ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「残り火」

2022年10月03日 | ヨーロッパ映画など(英語圏以外)
2022年制作・配信の映画の紹介です

監督は、バーバラ・ローテンボルグ。
アンナ・エクバリの小説が原作の、デンマークのサスペンス映画です。
主演・出演は、ダール・サリム、ソニア・リクター、スス・ウィルキンス。


ある雨の夜、レオノラはいつものランニングに外に出ます。
道路わきに止めた車にはレオノラの夫・クリスチャンが乗っていて、レオノアの通過を確認すると後を追い轢いてしまうのです。
------------------------------------------
刑事の男性は、テーブルの向かいの娘に愛憎劇の殺人事件の話をします。
------------------------------------------
その事件の3日前、朝方に来たクリスチャンのメールに「誰か」とレオノラは問い詰めます。
ごまかしているうちに、レオノラに観られそうになったクリスチャンはスマホを壊してしまいます。
翌日、仕切っている建築現場に着いたクリスチャンは浮気相手のセニアから、メールを見なかったことで文句を言われます。
板挟み状態のクリスチャンですが、家族が参加した会社のパーティでレオノラに浮気現場を見られてしまうのです。
その後自宅で、クリスチャンはレオノラに穏やかに分かれる話を始めますが、以前犯罪をしていることを暴露すると脅されてしまいます。
そして、ある夜レオノラを轢いた後、クリスチャンは涙を流しながら帰宅します。
息子が話しかけるも上の空で、息子は心配します。
しかし、レオノラは戻ってきたのです・・・

***************************************************
105分の、16R指定の映画でございます。

ヨーロッパ映画のサスペンスは、思わぬ展開があってドキドキし通しです。
非常にスリリングな映画でした。

クリスチャン役は、イラクの俳優さん、ダール・サリム
「皆殺しのレクイエム」(2017年・デンマーク制作)、「ブラック・クラブ」(2022・スェーデン制作)などの出演があります。




皆さま、お立ち寄りと応援ありがとうございます
口論が、なんともリアルでございました
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ザ・ファン」

2022年10月02日 | ミステリー映画
1996年公開の映画の紹介です

監督は、トニー・スコット。
ピーター・エイブラハムズの小説が原作の、スリラー映画です。
主演・出演は、ロバート・デ・ニーロ、ウェズリー・スナイプス、エレン・バーキン、ジョン・レグイザモ、ベニチオ・デル・トロ。



熱烈なジャイアンツファンのギル・レナードが通勤中の車から電話をかけると、ラジオ番組中のDJのジュエルにつながりました。
ギルは期待のボビー・レイバーンがジャイアンツ入りしたことの喜びを語り、ボビーに直接つながると、
「ファンあっての野球」
と言われ、ギルは有頂天になるのでした。
その後勤める刃物店の会議では、ギルの成績が上がらないことで上司から上げれなければ次はないと言われてしまうのです。
懸命に営業をするギルですが、アポに遅れた会社では翌日の2時と指定されてしまいました。
翌日はジャイアンツの開幕戦の日で、息子と球場に入るも途中で抜け出すことになるのです。
一方、ボビーはエージェントに背番号の事で文句を言います。
しかし希望する“11”はすでに外野手・プリモがつけていて、
開幕戦では高いフライを取りにボビーとプリモは衝突して、ボビーはわき腹を痛めてしまうのです。
その後不調のボビーに対してプリモはどんどん活躍し、ギルはイライラを隠せません。
そして、ギルはある行動に出るのです・・・

*********************************************************
当初は、ギル役はトミー・リー・ジョーンズだったようです。

ギル役は、「ケープ・フィアー」(1991)の怪演を思い出すロバート・デ・ニーロ。
「ヒート」(1996)と、「スリーパーズ」(1997)の間の作品のようです。
ビッグファンではないので全作品を観ていませんが、この映画も初めて見るくらい本当にたくさんの主演・出演作品があります。

ジョエル役はエレン・バーキン。
「ジョニー・ハンサム」(1989)、「シー・オブ・ラブ」(1989)、「恋する遺伝子」(2001)、「オーシャンズ13」(2007)などの出演、
「ブレイキング・ニュース・イン・ユバ・カウンティ」が間もなく公開のようです。




皆さま、お立ち寄りとランキングの応援ありがとうございます
いやはや、かなり面白かったです
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「戦火の馬」

2022年10月01日 | ドラマ映画
2012年公開の映画の紹介です

監督は、スティーヴン・スピルバーグ。
マイケル・モーパーゴの同名の児童小説が原作のドラマ映画です。
主演・出演は ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、トム・ヒドルストン、ベネディクト・カンバーバッチ 。



イギリス・デヴォン。
貧しい小作農の少年アルバートは、ある日他の農場で馬の出産を目にします。
生れた仔馬が母馬と過ごして成長する姿を、アルバートは日々見守っていました。
アルバートの父親は、畑を耕すための馬のセリに行き、つい見栄を張って素晴らしい馬を買ってしまいます。
その馬はアルバートが見守っていた仔馬で、ジョーイと名付けアルバートは調教していきます。
ところが悪天候で畑がダメになり、ジョーイは売られることになるのです。
第一次世界大戦が始まって間もなくの事で、ジョーイはニコルズ大尉に買われます。
大尉はアルバートに、大切に扱い戦争が終わったらジョーイを返しに来ると約束します。
しかし、アルバートに届いた手書きのジョーイのイラストと手紙は、哀しいものだったのでした・・・

**************************************
この映画の原作は、馬の目線からのようです。

アルバート役は、この映画がデビュー作のジェレミー・アーヴァイン。
直前までエディ・レッドメインの主演が噂されていたそうで、スピルバーグ監督自らジェレミーを押したんですね。
「レイルウェイ 運命の旅路」(2014)、「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(2018)、「博士と狂人」(2020)、「ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実」(2021)などの出演があります。

この映画限らず、たくさんの馬が登場する作品がたくさんあります。
アメリカ、ニュージーランドでは映画撮影用にスタント用の馬を調教しているんですね。
膝を折って、ゆっくり倒れる訓練から始めているんだとか。

この映画のジョーイも、素晴らしい演技力です!!




皆さま、お立ち寄りとポチ押しの応援ありがとうございます
大好きな映画の一作品でございます
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ロッキー」

2022年09月30日 | 1990年以前のアメリカなどの映画(西部劇以外)
1977年公開の映画の紹介です

監督は、ジョン・G・アヴィルドセン。
シルヴェスター・スタローンが書き上げた脚本が原作の、スポーツ・ドラマ映画です。
主演・出演は、シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、パート・ヤング、カール・ウェザース。


1975年、フィラデルフィア。
30歳になるボクサーのロッキー・バルボアは、何とかその日の試合を勝ちお金を受け取ります。
帰宅したロッキーは殴られた頭を氷で冷やし、飼っている亀に話しかけます。
翌日取り立ての仕事を終えて所属のボクシングジムに行くと、6年使っているロッキーのロッカーがなくなっていました。
トレーナーのミッキーの文句を言うも、試合の文句を言われる始末です。
帰宅前にペットショップに寄ったロッキーは、いつもながらジョークを飛ばしますが店員のエイドリアンはつれない態度です。
エイドリアンの兄に頼んで、なんとかデートに成功したロッキーはエイドリアンと付き合い始めるのです。
一方、ヘビー級世界チャンピオンのアポロ・クリード側は、予定していた対戦相手が負傷してしまいどうするか思案中でした。
アポロはアメリカらしくチャンスを与えようと提案し、無名の“イタリアの種馬”と別名がついているロッキー・バルボアを選びます。
後日、アポロ側に呼び出されたロッキーは迷いますが、引き受けトレーニングを始めます。
ロッキーのトレーニング風景をテレビで観たアポロのトレーナーは、本気になっていることに驚くのです・・・

*********************************************************
アカデミー賞では、「作品賞」「監督賞」「編集賞」を受賞、
「主演男優賞/シルヴェスター・スタローン」「主演女優賞/タリア・シャイア」「助演男優賞/パート・ヤング」「助演男優賞/バージェス・メレディス」「脚本賞」「歌曲賞」「録音賞」のノミネートがあります。

エイドリアン役は、タリア・シャイア。
今年76歳なんですね。
兄は有名なフランシス・F・コッポラ監督、
ソフィア・コッポラは姪、ニコラス・ケイジは甥です。
「ゴッドファーザー」(1972)シリーズでも有名です。
「ゴッドファーザー PART II」(1975)では、アカデミー助演女優賞にノミネートされています。
ほか出演作品は劇場未公開が多いようです。

続編がたくさん!!

「ロッキー2」(1979)
監督:シルヴェスター・スタローン
出演:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、パート・ヤング

「ロッキー3」(1982)
監督:シルヴェスター・スタローン
出演:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、ミスター・T

「ロッキー4/炎の友情」(1986)
監督:シルヴェスター・スタローン
出演:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、ドルフ・ラングレン、ブリジット・ニールセン

「ロッキー5/最後のドラマ」(1990)
監督: ジョン・G・アヴィルドセン
出演:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、トミー・モリソン

「ロッキー・ザ・ファイナル」(2007)
監督:シルヴェスター・スタローン
出演:シルヴェスター・スタローン、マイロ・ヴィンティミリア、パート・ヤング

「クリード チャンプを継ぐ男」(2015)
監督:ライアン・クーグラー
出演:マイケル・B・ジョーダン、シルヴェスター・スタローン、テッサ・トンプソン





皆さま、日々のお立ち寄りとランキングの応援ありがとうございます。
生卵5個一気飲みは、一生忘れないシーンでございます
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

≪ 番外編 今後観ることが、絶対ない 映画たち ≫

2022年09月29日 | 番外編
あくまでもふくの見解でございます
万が一見た方は、ふくを恨まないようお願いいたしますです

『マザー!』

イライラが頂点に達する3作品

「マザー!」(2018・劇場未公開)
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、エド・ハリス、ミシェル・ファイファー、クリステン・ウィグ、ドーナル・グリーソン

「ハードキャンディ」(2006)
監督:デヴィッド・スレイド
出演:パトリック・ウィルソン、エリオット・ペイジ

「ノック・ノック」(2016)
監督:イーライ・ロス
出演:キアヌ・リーヴス、アナ・デ・アルマス、 ロレンツァ・イッツォ


後味が悪く、いまだに目に焼き付くシーンがある3作品

「悪の法則」(2013)
監督:リドリー・スコット
出演:マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット

「凶悪」(2013)
監督:白石和彌
出演: 山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴

「ファニーゲーム U.S.A.」(2008)
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:ナオミ・ワッツ、ティム・ロス、マイケル・ピット

おぞましい、3作品

「ノーカントリー」(2008)
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン

「隣人13号」(2004)
監督:井上靖雄
出演:中村獅童、小栗旬、新井浩文、吉村由美、三池崇史 

「セブン」(1996)
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ケヴィン・スペイシー

観終わって、胃が重~くなった3作品

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000)
監督:ラース・フォン・トリアー
出演:ビョーク、デヴィッド・モース、ピーター・ストーメア、カトリーヌ・ドヌーヴ

「ラブリーボーン」(2010)
監督:ピーター・ジャクソン
出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ

「ドッグヴィル」(2004)
監督:ラース・フォン・トリアー
出演:ニコール・キッドマン、ポール・ベタニー、ローレン・バコール、ステラン・スカルスガルド、ジェームズ・カーン、

コメディだけど、○○が映ってる・・

「スリーメン&ベビー」(1988)
監督:レナード・ニモイ
出演:トム・セレック、スティーヴ・グッテンバーグ、テッド・ダンソン
※ カットされたという情報も

記事の為に観た映画もありますが、最後までは見れませんでした
キャストで観ることも多いので、いくつかは「騙された~~感」も強いです

まだまだありそうな気がします
第二弾もあるかもです

『ハードキャンディ』

『ノック・ノック』

『悪の法則』

『凶悪』

『ファニーゲーム U.S.A.』

『ノーカントリー』

『隣人13号』

『セブン』

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

『ラブリーボーン』

『ドッグヴィル』

『スリーメン&ベビー』


コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする