日々遊遊!!

散歩道や日々の出来事を・・・

生命力が強い、元気なドクダミです

2013年05月31日 | 散歩(花)

我が家の庭にもどんどん生えてきて困っているドクダミです。薬草になるくらいですから生命力も強いのでしょう。
ところで、ドクダミの花の白い部分は花弁では無く苞葉(芽や蕾を包んでいる葉)で、花は中心にある黄色い部分です。
ドクダミには一重と八重があり、一重は何処にでも咲いていますが、八重はなかなか見つかりません。
他にはチェリーセイジ、グミの実を掲載します。
今日は日差は強いようですが、湿度が低いので過ごしやすいとの予報ですが、そとは暑そうです。

八重のドクダミ

一重のドクダミ

チェリーゼージ

グミの実


この記事をはてなブックマークに追加

今年も咲きました八重のオヘビイチゴらしき花です

2013年05月30日 | 散歩(花)

今年も八重のオヘビイチゴらしき花が咲きました。
葉は基本5枚、実は赤くならないなど、素人目にはオヘビイチゴに見えるのですが、花だけが八重なのです。ネットで「オヘビイチゴの八重」で調べても、以前、作成した私のページ以外はヒットしませんし、似た花の写真も見つけられません。でも、写真はオヘビイチゴに似ていますよね。
他にはサラサウツギ、トベラ、シモツケ、ザクロを掲載します。
今日は朝から鬱陶しい天気です。気象庁も宣言はしませんが、それなりのことを言っています。今年は長梅雨になるのでしょうか。

オヘビイチゴに似た花

サラサウツギ、似た花でシロバナヤエウツギがありますが、花の色が真白でピンクがありません。

トベラ、葉や枝に臭気があり、節分や除夜にこの木の枝を扉にはさんで鬼を除ける風習があったことから、「扉」と書きトベラと読みます。

シモツケ

ザクロ


この記事をはてなブックマークに追加

園芸店に咲いている花です

2013年05月29日 | 散歩(花)

園芸店にはいろいろな木が植えてあり、昨年は咲いたのですが、売れてしまい見られなくなる木もあります。
今咲いているのは、ブラッシの木、セアノサス・ヘンリーデスフォッセ、コバノズイナ、コバノズイナ・ヘンリーズガーネット、セアノサス・マリーサイモン、ジューベリーの実、ヒョウタンボクなどです。名札が付いているのでその名前で掲載します。園芸名が多いので名前が素晴らしいですね。
梅雨の時期、曇る日がおおいようです。散歩道では田植えが盛んです。

ブラッシの木

セアノサス・ヘンリーデスフォッセ

コバノズイナ

コバノズイナ・ヘンリーズガーネット

セアノサス・マリーサイモン

ジューベリーの実、実は食べられます

ヒョウタンボク、赤い瓢箪の様な実がなります


この記事をはてなブックマークに追加

実は立派ですが花は目立ちません、ツリバナです

2013年05月28日 | 散歩(花)

ツリバナは実は赤く立派な実ですが、花はわりと小さく目立ちません。毎年、実は撮影してきたのですが、花はやっと今年撮影することが出来ました。
他にはニオイシュロラン、ユスラウメ、オウゴンマサキ、キンケイギクを掲載します。
いよいよ梅雨でしょうか、はっきりしない日が続くようです。

ツリバナの花

昨年撮影したツリバナの実

ニオイシュロラン、ニュウジーランド原産です

ユスラウメ、食べると旨そうですね。

オウゴンマサキ、遠くから見ると黄色い花に見え、近づいてみると、普通のマサキの中に一本だけオウゴンマサキが混じっていました

キンケイギク、背景は恩田川です、野生化した花が沢山見られます

 


この記事をはてなブックマークに追加

チチコグサは母子草と違い地味ですね。

2013年05月27日 | 散歩(花)

散歩道では母子草は何処にでも咲いていますが、父子草は見かけません。今年は何としても父子草の写真を撮りたいと思い探してみました。この草は乾いた丘陵や芝の中に生えるとされていますので、芝の生えているところを探してみると見つかりました。
見分けが難しいのですが、おそらく間違いは無いと思います。見分けの難しい、仲間のチチコグサモドキ、ウラジロチチコグサとハハコグサも掲載します。
他には和枝園に咲いていた、ナスタチウム、アスチルベ?、クレマチスです。
今日も良い天気、ご近所でまた工事が始まるのか足場を組み立てる音がしています。

チチコグサ

チチコグサモドキ

ウラジロチチコグサ

ハハコグサ

ナスタチウム

アスチルベであろうと思う

クレマチス


この記事をはてなブックマークに追加

煙の様なもやもやが付いた木、スモークツリーです

2013年05月26日 | 散歩(花)

散歩道でもやもやした煙の様なものが付いた木が目立ち始めました。スモークツリーの木です。このもやもやは花では無く、花後の不稔花(タネを結ばない花)の軸部分(花柄)が長く伸びて羽毛のようになったものです。花はこのもやもやが出てくる前に目立たない小さな花を付けます。この木は雌雄異株で、雄花にはもやもやは付きません。
花の中心に一つ雌しべがあるのが雌木、中心を取り巻くように五つ雄しべがあるのが雄木です。
今回のスモークツリーは葉が緑と紫の2種類です。
他にはヒルガオ、アグロステンマを掲載します。
昨日、今日と少し涼しい日が続いていますね。

スモークツリー(緑系)、花は雄花で、この木では花が落ちた柄がそのまま残っただけで、スモークは出来ませんでした。スモークの付いた写真は別の場所で撮影したものです。

スモークツリー(紫系)、花は雌花で5月2日に撮影、スモークの写真は5月23日撮影です。
紫の葉のが付いているのをロイヤルパープルと言うようですが、この木は葉が少し緑がかっています。恐らくいずれ緑になるグレースと言う品種ではないかと思います。夏には緑色になるようですから、注意して観察して見たいと思います。

 

ヒルガオ

アグロステンマ


この記事をはてなブックマークに追加

四季の森公園の花です

2013年05月25日 | 散歩(花)

昨日は四季の森に行ってきました。公園に入ると池があり、三脚がずらりと並び、携帯用の椅子に座ったお年寄り?の一群が目に入り、その後は遠足の子供たちの元気な声を聞きながら見学してきました。
入口の側に、最近咲いている花の写真が掲載されているので名前調べも楽です。
スイレン、ナルコユリ、フタリシズカ、セリバヒエンソウとオカタツナミソウと思われる花を撮影出来ました。

スイレン、カワセミがいる池の近くに白く光って咲いていました。花が豪華なのでどう撮っても綺麗ですね。

ナルコユリ、道のわきに数本咲いていました。利尻島で見たオオアマドコロに似ています。

フタリシズカ、今年、ヒトリシズカは撮影出来たので、フタリシズカもなんとかしたいと思っていました。林の中の長い階段を上がってゆく途中にありましたが、未だ蕾ですね。

セリバヒエンソウ、芹葉飛燕草と書き、セリのような葉、ツバメが飛んでいるような花からこの名前になったそうです。

オカタツナミソウ、今季、最後の花ではと思います。この花には、オカの他にシソバ、ホナガ、トウゴクシソバ、イガ、ヤマジノなどの種類があり、良く似ています。今回は四季の森の名札を元にオカタツナミソウとしました。花後の小皿のようなものが何なのかは分かりません。ネットにも花は沢山出ていますが、この小皿のようなものが写っているのは数点しかありません。追記、この花の名前ですが自信がありません。

 


この記事をはてなブックマークに追加

我が家に咲いた花です

2013年05月24日 | 我が家の花

アルペンブルー、バラ、クレマチス、バンマツリ、我が家の庭に咲いている花です。
どの花もあまり手入れをしなくても毎年綺麗に咲いてくれるので楽しみです。
今日は晴天、外はあつそうです。

アルペンブルー

バラ

クレマチス

バンマツリ


この記事をはてなブックマークに追加

ハスに似た花、オオバオオヤマレンゲです

2013年05月23日 | 散歩(花)

恩田川下流に花を買いに行った帰り道に、白い大きな花が咲いていました。ホウノキかタイサンボクではと思ったのですが、良く見ると違います。調べてみるとオオバオオヤマレンゲと言う花でした。秋には赤い実を付けるそうで、確かにこの場所に赤い実がなっているのを見かけました。
同じ様な花で、上を向いて咲いているのはホウノキとの雑種、ウケザキオオヤマレンゲだそうです。
最初オオヤマレンゲで掲載しましたが、オオヤマレンゲは、日本の亜高山に自生している絶滅危惧種でこの辺では見ることは出来ないそうです。
大山は地名、蓮華はハスに似ていると言うことで付いた名前だそうです。
他にはルー、ジャガイモの花、ヒルザキツキミソウを掲載します。
朝、雨戸を開けたときは晴天でしたが、今は少し雲が出てきたようです。いずれにしても暑そうです。

オオバオオヤマレンゲ

ルー、ヨーロッパでは食品の香料に使うそうです

ジャガイモの花

ヒルザキツキミソウ


この記事をはてなブックマークに追加

田んぼの中に生える、ミゾコウジュです

2013年05月22日 | 散歩(花)

田起こしの済んでいない、草の生えた田んぼに入って見ると葉がハッカの臭い、花はシソに似て、茎が四角な草が生えていました。
調べてみると、湿地に生えるミゾコウジュ(溝香需)と言う花で、準絶滅危惧種に指定されているようです。田んぼには沢山生えていましたが、再度訪ねた時は見当たりませんでした。私が田んぼを間違えたのか、誰かが抜いてしまったのか、準絶滅危惧種と言っても所詮は草ですから、処分されてもいたしかたないわけですね。
他にはキンケイギク、モズ、ミカンの花を掲載します。5月らしい天気と言いたいところですが、爽やかより、暑そうですね。

ミゾコウジュ、溝のような湿地に生える香需の意味で、香需はこの仲間の中国名

キンケイギク

モズ

ミカン、なんというミカンかは不明です


この記事をはてなブックマークに追加

やっと花が咲きだした、センダンの花です

2013年05月21日 | 散歩(花)

私の散歩道には以前、大きなセンダンの木があったのですが、畑の邪魔と言うことで切られてしまいました。ここはユリノキも同じ被害?にあいました。
最近、恩田川の河原にセンダンの木があるのを見つけ、観察していましたが、やっと花を付け始めました。「センダンは双葉より芳し」という香りのよい木はビャクダンのことをで、この木ではありません。この木は芽生えてから花が咲くまでに5~6年もかかります。早く花を咲かせる同族の木では「イッサイ(一歳)センダンと言う木があるそうです。この木は幼木から花を咲かせるそうですから「幼木より美し」ですかね??!!
他にはゼニアオイ、キツネアザミ、マツバギクを掲載します。
昨日は一日雨、今日も曇っています、天気はどうなるのでしょうか。

センダン

ゼニアオイ

キツネアザミ

マツバギク


この記事をはてなブックマークに追加

同じ花で名前が二つヒット、今回はランナキュラス・ゴールドコインとします

2013年05月20日 | 散歩(花)

今日の花は名前を調べるのに苦労しました。最初は「ヤエザキクサノオウ」で写真と同じ花が出て来ました。しかし、どうしても納得できないので日をおいて調べてみると「ランナキュラス・ゴールドコイン」と言う花が見つかりました。ランナキュラスに似て、コインのような黄色い花なのでこの名前になった、商品名でしょうか??。
ある通販サイトの説明では、学名:Ranunculus repens cv. Gold coin 、別名:ヤエキンポウゲ(八重金鳳花)、ハイキンポウゲ(這い金鳳花)、原産地:ヨーロッパから中近東、科名:キンポウゲ科、属名:キンポウゲ属と表示されていました。
とにかく同じ様に見える花で、全く違う名前が出て来ました、さあどうするか、ネットで調べるのにはこれが限界ですね。しかし、私はこれ以上調べるすべを持っていませんので、ネットを頼りに、今回はヒット数の多さと内容から「ランナキュラス・ゴールドコイン」として掲載したいと思います。
他にはエゴノキの白と赤、ホオノキの花、ブラックベリー、ヤマボウシを掲載します。
今日は一日中雨のようです。昨日、一昨日と花を買い庭や植木鉢に植えました。少し疲れましたので一日ゆっくり休みます。

ランナキュラス・ゴールドコイン、民家の庭先にて撮影

エゴノキの白い花、近所に自生しているのを撮影

エゴノキの赤い花、園芸店にて撮影

ホオノキ、前回掲載した花とは別の場所にて撮影

ブラックベリー

ヤマボウシ


この記事をはてなブックマークに追加

赤と白の花、カルミアです

2013年05月19日 | 散歩(花)

この花が咲く前の蕾は三角、筋が沢山あり変わった形をしています。
咲いてみると大変綺麗な花が咲きます。散歩道で赤と、白を見つけましたので掲載します。
他にはノイバラ、ブタナ、ピラカンサス、スイカズラです。
今日は少し風が強いようです。こういう日は撮影にはむかない日ですね。

赤いカルミア

白いカルミア

ノイバラ

ブタナ

ピラカンサス

スイカズラ

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

念願のユリノキの花を撮影してきました。

2013年05月18日 | 散歩(花)

ボランティアの仲間に咲いている場所を教えてもらい、ユリノキの花を撮影してきました。歩道橋があるのですが、少し遠いのと逆光気味なので下からの撮影になりました。上からの写真も欲しいのですが、この花を上から写すのはよほど条件が良くないと無理ですね。
小一時間撮影、ここまで来たのだからと、バスでタマプラまで行き、インターネットに乗っていた「ユリノキ通り」にも行ってみました。
道を尋ねた人が「私もボランティアで下草刈りを手伝っていますが、花はまだでしょう」と言っていた通り咲いていませんでした。
ユリノキ通りの木は剪定が強く、枝がやっと伸びてきた状態なのでこれからのようです。並木の横の公園にある剪定のしていない木は咲いていました。
ちなみにこの花は大正天皇が皇太子の時に小石川植物園で「ユリノキ」と命名したのだそうです。
他には公園に咲いていたシモツケと思われる花を掲載します。
今日もさわやかな日和です。自転車で少し遠くに行ってみようかと思っています。

あざみ野にて撮影

ユリノキ通りの木はまだ咲いていません。信号の奥に見える木は剪定していないので咲いてしました。

ユリノキ通り近くの公園に咲いていた花

ユリノキ通り近くの公園に咲いていたシモツケと思われる花です


この記事をはてなブックマークに追加

藤のようですが木、キングサリ(金鎖)と言います。

2013年05月17日 | 散歩(花)

今日の花はキングサリ、金鎖と書きます。黄色いフジが木から垂れ下がっているように見えますが、藤では無くて木です。別名は黄花藤とも言います。
ヨーロッパ南部地方原産で、日本へは明治時代に渡来しました。
他にはシロバナマンテマの白とピンク、ヤブデマリ・ピンクビューティーを掲載します。
シロバナマンテマはこの辺ではピンク系が多いのですが、やっと白い花にめぐり合いました。
今日も晴天です。百合の木の花が咲いているとボランティアの仲間から連絡をもらったので撮影に出かけるつもりです。

キングサリ

ピンク系のシロバナマンテマ

シロ系のシロバナマンテマ

ヤブデマリ・ピンクビューティー

 


この記事をはてなブックマークに追加