漢検1級198点!! 満点取るまで生涯学習!! ➪ “俳句”

我孫子・手賀沼と愛猫レオンの徒然日記。漢検1級チャレンジャーの方の参考となるブログ。2018年7月から“俳句”も開始。

27-①対策  ・・・訂正のお知らせ(音・訓よみ)・・・

2015年06月19日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ

●「27-①対策  実践問題  表外よみ、熟語の読み(音・訓)ほか  その④」の訂正・・・

ごめんなさい・・・
「欹危(キキ)ー欹(かたむ)ける」が正解だと思います。欹危(イキ)としてしまいました・・・。

*傾欹(ケイキ)、危欹(キキ)・・・など、「かたむける」「そばだてる」意味のときは「キ」音のようです。
*「ああ」という感嘆の意のときは、欹(イ)で「欹歟(イヨ)」とかで読みます。

失礼しました。

👋👋👋 🐑 👋👋👋
コメント

27-①対策  実践問題⑪ (最終) 同義語・語選択 ~広辞苑から~

2015年06月19日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。27-①対策は、これが最終です。ご健闘を祈ります👋

<同義語・語選択がらみの問題です。すべて広辞苑所載の熟語です。>
<極力、1級対象漢字が入っている熟語としました>
<難易度を、「低・中・高」に分けています。若干、自分本位ですが、自己のレベルを推し量れます・・・楽しんでやってみてください>
●難度<低>・・・合格レベル・・・ 
(せいこう、えんたい、さくてい、ちっかい、しょしょく、せいいん、ひきゅう、しへい、しゅうせい、せっとうぞう)
①五穀のこと (黍 稷
②門閥・家柄 (世 蔭
③心がふさぐこと・不平をいだく心 (蟄 懐
④最も大切に保存された本。宝書。 (秘 笈
⑤なわばしご (索 梯
⑥にえ。礼物。贈り物。(贄 幣
⑦化粧 (鉛 黛
⑧金属の酸化物・さび (銹 錆
⑨生前に自ら設ける墓 (生 壙
⑩盗んだ品物 (窃盗贓
●難度<中>・・・高得点レベル・・・
(ひりん、おんぼう、せんろふ、ししょく、へいけい、ぎこぶん、しゅくせい、てんがい、はんか、れんこん)
①日月・日と月 (萍 桂
②古代の文体をまねて作った文。雅文。 (擬古文
③大いに望みをかけること・極めて有望だと思うこと (至 嘱
④すえの世。末世。 (叔 世
⑤大根を細長く刻んだもの。千六本。 (繊蘿蔔
⑥水力で動かす石臼。みずうす。 (碾 磑
⑦荼毘師   (御坊・隠坊・隠亡
⑧わずらわしくやかましいこと (煩 苛
⑨なかま。たぐい。ならび。 (比 倫) 
⑩波や風によってつくられた波状のでこぼとのあと (漣 痕
●難度<高>・・・満点レベル・・・
(らっきたい、へんとつ、じふくいし、ごうそふう、かそく、だっぴつ、しゅとう、ひょうはい、やぶ、らんせい)
①纏足 (裹 足
②書法で、右に向かって斜めに下る筆 (捺 筆
③世阿弥が分けた芸の9位の内のひとつ。論外の芸。 (強麁風
④燗鍋のこと。酒の燗をするのに用いる鍋。 (酒 鐺
⑤礎石・築石 (地輻石
⑥看板、かけふだ (標 牌
⑦江戸時代の医者または俗人剃髪者の着用した羽織 (褊 綴
⑧「藪」医者の「やぶ」の語源 (野 巫
⑨調べや表現の強い歌体 (拉鬼体
⑩練達して芸の究極に達した音声 (闌 声

👋👋👋 さあ、あと2日、がんばるぞお~ 👋👋👋
 
コメント

27-①対策  実践問題⑩  同義語・語選択 ~広辞苑から~

2015年06月18日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ

<お詫び&訂正>以前の記事(6/11 実践問題③)で「⑨勦討 - 勦( う )つ」となってましたが、「⑨勦討 - 勦( た )つ」です。すみませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。

<同義語・語選択がらみの問題で、漢字の「ひらめき」「勘」を養いましょう・・・ほとんど広辞苑所載の熟語です・・・>
<極力、1級対象漢字が入っている熟語としました>
<難易度を、「低・中・高」に分けています。若干、自分本位ですが、自己のレベルを推し量れます・・・楽しんでやってみてください>
●難度<低>・・・合格レベル・・・
(こうしゅう、こんさく、きょしょう、かくがん、いしん、うげき、ききゅう、こんこう、かんさい、こうせん)
①肉親のうるわしい情愛・近親(懿 親
②至急を要するまわし文(羽 檄) 
③船舶が誤って岸に乗り上げること(擱 岸
④家業・遺業(箕 裘) 
⑤大陸の周縁に発達するサンゴ礁(裾 礁) 
⑥夫婦の縁組(婚 媾)  
⑦荒地を開き、溝を掘ること(墾 鑿) 
⑧塩もの(鹹 菜
⑨仇敵 (寇 讐
⑩施物 (香 饌
●難度<中>・・・高得点レベル・・・
(せきよう、かちょく、けでんがお、きげき、うんそう、かんえん、きょすい、かろ、しょうしつ、てんばく)
①水草(蘊 藻
②文章のあやのあざやかなさま(奐 焉) 
③言行が度をこえて激しいこと。矯激。(詭 激
④頭目・かしら・巨魁 (渠 帥
⑤ひどく驚きあきれた顔つき (怪顛顔) 
⑥狭い部屋・自分の部屋の謙譲語 (蝸 廬
⑦めでたい先例 (嘉 躅
⑧風がものさびしく吹くさま (蕭 瑟
⑨斧鉞・武器 (戚 揚
⑩煩悩  (纏 縛
●難度<高>・・・満点レベル・・・
(せんぜい、かんこんし、れいじ、おんき、おしん、かじ、かし、りょうしょ、せいせん、てんき)
①瘡蓋  (汚 疹
②遠近  (遐 邇
③疫病神 (瘟 鬼
④遊女屋・色里・遊里・花街 (花 肆
⑤斎場(サイジョウ、ゆにわ)(霊 畤
⑥姑且  (聊 且
⑦漉き返し(還魂紙) 
⑧その家に古くからあるもの・その家の宝物(青 氈
⑨陣営・陣屋 (氈 城
⑩やすらかにやわらぐこと・国家の無事太平なこと(恬 熙

👋👋👋 🐑 いかがでしたか?できなくても勘を養うことが大切。あと1回で最後です。 🐑 👋👋👋
 
コメント

27-①対策  実践問題⑨  ~漢検漢字辞典から~ 熟字・当て字

2015年06月17日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。

●熟字・当て字その①・・・巻末に出ていない、辞典中にある熟字・当て字です。ちょっとマイナーというか、難度高いというか・・・
①沈子・墜子(い わ
②曇華(だんどく
③鐙靼(みずお
④淋滲(つつげ
⑤天の「濃漿(こんず)」  *鯉こくなどの濃い味噌汁のことは「濃漿(こくしょう)」という。

●熟字・当て字その②・・・巻末に出ていない、辞典中にある熟字・当て字です。・・・こちらは出そう???
①扇骨木(かなめもち
②葉椀(くぼて
③葉盤・葉手(ひらで)・・・過去問で出題あり。
④螺尻(ばいじり
⑤里曲・里回・里廻(さとみ

👋👋👋 🐑 👋👋👋



コメント

27-①対策  実践問題⑧  ~漢検漢字辞典から~ 熟字・当て字 類義語・対義語

2015年06月16日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。

●熟字・当て字・・・巻末に出ていない、辞典中にある熟字・当て字です。
①匣鉢(さ や
②針眼(み ず
③針孔(めど、みず
④雨打・雪打(ゆ た
⑤虫白蠟・水蠟樹蠟(いぼたろう
●類義語・対義語(りんしゃく、しゅんぐ、ていねん、こうちょう、たいとう)
⑥退廃=(頽 唐
⑦成人=(丁 年
⑧英明⇔(蠢 愚
⑨留鳥⇔(候 鳥
⑩嫉妬=(悋 惜

👋👋👋 🐑 👋👋👋


コメント (2)

27-①対策  実践問題⑦  ~漢検漢字辞典から~ 熟字・当て字 読み問題

2015年06月15日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。
ーゴイサギ(五位鷺)・・・鵁鶄(コウセイ)とも・・・。なお、古名で「うすべ(護田鳥)」とも云うようですー

●熟字・当て字・・・巻末に出ていない、辞典中にある熟字・当て字です。
①巓蕀(くさすぎかずら
②蕀苑(いとひめはぎ
③天仙果(いぬびわ
④仙蓼(われもこう
⑤口琴(びやぼん
●読み問題
⑥古代、矢を入れて携行 した武具の一種で、かご状のものを靫(うつぼ)といい、はこ型のものを靫(ゆ ぎ)という。「靫負(ゆげい)」とは、この「靫(ゆ ぎ)負い」の転だという。
⑦雅(つ ね)と変わらぬ態度で受検する・・・
⑧「格物致知」の格物とは、「物を格(た だ)す」という意味だ。
⑨「邏斎(ロサイ)」も「羅斎(ラサイ)」も、托鉢・乞食という意味だ。
⑩直綴(ジキトツ)とは、一般に僧尼が着用する衣服で、褊衫 (へんさん) と裙子(くんす・くんず) とを縫い合せたものだ。

👋👋👋 🐑 👋👋👋


コメント (2)

27-①対策  実践問題⑥  ~漢検漢字辞典から~ 読み 故事成語 語選択

2015年06月14日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。

●読み問題
①犬が猩猩(せいせい)と吠えている。 
②お茶を碾( ひ )く
●故事成語類
③コウギョ(皐 魚)の泣 :親の死を嘆き悲しんで泣くたとえ
④トキュウ(菟 裘)の地 :退官して余生を過ごす土地。隠居の地。「トキュウ」は中国・春秋時代の魯の地名。隠公がその地に隠居したことから。
●語選択(れんか、ろうのう、ろうはちえ、ほうじ、ほうふん)
⑤凡人をあざけって語(鳳 字
⑥ほまれの高いこと (芳 芬
⑦ハスの別称    (蓮 荷)  (注)蓮華・蓮花は「レンゲ」である。
⑧年とった僧のこと (老 衲
⑨釈迦が悟りを開いたとされる日に行われる法会。成道会。(臘八会
●複合問題
⑩「管窺蠡測」の「蠡」は「ひさご」の事と言われているが、蠡(に な)=蝸螺(当て字:に な)の事との説もある。

👋👋👋 🐑 👋👋👋

コメント

27-①対策  実践問題⑤  ~漢検漢字辞典から~ 音訓 四字熟語 3文字熟語

2015年06月13日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。
●ほとんど、漢検・漢字辞典所載の熟語などからの出題です・・・
●漢検さん、もう問題作成ズミかな?そろそろ、出そうな問題を出しても、出題変更できないかも・・・テヘッ(^^)

●熟語ー音訓
①渝盟(ユメイ) ー 渝( か )える
②渝溢(ユイツ) ー 渝(あ ふ)れる
●四字熟語
③コウシ(行 屎)走尿 :日常生活のこと
④サライ(作 礼)而去 :多くの経典の末尾にある語。説法後、一斉に立ち去ること。
⑤ジュンヨウ(遵 養)時晦
●三文字熟語(語選択分野)
⑥ジロウシュ(治聾酒) :春の社日に飲む酒。耳の遠いのが治るという俗信。
⑦ムイセ  (無畏施) :3つの布施の一つ。他の二つは「財施」と「法施」。
⑧シャリベツ(舎利別) :砂糖水を煮詰めた濃い液。シロップ。
⑨ジンデンゴウ(塵点劫):きわめて長い時間
⑩ショウガクボウ(正覚坊):大酒のみ

👋👋👋 🐑 👋👋👋  壱箇か弐箇、当たるといいな🎶 漢検辞典からの出題、アト、何回か続けてみます👋👋👋




コメント

27-①対策  実践問題  表外よみ、熟語の読み(音・訓)ほか  その④

2015年06月12日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。

●熟語の読み(音・訓)
①詒欺(タイギ) - 詒(あざむ)く
②詒謀(イボウ) ー 詒(お く)る
③詒託(イタク) - 詒(の こ)す
④馮河(ヒョウガ)ー 馮(かちわた)る
⑤馥郁(フクイク)ー 馥(かんば)しい、郁(かぐわ)しい
⑥仏龕(ブツガン)、壁龕(ヘキガン) -龕(ず し
⑦龕定(カンテイ)ー龕(  )つ   *「戡定」と同義。
⑧欹危(キ キ) ー欹(かたむ)ける
⑨嵩高(スウコウ)ー嵩(た か)い
⑩沾湿(テンシツ)ー沾(うるお)す

👋👋👋 🐑 👋👋👋
コメント

27-①対策  実践問題  表外よみ、熟語の読み(音・訓)ほか  その③

2015年06月11日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。

●表外よみ(一部、表外よみでない読みも紛れているかもしれません)
①玉を攻(み が)く・・・熟語「攻玉」 
②学問や技術を攻(お さ)める・・・熟語「攻究」
③衡(くびき)を逃れる、衡(くびき)を争う・・・
④溝(ど ぶ)を浚う、溝(ど ぶ)貝・・・

●熟語の読み(訓よみ)
⑤眷恋 - 眷(こいした)う
⑥剽窃 - 剽(かすめと)る
⑦勦説 - 勦(かすめと)る
⑧笞擽 - 擽( う )つ
⑨勦討 - 勦( た )つ
⑩倡佯 - 佯(さまよ)う  ・・・倡佯=逍遥

👋👋👋 🐑 👋👋👋


コメント

27-①対策  実践問題  表外よみ、熟語の読み(音・訓)ほか その②

2015年06月10日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。

●表外よみ(一部、表外よみでない読みも紛れているかもしれません)
①頭が痛( や )める・・・「痛(いた)める」の場合は「頭を痛める」となる
②夢が弊(つ い)える・・・
③網を結( す )く・・・
④意に称(か な)う・・・
⑤勝兵は鎰(イツ)を以って銖(シュ)を称(は か)るがごとく、敗兵は銖を以って鎰を称(は か)るがごとし・・・「孫子」から。「鎰」も「銖」も重さの単位。「鎰」は「銖」の約500倍の重さという。
⑥いつも極( き )まった顔ぶれが集まる・・・
⑦裂(き れ)痔・・・「さけ痔」は「裂け痔」と書く。
新地(さらちに家を建てる・・・
⑨醜(し こ)の御楯
⑩腑(はらわた)が煮える

👋👋👋 🐑 👋👋👋



コメント

27-①対策  実践問題  表外よみ、熟語の読み(音・訓)ほか

2015年06月08日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
●超・実践的な問題です。復習のつもりでトライしてみてください。

●表外よみ(一部、表外よみでない読みも紛れているかもしれません)
①その場に似(そ ぐ)わぬ言葉・・・
②灯(ともし)油(あぶら)・・・
③健(したた)かに酔う・・・
④本の稿(したがき)・・・
⑤撲( は )り倒す・・・「撲(なぐ)り倒す」とも読める
⑥魚の腸(わ た)を抜く・・・「腸(はらわた)」とも読める
⑦幣(みてぐら)を神に捧げる・・・「幣(ぬさ)」とも読める
⑧傍(わ き)に控える・・・「傍(そば)」とも読める、⑨の読みでも読める
⑨傍(は た)で見ている・・・「榜(そば)」とも読める、⑧の読みでも読める
⑩生きている効(か い)がない・・・

●熟語の読み(音・訓)
①陰騭、評騭、品騭 -騭(さ だ)める 

👋👋👋 🐑 👋👋👋
コメント

27-①対策 ー語選択ほか(漢検漢字辞典から)ー  

2015年06月06日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ

●27-①まで、アト、2週間か・・・。漢検漢字辞典を見ていて見つけた語句・成語類です。なんとなく臭うのでご案内しておきます。問題形式ではありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<語選択関連>
●蘆筍(ロジュン)=蘆錐(ロスイ):アシの若芽。錐や筍のように若芽の先がとがっていることから。
●落掌(ラクショウ):手紙や品物などを受け取ること。「貴簡、有り難く落掌いたしました」
●国裹(コッカ):国のたから *裹(たから)
●牢籠(ロウロウ):①人前に出るのを拒み、引きこもること ②ことば巧みに言いくるめること、術中にはめること ③苦境にたつこと、行き詰まり悩むこと
<故事成語類>
●偏聴(ヘンチョウ)、姦を生ず
<類義語・対義語関連>
●牙保(ガホ)=仲介人
●轎夫=輿丁
●伶官(レイカン)・伶人(レイジン)=楽官、楽人、楽師

👋👋👋 🐑 👋👋👋

コメント

27-①対策 ー故事成語類(漢検漢字辞典から)ー   

2015年06月02日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ

ー以下も、「漢検漢字辞典(第1版)」で、巻末に載っておらず、辞典中にのみ載っていたと思われる故事成語類です。ちょっとマイナーな気はしますが、漢検漢字辞典に載っていたので念の為・・・。

●フセツ(不 屑)の教誨:物事を教えるときに、相手の発奮を待って悟らせること。「フセツ(不 屑)」:軽々しく物事を行わない。
●ホロミソ(法論味噌)売りの夕立:物を損なうことを恐れること。
●ロヨウ(魯 陽)の戈(ほこ):勢いの盛んなことのたとえ。故事あり。ロヨウは人名(楚の魯陽公)。
●日月にシショウ(私 照)なし、天にシフ(私 覆)なし
●メッチョウ(滅 頂)の災い:溺れ死ぬこと
●ヘンチョウ(偏 聴)、姦を生ず
●卵を見てジヤ(時 夜)を求む:せっかちなこと

👋👋👋 🐑 👋👋👋
コメント

27-①対策  -熟字訓・当て字-

2015年06月01日 | 27-① 向け 実践問題
*=日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ

(「熟語の読み・一字訓読」シリーズは一時中断です。27-①終了後、再会予定です。なにしろ、本シリーズは1年がかりの計画ですので、まだまだ先が長い・・・。)いよいよ、6月に入りましたので、今後は27-①に向けた、「超実践編」に絞って掲載していきます。)

ー以下は、「漢検漢字辞典(第1版)」で、巻末に載っておらず、辞典中にのみ載っていたと思われる熟字・当て字です。したがって、出題される可能性は大と思われます。ー *もちろん、巻末の熟字・当て字を優先してマスターすべきですが・・・。*あまりにも古語的な読みの熟字・当て字は省略しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●牙婆(すあい)= ( 数間(すあい)=才取(サイとり) )
●牛縻(はなづら):ウシの花に通す環。鼻綱(はなづな)。「鼻縻」とも書く。
●御幣焼(おんべやき):正月15日に門松や注連縄を焼く行事。どんど焼。左義長。
●頬輔(ほおがまち):頬桁におなじ。
●堅岩(かきわ):①堅い岩 ②永久に変わらないことを祝う言葉。「常磐(ときわ)堅岩(かきわ)に栄えることを祈る」
●三狐神(さぐじ):農家でまつる田の神。みけつかみ。この当て字を音読した「サンコシン」の転。
●尸者(ものまさ):葬儀で、死者に代わって弔問を受ける人。
●尸童(よりまし):「憑坐」・「寄坐」とも書く。
●口琴(びやぼん):江戸時代の玩具として流行した楽器。「琵琶笛」とも書く。
●宿花(よみはな):返り花。二度咲き。
●淑景舎(しげいしゃ・しげいさ):平安京にあった女御・更衣の住居。
●宝蓋草(ほとけのざ)=元宝草
●漏穴(くけあな)・匿穴(くけあな):こっそり逃げ出すためにつくった、秘密の穴。抜け穴。
●鹿杖(かせづえ):①先端がふたまたになったつえ。②シカの角を握りの部分につけた杖。
●鹿茸(ふくろづの):(注)「ロクジョウ」とも読むが、熟字・当て字では何と読むか?  ①シカの生えたばかりの角 ②皮をかぶったやわらかいもの。陰干しにして薬用にする。

👋👋👋 🐑 👋👋👋




コメント