好奇心全開!!林住期を遊ぶ

 林住期も下り坂に突入して、やっと命の不思議に目覚めたようね感じです。
 玄牝の門を敲きます。

尻取り都々逸言葉遊び交心36-03『 無言の二人無心に呑まれ 恋妙適の恋弥勒 』zwy0408

2019-10-09 21:37:19 | 都々逸で交心

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 尻取り都々逸言葉遊び交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★










★ 尻取り都々逸言葉遊び交心36-03zwy0408

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

無言の二人無心に呑まれ

恋妙適の恋弥勒


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





☆☆☆ 『 旅仁の  尻取り都々逸もどき言葉遊び 』34 への尻取り都々逸言葉遊び交心です。 ★★★





 > 無言の二人 体を寄せて

        言霊さえも 遠慮する   炭酸泉 034



        言霊さえもうち震えをる

   命仮合の魂交じり   旅仁 036-01





 言霊さえも遠慮するような命と命の交じり合いは、まことの心とまことの心のシンクロから始まるのでしょう。まことの心とまことの心がシンクロし合えば自ずから命と命は呼応し合い、自ずから交わり合うのでしょうね。心も命も自ずから躍動する時まことの命、まことの心で生きているというのでしょう。
 命と命の自ずからの交わり愛をまことの愛というのでしょう・・・


 まこととは無心の命のことでしょう。
 まこととは無心の心のことでしょう。


 無心は生まれる前の胎児の心なのかもしれません。
 


 生まれ出る少し前から人は周囲から教化されて自我を形成していくのだそうです。
 教化された心、自分だと思い込んでいく心、目標を求めていく心、選ぶ心、比べる心、相手を軽んずる心、そしてもっともっとと欲張る心・・・

 成人するほどに心は無心から遠ざかって行くようです。

 成人するほどに自我が増大し、強固になっていき、欲望は執着に変わり、煩悩と闘争の奈落に落ちていくようですね・・・



 神は無心です。
 無心は神です。
 命は無心です。
 命は神です。


 命を生きれば、私は神です。
 命を生きる心がまことを生きるこころですから、
 まことのこころは、
 無心であり、
 神であり、
 命なんです。


 これらそれぞれの言霊は宇宙の根源的な愛から湧出してくるものでしょう。
 宇宙の根源的な愛はエンドレス・ラブの変化自在な妙力です。



 気がつけば、
 私たちは誰もが、
 エンドレス・ラブの妙力の中で
 生かされているのでしょうね・・・

 生きよう、エンドレス・ラブ!



 鄙隠り誇大妄想妄仁の妄語遊び耽りでした。

 笑って、妄語の花を遊んでみてくださいね。





   体を寄せて響く鼓動に

       命妙力恋となる   旅仁 036-02



       無言の二人無心に呑まれ

   恋妙適の恋弥勒   旅仁 036-03







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 恋知575交心qq1303『 いのちかな恋知の萌ゆる吾亦紅 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


コメント