P突堤2

「でにをは」別口入力・三属性の変換による日本語入力 - ペンタクラスタキーボードのコンセプト解説

初めて訪問された方へ

P突堤2へようこそ!
キーボードの配列・機能の説明はこちらです。
お知らせや補足事項なども表示してあります。

コロナ禍で耳目を集めた「禍」という接尾辞のつく語例を列挙

2020-05-23 | にほんごトピック

基本系:凶禍・災禍・大禍・惨禍・戦禍・黄禍・殃禍・兵禍・患禍
うかつ系:筆禍・舌禍・SNS禍・訴訟禍
疫病系:インフル禍・ウイルス禍・ペスト禍・SARS禍・疫病禍・エイズ禍・COVID19禍・コレラ禍・口蹄疫禍・感染症禍・新型肺炎禍
公害系:アスベスト禍・原発禍・放射能禍・チッソ禍・サリドマイド禍・六価クロム禍・農薬禍
自然災害系:豪雨禍・台風禍・地震禍・氷雪禍・水禍・イナゴ禍
賭博麻薬黒社会系:コカイン禍・ドラッグ禍・薬物禍・闇営業禍・ギャンブル禍・覚醒剤禍
薬害/医療系:ワクチン禍・予防接種禍・ステロイド軟膏禍・薬禍・ジフテリア禍
インフラ/交通系:輪禍・情報禍・デマ禍・交通禍
経済/社会系:金融巨禍・リストラ禍・サブプライム禍・グローバル禍・赤禍・ポリコレ禍・自粛禍・行政禍・経済禍
文化創作物:文字禍(中島敦)・鬱屈禍(太宰治)・スパゲティ禍(藤野可織)・緣份惹的禍(安東陽)・恐怖実話 狂禍(渋川紀秀)
メタ系:二重禍


脱線番外編創作:人事禍・システム禍・報恩禍・筋トレ禍・在宅禍・ゲーム禍・リテラシー禍・配信禍・広告禍・生活音禍・成金禍・姉妹禍・ネット私刑禍
ヒアリ禍・悪臭禍・悪習禍・合理主義禍・ポピュリズム禍・受験禍・贈答禍・年末禍・駆け込み禍・転売禍・チケット禍・美談禍・隠蔽禍・毒親禍・個人情報禍


--以上各系統別にわけてまとめてみましたが如何であったでしょうか?
最後のお遊びはちょっと悪乗りしてありもしない創作造語をつらつらと並べてみましたが、この「禍」という接辞はなかなか喚起力があって字面からもインパクトのあるものが生み出されやすい効果があると思います。

ペンタクラスタキーボードを標榜するこのブログでは、属性によって使い分ける複数の変換確定キー「三属性変換」キーというのがありまして、接頭辞・接尾辞を含む語の変換は「変換ハ(ハ万)」のキーでこれをおこなっていますので、
SNS禍にしても二重禍にしても接辞変換からこれを出すのですが、「か」には頻出の接辞「化」がすでにありますのでこちらの「禍」のほうの変換候補提示順位は次点以降、あるいはもっと下位にあるかと思われます。(他にも頻出の「可」や「課」がありますので)
しかし「化」は三属性変換の叙述・様態・用言を受け持つ属性ロ(ロ万)も兼任しているのでロ万一押しからだけでも出すことができます。あとは頻度も高そうですので通常変換においても標準時「か」で終わる語句は「化」になるというのが順当でありましょう。
ですので狙った接辞のものをピンポイントで出したいときには過去記事-属性選択の遷移過程を反映した変換候補のリオーダリング - P突堤2でも解説していた三属性変換キーを渡り歩くことで目的の性質の語を絞っていく便利なインターフェイスを活用して頂ければよいな、と思っております。
もちろん学習なしのまっさらな状態で「--禍」の文字列を通常変換のみから候補提示するというのは困難かと思われますが、初回の学習プロセスにおいて
・「ころなか」をチャンク選択して[三属性変換:ハ万]を押下する(ハ万は接辞全般を受け持つ三属性)
・コロナ化、コロナ価、コロナ課 などなにやら接辞がらみしそうなワード群はハ万候補提示ウインドウに表示されてはいるがマイナーな「禍」を出すには下位候補まで降りるのがメンドくさいしもっと絞り込みたい
・そこで[ハ万]押下にさらにダメ押しで[三属性変換:イ万]を押下する(イ万は名詞を受け持つ三属性)
・ここまですれば「接辞がらみのハ万」「名詞属性のイ万」両方の条件を満たす接辞「禍」がピンポイントで上位に上がってくる

…といった算段で記憶・登録していき前後の用例とともに学習していけば二回目以降の変換では困らないはずです。「--禍」が名詞をあらわす概念であるとは必ずしも言い切れないのではありますが、「コロナ禍で岐路に立つ日本」「コロナ禍の反動か」「コロナ禍が経済に与える影響」などのように用例をみますと格関係を形成しているものがほとんどでありますしまず名詞使いと言っても差し支えないかと思います。
他方「コロナ化」のほうは動詞化させる接辞であるので属性ロ(ロ万)、残りの「コロナ価」「コロナ課」に関しては名詞属性(イ万)にいっちょ噛みさせてやりたい気持ちは山々ですが単位的であったり組織のセクション名であったりというような接辞は専ら[属性ハ:ハ万]専業で受け持ち兼務兼任をしないという方針ですのでハ万での上位をこれらが占めてしまうのは致し方のない事だと思われます。
幸いなことにペンタクラスタキーボードでは「三属性変換」の他に「でにをは別口入力」というのがありまして「か」も御多分に漏れず助詞マーキングとして文中に配置できますのでこれまで散々悩まされてきた「か」まわりの誤変換とは無縁であります。
「か」に関してはあとは語彙複合語/接辞複合語にだけ注意して選択提示していけば当面のところは用を足せるかとは思います。(まあ動詞の活用の途中で末尾「か」が出てくるということは考えづらいですしチャンクは常に別口入力で分離化されていますので困りそうなところと言えば助詞抜きで接続する副詞位のものでしょうか)

いずれにしましても、○「思い出深い」と×「重いデブかい」を正しく使い分けるインターフェイスはまだ確立できてはいませんので、今後の課題としていきたいかと思います。
「か」はこのトピック一点からして察する通り、なかなかリテラルの勘所となるような重要な文字列であることがわかりました。
中島敦の「文字禍」は今度機会があったら読んでみたいと思います。

 


新キーボードレイアウト進捗状況

2020-05-22 | ごあいさつ・お知らせ

新語・造語・未知語の入力上の待遇の④つ目までは記事が書けていたのですがここへきてちょっと足踏み状態。
次の⑤番目の記事は接頭辞接尾辞記事ですからここぞとばかりに未知語の腕の見せ所なものですからより力を入れなくてはならないのはわかっているのですがなかなか苦戦しております。
しかしブランクが空いてしまうとブログSEO的にもよろしくないのでとりあえず何か記事を投下せねばなりませんね。
今は目下のテーマは措いておいて、作り置きのおかず的のような、あるいは嵩増しメニューのようなやっつけ仕事にはなってしまいますがメモ段階のネタを軽めに味付けて出していきたいかと思います。
休み中にあと1記事書ければよいなと思っております。後刻よければご賞味ください。

さて、この機会に過去記事のペンタクラスタキーボードの基本コンセプトの記事(過去2回出している)が古いままなのにタイトルがまんますぎるので
旧表記をつけて明確に区別していこうということで、

・ペンタクラスタキーボードの基本コンセプト(旧2016年版)
・ペンタクラスタキーボードの基本コンセプト(旧2017改定ver.)

のように一部タイトルを修正しておきました。
厳密には2017年ver.が現行最新のものではあるのですが夏ごろまでにレイアウト変更も含めて基本コンセプトの文面も大幅に刷新してリライトしていこうと思っているのでまずはその下準備といったところであります。
いずれは2020年最新ver.と冠してお目見えするでしょう。しばらくお待ちください。

いまとりあげている一連のテーマが計8記事書けたところで製作をレイアウト変更作業とコンセプトリライト作業に注力していきたいと思っておりますので今後ともよろしくお願いします。
その間の記事は冒頭申し上げたような軽めの記事をできれば投稿して、ネタ的に煮詰めるのが難しければちょっとつぶやきに毛が生えた程度のような雑記事でお茶を濁すかもしれませんがどうぞご容赦ください。

 


旅は道連れ、世は情け

2020-04-29 | 番外編の番外編

ここまで未知語について集中的に記事を書いていたところなのですが、なかなか進捗が思わしくなくプチ書けない期に突入してしまったようです。
この下の2記事は流れをぶった切ってしまって申し訳ありませんが書きかけのアニソン記事がいい所まで煮詰まってきたのでついつい編集心が湧いてきてしまい、なんなら気分を変えてこの連休中に仕上げてしまおうとあさっての方向にやる気を出した結果、
ついにアニソン特集記事・番外編の編集が終わりました。
[第1弾]~[第5弾]アニソンゲーソン列挙 500曲
[第6弾]では非アニソンであるが関連曲 20曲  をおまけでつけて 計520曲どどーんとまとめてみましたよ。

別運営のブログからもリンクを貼りましたのでそこから来た訪問者の方はついでによければ日本語入力の記事も見ていってくださいね。

さて落ち着いたら接頭語接尾語のつく未知語の棚卸し作業に戻るんだ!いいな!---ここで一句、

何回も みたい芋だよ 誤変換

お粗末様でしたぁ!

 


[第6弾]アニカルと親和性/シナジーを感じる一般曲・股旅お蔭参り20景

2020-04-29 | 番外編

[第5弾]までで紹介したアニソンが通算500曲になりました。パチパチパチ…👏
ここからは蛇足ではありますが今のアニソンの隆盛があるのも日本音楽界のPOP職人の土壌があってこその文化で、恩返しという意味も込めて非アニソン曲をとりあげてみたいと思います。
昔からアイドルソングとかでも当時の最先端のクリエイターが楽曲提供をしてたりしてその音楽性を支えていたのは皆が知るところですよね。
ここでは現在のアニメ・マンガ・ゲームなどのサブカル分野がいかにして存立するのかその関連背景を追ってみたいと思います。
隣接や源流、メインカルチャーとのシナジーやネット流行動向などの諸状況の織りなす残香を感じ取りながら20曲の傑作を選びました。
アニソンという枠を取り払って広く捉えなおすとあなたのアニソン観に新たな化学反応が起こるかもしれません。
アニソン股旅・番外編はこれにて完結いたします。多謝!

 

1.Welcoming Morning/シングル/作詞・作曲・編曲 - pal@pop / コーラス - 川本真琴 / 歌 - Chappie
→現在のボーカロイド楽曲にも通じる曲構成といい、デザイン集団GROOVISIONSが開発した着せ替えキャラクターのコンセプトといい時代の20年先を行っていたと言っても過言ではない先進性がパッケージされた一曲。

2.乙女 パスタに感動/アルバム「All of タンポポ」他/作詞・作曲 - つんく / 編曲 - 永井ルイ / 歌 - タンポポ
→つんくプロデュースのモー娘。派生ユニット・タンポポの代表曲であるこの曲は、乙女のポリシーの作曲で知られる永井ルイ氏が編曲を担当。ブリティッシュロックテイストをふんだんに取り入れてアレンジされ極上のポップスに仕上がっている。

3.LIPS/アルバム「TROPICAL GREEN」/作詞 - 安次嶺希和子、児山啓介 / 作曲 - 安次嶺希和子、児山啓介 / 歌 -安次嶺希和子
→スマホゲームアプリ・グリムノーツのテーマ曲「忘れじの言の葉」がよく知られている安次嶺希和子(あしみねきわこ)。今回はエステハウスCMとしてタイアップされた「LIPS」を紹介する。キュートな一面が垣間見れます。

4.Climax Jump/仮面ライダー電王/作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - 鳴瀬シュウヘイ / 歌 - AAA DEN-O form
→作詞家の藤林聖子は特撮ヒーローものの分野でもいかんなく実力を発揮している。同じく作曲家の鳴瀬シュウヘイも仮面ライダーシリーズへの楽曲提供が多い。もちろん両者ともアニメ関連楽曲分野での活躍は言わずもがなである。

5.ジェニーはご機嫌ななめ/シングル/作詞 - 沖山優司 / 作曲 - 近田春夫 / 編曲 - Juicy Fruits / 歌 - ジューシイ・フルーツ
→「萌え」「電波」「ピコピコ」三拍子揃ったこの曲は1980年にリリースされたものとは思えないほどのオタクソングの遥かなる源流をすでに確立している。その後Perfumeややくしまるえつこをはじめとする数々のアーティストにもカバーされている時代を超えた名曲。

6.パンと蜜をめしあがれ(JP Version)/シングル/作詞 - 原田郁子 / 作曲 - ミト / 編曲 - クラムボン / 歌 - クラムボン
→音楽性の広さとハイセンスな感性で精力的に活動するクラムボンのミトはアニメ関連楽曲提供も非常に多くおこなっている。そのルーツを感じさせるメジャーデビュー当初のヒット曲。

7.The Brave/勇者ヨシヒコと導かれし七人(第三章)/作詞・作曲 - 影山ヒロノブ / 編曲 - 鈴木マサキ、寺田志保 / 歌 - JAM Project
→勇者ヨシヒコシリーズの世界観を盛り上げるJAM Projectの熱い一曲。鳴り響くホーンも力強く、間奏のJAZZYな展開もオシャレでカッコいい。

8.STAY AWAY/アルバム「REAL」他/作詞 - hyde / 作曲 - tetsu / 編曲 - L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano(岡野ハジメ) / 歌 - L'Arc〜en〜Ciel
→鋼の錬金術師アニメ・劇場版のテーマ曲を担当し海外でも広く知られる存在となったL'Arc〜en〜Ciel。それ以前の頃から日本のロックシーンの先頭を走っていたまさに白眉となる一曲。PVが圧巻である。

9.storia/歴史秘話ヒストリア/作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina
→もともと歴史秘話ヒストリアのテーマ曲「Historia:opening theme」は言語不詳のいわゆる梶浦語であったが2013年以降から歌詞付きバージョンの「storia」がそれにとってかわり主題歌となった。

10.こころたび/「NHK-BS『にっぽん縦断こころ旅』オリジナルサウンドトラック」他/作詞・歌 - 池田綾子 / 作曲 - 平井真美子
→NHKアニメ電脳コイルのOP曲のイメージがアニソンファン的に記憶されるところだがBS・こころ旅のテーマ曲としてすっかり顔となった本曲ではボーカルの池田綾子が清涼感のある伸びやかな高音を聴かせてくれる。

11.まばたき/アルバム「TROPOPAUSE」他/作詞・作曲 - 佐藤泰司 / 編曲・歌 - THEATRE BROOK(シアターブルック)
→デュラララ!!OP曲・裏切りの夕焼けでアニソン界にも突如認知されるようになったTHEATRE BROOKであるが拙サイト運営者であるぴとてつは1997年リリースの「まばたき」のPVを当時の音楽番組「ミュージックトマトJAPAN」で観て印象に残っていた記憶がありこちらのイメージの方が強い。

12.青い地球はてのひら/アルバム「EXTRA BRIGHT」他/作詩・作曲・歌 - かの香織 / 編曲 - 屋敷豪太
→飯塚雅弓・坂本真綾・丹下桜・牧野由依・田中理恵ほかへの楽曲提供を幅広くこなしアニソン仕事も多いシンガーソングライターのかの香織は旅好きでも知られる。当時首都圏FM局でヘヴィー・ローテーションされた本曲はエアポートで聴きたくなるような世界を周遊する感覚を想起させる。

13.ハプニングス/アルバム「Liv la la la Luv」他/作詞・作曲・編曲 - 樫原伸彦 / 歌 - FLIP-FLAP
→ふしぎ星の☆ふたご姫のOP曲を歌ったFLIP-FLAPはアイドル歌謡の王道を行く良質のJ-POPも送り出している。楽曲提供の樫原伸彦はかつてアニメ金色のガッシュベル!!で使われるぼいんぼいーんな挿入歌「チチをもげ!」の作曲を手がけていたというのだからその振り幅の広さには驚きだ。

14.世界でいちばん頑張ってる君に/アルバム「Portable Tunes-Harco Cm Works-」他/作詞 - 山田英治 / 作曲・編曲 - 川嶋可能 / 歌 - HARCO
→HARCOが歌う"スズキアルト"のCMソング「世界でいちばん頑張ってる君に」。癒しのある楽曲の提供者・川嶋可能は映画聲の形のaiko楽曲の編曲で関わっているほか個人的にお気に入りのアニメ「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」の劇伴も担当しておりそのほのぼのした作風には揺るぎがない。

15.ラッシュ・アワーのアダムとイヴ/アルバム「PRISM」/作詞・歌 - 谷村有美 / 作曲・編曲 - 西脇辰弥
→平成アニソン大賞に選出された珠玉の名曲「Agape」曲中でのやさしいハーモニカの演奏も披露している西脇辰弥はシンガーソングライター谷村有美の黄金期を彩った作曲家。バート・バカラック調のアレンジにのせて伸びのあるクリスタルボイスが印象深く、スケール感もある。

16.クラフト理論/アルバム「捺子頂上 」他/作詞・作曲・歌 - なっちゃんPEAK
→2005年avex tuneよりメジャーデビュー後、実質1年で解散してしまった幻のテクノポップユニットなっちゃんPEAK。作詞、作曲、編曲、プログラミング、シンセサイザー担当メンバーのPEAK(柳健太郎)はその後任天堂と関わりの深いHAL研究所サウンドチームに所属して(石坂健太郎として)大乱闘スマッシュブラザーズXなどの音作りに参加している。

17.ばぶるばす/アルバム「スーパーコンピレーションアルバム みんなのうた 音楽集」他/作詞・歌 - いはたじゅり / 作曲 - 松本俊明 / 編曲 - 渡部チェル
→ケロロ軍曹のOP曲でも知られるいはたじゅりはNHKみんなのうた「ばぶるばす」にも作詞・歌唱として参加している。作曲はMISIAの「Everything」を手がけた松本俊明。編曲はアニソン・一般曲等幅広く提供している渡部チェルと豪華な布陣で製作されている一曲。

18.Love+Piece+Ice Cream!/アルバム「Cute」/作詞・作曲 - Yuppa / 歌 - Hazel Nuts Chocolate
→ニコニコ動画にアイマス素材MADとしてこの曲が採り上げられアーティストHazel Nuts Chocolateの「へなちょこ」という愛称も定着した。可愛らしさとファンシーがお菓子のように溶け合った一曲。

19.Super Scooter Happy/アルバム「S.F. sound furniture」/ 作詞・作曲・編曲 - 中田ヤスタカ / 歌 - capsule
→中田ヤスタカサウンドにのせて軽快に流れるこの曲は「実態がよくわからない」というタイトルのひだまりスケッチMADで広く知られることになる。そのムービーはまさにプロの犯行とでもいうべきハイクオリティな構成と完成度でネット界を席巻した。

20.CANDY POP feat.SOUL'd OUT/アルバム「SUGAR SHINE」/作詞 - Heartsdales、SOUL'd OUT、VERBAL / 作曲 - SOUL'd OUT、VERBAL / 歌 - Heartsdales
→当時の熱量の高さをうかがわせるハルヒMADの鮮烈な映像に記憶に残る方も多い事だろう。"姉・妹ともに美人さん"なHeartsdalesと焼きたて!!ジャぱんのED曲も担当したSOUL'd OUTとのコラボ・ラップ・チューン。

 

 


[第5弾]股旅の賭場でアニソン切り札20点張り・取りこぼし回収

2020-04-29 | 番外編

これまでお馴染みのアニソン特集で数多の曲をとりあげてきました。
王道、ハイセンス、わちゃわちゃ、埋もれた名曲、鉄板曲、萌え&燃え、おしごと、コミカル、シリアス、鳴り物、オリエンタル、シンフォニック、ハロウィン風、病んでる、エキセントリック、ノスタルジー、漢気、スポーツ、青春、ミリタリー、ギャンブル、アート、グルメ、新旧硬軟、お祭り、猫。
さまざまありますが前回までであげきれなかった曲を20曲ほどすくい上げていきたいと思います。
アニソンアーティストであればアニメのタイアップの曲だけでなく、c/w曲やアルバムからの単体曲もあわせて探索してこれはというのを選んでみました。
もし自分的にティンとくるようなタイトルだと感じていただけたのでしたら、この機会に"履修"されていってはいかがでしょうか。
想像を超えた"プルスウルトラ"な名曲に出会えるかもしれませんよ。

 

1.花キラキラ~海物語アレンジ~/CRスーパー海物語IN沖縄3 桜バージョン(パチンコ)/作詞 - ゆう(石垣優) / 作曲 - ゆう(石垣優) / 歌 - やなわらばー
→20014年に三洋物産からリリースされたパチンコ「CRスーパー海物語IN沖縄3桜バージョン」のスペシャル魚群タイム中BGM。
2.Shocking Blue/武装少女マキャヴェリズム/作詞 - 森由里子 / 作曲・編曲 - 園田健太郎 / 歌 - 伊藤美来
3.メニメニマニマニ/てーきゅう(第2期)/作詞・作曲・編曲 - やしきん / 歌 - 高宮なすの(鳴海杏子)
4.departure!/HUNTER×HUNTER(2011年のアニメ)/作詞・作曲 - 羽場仁志 / 編曲 - 新屋豊 / 歌 - 小野正利
5.紅蓮華/鬼滅の刃/歌・作詞 - LiSA / 作曲 - 草野華余子 / 編曲 - 江口亮
6.限界突破×サバイバー/ドラゴンボール超(ドラゴンボールスーパー)/作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 岩崎貴文 / 編曲 - 籠島裕昌 / 歌 - 氷川きよし
7.それゆけ! 乙女の戦車道!!/ガールズ&パンツァー/作詞 - 水島努 / 作曲・編曲 - 伊藤真澄 / 歌 - あんこうチーム [西住みほ(渕上舞)、武部沙織(茅野愛衣)、五十鈴華(尾崎真実)、秋山優花里(中上育実)、冷泉麻子(井口裕香)]
→オリジナル作品監督を務める水島努が作詞をしている。EDシングル「Enter Enter MISSION!」のc/w曲にして「ガールズ&パンツァー」作品のイメージソング。
8.Mighty Love/-/作詞・作曲・編曲 - ユウ/ 歌 - U
→本曲歌唱のUはFuntaのUCOと同じ人である([第3弾]86.参照)。「GWAVE Super Feature’s vol.4 U☆TOPIA 」収録。
9.ここから、ここから/宇宙よりも遠い場所(そらよりもとおいばしょ)/作詞・作曲 - ヒゲドライバー / 編曲 - ヒゲドライVAN / 歌 - 玉木マリ(水瀬いのり)、小淵沢報瀬(花澤香菜)、三宅日向(井口裕香)、白石結月(早見沙織)
10.More One Night/少女終末旅行/作詞・編曲 - emon(Tes.) / 作曲 - emon(Tes.)、ヒゲドライバー / 歌 - チト(水瀬いのり)、ユーリ(久保ユリカ)
11.輪!Moon!dass!cry!/女子高生の無駄づかい/作詞・作曲・編曲 - 山崎真吾 / 歌 - 田中望(赤﨑千夏)、菊池茜(戸松遥)、鷺宮しおり(豊崎愛生)
12.Easy Breezy/映像研には手を出すな!/作詞 - Rachel、Mamiko / 作曲 - ryo takahashi、Rachel、mamiko / 編曲 - pistachio studio / 歌 - chelmico(チェルミコ)
13.Nade-Nadeして/ゲゲゲの鬼太郎(第5期)/作詞 - UZA / 作曲 - UZA / 編曲 - 大野宏明 / 歌 - 今野宏美
→ねこ娘役の今野宏美が歌うキャラクターソング。「ゲゲゲの鬼太郎ベスト~妖怪歌謡集~」収録他、マキシシングルCDも2007年リリースされている。
14.Sincerely/ヴァイオレット・エヴァーガーデン/作詞 - 唐沢美帆 / 作曲 - 堀江晶太 / 編曲 - 堀江晶太、Evan Call / 歌 - TRUE
15.Girlish Lover/俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる/作詞 - 小田倉奈知 / 作曲 - 太田雅友 / 編曲 - EFFY / 歌 - 自らを演出する乙女の会(赤﨑千夏、田村ゆかり、金元寿子、茅野愛衣)
16.片翼の鳥/うみねこのなく頃に(アニメ)/作詞 - 波乃渉(なみの わたる) / 作曲・編曲 - 志方あきこ / 歌 - 志方あきこ
17.secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)/あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2011)/作詞・作曲 - 町田紀彦 / 編曲 - とく Sound Produced by estlabo / 歌 - 本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織)
→2001年にヒットしたガールズバンドZONEの「secret base 〜君がくれたもの〜」のカバー(改題バージョン)。 原曲編曲は虎じろう。
18.絶対的幸福論/-/作詞・作曲 - ヨシダタクミ / 編曲 - 藤間仁 / 歌 - 水樹奈々
→TBS『ひるおび!』2017年1月度エンディングテーマ。12thアルバム「NEOGENE CREATION」収録。
19.愛とナイフ/-/作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - 俊龍 / 編曲 - 藤田淳平 / 歌 - 茅原実里
→2009年にリリースされた4曲入りマキシシングル「PRECIOUS ONE」のc/w曲。アルバム「Minori Chihara B-side Collection」にも収録されている。
20.ときめきハッカー/-/作詞 - ティカ・α / 作曲 - ティカ・α / 編曲 - イトケン / 歌 - やくしまるえつこ
→テレビアニメ『電波女と青春男』のエンディング曲「ルル」を含むシングル「ルル/ときめきハッカー」のc/w曲。