ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「幸せへのキセキ」

2019年06月24日 | 実話をもとにした映画
2012年公開の映画の紹介です

監督はキャメロン・クロウ。
自宅を購入すると動物園が付いていたっていう、実話の物語です。
主演・出演はマット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、エル・ファニング。


朝、ベンジャミンは息子・ディランと幼い娘・ロージーと慌ただしく過ごし、車で学校に送り届けます。
仕事中にベンジャミンは、ディランが盗みを働いた事で学校から呼び出され、ショックを受けます。
妻であり母であるキャサリンを半年前に亡くし、3人は心に深い悲しみを抱えていたのです。
ベンジャミンは気持ちや生活を一新するため引っ越しを考えます。
ロージーと一緒に不動産の物件を見て回り、気に入った物件はなんと動物園付きだったのです。
迷うベンジャミンですが、孔雀とたわむれるロージーを見て購入を決めました。
ベテランのケリーを中心にした動物園の飼育員は、ほぼボランティア状態でした。
更に塀の改善や、高齢の虎など、問題と出資金の出費は莫大だったのです。
ある日、動物園の熊のグリズリーが脱走します。
慌ててベンジャミンとケリーたちは麻酔銃を抱えてグリズリーを探します。
広い原っぱにいるグリズリーをベンジャミンは見つけ、声をかけながら近づきます。

*********************************************************
もちろん、たくさんの動物たちも見どころです!!

ベンジャミン役のマット・デイモンは、アクションが全くないこの映画を引き受けた理由は、
「この映画は喜びとカタルシスについて描いている作品。それが僕の心に残った。」
そうです。

※ カタルシスって?・・・浄化するという意味。悲劇の中にある、人の心の恐れと憐れみを呼び起こして、その感情を浄化するという事なんですね。

公開に当たって、実在するベンジャミン・ミーが来日しています。
映画を見た直後の感想は、
「暖かい気持ちにさせてくれる作品で、とても感激したよ。
マット・デイモンは僕を優しい父として演じてくれた。
僕と違って髪の毛があるしね(笑)」





コメント

「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」

2019年06月24日 | コメディ映画
2009年公開の映画の紹介です

監督はトッド・フィリップス。
3シリーズの1作品目のコメディ映画です。
主演・出演は、ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキスの面々。


2日後に結婚を控えたダグと、親友の教師フィル・歯科医スチュ・義弟となるアランは、バチェラー・パーティーを企画し、ベンツに乗ってラスベガスへ向かいます。
4人は最高級のスイートを取り、酒を飲み交わし友情を確かめ合いました。
翌朝、スチュ、フィル、アランの3人は、酷い二日酔い(ハングオーバー)の状態で目覚めます。
なんとスイートルームは荒れ邦題、浴室には何故かトラがいて、見知らぬ赤ん坊までいたのです!!
しかも、ダグはどこにもいなくて、スチュは上の前歯が無くなっていました。
3人には全く記憶がございません!!
取り敢えずダグを探す為に、ヒントになるものを探します。
ところが出てきた腕章を元に病院に向かおうとするも、ベンツまでがパトカーに変わっている始末でした。
なんとかパトカーとベンツは交換できたものの・・トランクにはとんでもないものが入っていたのです。
謎が一コ解決しつつ、新たな謎が増える・・・
ダグはロサンゼルスで5時間後に結婚式なのに!!

***********************************************
他の2作品は、
「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」(2011)
「ハングオーバー!!! 最後の反省会」(2013)

この映画は、ゴールデングローブ賞で、「映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)」を受賞しています。

フィル役はブラッドリー・クーパー。
「世界にひとつのプレイブック」(2013)・「アメリカン・スナイパー」(2015)ではアカデミー賞主演男優賞にノミネート、「アメリカン・ハッスル」(2014)ではアカデミー賞助演男優賞にノミネートされています。
初監督作品の「アリー/ スター誕生」(2018)でも、「作品賞」と「アカデミー賞主演男優賞」にノミネートされています。

アラン役はザック・ガリフィアナキス。
俳優+コメディアンで、「デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~」(2011)ではロバート・ダウニー・Jrとレンタカーでトラブル続きの旅に出ています。





コメント

「ハンニバル・ライジング」

2019年06月23日 | ミステリー映画
2007年公開の映画の紹介です。

監督はピーター・ウェーバー。
ハンニバル・レクターの幼少期から青年期にかけての物語です。
若きハンニバル役はフランスの俳優、ギャスパー・ウリエル。


名門貴族の子息・ハンニバルは裕福な生活を送っていましたが、第二次世界大戦で家族と共に人里離れた隠れ家に身を隠します。
しかしソ連軍とドイツ軍の戦闘に巻き込まれ、両親は他界してしまうのです。
幼いハンニバルとミーシャは何とか生活しますが、ある日男たちがやってきます。
男たちは子供二人と知り、好き勝手なふるまいを始めます・・・
そこで起こったあまりの衝撃的な出来ごとに、ハンニバルはこの当時の記憶を失ってしまうのです。
8年後。
収容されていた場所から逃亡したハンニバルは、伯父の家を目指します。
しかし伯父は他界していて、ハンニバルは未亡人のレディ・ムラサキと生活を共にします。
間もなくハンニバルは、ムラサキが所有する日本刀や、古い蒔絵に興味を持ちます。
そして、ムラサキを侮辱した柄の悪い肉屋で、日本刀の切れ味を試すことになるのです・・

***************************************************
トマス・ハリスの小説「ハンニバル・レクター」シリーズの4作目となる同名小説の映画化です。

ハンニバル役のギャスパー・ウリエルは、「たかが世界の終わり」(2017)、「SAINT LAURENT/サンローラン」(2015)などの主演があります。
シャネルの香水「BLEU DE CHANEL」のイメージモデルに採用されていて、マーティン・スコセッシがコマーシャル・フィルムを監督してるんですね~

ムラサキ役はコン・リー。
 日本人役ですが、シンガポール国籍です。

≪ 「ハンニバル・レクター」シリーズ ≫

「レッド・ドラゴン」(2002)・・・「Manhunter」(1986)の再映画化
 出演:アンソニー・ホプキンス/エドワード・ノートン/レイフ・ファインズ/ハーヴェイ・カイテル/エミリー・ワトソン

「羊たちの沈黙」(1991) 
 出演:ジョディ・フォスター/アンソニー・ホプキンス/スコット・グレン

「ハンニバル」(2001) 
 出演:アンソニー・ホプキンス/ジュリアン・ムーア/ゲイリー・オールドマン/レイ・リオッタ

≪時系列≫・・・「ハンニバル・ライジング」→「レッド・ドラゴン」→「羊たちの沈黙」→「ハンニバル」






コメント (2)

「超高速!参勤交代」

2019年06月23日 | 少しづつ増やしていきたい日本映画
2014年公開の日本映画の紹介です

監督は本木克英。
江戸時代の参勤交代が舞台の、コメディ・時代劇映画です。
主演・出演は佐々木蔵之介、深田恭子、西村雅彦、陣内孝則、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔などなど。


江戸、8代将軍・徳川吉宗治世時代。
陸奥国磐城の小藩・湯長谷藩の藩主・内藤政醇(まさあつ)は、1年間の江戸での勤めを終えて湯長谷に帰って来ました。
内藤政醇は大根を作る農民に、馬を下りて「上手い漬物を頼むぞ」と話しかけます。
内藤と家臣たちがくつろぎ始めた頃、江戸家老・瀬川が江戸幕府老中・松平信祝(まつだいら のぶとき)の命令を持って現れました。
湯長谷藩が所有する金山の事で話があり、「5日のうちに再び参勤せよ」というとんでもないものでした。
湯長谷藩には新たに参勤するための費用もなく、家臣たちの意見も分かれます。
家老・相馬の意見は、早道になる山中を抜け、大名行列は幕府の役人の監視のある宿場だけちゃんとやる、というものです。
その話をしていると、忍び・雲隠段蔵(くもがくれ だんぞう)が天上裏で聞いていて山中の道案内を買って出ると話します。
間もなく実行され、内藤政醇と数人は山中に入り、掛け声をかけながら駆け足で進みます。
しかし、内藤の参勤出発を聞いた松平信祝は、阻止するため刺客を送ってくるのです。

******************************************
この映画は日本アカデミー賞で「最優秀脚本賞」を受賞し、「優秀監督賞」「優秀主演男優賞/佐々木蔵之介」の一人にが受賞し、にノミネートがあります。

元GIレース出走馬のシャコーグレイドが出演しているんですね。
既に引退していますが、1991年から1993年にかけて皐月賞(G1)宝塚記念(G1)などに出場しています。

内藤政醇役は佐々木蔵之介。
テレビドラマ・映画・舞台で活躍し、近年では
「空母いぶき」が今年5月、「WE ARE LITTLE ZOMBIES」が6月に公開しています。
「峠 最後のサムライ」が来年公開予定です。

この映画の続「超高速!参勤交代 リターンズ」が既に2016年に公開しています。




コメント

「フック」

2019年06月22日 | ファンタジー映画
1992年公開の映画の紹介です

監督はスティーヴン・スピルバーグ。
大人になったピーター・パンの復帰(?)物語、SF・コメディ・ファンタジー・アクション映画です。
主演・出演はロビン・ウィリアムズ、ダスティン・ホフマン、ジュリア・ロバーツ。


40歳で弁護士のピーターは、家でも会社から電話がかかり家族との約束もままならない状態です。
息子・ジャックの野球の試合に間に合わず、ジャックはムクれます。
ピーター達4人の家族は、久しぶりにイギリスに住む祖母・ウェンディ宅に里帰りします。
大人達がパーティに出席した日の夜、ピーターが帰宅するとジャックと娘・マギーの姿がありません。
ドアにはナイフで、フック船長からの脅迫状が留められていたのです。
大人になったピーターは、自分がピーター・パンだったことも忘れていました。
妖精のティンカーベルが現れ、子供たちを救う為にと、ピーターを連れ去ります。
フック船長の船で気がついたピーターは、網で吊られたジャックとマギーを見つけ助けようとします。
しかし、高所恐怖症のピーターは近づく事も出来なかったのです。
宿敵ピーター・パンとはかけ離れた様子のピーターをフック船長は殺そうとしますが、ティンカーベルは3日で思い出させると約束させます。
ティンカーベルが孤児たちのところにピーターを連れて行き、数人はピーターをなんとかピーター・パンと信じますが、リーダーのルフィオは邪魔者扱いするのです。
ピーターは、ピーター・パンと信じる孤児たち数人を連れてジャックとマギーを助けに向かいます。
しかしジャックは、フック船長の子供として可愛がられていたのです。

******************************************
可愛いティンカーベル役はジュリア・ロバーツ。
20代前半で、今では貴重な姿です。
「プリティ・ウーマン」(1990)の1年あとの映画なんですね。
「エリン・ブロコビッチ」(2000)でアカデミー主演女優賞を受賞しています。
「ベン・イズ・バック」が今年5月に公開しています。

少女時代のウェンディ役で、グウィネス・パルトローが出演しています。




コメント