭さんが多いと言う事なんでしょうかね
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「善き人」

2021年09月16日 | サスペンス映画
2012年公開の映画の紹介です

監督は、ヴィセンテ・アモリン。
C・P・テイラーの舞台劇が原作の、イギリス・ドイツ合作のドラマ映画です。
主演・出演は、ヴィゴ・モーテンセン、 ジェイソン・アイザックス、ジョディ・ウィッテカー、マーク・ストロング。


1930年代。アドルフ・ヒトラー率いるナチスに納められているドイツ、ベルリン。
大学教授のジョン・ハルダーは、ある日総統官邸に呼ばれます。
ナチ党総統官房長のボウラーは、ヒトラー総統がハルダーの小説に関心を寄せていると伝えます。
ハルダーは驚き、何年も前に書いた安楽死に関する小説で、フィクションだと話します。
その後ハルダーは、妻の父からナチスに入党しないと失業すると言われるのです。
そして入党したハルダーは、友人でユダヤ人の医師・モーリスから非難を浴びせられてしまいます。
ハルダーの妻は悩みを聞こうともせず、ハルダーは身を寄せてきた教え子のアンと暮らし始めます。
数年後ハルダーの小説は映画化され、ハルダーは親衛隊大尉の肩書になります。
ある日ハルダーがモーリスを訪ねると、扉には「ユダヤ」と落書きされていました。
メイドも雇えず、タイプライターも没収されてしまったモーリスは、ハルダーに頼みごとをします。
パリへの出国許可証で、その後ハルダーが駅に切符を買いに行くと党員が近付いてきます。
その場で尋問を受け、ハルダーは仕方なく行き先を変えるのでした・・・

****************************************************
この映画の原題は『Good』です。

モーリス役は、ジェイソン・アイザックス。
「アルマゲドン」(1998)、「パトリオット」(2000)、「ブラックホーク・ダウン」(2002)、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002)以降数作品、「フューリー」(2014)
など、有名どころの出演作品がたくさんあります。




お立ち寄り、ありがとうございます
いろいろな国籍を演じるヴィゴは、ニューヨーク州マンハッタン出身でございました
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「そのときは彼によろしく」

2021年09月15日 | 少しづつ増やしていきたい日本映画
2007年公開の日本映画の紹介です

監督は、平川雄一朗。
市川拓司の小説が原作の、ラブ・ロマンス映画です。
主演・出演は、長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、国仲涼子、北川景子、黄川田将也、小日向文世。


ベッドに寝ている花梨を前に、智史と佑司は思い出を語ります。
---------------------------------------
アクアプランツショップ「トラッシュ」を経営している智史は、店を店員に任せパン屋など水槽の清掃に回ります。
自宅である医院にも寄った智史は、懐かしい写真を見つけ持ち帰ります。
その夜遅く、1人の女性が店先で待っていて住み込みで働きたいと智史に言います。
募集していないと話すも、森川鈴音と自己紹介し給料はいらないと言ってソファで寝てしまうのです。
二階に上がった智史は、写真を見ながら13年前の事を思い出します。
古いバスを秘密基地で智史は、佑司や花梨と知り合い仲良くなるのです。
働き始めた鈴音は、有名なモデルであると周りの人から教えられ智史は驚きます。
その夜飲んでいる薬をごまかした鈴音は翌朝なかなか起きず、智史は何度か呼びかけます。
そして鈴音は身につけているプリズムのペンダントを光に反射させ、智史はやっと気づくのです。
鈴音に「花梨」と呼びかけた智史は「どんかん」と返されますが、その後2人は懐かしく語り会います。
しかし鈴音は、ある病にかかっている事を智史に話せないでいるのです・・

*************************************
鈴音/花梨がかかっているのは、
『先天性中枢性肺胞低換気症候群』と言う病気です。
脳幹部の自律神経中枢の先天的な形成異常、機能不全による重篤な呼吸障害で、
睡眠時に呼吸不全を起こすのが特徴のようです。

余談ですが、主演の長澤まさみと山田孝之は、「50回目のファーストキス」(2018)で再共演していて、
プリズムを光らせるこの映画のオマージュシーンがあるんですね。

子役たちのその後です。

森川鈴音/滝川花梨:少年時 -黒田凛 (青年時 - 長澤まさみ)
タレント、リポーター、フリーアナウンサー。元子役の肩書です。
この映画では、涙を流した姿に監督が絶賛しています。
映画では、「紀子の食卓」(2006)の出演があります。

遠山智史:少年時 - 深澤嵐(青年時 - 山田孝之)
「子ぎつねヘレン」(2006)、「GOEMON」(2009)、「いけちゃんとぼく」(2009)などの主演・出演があります。

五十嵐佑司:少年時 - 桑代貴明(青年時 - 塚本高史)
「陰日向に咲く」(2008)、「鈴木先生」(2013)、「AI崩壊」(2020)
たくさんのテレビドラマの出演があります。





お立ち寄りありがとうございます
今は大活躍の俳優陣でございます
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ケープ・フィアー」

2021年09月14日 | ミステリー映画
1991年公開の映画の紹介です

監督は、マーティン・スコセッシ。
1962年の『恐怖の岬』のリメイク、サイコ・スリラー映画です。
主演・出演は、ロバート・デ・ニーロ、ニック・ノルティ、ジェシカ・ラング、ジュリエット・ルイス、ジョー・ドン・ベイカー。
なんと、『恐怖の岬』の出演者、ロバート・ミッチャム、グレゴリー・ペック、マーティン・バルサムがカメオ以上の出演をしています。


14年間服役したマックス・ケイディは、向かえもなく1人で出所します。
ある日公選弁護人のサムが妻・リーと15歳の娘・ダニーと映画を観ていると、前の席で葉巻をくゆらせ大声で笑う男・マックスがいて席を移ります。
その後カフェに寄ったサムたちは、「あの男性(マックス)から」と飲み物を渡されサムは嫌な予感がするのです。
数日後サムは、スカッシュの後若い女性・ローリーに別れ話を持ちかけます。
そして1人で車に乗るサムにマックスが近付き、14年前の依頼人だった事をサムは思い出します。
分かれ際マックスは「失ったものを取り返す」と言葉を残します。
サムはマックスの弁護の時証拠を隠滅した事をボスに話し、今後の相談をしているとリーから電話が入ります。
飼い犬が毒殺されていて、更に夜家の外にマックスの姿を認めるも法的に解決できずサムは苛立ちます。
そしてマックスは、ローリーに声をかけるのです・・・

********************************************************
この映画はアカデミー賞で、「主演男優賞/ロバート・デ・ニーロ」「助演女優賞/ジュリエット・ルイス」のノミネートがあります。

ダニー役は、このころ10代後半のジュリエット・ルイス。
今年、48歳なんですね。
父は俳優のジェフリー・ルイスです。
「ギルバート・グレイプ」(1994)、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」(1995)、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」(1996)、「8月の家族たち」(2014)、「マー -サイコパスの狂気の地下室-」(2019年製作)などの出演があります。





お立ち寄りありがとうございます
当時観た時から、ある場面がトラウマとなっていてやっと再見しました
・・やはり、凄い場面でございました
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ハリウッド的殺人事件」

2021年09月13日 | アクション映画
2004年公開の映画の紹介です

監督は、ロン・シェルトン。
コメディっぽいポリス・アクション映画です。
主演・出演は、ハリソン・フォード、ジョシュ・ハートネット、レナ・オリン、ルー・ダイアモンド・フィリップス。


ロサンゼルス。
あるクラブで銃撃事件が発生し、ヒップホップグループのメンバーが殺害されました。
緊急呼び出しを受けたベテラン刑事のギャビランと若手刑事・コールデンも現場に駆けつけます。
状況を眺め、ギャビランはコールデンにメモを取らせます。
ところが、メモの内容は細かいチーズバーガーの注文についてで、届いたハンバーガーが違うと、ギャビランは怒り出す始末です。
2人には悩みがあり、ギャビランは副業の不動産業で物件が捌けずに困っていました。
そして俳優になる事が夢のコールデンは、自主制作の舞台があるため、気がそぞろでした。
一方、襲撃事件に関わっていた仲介役のリロイは依頼した襲撃者を殺害し、報酬を渡しませんでした。
更にリロイは、警察内でで内務調査をしている刑事・マッコにギャビランの捜査を妨害するよう話します。
実はマッコはギャビランとは犬猿の中で、マッコはギャビランを嵌める為こっそりとギャビランのロッカーを調べていたのです。
そこへ、コールデンが発声練習をしながら出勤してきました・・・

***************************************************
因みに、アメリカでは警察官の副業は、制約はあるものの基本的には禁じられていないんだとか。
この映画の脚本家のロバート・ソウザは、元警官で不動産仲介の副業をしていたとか。
他に、警官の技能を活かして探偵業を営むものも多いんだとかっっ

この映画の原題は『Hollywood Homicide』
『homicide』の意味は、「殺人罪。人を死に至らしめる罪。殺人課。」などです。

ギャビラン役は、今年79歳のハリソン・フォード。 
「刑事ジョン・ブック 目撃者」(1985)では、 アカデミー主演男優賞にノミネートされています。
『サターン主演男優賞ノミネート』は5回あり、そのうち「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(1981)では受賞しています。

≪ おまけ 『サターン賞』とは ≫

アメリカ合衆国にて、映画・テレビドラマ・ホームビデオなどの、優秀なサイエンスフィクション・ファンタジー・ホラー作品に送られる賞なんですね。
受賞者に贈られる像は、土星をモチーフされていて、環が映画のフィルムというデザインになっています。
SF・ファンタジー&ホラー映画アカデミー会員の投票によって受賞が決定するようです。

第45回サターン賞(2019年9月発表)の結果は、

※ 最優秀SF映画
 『レディ・プレイヤー1』
※ 最優秀ファンタジー映画
 『トイ・ストーリー4』
※ 最優秀ホラー映画
 『クワイエット・プレイス』
※ 最優秀アクション/アドベンチャー映画
 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
※ 最優秀コミックスからの映画化賞
 『アベンジャーズ/エンドゲーム』
※ 最優秀スリラー映画
 『ホテル・エルロワイヤル』
※ 最優秀アニメ映画
 『スパイダーマン:スパイダーバース』
※ 最優秀監督賞
ジョーダン・ピール 『アス』
※ 最優秀男優賞
ロバート・ダウニー・Jr 『アベンジャーズ/エンドゲーム』
※ 最優秀女優賞
ジェイミー・リー・カーティス 『ハロウィン』





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする